JUNO cuisine

☆★☆JUNOオリジナルレシピとお勧め飲食店&ステキなお宿を御紹介致します☆★☆

★新羅免税店 VIPルーム★

ソウル新羅ホテル内にある新羅免税店
その中に世界で100人しか利用出来ないVIPルームがあります




新羅免税店のVIPカードはパスポートさえあれば、地階の案内所で簡単に発行して貰えます。
インターネットでも加入出来ます。
そのカード区分はシルバーで、5~10%割引で買い物が出来て、買い物累計金額によって、ゴールドからプラチナへとステータスが上がっていきます。
そして世界TOP100に入ると、ブラックカードが発行されるのです。

1246355869.jpg 1246355876.jpg

そのカード会員のみが利用出来るラウンジがここです!

1246355883.jpg 1246355889.jpg

お化粧品も使って頂戴状態で、サイドテーブルに用意され、トイレには各種フレグランスも常備。

1246355895.jpg



そしてソフトドリンクメニューもあって、ピカピカトレーに載せてキレイなお姉さんが運んでくれます。

凄いでしょう!
……でも、このカードはJUNOのものではありません。
同伴で何人でも入れちゃうのです。
ちなみに、このカードも有効期限切れで、もう次にはラウンジに入る事が出来ません……。
という事で、記念に写真を撮りました。

1245949880.jpg 1246008555.jpg

ソウルのカムジャタン専門店の中では、このお店の味が好きです




場所は有名な参鶏湯(サムゲタン)専門店「土俗村」の近くですが、大通りからちょっと入った横丁にあって見落としてしまうかも……。

1246009183.jpg



我々は東和免税店でのショッピングの後、歩いて行ったのですが(今回はよく歩きました)、景福宮の大通りからふと左に眼を遣ると、上記の看板が並ぶ横丁が見えます。

黄色い看板の通りに左に曲がると日本語で「ハルメチップ」と書いてあります。

その奥に進めばお店です。

1246009907.jpg 1246009918.jpg

店内はそれ程大きくはなくて、平日の昼は会社員風の人々のランチタイムとなっておりました。

カクテキ(美味しい!)などがサービスされます。

日本語を喋れる人はいませんが、メニューを指差せばOKです。

カムジャタン(中)を注文しました。20,000ウォンですから¥1,600くらいですね。

1246009928.jpg 1246009944.jpg

カムジャタンは豚の背肉とジャガイモを煮込んだお鍋ですが、今回のジャガイモは小さくて里芋くらいしかありませんでした。

豚背肉は迫力がありました。お好みで黄色いソースにつけて頂きます。

そのままでも充分に味が染み込んでいますので美味しいです。

ランチタイムの人はカムジャタンを鍋ではなく、「ビョダギカムジャタン」という1人前用になっているものを注文していました。

それも山盛りでボリュームがありました。白飯がセットみたいです。

月曜日の昼間っからメッチュ(ビール)飲んで鍋をつついているのは我々くらいでした。

1246011270.jpg 1246011279.jpg

やはりカムジャタンは背肉でなければ……。

JUNOレシピではスペアリブで代用していますが、今度は背肉を手に入れたいものです。

完食しました! 
この後、チャーハンにすれば美味しいのですが、安いからと通常の3人前を注文したので食べられずに断念……。

気さくなお店の方が、帰り際に「デザートを食べて」って(多分そう言っていたと思う)勧められたけれど、これも笑顔でお断りし、満腹のお腹を抱えてお店を後にしました。

★明洞餃子★

1号店の行列が凄かったので本店に行ってみたら御覧の通り……
ソウル・明洞で有名なカルグクス店です





カルグクスとは韓国式手打ちうどんのようなものですが、出し汁で麺を茹でる為、日本のうどんのようにシコシコしていなくて柔らかい麺です。

大体のお店は饅頭(マンドゥ)のメニューもありますので、カルグクスと饅頭を一緒に頼む人がほとんどです。

1245776507.jpg 1245776513.jpg

「明洞餃子」のカルグクスはワンタン入りでボリューム満点。

饅頭はスープのない小龍包って感じでしょうか? どちらもお店によって味も形も違います。

2人で食べるのなら1人前ずつで充分だと思います。

1245922363.jpg 1245922371.jpg

キムチは味が濃いので、韓国の友人は水で薄めていました。

カルグクスに入れるために濃いのかも知れませんが、カルグクスのスープも濃い味付けです。

サービスの御飯は残ったスープに入れて頂きます。

口の中が、もの凄~くニンニク臭くなりますので(歯を磨いても取れませんでした)人と会う前は、要注意です。

ここへ行く前に友人と「ABC MART」前で待ち合わせをしたのですが、「PARIS BAGUETTE」が店頭でイベントをやっていました。

質問に答えると牛乳瓶に入ったプティングが貰えるようで、行列が出来ていました。

1245923045.jpg 1245923052.jpg

この司会をしていた女の子が可愛かったです。

1245695800.jpg

ソウル滞在中に訪れる事が多いマッサージ屋さん
今回は2度もお世話になりました




2年ほど前に通り掛かりに入ったのがキッカケで、足が疲れると行きたくなります。
しかし、ここには疲れた足に拍車を掛ける難関が……。
なんと4階なのにエレベーターがないのです!
場所は明洞で便利なのですが、お店に行くまでが便利じゃない……。
そんなお客様の気持ちを気遣って階段には励ましのお言葉が……。

1245695842.jpg

1245695853.jpg

1245695861.jpg

1245695869.jpg



どう見ても日本人用の看板ですが、お客さんは我々以外の日本人を余り見たことがありません。
もちろん日本語が通じます。
北村へ行った日の夜は、オイルマッサージをお願いして熟睡しました。
最終日は免税店巡りで疲れてスポーツマッサージ+足マッサージで2時間やって貰ったら、空港に行くのがギリギリの時間になってしまいました。
ここの足マッサージが最高です。
足が軽くなって帰りの階段が苦になりません。

1245695880.jpg



ネット等でクーポン券をプリントして行けば、10%割引になります。
でも、クーポン券を忘れても割引してくれます。

*北村(プクチョン)【韓国・ソウル】*

懐かしさを感じる街、北村
ソウル市鍾路区にある観光地です




車では入れない路地に、情緒溢れる韓屋が立ち並んでいるため、階段や坂道を徒歩で上ったり下ったり。運動嫌い人間にとっては辛い細道を右へ左へと進んで行く内に、現在地不明になりました。

1245601798.jpg 1245601791.jpg

迷子になっても気にならないほど、伝統的な建物が続くため、楽しく写真を撮りながら奥の路地へと迷い込んでしまいます。

1245602098.jpg 1245602109.jpg

途中に博物館などもあり(有料だったのでスルーしましたが)、イメージとしては倉敷や神戸異人館のような感じで、オシャレな喫茶店や可愛い雑貨屋さんなどもあります。
現在も住んでいる住居もあるので、路地には車も駐車してあるのですが、一体どうやって入ってきてどうやって出て行くのだろう?って思えるほど、キツキツな2重3重駐車です。

1245602790.jpg 1245602798.jpg

坂の上から眺めると、南山タワーや近代的なソウルの町並みが遠方にあり、韓屋とのコントラストが更に際立ちます。

1245603184.jpg 1245603191.jpg

結局、このラビリンスにハマり、大きな通りに出ても「ここはドコ?」状態に……。
車から降りた場所には戻れずに、迎えに来てもらうことになりました。
最初の階段を上った時点で、そんな予感はしていましたが……。

1245603245.jpg 1245603250.jpg

大統領官邸にも近いので、車の中から写真を撮ろうとしたら直ぐに警備の人が来て、写真は撮って良いけれど、駐停車禁止とのこと。
車から降りれば良いものを、ものぐさなので撮影の方を止めました。
でも、近くで騎馬警官が準備している最中だったので、カメラを向けたら馬も警官もポーズを取ってくれました。
これも車内からの撮影で失礼致しました。

それでも、北村の路地は歩きました。
歩かないと楽しめないっていうのが難です。
観光案内所で日本語の地図を頂いたのですが、方向音痴には全く無駄でした。
でも、とても綺麗なパンフレットです。
この日の夜は一緒に歩いた友人とマッサージに行きました。足が気持ち良かったです。

★コムグッシチブ 【韓国・ソウル】★

明洞にある焼肉屋さん
「ノビチプ」「コムソッチプ」と軒を並べる中、このお店に入ってみました




ソウルで焼肉を食べる場合、いつもは「ボドナムチプ」に行くのですが、少し遠いし、少し高いし、近くでも余り味は変わらないのでは? と思い、新規開拓をしてみました。
肉そのものでは日本には負けると思われるので、勝負はパフォーマンスですよね。

1245661381.jpg 1245661388.jpg

店内は広くはありませんが、お客さんが少ないので予約ナシでOK!?
ちなみにソウルで食事をする時に予約をしなければならないのは稀ですね。
人気店で並んではいても、それ程待ちませんし、100席以上ある大型店が多いからです。
そんな気持ちで「三清閣」のレストランは失敗しましたが……。

1245661999.jpg 1245662006.jpg

ソウルの焼肉店は炭火が多いです。換気も完璧です。店内も綺麗です。
食べ終わると髪の毛からつま先まで焼肉臭くなるのに、また並んでも食べに行きたくなる「スタミナ苑」とは明らかに違います。
メニューの40,000ウォンのどちらかが、生カルビです。
日本円で¥3,200くらいですから、安くはないですね。
韓国の友人は「スタミナ苑」の焼肉メニューを見て「ソウルより安い」と言っておりました。

