★ルナ ホテル バリオーニ ★

マカオではありません! 本物のヴェネチアです
今考えてもマカオの「ザ・ヴェネチアン」は見事なコピーですが……




ヴェネチアのタクシーはボートだということは、皆さん御存知だと思います。
その水上タクシーでホテルへと向かいます。

1249032928.jpg 1249032872.jpg

この滞在は、仮面カーニバル中でしたので、ホテルのロビーでは衣裳を着けたマネキンがお出迎え。
宿泊した部屋はジュニアスイートルームとのことですが、やはりヴェネチアのホテルは他と比べてもやや狭いです。

1249032892.jpg 1249032883.jpg

インテリアは色も調度品も明るくてイタリアらしい感じです。
バスルームは清潔感漂う白が基調。

1249032907.jpg 1249032921.jpg

トイレにはもちろんウォシュレットはありません……。
シックなアメニティーグッズは必要な物のみ揃えられています。
部屋に対してバストイレがモダンで、アンバランスなバランスが感じられます。

このホテルの朝食は以前にも紹介させて頂きましたが、高級ホテルでは珍しくバイキング形式でした。
レストランの内装がゴージャスな割りには気楽な雰囲気というのがイタリアらしさ、ですね。


地球温暖化が進めば、海の底に沈むであろう街、ヴェネチア。
その懸念は現実のものと成りつつあります。
サン・マルコ広場の水没時の水位は驚くほど高くなってきていますし、訪れる度に通行人の為の橋げたの数が増えている気がします。
それでもヴェネチアの人々は明るく楽しく生活をしています。

今、ふと思ったのですが、ラスベガスとマカオの「ザ・ヴェネチアン」を考えた人は、本物のヴェネチアを憂える気持ちがあったのではないでしょうか?
そして我々よりもずっと後の世代になって、この街は本当に存在していた街なんだよ、と「ザ・ヴェネチアン」の煌びやかなアーケードを歩きながら説明を受ける子供たち。
その子供たちに本物を残してあげるには、もう遅過ぎるのでしょうか?


この記事は旧ブログサイト終了により7月からリンク不可となるため、2009年7月31日に公開した過去記事を手直ししたものです。


ポチッと応援♪m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ
にほんブログ村

創作料理 ブログランキングへ
Merci beaucoup!