JUNO cuisine

☆★☆JUNOオリジナルレシピとお勧め飲食店&ステキなお宿を御紹介致します☆★☆

☆チンしてこんがり! おしゃれなアンティパスタ☆




さて、またまたレシピブログさまのモニター・コラボ企画より、嬉しい嬉しい贈り物!
旅行中に宅配BOXに届けられていた「チンしてこんがりモーニングカップ」。

1289643727.jpg 1289643741.jpg

結構、たくさん頂きました! 
いっぱい作ってね♪って感じですぅ。
その期待に大いに応えるべく、さぁ作るぞ~って思ったらテーマは『朝ごはんレシピ』

モーニングカップのモニターだもん、当たり前……。
そこで、休日を優雅に過ごしたいけど、手抜き料理でブランチよ~、ダーリン
な~んて感じで許して頂きたく……(多分、今後のレシピもこんな……かな?)

朝シャンにピッタリなアンティパスタの出来上がり☆



☆チンしてこんがり! おしゃれなアンティパスタ☆レシピ

 <材料:1人分>
 チーズの器:
  パルミジャーノレッジャーノ(チョッパー等で細かく)…大さじ2.5

 フィリング:
  キノコ(お好きなもの)…適量
  トマトソース…大さじ1
  バジルペースト…小さじ1/2

 <作り方>
1)『チンしてこんがりモーニングカップ』にパルミジャーノレッジャーノを敷き詰めて、

1289643761.jpg

1分半レンジで加熱します。
※オイルは必要ありません。

1289643774.jpg

2)粗熱が取れたら、完全に冷める前にカップごと丸めて輪ゴムで留めます。

1289643791.jpg

3)冷めたら、丁寧に器から剥がします。

1289643805.jpg

これでチーズの器が完成!

1289643855.jpg

3)『チンしてこんがりモーニングカップ』をもう1枚用意して、お好きなキノコとトマトソース、バジルペーストを入れてレンジで2分加熱します。

1289643867.jpg

※冷凍しておいたミックスキノコですので2分加熱しましたが、冷凍でなければ1分くらいでOKだと思います。

1289643891.jpg

4)ソースを混ぜ合わせて、チーズの器に載せれば完成!

1289643709.jpg

器も一緒に召し上がれ!

1289643924.jpg



もちろん、こんな風にチーズのみをおつまみとして頂いても美味しい一品です。
朝から乾杯しましょう! 
そして、ステキな週末を……。
(季節外れの黄砂だけど……)

1289556910.jpg



楽しかった思い出の数だけ残る、膨大な量の写真と洗濯物……。

取り敢えず自分勝手なバースデー休暇中にも係わらず、いつもと変わらず多くの方が、この拙きブログに立ち寄って下さったようで、感謝、感謝ですぅ♪

プーケット滞在中も、毎日携帯を見ながら「今日は何人来てくれたかなぁ?」などとチェックをしていたら、PCサイトビューアーのパケット代金高額のメッセージが届いてしまって、アハハ……。

気を取り直して、まずは成田空港のラウンジより始めましょう!
今回も利用したのが、ANAのマイレージを使用してタイ航空ロイヤルファーストクラス。
バンコクまで行っても、ついでにプーケットまで行っちゃっても、使用マイル数が変わらないのは前回のベトナムまで行っちゃったのと同じ。

もちろんカウンターでチェック・イン後、タイ航空のスタッフの方がラウンジまで案内してくれます。
なんにも考えずに付いていくだけで飛行機に乗れちゃいます。

前回(ユナイテッド航空のラウンジ利用)は知らなかったのですが、成田ではANAのファーストクラスラウンジも利用できるようで、今回はそちらをチョイス!

すっきりと晴れた秋の空。
旅立ちの日も晴れているほうが気分がイイですね。

1289556950.jpg

ラウンジ内には、PCや有線LANもあります。

1289556929.jpg

前菜やサンドイッチ、お蕎麦やおにぎり。
朝10時以降はホットミールも提供されます。

1289556961.jpg

それ程の種類はありませんが、出発前には充分ですね。

1289556985.jpg

ここでゆっくりと食べて飲んで、飲んで、飲んで……、
バンコク経由でプーケットへと旅立ちます



帰ってきたら嬉しいプレゼントが!
レシピブログのモニター☆コラボ企画で「サントネージュ『酸化防止剤無添加有機ワイン』とピッタリなおつまみレシピコンテスト」に参加していたのですが、
【サントネージュ賞】を受賞しました!
サプライズ・バースデープレゼントです♪

1289556574.jpg

↑賞品はワインセットです。

1286270808_20150414151626178.jpg

↑受賞レシピはコレ。
☆秋鮭とポテトのオーブン焼き☆です。
ありがとうございました m(__)m


1288883981.jpg




ドコにピントを合わせてんのよ……みたいな料理の写真。。。
全然ウマく(ウマそうに)撮れません!