1245662031.jpg
↑テーブルに並べられる野菜類(サービス) 

1245662024.jpg
↑生カルビ

ただし、どこの店もサイドオーダーがサービスなので無料、というのが嬉しいところです。
しかも、お代わりは幾らでもOKです。
日本では葉っぱ類もキムチも有料の店が多いですね。

1245663973.jpg 1245663993.jpg

韓国では焼肉に手出し無用です。
わんこそば店みたいにスタッフの方が付きっ切りで、次々に焼いてはハサミでチョキチョキ切ってくれます。
食べるのが遅いと強制的にお皿に取り分けられます。

1245664357.jpg
↑焼き網も直ぐに変えます

1245664363.jpg
↑チャドルベギ(牛のあばら肉)

1245664611.jpg
↑チャドルベギは鉄板で油を落とします 

1245664617.jpg
↑コムクックス(コムタンうどん)

友人が勧めてくれたチャドルベギは美味しかったです。
サンチュにジャンを付けて肉と野菜を入れて巻いて食べれば最高です。
もちろん生カルビが1番だったので追加しました。

コムクックスが有名らしいので締めに注文したのですが、すでに酔っ払っていて食べた記憶が飛んでしまっておりました。
……よって、味は不明です。

*三清閣(サムチョンガク) 【韓国・城北区】*

韓国ドラマ「食客」の舞台となった三清閣に行って来ました
レストランの予約が取れなくて残念!




明洞から車で30分くらいの城北区、北岳山の森の中に位置している三清閣(サムチョンガク)は、国賓の接待などのための高級料亭だったらしいですが、現在は一般の人も利用できる文化施設やレストランがあります。

1245575574.jpg 1245575582.jpg

「食客」の雰囲気を味わいたくて、当日に韓定食レストラン「異宮」の予約TELをしてもらったのですが満席とのこと。
でも、ドライブがてら行ってみよう、ということになり向かいました。
ドラマの中で、お客様をお迎えしていた「雲岩亭」の入口も見て、「一和堂」の中のラウンジ「タソニ」でお茶も飲んで、結構楽しめました。

1245576596.jpg 1245576602.jpg

山の麓なので森林浴もタップリと堪能できます。
ラウンジのテラスは気持ち良くて、ランチをしている人もいました。

1245576890.jpg 1245576897.jpg

テラスから景色を見渡すと遊歩道のような階段が見えたので、散歩すれば見晴らしが良い場所にも出られそうです。

1245577226.jpg 1245577237.jpg

ガーデンパーティーの準備が進められている最中でしたので、聞いてもらったら結婚式だそうです。
だからレストランの予約が取れなかったのですね……。
あちらこちらに「食客」の写真が飾られていました。

無料シャトルバスも運行しているようなので便利です。
でも、レストランの予約は事前に電話しておきましょう!

1245404071.jpg

ソウルに行くと必ず立ち寄る冷麺専門店
小腹が空いたら冷麺&メッチュ(ビール)




ソウルに行けば誰もが訪れる場所、明洞(ミョンドン)にあるので便利です。
10年位前から食べ続けていますが、味もサービスも変わりません。
韓国冷麺には色々な味付けがありますが、結局このお店に落ち着いてしまいました。
ここも結構混んでいますが並ぶ程ではありません。
まず座ると、お茶やお水ではなく、温かいスープがテーブルに置かれます。
この白濁したスープが美味しいのです。
湯のみ茶碗が空になると、ヤカンを持って来て注いでくれます。

1245404991.jpg 1245404984.jpg

道に看板を出し始めました。
直ぐ傍にある「明洞餃子」に対抗しているのか、以前は無かった「饅頭」がメニューに加わったようです。
何れ紹介しますが「明洞餃子」は凄い人気店で、行列覚悟のお店です。

★明洞咸興麺屋 【韓国・ソウル】★ 1245405493.jpg
さっぱりとした味の水冷麺「ムルレンミョン」の麺は、チョキチョキとハサミで切ってもらいます。

注文をすると料金は先に支払います。
そして冷麺を運んで来た方が素早い動作で、器の中にハサミを入れて麺を縦横に切り始めます。
今回は4人分だったので切られる前の写真を撮ることが出来ました。

1245405499.jpg 1245405505.jpg
これは辛い方の「ビビンネンミョン」です。ほら、切るのが早いでしょ?

辛い方の冷麺は1人しか注文しなかったので、麺を切る前に待ってもらって撮影しました。
水冷麺は食べるというよりは飲む、日本のお蕎麦のようにツルツルとした感じなんですが、韓国の方々は啜る音を立てませんね。
日本だけでしょうか? 啜る音OKなのは……。
茶の湯でも最後の一口は、啜り口を聞かせるのが作法になっているくらいですから……。

でも「ビビンネンミョン」は啜ると辛くてむせます。
最初は甘辛いのですが、ジンワリと辛くなってきます。
美味しいんですが、食べ切る前に疲れてしまうのです。
麺が噛み切れないので、箸でクルクルっと絡めて(パスタのように)食べるのですが、韓国の箸は銀の箸なので良く滑るのです。
でも、こちらの方々は上手に食べるのですよ。

韓国の飲食店は、どこも銀の箸とスプーンを使っていますよね。
庶民的なお店では箸立てや箸入れにまとめて入っていて、ちょっと高級店では箸袋に入れています。
日本の割り箸は便利ですが、飲食店では止めた方が良いと思いますね。環境的にも衛生的にも……。

ポケットテュッシュとガムもサービスされて昼から満足です。 

★チンハルメ ウォンジョ ダッカンマリ★

火災のために休業中だった「(旧)チンオクヘ・タッハンマリ」
ビルに建て直し店名も変えて営業再開しておりました




以前にも紹介しましたタッハンマリ店ですが、お店がリニューアルされました。
なぜ店名が変わったのかは不明ですが電話番号も味も店舗案内の名刺も変わってはいませんでした。
相変わらず混んでいますが、それ程待たずに入る事ができました。
以前は座敷の部分が広かったのですが、現在の1階は全て椅子席となっています。
2階は見ていないのでわかりません。

1245317778.jpg

洗面器のような鍋も変わりませんが、新しくてピカピカしています。
何も言わなくても人数分のタッハンマリ(15,000ウォン=1200円くらい)が運ばれてくるのも以前と同じ。

1245317786.jpg

でも前より3,000ウォン値上がりしていました。

1245318261.jpg 1245318272.jpg

さあ、ハサミで鶏1羽を捌いていきます。
キムチやニンニクも入れてグツグツと煮ている間に、今回は韓国人のように自分の皿にソースを作ってみました。

1245318692.jpg 1245318708.jpg

運ばれてきたゴテュダデギ(唐辛子粉をこねたもの)とテーブルの上にある醤油、酢、芥子を混ぜていると、トックも入った鍋が完成です。

1245318912.jpg 1245318926.jpg

辛く煮えた鶏肉をさらに辛いソース(ジャン)につけて、焼酎を飲みながら頂きます。
当然、辛いです。
でも、マシッソヨ(美味しい)! 癖になる味ですね。

1245330523.jpg 1245330514.jpg

お店の入口前にスペースが出来て、お客さんの行列用に椅子が並べられてあります。

ところで、この料理の発音に近いのは「タッカンマリ」なのか、「タッハンマリ」なのか、「ダッカンマリ」なのか、良くわかりません。
きっと、日本語では表せない、それらの中間なんでしょうね。

★アシアナ航空 ビジネスクラス★

マイレージ特典を利用してソウルに行ってきました!
行きは最新鋭機材を導入したアシアナ航空ビジネスクラスです




久し振りに乗ったアシアナのビジネスはアップグレードしたエアバス330-300でした。
シートも広めで、目の前のモニターが大きいです。

1245144420.jpg 1245144485.jpg

離陸前にはドリンクサービスがあります。
以前は国際線のビジネスの場合、どの航空会社も行っていたサービスですが、帰りのANAではやっていませんでした。
離陸前に飲み切るため慌しいですが、このサービスは結構好きです。
我々はオレンジジュースとシャンパンでミモザにしてもらいました。

1245144921.jpg

食事は韓国料理(ビビンバ)か洋食(ビーフステーキ)を選べます。
食器や内容もグレードアップしています。
洋食はどの航空会社にもメニューがあるので、ビビンバにしてみました。
キムチも付いていて美味しかったです。

1245144928.jpg

特徴的なのはステーキにもチューブ製のコチュジャンが付いている事ですね。

1245144934.jpg 1245144437.jpg

デザートも別皿で後から運ばれてきます。
映画は「おくりびと」を観ましたが、飛行時間が短いため最後まで観られませんでした。
でも日本の航空会社と違って、飛行機が着陸するまで観ていてもOKなのです。
日本の場合は万一の想定範囲が広過ぎて、お片付けが早いような気がします。
こんなに安全な乗り物はないのに……。

沖縄よりも近いソウル。
羽田空港からの発着は非常に便利です。
なぜか羽田空港の駐車料金も1日1,000円に割引がありますし……。
アシアナ航空は特にお勧めです。ANAのマイレージ利用可能ですから。

