★京都祇園 山玄茶★



「ミシュラン京都・大阪2010」で一つ星を獲得したという情報を知らずに予約した「山玄茶」

知らないということは恐ろしいもので、
「予約の時に、梅と紫蘇は苦手だって言ったのに、お造りに梅肉が付いてきている~」
と言うと仲居さんが代わりにお醤油の小皿を持ってきたのですが、慌てた様子で御主人らしき方が部屋に来て、
「聞いていたのに申し訳ございません。どうぞお塩でお召し上がりください」とお醤油を下げていきました。
鱧(はも)にお醤油は合わないな~と思っていたJUNOめは、ナルホド!と納得。
ついでに柚子なんかも苦手~と御主人らしき方にエラソ~にのたまう……。
(日本料理店に来るな!って言いたくなりますね。。。)

そんな傍若無人な振る舞いも快く受け入れて頂き、さすが一つ星!
……って、今知ったくせに

今回は、なんと2時間20分もの食事時間を費やしたフレンチなみの、いやそれ以上のコース料理をキチンと(いつも忘れているので……)御紹介!

1285754776.jpg 1285754788.jpg

場所はいつもの通り、説明できませんので(方向音痴に京都祇園は難し過ぎる~)お店のWEBページにリンクしてくださいませ。
入ってすぐ左手がカウンター席。
その奥に階段があり、2階は個室となっております。

電話で予約の際に、コースも決めておきます(仕入れの関係だそうです)。
金額しか言われないので、内容をグチャグチャとしつこく聞いたところ、16,500円のコースに決定。
個室かカウンターかも聞かれたので、これまたしつこく雰囲気などを尋ねたら、落ち着けるということで個室に決定。
個室料金=1人+500円です。

1285754801.jpg

日本酒ですね、ここは、やっぱり。
先付は「鮑とウニの酢の物」鮑とウニが段々になっています。

1285754813.jpg

そして「松茸と鱧と湯葉のお椀」

1285754823.jpg

「鯛と車海老のカルパッチョ」

1285754836.jpg

続いて「鱧とホッキ貝のお造り」
ここで上記の問題が発生し、御主人らしき方(もう、御主人と呼ばせて頂きます)が、カルパッチョは大丈夫でしたか? と心配されておりました。

スミマセン……。
とっても美味しいです

1285754849.jpg

屋形船の中は……、

1285754859.jpg

「近江牛のにぎり、芽葱のせ」
おいし~! もうひとつ食べたい……。

1285754881.jpg

焼き物は「のどぐろ」。

1285754868.jpg

JUNOの方には、レンコンもない。。。
ほらね、あんまりワガママ言うと、こうなるの!
(でも、酸っぱいので抜いてくれたようです)

1285754891.jpg

秋を感じさせる虫籠の中には趣向を凝らした「八寸」

1285754902.jpg

一度、活きている伊勢海老を見せてから、目の前で網焼きです。

1285754928.jpg

ヒゲが長くて御立派!

1285754941.jpg

「アサリの合わせ味噌の冷たいスープ」

1285754956.jpg

「ちり蒸し」、桜の葉っぱで蒸しています。

1285754966.jpg

御飯とともに、しらすと香の物。

1285754987.jpg

シジミの澄まし汁。
お味噌汁の上澄みだそうです。

1285754996.jpg

そしてここで再び御主人が登場。

1285755010.jpg

艶々と色っぽい白米を愛おしそうにお茶碗に盛ってから、

1285755019.jpg

「はい、これがメインでございます。まずはやわらかい御飯を一口そのまま召し上がってください」と笑顔で。

1285755036.jpg

茶懐石の最初の御飯ほどやわらかくはなく、程よく甘い口当たり。
滋賀県のコシヒカリだそうです。

1285755059.jpg

2杯目は卓上のしらすをのせたり、御主人が色々な提案をしてくれます。
そこで、「卵かけ御飯は?」というお言葉にピクリ!

1285755070.jpg

素早く反応し、
「じゃあ、御飯もっと~」と足してもらい、卵の黄身と海苔を掛けて頂き、
「ライス・カルボナーラとウチでは言います」と差し出され、
「おいし~い!」と2人で土鍋分完食。
御主人も嬉しそう。

1285755096.jpg

そして水菓子が、「フルーツの白ワインジュレ レモンシャーベットをのせて」

1285755107.jpg

「フルーツの白ワインジュレ レモンシャーベットなし」はJUNO用。
……レモンは大丈夫なんだけど、な。
自業自得。。。(-_-;)

「デザートは何にしますか?」と聞かれ、
「あれ、さっきのデザートじゃ?」と尋ねると、
「先ほどのは水菓子で、次はデザートです」とのお答え。

1285755116.jpg

デザートはもうムリ~と思って一応選んだのが、「白あんの水ようかん 黒蜜添え」
美味しくて食べちゃった!

満足、満腹、です。

お土産も頂き、御主人とお店の方に見送られ、お店を後にしました。
このあとに行ったお茶屋さんのママが言うには、「山玄茶」は予約が取りにくいお店だそうです。 
知らないとは恐ろし~