お花の方は少しは上達したような気がします(気のせいかな……)。

1288884071.jpg

1288884085.jpg



今が盛りのホトトギス。
今年はこれで見納めですね。
明日から旅行に出掛けてしまいますので、帰って来る頃には花が終わっていることでしょう。


万能ネギを加えたペペロンチーノを作ってみました。
これがイケる!
ネギの風味が食欲をそそるパスタです♪



☆ネギとキノコのペペロンチーノ☆レシピ

 <材料:1人分>
 スパゲッティ(1.6mm)…100g
 塩(茹で用)…多め

 ソース:
   オリーブオイル…大さじ1
   ニンニク(微塵切り)…小さじ1
   輪切り赤唐辛子…ひとつまみ
   キノコ(お好みの)…適量
   万能ネギ(小口切り)…大さじ1
   黒コショウ…少々
   パルミジャーノレジャーノ(すりおろし)…大さじ1

 <作り方>
1)たっぷりの沸騰した湯に多めに塩を入れて、スパゲッティを茹でます。
茹で時間は記載の時間より2分くらい少なめに設定してください。

2)フライパンにオイルとニンニクと赤唐辛子を入れて香りが付くまで炒めます。
キノコを加えて炒めてから茹で汁を大さじ2杯加えます。

1288883996.jpg

3)茹で上がり時間の1分くらい前になったら、ソースにスパゲッティを加えてネギとパルミジャーノも加え、30秒くらい中火にかけます。

1288884009.jpg

4)お皿に盛り付けてから、黒コショウを振り掛けて完成!

★日本食 りゅうの介★


今日の東京は大荒れのお天気。。。
本日はゴルフの予定をキャンセルして、しっぽりとおウチでブログ更新……。

お天気が悪くて、外に出たくない方々(同じく……)のために、美味しい美味しい麻布十番のお店を御紹介します。
オーナーの加賀田龍之介さんという御立派なお名前のイケメン店主のお店は、その店名も「日本食 りゅうの介」
今年オープンしたばかりの新しいお店です。

1288368556.jpg

電話で予約の際にカウンターしか空いていないことを申し訳なさそうに言われたのですが、オープンキッチンなので少人数の場合はカウンターの方が落ち着くと思います。

1288368565.jpg

我々は4人でしたが、カウンターに並んで座っても違和感はなかったです。
お鮨屋さんだとカウンターに座りますから、そんな雰囲気かも知れません。

アラカルトメニューが豊富です。
ちょっとだけ食べたい時には、コースしかないお店よりもイイですね。
でも今回はいっぱい食べたかったので、おまかせコース料理にしました。
嫌いな食材を言ったら全てにちゃんと配慮してくださいました。
サスガです。

1288368576.jpg

突き出しは、茄子とウニのジュレ。

1288368580.jpg

お造りは、平目とサバと金目鯛、カマスの炙りです。

1288368586.jpg

フォアグラの茶碗蒸し、ふかひれ餡。
おいしい~!

1288368590.jpg

器類もこだわっていますね。
カウンターにも大鉢が並んでいるのですが、どれもお料理を引き立てるステキなものばかりでした。

1288368601.jpg

焼き物は、のどぐろと栗、銀杏。

1288368606.jpg

揚げ物はまこもだけ(だったっけ?)の肉巻き。

1288368627.jpg

和牛ステーキがサラダ風になっています。
食べやすいですね。

1288368714.jpg

お食事は、いくらの醤油漬け丼です。

1288368722.jpg

デザートは柿とぶどうでした。

とってもリーズナブルな料金です!
このお料理に、生ビール5杯、ワイン1本、日本酒4合飲んで、1人10,000円しません。
コース料理は5,500円~です。
安い~♪
美味しくて寛げるステキなお店でした★

☆とまとポトフ☆




昨夜は麻布十番で、プレプレプレ……お誕生日(まだまだ先ということデス)のお祝いをしていただき、醸造酒ばかり飲んでいたせいか、今朝は頭がクラッとする……。

「りゅうの介」(後日御紹介します)で生ビール飲んで、ワイン飲んで、日本酒飲んで、「縁(よすが)」でケーキとシャンパンでお祝いしてもらい、「IL MANGIARE」(後日御紹介します)ではナニ飲んだっけ?

