外パリッ! 中フワ~ンのソフトフランス
お好みのチーズと一緒に召し上がれ!

☆ソフトフランスパン☆



☆ソフトフランスパン☆レシピ

 <材料:2本分>
 強力粉…150g
 薄力粉…80g
 バター…5g 
 塩…小スプーン1
 三温糖…小スプーン1
 ドライイースト…小スプーン1
 水…150cc
  ※この計量スプーンはホームベーカリー付属のスプーンです。

 打ち粉…少々
 ポピーシード…少々
 バター…少々

 <作り方>
1)強力粉~水までの材料をホームベーカリーに入れて「発酵まで」させます。

2)終了したら生地を取り出して打ち粉を振りながら2分割し、切り口が内側になるように丸め込んでガス抜きをし、ラップをして10分休ませます。

1260130807.jpg

3)生地を麺棒で伸ばし、クルクルと丸めて合わせ目を閉じて下にして、クッキングシートを敷いたオーブン皿に載せて、40℃のオーブンで35分くらい発酵させます。

4)発酵したら霧吹きをしてポピーシードを振り掛けます。
表面に切り込みを入れてから、切り込み部分にバターを載せます。

1260130817.jpg 1260130827.jpg

5)200℃に予熱したオーブンの内側に霧吹きをして、生地にも霧吹きをします。
210℃に温度を上げてから20~25分焼きます。

1260130841.jpg



学生の頃、フランスのグルノーブル大学の夏期講習会に参加したことがあって、そこの学食では大きな籠に食べ放題のバゲットが何本も無造作に放り込まれていました。
そのバゲットの堅いこと……。歯が立たないとはこのことを言うのだな、とつくづく思いました。
それを切る道具がパン切り包丁などと甘いものではなく、何百枚もの紙を裁断するペーパーカッターってありますよね? あれなんです。
噛み切れるわけがありません。
ア~、だからフランス人はカフェオーレにバゲットを浸して食べるのか、と納得しました。
でも考えたら「ソフトフランスパン」なんてネーミングは変ですよね。
フランスにフランスパンなんてありましたっけ? しかもソフト……。
でもこれ、美味しいですよ☆


この記事は旧ブログサイト終了により7月からリンク不可となるため、2009年12月7日に公開した過去記事を手直ししたものです。


ポチッと応援♪m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ
にほんブログ村

創作料理 ブログランキングへ
Merci beaucoup!