沖縄線にも、こんなサービスが欲しいですね。特に映画。
多分最後まで観られると思うのですが……。

★京都の川床★

そろそろ今年も川床の季節になってきました




川のせせらぎだけで、そんなに涼しいものではないだろうと考えていたら、涼しいだけではなくマイナスイオンに満たされて大変心地良いのです。
ここは京都貴船の兵衛さんです。
数ある川床料理店の中からこのお店を選んだのは、川の上流にある事と鳥すき焼き鍋があったから。

1244538500.jpg 1244538506.jpg

夏に外で鍋!? という考えは杞憂に終わりました。
川の流れが結構激しくて、昼でしたが気持ちイイくらいです。

1244538510.jpg 1244538516.jpg

1244538521.jpg 1244538543.jpg

最後はうどんか「親子どんぶり」か迷うところですが、我々は親子丼にしました。
東京は神田の老舗「鳥すきやき ぼたん」でも締めは親子丼が美味しいので。

のんびりし過ぎてしまったのか帰りの送迎バスがなくなってしまい、京都駅のホテルまで兵衛さんの車で送って頂きました。
お世話様でしたm(__)m

夜は高雄の「もみぢ家」へ。
ここは川床と言っても、納涼用に川の上に床を設置するのではなく、川の横に建てられている料亭でした。
舞妓さんも踊ったりしてツアーのようで情緒がないなぁって思っていたら、お店の電灯が消されて真っ暗になると源氏蛍が……。

1244538548.jpg 1244540133.jpg

生まれて初めて肉眼で見るたくさんの蛍に感激! 
煙草の火を振ると、傍までゆらゆらと飛んで来ます。
これだけでも来た甲斐がありました。

川床料理は、どのお店も御土産に団扇を頂けるようです。
金魚と蛍の団扇を選んで満足な1日でした。

1244328396.jpg

フグが好きです
もちろん食べるフグも好きですが、これは水槽で飼うフグです



およそ7年前からフグを飼い始めました。

1244328841.jpg 1244328848.jpg

最初はコンゴーフグを2匹飼いました。

チョコンとした角が可愛くて、水槽の右端にいつも居るのを右近、左端に居るのを左近って名付けました。

左近は直ぐに死んじゃって、右近は3年以上生きました。

水槽に唇を近付けると嬉しそうに寄って来てガラス越しにキスをするのです。

白点病も克服して大きい水槽に1匹になっても頑張って生きていたのに、4匹のコンゴーフグの仲間が加わった後、皆に見守られながら眠るように死んでしまいました。

1244329593.jpg 1244329577.jpg

15~20cmくらいに大きくなったコンゴーフグ。

小さいのと比べるとその差がわかりますね。

その後、黒い点々が可愛かったのでミナミハコフグが仲間に加わりました。

でも、これが失敗でした。
ミナミハコフグは表皮に猛毒を出して、コンゴーフグ5匹を一瞬で全滅させてしまいました。

まるで自爆テロです。

同種類のみ、その毒に耐えられるのです。

水槽の水も毒にやられ、水の交換もしなければなりません。

ミナミハコフグは要注意です。

1244330913.jpg 1244330874.jpg

現在はミドリフグ(頭の上が緑色)1匹と八の字フグ(頭の柄が八の字)2匹のみ飼っています。

淡水と海水の中間くらいの濃度ですくすくと育っています。

でも右近が大好きでした。

人懐っこくて穏やかで、眼が大きくて他のコンゴーフグとは明らかに違う顔でした。

お魚も見慣れてくると1匹1匹、容姿が異なるものです。

何にしても情が移ってしまうと、居なくなってしまった後の虚しさが残るだけですね。

それでも懲りずに飼い続けるのは、癒される気持ちを求めてしまうから……。

★ザ・ヴェネチアン マカオ リゾート ホテル★

マカオの一大テーマパークであるザ・ヴェネチアン
そもそも何故、ラスベガスにヴェニスのコピーを造ろうと思ったかが謎……




マカオに続々と登場するラスベガス系のホテルのひとつ。
ラスベガスは砂漠なので隣のホテルまで行くのがしんどかったけれど、ここはホテル内を歩くだけでしんどい……。
私のような方向音痴は一人では部屋に戻る事さえ出来ません。
以前は、その中のレストランを紹介致しましたが、今回は広~いお部屋を紹介します。

1244106729.jpg 1244106736.jpg
これは部屋の入口です。入って右手にトイレがあります。

1244108665.jpg 1244106755.jpg
リビング&ダイニングは落ち着ける色調になっています。

1244106769.jpg 1244106775.jpg
ミニ・キッチンにはネスプレッソのサービス……、その奥は寝室です。

1244108710.jpg 1244108719.jpg
もうひとつのトイレ…広いです……。散歩道には「ためいき橋」が。そう言えば本物は工事中でした。

この部屋はリアルトスイートです。
ヴェネチアンは全室スイートとなります。
難点はトイレがウォシュレットではない、ということでしょうか。
TOTOさんには是非、世界制覇を目指して欲しいものです。
パリのプラザ・アテネにも設置されている部屋がありましたから、あと一息です!

1244106780.jpg 1244106786.jpg

仮面を被って歩きたくなる館内の1Fロビー&廊下。
でも歩いているのはアジア人。
やっぱり雰囲気とお客様のギャップが気になりますね。

巨大ショッピングモール(迷子になる……)、巨大カジノ、巨大フードコート、と何もかもが大き過ぎます。
ほんの2~3日では心残りなホテルでした。

★ウィン マカオ★

「美味しい」という意味を「好ましい」と捉えると
「食」以外でもお勧めはあります
例えばゴージャスなホテルの室内……




「ウィン・マカオ」に美味しいレストランがなかったのか? と考えると、ただ行かなかっただけで、イメージは圧倒的な部屋の広さでした。
部屋で駆けっこできちゃう……。
もちろんスイート・ルームですが、天井もガラス張りで真っ赤なソファに寝そべって意味もなく笑ってしまう顔が確認できる、そんな部屋です。

1243850268.jpg 1243850276.jpg
リビングにもうひとつリビングがあり……、バーコーナーもあり……、

1243850431.jpg 1243850440.jpg
洗面台もこの広さ

1243850570.jpg 1243850606.jpg
このエステ・ルームも室内にあります。 噴水ショーも窓から見られます。

カジノ系のホテルは広い部屋が多いですね。そして通常よりも安い。
ホテルはカジノの付帯設備だからでしょうか。
ギャンブルで負けても、部屋がゴージャスだと気分が大きくなる、という心理作戦ですね。
ウ~ン、多分それにまんまとハマってしまいました……。

どんより曇る日曜日の朝
余った野菜でスープを作ろう!

1247952553.jpg



 <材料:4人分>
 タマネギ…1個
 ニンジン…1本
 じゃがいも…2個
 ベーコン…35g
 ニンニク微塵切り…小さじ1
 オリーブオイル…適量
 ブイヨン…2個
 水+ トマトジュース1缶…600cc
 ローリエ…1枚
 塩コショウ…適量
 パセリ…少々

 <作り方>
1)鍋にオリーブオイルを入れ、ニンニクを香りが出るまで炒めます。

2)タマネギの微塵切りを加え、良く炒めます。

3)細切りにしたベーコンも加え炒めた後、1cm角に切ったニンジンとじゃがいもを加えます。

1243760659.jpg 1243760667.jpg

4)トマトジュース1缶と水を注ぎ入れ、ブイヨンとローリエを加えて、野菜が柔らかくなるまで弱火で蓋をして煮ます。

5)塩コショウで味を整えてから器に盛り、パセリを振りかけて完成。

※トマトホールを使うとちょっと重い感じがする時、トマトジュースが便利です。

★宮古島シギラベイサイドスイートアラマンダ★

那覇から飛行機で約50分の宮古島
ホテルからはシギラベイカントリークラブが眼下に一望できます




沖縄の島々にオールスイートリゾートを展開する南西楽園のホテル
プールヴィラも完成して、国内でアジアンテイストを楽しみたいならお勧めです。

1243678384.jpg 1243678395.jpg

宿泊したのはロイヤル・スイート。
2ベッドルーム、テラスにはデイ・ベッド付きのガゼボ、余裕で4人泊まることが出来ますので、ここに1泊してゴルフプレーするには最適です。

1243678390.jpg 1243678402.jpg
ベッドルームは両部屋とも充分な広さがあります。

1243678408.jpg 1243678415.jpg
アメニティはロクシタン、右写真はスーペリアスイートです。

スーペリアスイートにもデイ・ベッドがあり、ゆっくりのんびり読書しながら過ごすのもイイですね。

1243678464.jpg
朝食はルームサービスで……。

1243678488.jpg

……ということで、夕食は安価な「島唄三線ぶんみゃあ」へ。

1243678448.jpg 1243678454.jpg

島唄ライブを聴きながら、食べて飲んで、お客さんが皆で踊り出したり、と楽しいお店です。

1243678434.jpg
翌日は名物のヤシガニ料理も食べてみました。

1243678440.jpg
↑生前のヤシガニ君

ホテルのゴルフコースはアパラギゴルフショートコースとシギラベイC.C.の2箇所あります。
1日目にショートコースで身体を慣らして、2日目にシギラベイでナイス・ショットしましょう!
ちなみに1ホール目のグリーンでロングパットが入ったら、部屋のテラスで見ていた人から拍手されるほど、ホテルに近いです。

