*散策 ~城の崎にて~ vol.4*

城崎温泉は散策に適した処です
おそらく昔も今も……




静養のために訪れたという志賀直哉氏の足跡を辿るわけではありませんが、少し文学的な気分になって歩いてみましょう。

1258623742.jpg 1258624468.jpg

静かに流れる川沿いの柳の葉が微かに風に揺れ、たゆたう水面に日の光が差し込み、鯉の鱗を黄金色に輝かせます。

1258624579.jpg 1258624587.jpg

山あいの温泉街では時間がゆったりと流れ、のんびりとしたカルガモ(?)も日向ぼっこ。

1258625320.jpg 1258623749.jpg

さらに川沿いを歩いて行くと、小魚を探す鳥……、結構大きい、これ何と言う鳥ですか!?

ダメですね。
生物の名称がわからないと文学にならないという事が判明しました。
志賀直哉氏のように生と死を考えるどころか、昼間から缶ビールを手籠に忍ばせて温泉に向かい、美味しいものが何かないかなぁと思いながらの散歩道。

1258623776.jpg 1258626220.jpg

まるまるとした鯉たちを横目で見ながら、面白いお塩セットをお土産屋さんで見付けました。
「城の崎にて」を読み直すことにします……。