*北村(プクチョン)【韓国・ソウル】*

懐かしさを感じる街、北村
ソウル市鍾路区にある観光地です




車では入れない路地に、情緒溢れる韓屋が立ち並んでいるため、階段や坂道を徒歩で上ったり下ったり。運動嫌い人間にとっては辛い細道を右へ左へと進んで行く内に、現在地不明になりました。

1245601798.jpg 1245601791.jpg

迷子になっても気にならないほど、伝統的な建物が続くため、楽しく写真を撮りながら奥の路地へと迷い込んでしまいます。

1245602098.jpg 1245602109.jpg

途中に博物館などもあり(有料だったのでスルーしましたが)、イメージとしては倉敷や神戸異人館のような感じで、オシャレな喫茶店や可愛い雑貨屋さんなどもあります。
現在も住んでいる住居もあるので、路地には車も駐車してあるのですが、一体どうやって入ってきてどうやって出て行くのだろう?って思えるほど、キツキツな2重3重駐車です。

1245602790.jpg 1245602798.jpg

坂の上から眺めると、南山タワーや近代的なソウルの町並みが遠方にあり、韓屋とのコントラストが更に際立ちます。

1245603184.jpg 1245603191.jpg

結局、このラビリンスにハマり、大きな通りに出ても「ここはドコ?」状態に……。
車から降りた場所には戻れずに、迎えに来てもらうことになりました。
最初の階段を上った時点で、そんな予感はしていましたが……。

1245603245.jpg 1245603250.jpg

大統領官邸にも近いので、車の中から写真を撮ろうとしたら直ぐに警備の人が来て、写真は撮って良いけれど、駐停車禁止とのこと。
車から降りれば良いものを、ものぐさなので撮影の方を止めました。
でも、近くで騎馬警官が準備している最中だったので、カメラを向けたら馬も警官もポーズを取ってくれました。
これも車内からの撮影で失礼致しました。

それでも、北村の路地は歩きました。
歩かないと楽しめないっていうのが難です。
観光案内所で日本語の地図を頂いたのですが、方向音痴には全く無駄でした。
でも、とても綺麗なパンフレットです。
この日の夜は一緒に歩いた友人とマッサージに行きました。足が気持ち良かったです。