簡単でリーズナブルなのに豪華に見える1品
良く冷えた白ワインと共に……


1247952601.jpg



 <材料:2人分>
 銀鮭…2切れ
 むきえび…140g
 タマネギ微塵切り…1/4個
 卵白…1個分
 塩…少々
 片栗粉…大さじ1
 塩コショウ…少々
 バター…10g
 冷凍パイシート(10cmX10cm)…2枚
 卵黄…適量

 ソース:
   マヨネーズ…大さじ1
   粒マスタード…大さじ1/2

 <作り方>
1)フードプロセッサー等でエビを細かくします。
塩少々、卵白も入れてプロセッサーで混ぜ合わせます。
パイシートは10分くらい解凍して置きます。

1243504792.jpg

2)微塵切りにして水気を絞ったタマネギを1に加え、片栗粉も入れてスプーンで混ぜ合わせます。

3)骨を抜いた銀鮭に塩コショウをして、バターを入れたフライパンで軽く焼き色を付けます。

1243504798.jpg

4)クッキングシートを敷いたオーブン皿に皮を下にして鮭を置き、身の上に2を乗せます。
卵黄を塗ったパイシートも乗せて、200℃のオーブンで20分焼きます。
パイは焼き加減を見て途中で取り出してください。

1243504805.jpg

5)お皿に焼き上がって半分に切ったパイと鮭と混ぜ合わせたソースを乗せて完成。

※ガルニは、ホウレン草とシメジのニンニクバター炒めです。
※パイの上にソースを塗り、ガルニ、鮭&海老を乗せてパクリ!

1243441051.jpg

5月の歌舞伎座千秋楽に行って来ました
歌舞伎座さよなら公演です……




さよなら公演とは言っても、この日で終わりではなく、沖縄の閉店セールみたいにまだまだ続きます。

1243441030.jpg 1243441467.jpg

公演終了までのカウントダウンの看板がありました。
あと(?)340日って短いのか、長いのか……。
建て替え後は劇場が入ったビルになるそうです。
この建物の面影が残ったビルになると嬉しいけれど、なんとなく切ない気持ちにはなりますね。

1243441478.jpg 1243441485.jpg

昼の部でしたので演目は、市川海老蔵の華やかな『暫』に始まり、『寿猩々』『手習子』が踊り、菊五郎が悪役で魅する『盲長屋梅加賀鳶』は世話物、最後は『戻駕色相肩』という踊りです。

俗にイイ男のことを『二枚目』というのは、歌舞伎で美男役の名前が表看板の2番目に書かれていたからだそうです。
ですので道化役の『三枚目』の名前は3番目だったそうです。

1243443501.jpg 1243443508.jpg

開演前のひと時、キャビア持参で1階桟敷席へ。
桟敷席の良い所は広いテーブルがあるので、飲んだり食べたりしながら観劇出来ることです。
良くない点は、2~3時間後にはお尻が痛くなってくる薄~い座布団です。
歌舞伎初心者を連れて行ったので、最初に『暫』で良かったです。
海老蔵があの独特の声で、難しいセリフの間にウイットに富んだセリフを入れてくるのが面白かったようです。
しかし、この人『MR.BRAIN』にも出演していましたよね。忙しいでしょうね。

1243443518.jpg 1243443524.jpg

桟敷席では開演前に食事を注文出来ますが、メニューは「桟敷寿司」と「桟敷幕乃内」の2種類しかありません。
上演中にカーテン後の棚に届けられるので楽ですが、新橋演舞場くらいの(4種類)メニューは欲しいものです。

6月の連獅子も面白そうだし、7月の玉三郎&海老蔵の天守物語も綺麗でしょうね。
歌舞伎座さよなら公演、最後まで目が離せません。

★プルクラ 【セブ島】★

こちらハネムーナーにお勧めのセブ島のホテル・プルクラ
マクタン空港から1時間強でちょっと遠い……
ホテル内でのんびり、しっとりしたい人向けのホテルです




空港からホテルまでの道のりでカルチャーショックを受けつつも到着。
館内では異文化は感じられず、日本人向けのホテルです。

宿泊はシーフロントジャグジーヴィラ。
115㎡でプライベートプール&アウトドアジャグジー付き。
ゴージャスな空間をご覧ください。

1243118515.jpg 1243118521.jpg
入口を入るとリビングがあり……、ちょっと階段があってベッドルーム

1243118529.jpg 1243118544.jpg
ガーデンバスタブ……、外観はこんな感じ

1243118568.jpg 1243118560.jpg
プライベートプールには滝が流れ……、庭に専用のエステベッドが……

1243119218.jpg
朝食のルーム・サービスはテラスで……(煙っているのは蚊取り線香のせいです)    

1243119224.jpg
引き潮になると使用できるビーチパラソル

1243119238.jpg 1243119244.jpg
腰までプールに浸かったまま飲めるプールサイドバーがあるスイミングプール

ここのプールはレストランを1周するように泳げるのですが、1周してはバーでウォッカ&スイカジュースを飲んで休憩していました。
アジアのスイカジュースってホントに美味しくて大好きです。

1243119258.jpg 1243119264.jpg

1日1組のキャンドルライト・ディナーを予約したのですが、これが大変。
ビーチに1テーブルだけセッティングされてムード満点。
波の音を聞きながら、キャンドルだけが灯されて、まずはアミューズにスープ、そして焼きイカのサラダ……と、ここまではワイングラスを傾けたりして順調でした。

1243119269.jpg 1243119276.jpg

エビのグリルとマッシュポテトのグラタンの頃には、キャンドル目掛けて虫が殺到。
お口直しのソルベの向こうでは黒く模様になってきました。
メインとデザートは撮影不可状態となり、早々に退散しました。

1243119291.jpg 1243119299.jpg

翌日、プール中央のレストランで食べたメニューはスパゲッティとステーキ。
ステーキは美味しかったらしいです。2皿食べてましたから……。

スパも充実していて気持ち良く、部屋に来てマッサージもしてくれます。

ホテルのフリーシャトルバスはセブシティのアヤラ・センターへ1日1便往復しています。
ウォーターフロント・セブ・シティ・ホテル&カジノへ行き、スロットをやって負けたあと、アヤラ・センターのイタリアン・レストランで、アラビアータ1皿とビール3缶飲んで660円???でした。

朝食にレストランに行くとスイカジュースが置いてあって5杯も飲んでしまいました。
スイカジュースは美味しいけれど、蚊に悩まされたホテルでした。

★篝火の湯 緑水亭★

仙台は秋保温泉に行って来ました
「緑水亭」は近代的な設備と昔ながらの接客が巧く融合された旅館です




旅館の方向性を決めるのって難しいでしょうね。
痒い所に手が届き、プライバシーも重要。最近はバトラーシステムで、お客様のニーズに合わせての接客を心掛ける旅館もありますが、大体そういう処の食事はレストランでの個室。
やっぱり温泉旅館に行ったら、部屋で食事がしたい! でも布団の上げ下ろしは埃が立つからイヤ! っていうワガママな人のために(私だけ?)お勧めな旅館です。

1242814484.jpg 1242814495.jpg

ダイニングルームで食事するプランもありますが、我々は朝・夕食とも部屋出しで、露天風呂付きの『銀河の祭』という部屋タイプにしました。
部屋のネーミングが変わっていて面白いですが、会計を部屋付けにする時に書き込むのにちょっと長過ぎる……。

1242814510.jpg 1242814519.jpg

露天風呂は付いていますが、内風呂はありません。
その代わりにシャワーブースが設置されています。
でも大浴場があるので、部屋のシャワーは使用しませんでした。

1242814539.jpg 1242814530.jpg

洗面台も広くて、女性に優しい作りになっています。
夕食前にエステルームでボディマッサージを受けたのですが、とろけちゃいそうに気持ち良かったです。

夕食は和洋折衷で、とっても可愛い仲居さんが部屋内のテーブルに準備してくれました。

1242987414.jpg 1242987431.jpg

ドン・ペリが良心的な価格だったので思わず注文。

1242987439.jpg 1242987447.jpg

前菜~お椀~お造り~煮物~焼物、と続きます。ここまでは和風。

1242987457.jpg 1242987464.jpg

平目アーモンドバター焼き~仙台牛ステーキ、お皿も洋風になります。
この後、酢の物~お食事、デザートまで、遅過ぎず早過ぎずタイミング良く運ばれてきます。

1242988322.jpg 1242988331.jpg

ビールバーやそば処もあり、夕食で満足したはずなのに、誘惑に負けてフラフラと部屋を出て、飲んだり食べたり……。
でも、これが温泉旅館の楽しみ方でもありますね。

1242988662.jpg



朝食は洋食と和食をチョイス出来て、これも嬉しい。
写真の左半分が洋食、右半分が和食です。
そして外は無情な雨……。
部屋には天体望遠鏡があったのですが、夜も星は見られず『銀河の祭』には至りませんでした。

無料シャトルバスで仙台駅に到着すると、「仙台青葉まつり」の参加者たちが駅構内に大勢いて、本降りの雨が可哀想でした。
きっと一生懸命練習したのに……。

1242724875.jpg

偶然見ていたTVで生中継していたイベント
丁度、仙台にいたので早速出発!




