★篝火の湯 緑水亭★

仙台は秋保温泉に行って来ました
「緑水亭」は近代的な設備と昔ながらの接客が巧く融合された旅館です




旅館の方向性を決めるのって難しいでしょうね。
痒い所に手が届き、プライバシーも重要。最近はバトラーシステムで、お客様のニーズに合わせての接客を心掛ける旅館もありますが、大体そういう処の食事はレストランでの個室。
やっぱり温泉旅館に行ったら、部屋で食事がしたい! でも布団の上げ下ろしは埃が立つからイヤ! っていうワガママな人のために(私だけ?)お勧めな旅館です。

1242814484.jpg 1242814495.jpg

ダイニングルームで食事するプランもありますが、我々は朝・夕食とも部屋出しで、露天風呂付きの『銀河の祭』という部屋タイプにしました。
部屋のネーミングが変わっていて面白いですが、会計を部屋付けにする時に書き込むのにちょっと長過ぎる……。

1242814510.jpg 1242814519.jpg

露天風呂は付いていますが、内風呂はありません。
その代わりにシャワーブースが設置されています。
でも大浴場があるので、部屋のシャワーは使用しませんでした。

1242814539.jpg 1242814530.jpg

洗面台も広くて、女性に優しい作りになっています。
夕食前にエステルームでボディマッサージを受けたのですが、とろけちゃいそうに気持ち良かったです。

夕食は和洋折衷で、とっても可愛い仲居さんが部屋内のテーブルに準備してくれました。

1242987414.jpg 1242987431.jpg

ドン・ペリが良心的な価格だったので思わず注文。

1242987439.jpg 1242987447.jpg

前菜~お椀~お造り~煮物~焼物、と続きます。ここまでは和風。

1242987457.jpg 1242987464.jpg

平目アーモンドバター焼き~仙台牛ステーキ、お皿も洋風になります。
この後、酢の物~お食事、デザートまで、遅過ぎず早過ぎずタイミング良く運ばれてきます。

1242988322.jpg 1242988331.jpg

ビールバーやそば処もあり、夕食で満足したはずなのに、誘惑に負けてフラフラと部屋を出て、飲んだり食べたり……。
でも、これが温泉旅館の楽しみ方でもありますね。

1242988662.jpg



朝食は洋食と和食をチョイス出来て、これも嬉しい。
写真の左半分が洋食、右半分が和食です。
そして外は無情な雨……。
部屋には天体望遠鏡があったのですが、夜も星は見られず『銀河の祭』には至りませんでした。

無料シャトルバスで仙台駅に到着すると、「仙台青葉まつり」の参加者たちが駅構内に大勢いて、本降りの雨が可哀想でした。
きっと一生懸命練習したのに……。