途中、カウンターで寝てたりしたので、首も痛いし……。

最近ドコでも寝ちゃう癖を直さないとイケナイ、と反省しつつ、昨日寝たお店を御紹介。

1288346556.jpg 1288346639.jpg

ここ会員制バー「縁(よすが)」は、大好きな東京タワーがくっきりはっきりと見えるラウンジです。
あのライトダウン伝説を体験するには恰好の場所です。
滅多に更新しない会員制ブログ内で、10月31日のハロウィンのお話をしていたので、代わりにお店の飾り付け写真をUPしておきましょう!
滅多に更新しないブログではナゼか小さい小さい写真しか載せないので……)

1288346573.jpg 1288346594.jpg

例えボトルに埃がたまるほど行かなくても、キープしておいてくれる優しい美人ママ↑デス

プレプレプレ……お誕生日のお祝い、ありがとうございました (寝てるし……


本日は寒いので、とっても簡単に出来るポトフです♪



☆とまとポトフ☆レシピ

 <材料:4人分>
 材料A:
   キャベツ(底のみ切って1/4カット)…1/4個
   ニンジン(1/3カット)…小2本~大1本
   パンチェッタ(ベーコンでも)…50g
   タマネギ(1/4カット)…1.5個
   ニンニク(芯を取ってスライス)…2片
   ローリエ…1枚
   ブーケガルニ…1袋
   ブイヨンキューブ…1個
   水…1,000cc

 材料B:
   ジャガイモ(メークイン:皮を剥く)…4個
   しめじ(小房に分ける)…1/2パック
   エリンギ(スライス)…大1本
   インゲン(両端取って1/2カット)…20本くらい
   ソーセージ…好きなだけ
   白ワイン…200cc
   ホールトマト缶(手でくずす)…400g
   コショウ…適量
   イタリアンハーブ(オレガノ、タイム、バジル)…適量

 <作り方>
1)キャベツの葉の間にパンチェッタ(又はベーコン)を挟み、厚手の鍋に入れて材料Aも加えて、火に掛けます。

1288345305.jpg

本日も伊藤ハムサマより頂いたソーセージを使用しました。
ありがとうございます!

1288345296.jpg

2)煮立ったら弱火にしてアクを取りながら45分煮て、一旦火を止めます。

1288345332.jpg

3)3時間後、材料Bを入れてジャガイモがやわらかく煮込まれたら完成!

1288345344.jpg


ポチッと応援♪m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ
にほんブログ村

創作料理 ブログランキングへ
Merci beaucoup!


1287997630.jpg




すご~く久し振りに運転をしなければならなくなり、運転席に座って超緊張!

自分の身を守るためにシートベルトをカチッと締め、バックミラーの位置を直し、サイドミラーを確認し、(教習生か!)いざ、出発!

「アレッ? ウインカーってどこだっけ!?」
路駐だからウインカー出さなくちゃ!
カチャカチャと探り、やっと見つけ、
(言い訳その1:外車だから!)さあ、出発!

「アッ! そうだ! 乱視用のメガネ買ったっけ!」
車内BOXの中をゴチャゴチャと探してメガネ発見!
初使用のメガネをかけて、いざ、出発!

「アレッ? D どこ? D?」(オートマのDレンジのことデス)
メガネをかけたままシフトレバーを見るとボワ~ンとぼやけて見えない。。。
ダメだ! このメガネ!(イヤ、乱視用だから……)
メガネ、ポイして、やっと出発!
「エ~ト、右がアクセル、左がブレーキ」と呟きながら……。

「アレッ? アクセルが遠~い!」足が縮んだのかな……。
信号待ちで運転席の位置を少し前にずらし、それでも発進の時は、いちいちアクセルペダルを目で確認。
(言い訳その2:間違えると危ないから!)
イヤ、下見てる方が危ないでしょ!?

運転しているとアゴが出てくるのを、気付いては時々引っ込め、前が遅くてもイラッとしないように歌を口ずさみながら、快適(?)にドライブ♪

無事に駐車場到着~。
あ~、疲れた。。。
エッ? 読んでいる方が疲れた!?


では、納豆オムレツで栄養補給!



☆納豆とインゲンのオムレツ☆レシピ

 <材料:2人分>
 材料A:
   納豆…1パック45gくらい
   インゲン(塩茹でして小口切り)…3~4本
   長ネギ(微塵切り)…大さじ1強
   鮭ほぐし…大さじ1
   醤油…小さじ1 

 卵…3個
 牛乳…大さじ1
 バター…10g
 キャベツ…適量
 マヨネーズ…適量 
 パセリ(乾燥)…少々 

 <作り方>
1)納豆は付属のタレとからし、材料Aとともに良く混ぜておきます。
キャベツは千切りにして水に晒してから、水切りをしておきます。

1287997644.jpg

2)卵をボウルで溶き、牛乳を加え、混ぜ合わせた材料Aを加えて良く混ぜます。

1287997652.jpg

3)バターを熱したフライパンに卵液を注ぎオムレツ型に焼きます。

1287997662.jpg

4)半熟に焼けたら形を整え、キャベツを縁に載せたお皿の中央に盛り付けます。

1287997669.jpg

5)上にマヨネーズを掛け、パセリを散らして完成!