「リッチモンドホテル仙台駅前」の室内でどこに行こうか思案していたところ、部屋の大きさの割には大き過ぎるTVがライブ中継。
へぇ~、仙台……、ってここも仙台。
時間もお昼に近かったので行って見る事にしました。

1242725812.jpg
「リッチモンドホテル プレミア仙台駅前」

機能的なビジネスホテルです。宿泊したスーペリアツインの室内は広くはありませんが、外光を数箇所取り入れる事によって、部屋を清潔な明るいイメージに演出しています。
クラブ会員になると、会員カード1枚がルームキーとなり清算も機械処理。
まだ利用客が不慣れなため、スタッフの手を借りなければなりませんが、慣れれば大変効率的で、忙しい人たちにとっては嬉しいシステムだと思います。
焼き立てパンが提供される朝食も午後からのお茶も、宿泊客なら誰でもフリーでラウンジを利用できます。
ラウンジ料金を取るシステムだと、高級感を出したり接客係が必要となりますが、フリーなら人件費も削減できる訳ですね。
エレベーターもカードキーを差し込まなければ客室に行きません。セキュリティも万全。
ビジネスの拠点としては良く考えられたホテルだと思います。

フロントの方が印刷してくれたマップを手に電車で「夢メッセみやぎ」へ。
まず驚いたのは駅で待機していたタクシー(センバタクシー)の初乗りが340円だったこと。
どうして東京には価格破壊タクシー会社が現れないのでしょう?
会場に到着したら、凄い人……。一瞬ひるみました。
入場するのに並び、食べるのに並び……。

1242728942.jpg
大行列の「佐世保バーガー」 

1242728710.jpg
沖縄も出店していましたのでオリオンビール購入

1242728721.jpg 1242728729.jpg
まずは「はいからさんのカリーパン」でカリーパンと米沢牛コロッケを立ち食い

1242728754.jpg 1242728761.jpg
次にラーメン屋さんで1番人気の「がちんこらーめん道 柊」で並び……

1242728736.jpg 1242728743.jpg
並んでいる途中で「あぶりチャーシュー串」を買い食い。これがウマい!

1番長蛇の列だったのは「富士宮焼きそば」だったような気がします。
広~い休憩所でラーメンをすすりながら、その行列に感心していました。

気が付いたら、仙台名物を食べていませんでした……。
食べ物に目移りする割には、人いきれに疲れ、早々に引き上げました。

1242578623.jpg

先日購入した箸置き
不足分の3個を入手しました




購入先は仙台のユナイテッドアローズです。
親切な店員さんに私のブログをPCで調べて頂き、1個1個照らし合わせて上記3個が不足している事が判明。
これで20個柄違いが全て揃いました。

……ということで、週末に仙台に行って来ました。
「伊達哉」で名物の花咲きトロ牛たんを予約して食べてきました。

1242579569.jpg
意外に小さかったです……。            

1242579583.jpg
仙臺5秒焼きロースとホルモン盛り合わせ

1242579599.jpg
伊達の塩ユッケ刺し

塩ユッケが美味しかったです。

なんと偶然にも「仙台青葉まつり」でした。知りませんでした。

1242580191.jpg

あちこちでお祭りの衣裳を着た人たちが踊っていました。
日曜日が雨だったので残念でした。
雨でなければ武者行列とか見たかったですね。

とろりポーチドエッグを混ぜて頂きます


1247954605.jpg



 <材料>
 レタス…1/2個
 カニ缶…1缶
 卵…1個
 酢…少々

 ドレッシング:
   マヨネーズ…大さじ3
   オリーブオイル…大さじ1/2
   醤油…少々
   レモン汁…小さじ1
   ケチャップ…小さじ1
   塩コショウ…適量

 <作り方>
1)ドレッシングの材料を混ぜた中へ、手で千切ったレタスと水気を絞ったカニ缶を合わせます。

2)沸騰した湯に酢を入れ、卵を割り入れてポーチドエッグを作ります。
冷ましてから1に乗せて完成。

※ポーチドエッグはお好みの半熟加減で、2~3分くらい、加熱してください。

1242293723.jpg

香港は中環(セントラル)にある超有名な老舗レストラン
そのメニューな中から「おすすめヨンキー受賞料理」の紹介です
上記写真は「ローストグースと“新”愉快な仲間達」という料理でした



WEBページから日本語で予約できるので安心です。
ただしリコンファームは必要となります。
二日前までに予約が必要なコースメニューを10人で堪能しました。

1242293734.jpg
ピータンしょうが:絶品でした!

1242293742.jpg
あわびと野菜

1242293750.jpg 1242293778.jpg
ロブスターしゃぶしゃぶ

1242293769.jpg
ローストチキン&レバーの地上絵

1242293788.jpg
スチームガルーバ

1242293761.jpg 1242293797.jpg
蒸し茄子

1242293806.jpg 1242293813.jpg
ロブスターの雑炊と揚げ餃子

1242293820.jpg 1242293827.jpg
デザートオブ“ネバーエンディングストーリー”

1242293835.jpg
季節のフルーツ盛り合わせ

香港で食べるピータンって、どうして色も味も違うのでしょう? 
ピータン嫌いな人の分まで頂いてしまいました。
最初にこのピータンを食べていれば、嫌いにならないと思うくらい別物です。
好き嫌いって、出逢いが肝心ですよね。

メールで予約の詳細が確認できます。
電話は「日本語でどうぞ」と案内されていますが、日本語スタッフが常勤していないのか、リコンファームは英語でした。

香港に行ったら、また是非行きたいレストランです。

1241687329.jpg

沖縄は糸満市にあるバブリーなゴルフ場です
沖縄も海外同様スループレーです
休憩を1時間近く取るのは関東だけでしょうか?




1241687341.jpg
熱帯雨林?

1241687836.jpg
今回はスペシャルプラン「得シューズ」

エントランスからロッカールームへと向かう階段を降りると、ゴージャスな空間が眼の前に広がります。
おそらく最盛期には水が流れ、滝があったであろうと思われる箇所は、砂で埋め尽くされています。 

スペシャルプランは、プレー+スリクソンのゴルフシューズ+食事付きで10,980円でした。
でも、女性用のサイズが揃ってなくて断念。

1241687851.jpg

スループレーなので、食事はプレー前か終了した後に頂きます。

1241687859.jpg

我々は午後からスタートだったので、プレー前が食事時間。
味は………。まあ、雰囲気も味の内ということで。

1241687869.jpg 1241689505.jpg

沖縄ですからグリーンに期待するのはやめましょう。
芝には適度に砂が入り込んでいるので、芝目なんて読んでいないで南国気分で4パット。

1241688080.jpg 1241688088.jpg 1241688096.jpg

嬉しそうにカモ君も寄ってきて、カートに同乗。
次のホールにも飛んで来ました。

1241690537.jpg 1241690528.jpg
茶屋もバブリー! 食事無しの場合はここでポークタマゴおにぎり等を食べるのです。

1241688048.jpg 1241687946.jpg

お風呂もパウダールームもゴージャスです。

空港からも車で約30分と近いので、那覇に着いて即ゴルフも可能です。
ただし、沖縄でゴルフは紫外線に要注意です。

★The Cheesecake Factory HONOLULU★

行列が出来る店にはどうしても入りたくなる人の心理
それは世界各国同じこと
ここハワイでも同様です




モアナ・サーフライダーに宿泊していたので、外出の度に店の入口に集まる人の多さに驚いていました。
帰るまでには入らなくては……と思い、人が少なくなる機会を狙ったので少し待って入れました。
日本人には食べ切れない程のボリューム! をご覧ください。

1240738529.jpg

1240738539.jpg

1240738535.jpg

1240738544.jpg

1240738548.jpg



味も量もアメリカです。
毎日これを食べていればメタボまっしぐらでしょうね。

昔、ワードウェアハウスの中にすごく美味しいチーズケーキの屋台があったのですが、なくなってしまいました。
上品な甘さでしつこくなくて……。
そのチーズケーキの味を再現してみたいと思っています。

1240915154.jpg

銀座でリーズナブルなランチを食べられるお寿司屋さん「鮨 からく」
でも夜しか未だ行ったことがないのです……



限定20食らしいのですがランチの丼ものが銀座で1,000円! だそうです。

鮪のづけ、ヒラメの昆布〆、鯛の胡麻ダレづけ、昆布〆等、手を加えるお寿司が美味しいので、きちんと仕事をしているお寿司屋さんだと思います。

1240915165.jpg 1240915181.jpg
鯛の昆布〆、鮪のづけ

1240915174.jpg 1240915187.jpg
鯛の頬肉の焼き物、鯛の胡麻ダレづけと鯛の皮のあぶり

1240915193.jpg 1240915200.jpg
ねぎとろ巻き、おぼろと卵焼き巻き(リクエスト)

鯛好きなもので、鯛尽くしになってしまいました。
皮のあぶり握りは脂がのっていて美味しいのですが、通常のメニューではないです。
〆に卵焼きを注文する替わりに、おぼろがあるお寿司屋さんではおぼろ巻きを作ってもらいます。

以前、お土産に持ち帰った「ばらちらし」が絶品でした。

1240741768.jpg

リーズナブルなふぐ料理専門店
東京でこの価格は嬉しい限り




ある日TVで、ふぐ調理師免許が必要のない地方があると聞いて不安になりました。
ここなら東京だし、東京のふぐ調理師免許は全国一厳しいらしいし、養殖だってとらふぐには変わりはない……。

1240741778.jpg
↑ちゃんと生け簀もあるし。

いつも「泳ぎとらふぐコース」4,980円を注文します。

1240741790.jpg 1240741799.jpg
皮刺し、てっさ

1240741806.jpg 1240741822.jpg
泳ぎてっちり(ピクピク動いています!) 鍋のあとは雑炊

この他にとらふぐの唐揚、お新香、デザートが付いています。
ふぐの唐揚は大好物なので写真を撮る前に食べてしまいました。

1240741813.jpg
単品:焼き白子

ひれ酒も飲んで大満足です。

ふぐ調理師免許の話に戻りますが、東京の免許は地方で使えても、東京では埼玉県、神奈川県、滋賀県、鹿児島県のふぐ免許しか使えないそうです。
しかも東京都の講習を受けなければならないらしい。
なぜ、この4県なのでしょう?
取り敢えず、この1都4県で食べるなら安心ということでしょうか?

