DSC00202 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


20日の夜は、珍しくすごく楽しそうに水槽の中をグルグルと泳ぎ回っていたミドリフグ(大)。
その日の昼間は、(大)用のエサを入れると直ぐにパクパク食べていました。

いつもは夕食のエサを入れてから消灯するのですが、この日はあんまり楽しそうだったから深夜まで電気を点けていました。

DSC00230 (2)

時々、ミドリフグ(小)も参加して泳いでいたので、面白いから写真を撮ったり、ビデオ撮影もしたりしていたのですが、いつもだと逃げてしまう(大)が「撮って!撮って!」と言っているみたいにずっと同じようにグルグル、グルグル。

DSC00234 (2)

その内、コチラが眠くなってきたので消灯しました。

朝、起きたら水槽の手前端っこに仰向けに横たわってゼイゼイしていました。
とっても苦しそうに、でも頑張っていました。

泳ぎ回って疲れて寝転んでいたのではナイことは明白で、いつも隠れているテーブルサンゴの下ではなく、(小)たちのエサ場で倒れていました。

その内、少しづつ、少しづつ動いて、水槽の2/3ほど移動して息絶えました。

やっぱり、遺影を撮って欲しかったのかな。。。
こうして見ると、おじいちゃんって感じですね。
(オスかメスか分からないケド……)

DSC00220 (2)

最後まで(大)のままで、名前も付けてあげなくてゴメンネ。
(小)を仲間に加えたことで、(中)も(大)も逝っちゃったのかな。

9年くらい生きていたから寿命だよ、とヒゲ博士は言うけれど……。

ミドリフグは自然下で体長約15cm位、飼育下で7~10cm位まで成長するといわれているらしいのですが、横たわって動かなくなってしまった(大)の体長を測ると15cm位でした。
スゴイ!?

コンゴーフグよりも人懐っこくなくて、いつも珊瑚の陰に隠れていて、エサも消灯してから食べていたみたいで、全然可愛くなかったケド、やっぱり居なくなると哀しい。。。

幸せだったかなぁ。。。