1253610391.jpg

古宇利島からの帰り道
泡盛が貯蔵されているという金武の鍾乳洞に行ってみました




鍾乳洞は金武観音寺境内にあり、観音寺横にある茶屋で見学料を支払います。

1253610398.jpg



茶屋とは言っても、並んでいるのは泡盛だらけ。

1253610405.jpg



大変急な階段を滑らないように注意しながら下りて行くと、徐々に涼しくなってきます。

1253610412.jpg



まず大きな泡盛の貯蔵容器のようなものがあり、奥へ進んで行くと大量のボトルが並んでいます。

1253611433.jpg



何処の誰それさん、とボトルの先に札が取り付けられているのですが、人の気配はないし説明する係員もいないし(一応、ボタンを押すとスピーカーからアナウンスはされますが……) これ飲んじゃってもわかんないんじゃない!? という感じです。
余り大きくはない鍾乳洞ですが、奥の突き当たりまで行けば宴会が開けそうです。

5年貯蔵で10,000円(貯蔵料のみ)ですが、ちょっとこの不安な場所で貯蔵されても本当に自分の古酒か判らないですね。
一般公開を止めるか、係員と一緒に見学させるかにした方が良いと思います。

……と言うことで観音茶屋で古酒の試飲をして、金武酒造の3年古酒を購入し、自宅の泡盛ブースの甕に注ぎ足すことにしました。
多分、貯蔵は難しいけれど……。