ふぐの毒は本当に怖いです。
食べるふぐではないですが観賞用のふぐを飼っていて、以前ミナミハコフグの表皮の毒で体長15cm以上のコンゴーフグ4匹が急死しました。目を離した一瞬のスキに全滅です。
小さなふぐでもそうなのですから、とらふぐの毒が危険なのは当り前なので、やはり信頼の置ける店で食べた方が安心ですね。

サッと作れるキムチチャーハン
冷蔵庫の余り物でお手軽に!

1247954880.jpg



 <材料:1人分>
 御飯…1膳分
 キムチ…適量
 豚肉薄切り…30gくらい
 タマネギ微塵切り…1/4個
 ニンニク微塵切り…小さじ1
 タマゴ…1個
 ゴマ油…適量
 塩、コショウ…少々
 韓国のり…3枚

 <作り方>
1)ゴマ油を熱したフライパンにニンニクを香りが出るまで炒めます。
そこへ細切りにして塩、コショウした豚肉を入れて良く炒めます。

2)タマネギを加えて炒めてから、細切りにしたキムチも加えます。

3)御飯を入れて良くからめながら炒めます。
その上に溶いたタマゴを加えて炒めて塩、コショウで味を整えます。

4)皿に盛り付けたチャーハンに韓国のりを千切りながら振り掛けて完成!

※JUNO風チャーハンは最後にタマゴを加えます。

1240602532.jpg

日本だなぁ、と感じる町
小さい頃、今は亡き父に良く連れて来られた想い出の町です




タクシーに乗って「どこに行くの?」と問う幼い私に「浅草に行こう」と思い付いたように父は言いました。
お寿司を食べて、スナック‐バーに行って……。
もちろんスナックなんて初めてです。
父はカウンターに座ってお酒を飲み、ボックス席の片隅に1人座っていた私に、お化粧の濃い女の人が何か話し掛けてくれていたのを憶えています。

今や、修学旅行らしい学生服を着た集団や旗を持って引率される外人さんのグループなどで賑わっている浅草。

まずは明治時代創業の神谷バーで1杯。
昼間なのに凄い混み様です。
昔ながらの雰囲気が良いのでしょうか? 
食券を買って自分で空いた席を見付けるシステム。
混んでいれば相席は当り前です。

1240604003.jpg

デンキブランというカクテルが有名です。

次は新仲見世商店街にある祭衣装一筋の永澤屋祭店へ。

1240616611.jpg 1240616620.jpg

オリジナルシャツ、半天、地下足袋、手ぬぐい、いなせな空気が漂うお店です。
ここで今年の柄のシャツや手ぬぐいを購入しました。

1240617266.jpg 1240617276.jpg

さあ、浅草寺へ。
(お寺にもWEBページがあるのですね)
無宗教派としましては初参りは何処でもよく……って言うより、4月に初参りが問題では?

さて、どんじりに控えしは……、白浪五人男の登場です。
伝法院通り東商店会には河竹黙阿弥作の盗賊五人衆が潜んでおります。

1240618099.jpg
この入口より、

1240618177.jpg 1240619518.jpg
まずは「問われて名乗るもおこがましいが……」の日本駄右衛門

1240618165.jpg 1240619814.jpg
「さてその次は江ノ島の……」の弁天小僧菊之助

呉服屋さんの軒にいるのがシャレてますね。
美しい武家娘に化けた弁天小僧が呉服屋へ行き、詐欺まがいの振る舞いで大金をゆすり取ろうとしたら、袖口から覗いた刺青で男と見破られ、
「知らざぁ言って聞かせやしょう……」と開き直って言う台詞のシーンですね。

1240618192.jpg 1240620296.jpg
「続いて次に控えしは……」の忠信利平

1240618207.jpg 1240620496.jpg
「又その次に連なるは……」の赤星十三郎

1240618199.jpg 1240620734.jpg
「さてどんじりに控えしは……」の南郷力丸

今年のお正月に新橋演舞場で見た弁天娘女男白浪(白浪五人男)の配役は面白かったです。
日本駄右衛門に左團次、弁天小僧菊之助に海老蔵、忠信利平に段治郎、赤星十三郎に春猿、南郷力丸に獅童でした。
稲瀬川の場で、揃いの小袖を着て勢揃いする姿は見応えがありました。

昨年、浅草寺本堂裏で上演された平成中村座のお大尽席に座って見たかったです……。

1240564303.jpg

ローストビーフの有名店を銀座で見掛けたので行ってみました
鎌倉山に行かなくても支店が数店舗あるのですね
知りませんでした……




ランチで待ち合わせをしたら、まずウェイティングルーム(喫煙室)に通されて、水とおしぼりが出されます。
店内は禁煙ですので、喫煙者はここで煙草を吸って寛いでからメニューを手渡されます。
そこで料理の説明を聞いてコースを選んでから、席へと案内されます。
でも、他のお客様が見当たりません……。
我々はAコースとBコースを注文しました。

1240565191.jpg

テーブルの脇までショーケースごとワゴンが運ばれて、目の前でオードブルの刺身を作っていきます。
貝類は未だ動いていました。

1240565206.jpg 1240565199.jpg
Aコース:オードブルと、Bコース:オードブル

AとBは内容が少し変わるだけで、量の差は余りありません。

1240566075.jpg 1240566084.jpg
Aコースオードブルの続き、コンソメジュレ入りビシソワーズスープ

1240566241.jpg
ローストビーフもワゴンサービスです

★ローストビーフの店 鎌倉山銀座店★

1240566368.jpg 1240566377.jpg
サラダと、Bコースのグラニテ:桜のソルベ

1240566483.jpg
デザートもショーケースごとテーブルへ

1240566501.jpg 1240566532.jpg

パフォーマンスが工夫されていて、お客様と積極的にコミュニケーションを持とうとスタッフの方々も考えて行動しています。
お刺身が食べられない人にはムール貝料理に変更してくれましたし、ケーキを2個食べたいと言うと快くサービスしてくれます。
空いていたせいかも知れませんが……。

帰りのエレベータに乗る時に最敬礼で見送ってくれたスタッフの人数が、私たちよりも多かったです。

*ムラーノガラス*

今年の2月に行ったヴェネチアで購入したムラーノガラス
一目惚れして衝動買いしてしまいました




ヴェネチアのホテル内でブラブラしていたらフロントの人に呼び止められ、
「往復タクシー料無料だからムラーノ島のガラス工場の見学に行かないか?」とパンフレットを手渡されました。
知っているぞ。これはガラス製品を売り付けるための策略だ! と思い「相談してみます」とはぐらかしたら、どうせヒマだから行ってみよー、というノリになり、工場側の思惑通りこんなに買ってしまいました。

1240251202.jpg
おしゃれな薬味入れにどうでしょう? キャビア用にピッタリです

1240251206.jpg
桜のようで一目惚れ……。冷酒なんかに合いそうですね

1240251213.jpg
いかにもムラーノっぽいグラスです

工場見学の際に作っていた馬のガラス細工をオマケに貰いました。うまうまと……ですよね。

クリスタルガラスの発祥の地であるというムラーノ島。
ヴェルサイユ宮殿の鏡の間は12人のムラーノ島のマエストロが作ったそうです。
その昔、イタリアからガラス職人が出て行かないようにムラーノ島に集められました。
そこで凝縮された優れた技術が生まれました……というような話を私たちからくっ付いて離れないイタリア人営業マンが言っておりました。

でも今や需要が少なく存続の危機にあるというムラーノ職人たち。
3セット購入したことで少しは潤えたかも、と考えればちょっぴり満たされた気持ちになります。

1240184788.jpg

1240184794.jpg

ついに2店舗となってしまったのですね……。
個人的に惜しみつつ縮小化していくパイレストラン




目の前の「コールド・ストーン・クリーマリー」が行列をしておりました。
アンナミラーズは時代に添っていなかったのでしょうか?
青山店から始まり原宿、赤坂、自由ヶ丘、広尾。
浅草の閉店は早かったですね。
渋谷もあったっけ。目黒とか駒沢も……。
ハングリータイガー同様、なんとか頑張って欲しいレストランです。

