1302385634.jpg




那覇滞在中はスーパーに買い物に行くのですが(東京ではネットスーパー)、所変われば品変わる、って感じです。

以前に、東京のようなおでん材料が売っていないお話はしましたが、献立を決めてからのお買い物はキケン、です。

ダスキンさんのポイント集めて、立派なすき焼き鍋を頂いたので、
「すき焼きにしよー!」と買い物に出掛けたら、すき焼き用の牛肉が売っていない

ステキに美味しそうなステーキ用のお肉やしゃぶしゃぶ用は売っているので、店員さんにカットしてもらおうと思ったら、お肉のブロックは置いていないとのコト。
(全てカットしてパッケージされて入荷してくるそうです)

もちろん久茂地の「リウボウ」に行けば、お高い牛肉がピカピカと光り輝いていることは解ってはおりますが、それだけ買いに行くのは面倒くさい。。。

すでに、すき焼きを食べる頭になってしまっているため献立変更をする気はなく、
「どうしようかぁ」と悩んだ末、黒毛和牛切り落とし肉で妥協することにしました。

でも、これが結構美味しくて、「充分、充分!」と大変満足できました。
(東京でも、これでイケそう

そういえば、那覇のすき焼き屋さんに行ったことがあるのですが、味はイマイチでした。
友人に聞いてみたら、家庭では余りすき焼きは食べないそうです。

そして買った卵がコレッ↓ 双子ちゃんでした!

1302430337.jpg

6個中、半分は双子卵でした。
すき焼きには最適な卵だと思いませんか

帰りは日差しが強くて、夏の到来を感じさせる沖縄でした。

1302430346.jpg




本日のレシピは春! ホワイトアスパラガスです。
この卵も双子だったら面白かったかも~♪



☆ホワイトアスパラガスの卵添え☆レシピ

 <材料2人分>
 ホワイトアスパラガス…5本
 
 茹で汁:
   水…適量
   砂糖…小さじ1/2
   レモン汁…小さじ1
   塩…小さじ1

 パルミジャーノ・レッジャーノ(細かくしたもの)…大さじ2.5
 卵…2個
 オリーブオイル…少々
 塩…少々

 <作り方>
1)卵は1時間以上前に常温にしておき、沸騰したお湯に静かに入れて6分茹でます。

1302385595.jpg

2)ホワイトアスパラガスは硬い部分を3cmほど切り落とし、穂先から3cmほど下から皮を剥きます。

1302385602.jpg

3)茹で汁の材料を鍋等に入れ、沸騰したらアスパラを入れて、やわらかくなるまで15分ほど茹でます。

1302385608.jpg

4)別のフライパンにパルミジャーノを薄く敷いて焼き、粗熱が取れたら、完全に冷める前に太い麺棒等に巻いて形を作ります。
※オイルは必要ありません。
これでチーズの器が完成!

1302385627.jpg

5)お皿に、パルミジャーノ、アスパラ、半分に切ったゆで卵を盛り付け、オリーブオイルと塩を振ったら完成!

☆ホワイトアスパラガスの卵添え☆



※食べる時は、アスパラにフォークで筋を入れ、卵とチーズを絡めて頂きます。


この記事は旧ブログサイト終了により2014年7月からリンク不可となったため、2011年4月10日に公開した過去記事を手直ししたものです。


ポチッと応援♪m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ
にほんブログ村

創作料理 ブログランキングへ
Merci beaucoup!