1246960659.jpg

ふぐの本場下関に本店を構える春帆楼
高島屋東京店のB1にはイート・インカウンターがあります




たった4席しかないカウンター。
高島屋の食品フロアの奥にひっそりとした佇まい。
でも昔からあるそのお店は、今も変わらない味を保ち続けています。

1246961449.jpg 1246961441.jpg

天然ものは冬の時期のみとなり、今の季節は養殖のふぐとなります。
「ふぐ」ではなく下関では「ふく」ですね。
ここでは職人さんが目の前で調理してくれます。

1246961455.jpg

いつも注文する春帆楼セット。
とらふく刺身と大好きな巻き寿司が一緒になっている一品。
これで運転する人を尻目に冷酒を一杯頂いてしまうわけです。
あ~、至福のひと時……。

下関本店は関門海峡を前に、今にも大海原へと漕ぎ出していく帆船のような堂々とした建物の割烹旅館です。
一度、赤間神宮や唐戸市場を観光した際に目にしたのですが、是非ふくの季節に宿泊して、絶品ふく料理を堪能したいものです。