1240187525.jpg
こんなにパイの種類が少なくなってしまった……。

1240187546.jpg
アップルパイ

1240187554.jpg
マロンパイ

1240187561.jpg
バナナパイ

1240187572.jpg
レアチーズパイ

実は10代の頃バイトをしておりました。あの制服を着て……。
あれを持っていれば高く売れたかなぁ。ネットオークションで……。
バイトをしている側から見ても良いお店でした。それって大切な事だと思います。
楽しい思い出がいっぱい詰まっていて失いたくないレストランなのです。

チキンピカタはよく作ります
タラとエビでも合いますね

1247955133.jpg



 <材料:2人分>
 生タラ切り身…2切れ 
 エビ…4尾 
 塩、コショウ…適量 
 小麦粉…少々 
 トマトケチャップ…適宜

 ピカタの衣:
   パルミジャーノレッジャーノ…大さじ2 
   卵…1個 
   塩、コショウ…少々
   パセリ…少々

 オリーブオイル…少々 
 バター…10g

 <作り方>
1)パルミジャーノは摩り下ろしておきます。

2)タラは骨と皮を取り、エビは殻と背ワタを取って、塩、コショウしてから小麦粉を塗して、少し置いておきます。

1240268620.jpg

3)ピカタの衣を混ぜ合わせて、オリーブオイルとバターを溶かしたフライパンを熱し、タラとエビに衣を潜らせながら中火で焼きます。

4)片面に焼き色がついて引っくり返したら、火を弱めて蓋をし、少し蒸し焼きにして出来上がりです。

お好みでケチャップなどを付けてお召し上がりください。

1240133713.jpg

ふかひれ専門のレストラン
都内に数店舗ある中、銀座店の紹介です




ふかひれを買いに日本橋古樹軒まで行ったりして、鮫にも色々種類がある事を知りました。
ここ銀座店のプレゼンゾーンでは数種類のふかひれが陳列されていて選ぶ事も可能だそうです。
ただし単品量り売りだと思います。
私たちはいつも「大ふかひれコース¥16,000」を頂きます。

1240133719.jpg 1240135899.jpg
入口の巨大ふかひれディスプレイと水槽内の鬼カサゴ

1240135918.jpg 1240136184.jpg
ふかひれのお刺身、ふかひれ蟹卵入りスープ

1240136157.jpg 1240136195.jpg
車海老が悶え苦しむのを観賞しつつ……黒毛和牛の中国ステーキが運ばれ……

1240136201.jpg 1240136165.jpg
成仏した車海老の踊りのあとは……、これから煮込むふかひれも観賞

1240136212.jpg ★筑紫樓 銀座店★
大ふかひれの姿煮込み(4人前)が……1人前に取り分けられます

1240136226.jpg 1240136232.jpg
次は北京ダック(4人前)が……、割包にはさまれてきました

ここで「北京ダックのお肉はどうするの?」と質問され、
「きっと従業員の人たちが食べるんじゃない」と答えたけれど、本当はどうなんでしょう?

1240136238.jpg 1240136245.jpg
〆はふかひれ入り土鍋そば、デザートは杏仁豆腐

結構、満足できるコースだと思います。
店内も広くゴージャスで、4名までの半個室がお気に入りのスペースです。

喫煙も可能です。(もちろん禁煙席もあります)

私は吸いませんが、喫煙者にとって苦しい世の中になってきましたね。
特にフレンチ、イタリアンレストラン系は全席禁煙が多いと思います。

ただバーと喫茶店の禁煙は喫煙者でない私でも、おかしいと思います。
でもパチンコ店には禁煙コーナーが欲しい……。

1240096733.jpg

那覇のディープ・ゾーンが桜坂ならば
東京のディープ・ゾーンは北千住では?
その北千住で有名な焼き鳥屋さんです



御存知、要予約で時間制入れ替わりの店。
でも、たまーに通り掛って空席がある時は入れてくれます。

1240097526.jpg 1240097518.jpg

まずは黒ビールと軍鶏の刺身

1240097537.jpg 1240097864.jpg

自家製レバーのパテ、ここから串焼き7本コース:わさび焼き

1240097875.jpg 1240097958.jpg

レバー、鶏皮

1240097968.jpg 1240097977.jpg

ギンナン、軍鶏の卵黄付きつくね(パン付き)

1240097984.jpg 1240097991.jpg

椎茸、ネギマ

1240098002.jpg 1240098011.jpg

単品:手羽先、親子丼&スープ

ここも常連を大切にしてくれるお店です。
お酒やワインも揃っていて、マスターに聞けばお勧めのものを出してくれます。

下町のお店は最初は取っ付きにくいけれど、馴染むと大変居心地の良い店に変わります。
「いらっしゃいませ」よりも「おかえりなさい」が似合う街です、北千住は。

勝手に韓国風スープです

1247955211.jpg



 <材料:3人分>
 あおさ(水で戻す)…大さじ2くらい
 ホタテ缶…75g
 長ネギ…1/3本
 ホタテスープ…450cc
 白ゴマ…大さじ1
 塩コショウ…少々
 ゴマ油…大さじ1
 酒…小さじ1
 醤油…小さじ1
 ラー油…小さじ1
 ザーサイ微塵切り…大さじ1
 コチュジャン…小さじ1と1/2

 <作り方>
1)ホタテスープを中火に掛け、あおさと水を絞ったホタテを入れます。

2)コチュジャン以外の調味料を全て入れ、白ゴマ、ザーサイ、輪切りにした長ネギを加えます。

1240094382.jpg 1240094386.jpg

3)最後にコチュジャンで味を付けて完成!

★割烹 さいとう★

味もボリュームも価格も満点のお店
夜は予約可能ですが、お昼は並びましょう!




12時前に到着しても長蛇の列。
ひるまずに最後尾に並んで待ちました。
昼食の丼ものは全て、小鉢、お新香、味噌汁付で御飯のおかわりが出来ます。

1240049785.jpg
笑っちゃうくらいな量のまぐろ中落ち丼:800円(具の大盛り+200円)

★割烹 さいとう★
まぐろ漬け丼:850円

1240049798.jpg
なぜか握り寿司が2カン乗っている海鮮丼:850円(具の大盛り+200円)

見回すと具を別盛りで注文して、御飯をお茶碗で食べている人が多かったです。
なるほど、そうすれば御飯のおかわりが出来るわけですね。
……でも、おかわりは無理ですよー。
具の大盛り中落ち丼なんて、なかなか御飯まで辿り着けないようでした。
そうか! だから別盛りなんですね……。

夜のメニューの中落ち(単品)なんて¥500でてんこ盛りです。
安いからってくれぐれも注文し過ぎないように……。

1239719582.jpg

ロペの次は当然ジュンですね
こちらは男性に人気のコースです




キャディーさん曰く、JUNでプレーしてからロペに宿泊がお勧めだそうです。
でも、夕食はJUNのメニューの方が豊富です。

1239719753.jpg
レストラン ベビー・フェイス        

1239719764.jpg
イカ足の唐揚げと地鶏の唐揚げ中華風

1239719774.jpg
ポテトと茄子のチーズグラタン      

1239719791.jpg
A5ランクのビーフステーキ

1239795914.jpg
この日の宿泊はフォレスト・イン     

1239795929.jpg
お風呂

女性用のお風呂にはサウナはありますが、露天風呂がありません。
男性用には露天風呂もあります。

1239795940.jpg
朝食(宿泊時には付いています)

1239795951.jpg
途中の茶屋のお菓子

システムはロペ倶楽部と同様で、ドリンクは無料(アルコール以外)、茶屋のお菓子や御汁粉も無料です。
JUNもロペも3ホールごとに茶屋とトイレがあるのが嬉しいですね。
もちろん、プレー後のシューズクリーニングサービスもお風呂場のヤクルト飲み放題もあります。

1239796716.jpg
このビールグラス好きです        

1239796727.jpg
昼食はラーメンにしました

1239796708.jpg
昼食は茅葺き屋根の田舎家で  

1239796741.jpg
池越えの18番ホール

ここの18番ホールでは必ずと言っていいほど、グリーン手前の池にボールを入れてしまうのですが、なんと今回は水面を蹴ってボールがグリーン脇に落ちるというミラクルショットになりました。
キャディーさんと思わずハイタッチして大喜びしてしまいました。

東京からは、ちょっと時間が掛かりますが、行くだけの価値のあるコースだと思います。

1239709052.jpg

このカテゴリーでは気に入っているゴルフ場を紹介します
まずは女性に人気のあるロペ倶楽部です




絶好のゴルフ日和の土曜日、日焼け止めを忘れてきた事を後悔しつつロペ倶楽部へ。

1239709078.jpg 1239709090.jpg

桜並木を車で走り抜ければロペ倶楽部です。枝垂れ桜も見頃でした。

1239716588.jpg
ホテル              

1239716597.jpg
お風呂のヤクルトは無料で飲み放題

今回はホテルに宿泊しました。
コテージもあり宿泊施設は充実しています。
ホテルの1階にはマージャン、卓球等の娯楽施設も利用できて全て無料です。
ここのお風呂は女性用にも源泉掛け流しの露天風呂があって安らぎます。

1239716605.jpg
露天風呂 

1239716612.jpg
12番ホールで温泉が噴き出したそうです

1239716628.jpg
中の島がある9番ホール 

フェアウェイが広くてボールが無くならないのが嬉しいです。
9番ホールではショートカット狙いの人は第1打を中の島へ。
でも地道な人は右側のフェアウェイへ。
   
1239716620.jpg
茶屋の飲み物も全て無料

1239716639.jpg 1239716650.jpg

昼食はサンタフェ風のテラスレストラン。
サラダやアルコール以外の飲み物は無料です。

1239716658.jpg
いつもナンピザとビールを頼みます 

1239717838.jpg
桜が美しい……

1239717862.jpg
茶屋の田楽もタダ             

1239717850.jpg
オープン年の1990バンカー

パブリックなので誰でもプレー可能ですが人気があるので予約はお早めに……。

プレー終了後、お風呂に入っている間にゴルフシューズを磨いておいてくれるという嬉しいサービス付き!
難点はキャディーさんが少なく、セルフプレーになってしまう場合があること、くらいでしょうか。

★ハングリータイガー 保土ヶ谷店★

ここの炭焼きハンバーグが大好物なのですが
横浜方面にしか店舗がなくて
久し振りに行って満足です




東京にも店舗があった頃は時々行っていました。
せめて沖縄に出来れば嬉しいのですが……。

1239575175.jpg

↑このナプキンはハンバーグの油の飛び跳ねを防ぐために両手で広げておくものです。

1239575185.jpg

炭火で焼いたあとジュージューと音をたてながら鉄板に乗せて運ばれてきます。

1239575192.jpg

厚みのある100%ビーフハンバーグなのでテーブル上で半分にカットしてくれてソースが掛けられます。
ここでナプキンを掲げます。
このソースが絶妙に美味しいのです。残念ながら販売はしてません。

どうか、もう少し近くに店舗が出来ますように……。

ハングリータイガー

★言問団子★

東京名物:言問団子
散り際の桜を見ながら、お団子を頂きました




東京の桜の季節も終わりに近付き、隅田川の桜も葉桜になってきています。
ここは観光バスまで訪れてしまう名店、言問団子。

1239297821.jpg

店内で食べる時は、お茶とセットになって運ばれてきます。

1239297800.jpg 1239297812.jpg

墨田区伝統工芸保存会の作品展示もしていました。

向島 言問団子

1239297835.jpg

隅田川を散歩していると、
「名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」の都鳥(?)かどうかわかりませんが、鳥にエサを撒いている人がいました。

1239297862.jpg 1239297850.jpg

言問橋を渡る時、桜が間近に迫ります。
満開の時だったら写真を撮るのに良いかも知れません。
今年は桜を満喫しました。

1239297856.jpg

1239297845.jpg

1239297866_20140520002153308.jpg

風が強く吹くと、これぞ本当の桜吹雪って感じですごく綺麗に花びらが舞っていました。
その儚さに少し物悲しい気持ちになりました。
だから日本人は桜を愛でるのでしょうね。

1239184992.jpg

我が家の野趣あふれる庭にも春が訪れました

1239185000.jpg

なぜミニシクラメンばかりかと言うと、

1239185008.jpg

それは手入れ要らずだからです。

1239185016.jpg

↑これは何か不明です。



根性のある花木が好きです。
つまり一度枯れても忘れずに咲いてくれる花とか、水だけで成長し続けて巨木化してしまう幸福の木とか……。

基本的に土いじりが好きではないので、雑草を育てているようなものですね。
それでも春はやってくる……。

何か食べられるものを育てたいけれど面倒そうなので出来ません。
以前にコリアンダー(パクチー)を知り合いの方から頂いて植えたのですが、キレイに食べてしまいました。
その後すぐに終わってしまいました。残念……。

フライパンひとつで出来る簡単レシピ

☆牡蠣とたっぷりキノコ炒め☆



☆牡蠣とたっぷりキノコ炒め☆レシピ

 <材料:2人分>
 牡蠣…100g 
 しめじ…1パック 
 エリンギ…3本 
 ベーコンブロック…50g 
 タマネギ微塵切り…1/4個
 ニンニク微塵切り…1片 
 赤唐辛子輪切り…1つまみ 

 調味料:
   チキンスープ…大さじ3 
   酒…大さじ2 
   醤油…大さじ1
   塩コショウ…適量

 胡麻油…少々 
 水溶き片栗粉…少々

 <作り方>
1)牡蠣は塩(分量外)を振り水洗いしておきます。
しめじは房を分け、エリンギは4つ割に裂いておきます。

1239180977.jpg

2)胡麻油を入れたフライパンにニンニクと赤唐辛子を入れ香りが出るまで炒めます。
そこへタマネギと5mm角くらいに切ったベーコンを入れ良く炒めます。

3)キノコを入れ炒めてから、調味料を加え、キノコが柔らかくなるまで中火で煮てください。

4)牡蠣を入れて火を通し、水溶き片栗粉でトロミをつけて完成!

1239180990.jpg

※人数が多かったら、キノコの種類を増やしてください。

1238691426.jpg

広東料理の店ではありません
東京でカムジャタンを食べたくなって行ってみました




韓国人のお客さんも多い様子で、夜中に行ったにも係わらず満席で入れませんでした。
直ぐそばのBARで空き待ちをしてから入りました。

店内はちょっと不思議空間を演出しています。
昔懐かしい雰囲気がテーマのようです。

1238691434.jpg

韓国式にお通しの種類は多いです。

1238691440.jpg

カムジャタン(2~3人前)煮る前

1238691448.jpg

煮た後

1238691454.jpg

価格も量も庶民的で、ワイワイと大勢で飲んで騒げるお店です。
酔っ払っていたので4人でも食べ切れず、残ったチヂミをお土産にとお願いしたら、カムジャタンの残りも包んでくれました。
味は韓国流でエゴマの葉が利いています。

カムジャタン専門店ではありませんので、メニューは豊富に揃っています。
ここで宴会するのも楽しいかも知れませんね。

*沖縄のクジラ*

昨日、沖縄の海でクジラに遭遇!
4月に見られるのは珍しいそうです
初めてだったので感激しました




1238940672.jpg

天気が良かったのでクルーザーで海に出ました。
まずは那覇港で豪華客船に遭遇。その巨大な船体に驚き!!

1238940681.jpg 1238940699.jpg

そしてクジラの群れに遭遇しました。5~6頭くらいいたでしょうか。
独特な鳴き声を発声しながら、あちこちで潮を吹いてはジャンプをしたりしていました。
クジラのショーみたいに面白くて皆、興奮気味に写真撮影をしましたが、ジャンプの瞬間は写せなかったのが残念です。

1238940713.jpg

1238940687.jpg 1238940721.jpg

かなりな大きさで親子クジラも見られてラッキーな日になりました。

取れ立てのシャコ貝を刺身に生ビールを飲みながら、日暮れていく景色を背景にトローリング。
ここでマグロなんて釣れてしまったら出来過ぎの一日になってしまうところですが、さすがにそこまでには至りませんでした。

12389407280.jpg 1238940734.jpg

那覇空港に着陸する飛行機を見ながら、港に戻りました。

★Hard Rock CAFE UYENO-EKI TOKYO★

待ち合わせに最適な場所です
東京に住んでいない友人や外人さんでも分かる場所
ここのフィッシュ&チップスが好物です




いつも笑顔で迎えてくれるスタッフの方々がイイですね。
店内にはロック系のDVDが絶え間なくTVで映し出されていて、唯一ひとりでいても飽きない空間です。

1238664649.jpg
入口の天井

1238664662.jpg 1238664675.jpg
右が良く見る大きさのジョッキです。そしてフィッシュ&チップス!

1238664705.jpg 1238664694.jpg
このステーキは顎の訓練になります

1238664712.jpg 1238664722.jpg
アメリカンサイズ&テイストのケーキ類

実はフィッシュ&チップス以外余り食べないので、味は良くわかりません。
雰囲気を楽しみましょう!

ハードロックカフェ上野駅店

タンドリーチキンが余ったらカレーに変身
結構辛めが好みな方へ

☆タンドリーチキンカレー☆



 <材料:2人分>
 タマネギ微塵切り…1個
 タマネギくし切り…1個
 ニンニク微塵切り…小さじ2
 赤唐辛子輪切り…ひとつまみ
 ベーコン細切り…35g
 カレー粉…大さじ1
 オリーブオイル…少々

 スパイス:全て少々
   ガラムマサラ
   レッドペッパー
   コリアンダー
   クミン
   ターメリック
   ジンジャー
   パプリカ

 トマトジュース…190g
 水…200cc
 コンソメキューブ…1個
 プレーンヨーグルト…1カップ
 ガラムマサラソース…大さじ1
 コショウ…少々

 タンドリーチキンor鶏手羽元or鶏もも肉
 ゆで卵…2個

 <作り方>
1)オリーブオイルを入れた鍋に、ニンニク赤唐辛子を入れて炒め、タマネギ微塵切りを加えてアメ色になるまで炒めます。

1238580634.jpg 1238580645.jpg

2)ベーコンとくし切りのタマネギを入れてカレー粉を加えて炒め、全てのスパイスも加えて炒めます。

3)トマトジュース、水、コンソメキューブを加えて蓋をして15分くらい煮込みます。

1238580653.jpg 1238580664.jpg

4)ヨーグルトとガラムマサラソースも加え、コショウを振り入れます。

5)タンドリーチキンとゆで卵2個を入れて15分ほど煮込んでから一晩置きます。

1238580672.jpg 1238580684.jpg

※タンドリーチキンでなくても普通の鶏肉から作ってもOKです。
その場合は煮込み時間を増やしてください。