1287997941.jpg



※今回気付いたのですが、IHはオムレツ作りには不向きです。
フライパンがちょっとでも離れると、「左ヒーターを確認してください」とウルサイ、ウルサイ。
音声OFFにすればイイのか……。
(言い訳その3:でもやっぱりフライパンを斜めにした時に火が通りませんね)


ポチッと応援♪m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ
にほんブログ村

創作料理 ブログランキングへ
Merci beaucoup!


1287894933.jpg



さて今話題の羽田空港新国際線ターミナルに、なんの用もないのに行ってきました!

そうしたら、なんの用もない人でイッパ~イ
搭乗に混雑するのではなく見学で混雑!

JUNOのようにカメラ抱えたカメラ小僧(?)や携帯カメラでパシャパシャ写している人が多かったので、あ~、みんなブログに載せるのね~。
『羽田 新国際線 ターミナル』とググるだけで、どんだけのブログサイトが出てくるんだろ~? 
もしかして、誰かのカメラに撮られちゃっているかも……? 
帰ったら検索しよ!
な~んて思いながら、負けずにパシャパシャ!

それでは皆さま、JUNO流新国際線ターミナル見学ツアーへようこそ♪

1287895601.jpg 1287895607.jpg

……って、スカイツリーじゃん!
いや、しばらく見ない間に、随分と成長したもンだという親心……。
空港へ行く前に、通り掛ったもんで写してみました。

1287894816.jpg

ハイ、まずお車でお越しの方のために、駐車場の御案内から~。

国内線の駐車場は4階=ターミナル連絡通路でしたが、ここ国際線は3階=ターミナル連絡通路となっております。
ネットより駐車場予約可能は国内線と同じですが、3Fは一般車両用スペースの方が大きくて連絡通路に近いので、混み合うシーズン(年末年始、GWとか)以外には予約の必要はなさそうですね。
ちなみに予約金は1,000円なので、一般スペースがガラガラだとショックですよね。

先日の沖縄旅行で帰ってきた際、国内線駐車料金がかなり安くなっていたのに驚きました。
便乗値下げ 有り難いけど。

1287894825.jpg

上記はモノレールが直結している写真です。

↓モノレールの駅は、空港内と言ってもいいくらい近いです。

1287894878.jpg

広~い~!
まるで空港のようです!

1287894871.jpg

…… って、ここ空港だったっけ。
以前の国際線ターミナルがちっちゃ過ぎたのね。
南の島のローカル空港みたいだったものね。

1287894893.jpg

出発ロビーです。

1287894901.jpg

チェックインカウンターに人は少ないのに、空港内は旅行カバンなど持っていない人たちで大賑わい!

1287894909.jpg

中央のエスカレーターで4階の江戸小路へ。
スゴイ人、です。

1287894915.jpg

飲食店やお土産屋さんなどが軒を連ねています。

1287894923.jpg

「串の坊」発見!(串揚げ屋さんデス)

1287894939.jpg

「つるとんたん」も!(うどん屋さんデス)
「中村勘三郎」!(?)

1287894954.jpg

正面には江戸舞台なるものがデ~ンとあって(でも結構小さい)、時間になると何か催し物をやるみたいです。

1287895012.jpg

それでは、逆側の江戸前横丁にも行ってみましょう!

1287894961.jpg

入ってすぐに「銀座おぐ羅」発見!(おでん屋さんデス)

1287894967.jpg

有名処が結構出店しているのですね。
混むわけだ~!

1287894987.jpg

どこもスゴイ行列ですぅ~。
お腹空いたぁ。
いや、見学ツアー中でした!

1287894979.jpg

続いてリフレクソロジーの「Raffine」などもあります。

1287895004.jpg

ピザ窯で焼いているピザ屋さんを横目で見ながら、5階へ。

1287895069.jpg

TOKYO POP TOWNでは「ハローキティジャパン」や、

1287895024.jpg

「博品館」まであります!(おもちゃ屋さんデス)

1287895032.jpg

ミニカーのレースなどを見た後、

1287895046.jpg

やっと展望デッキへ到着。

1287895056.jpg

そうだ、ここは空港だ! 
飛行機見なきゃ!……飛行機、少ない。
人、多い。。。

ちなみにこの階にはプラネタリウムもあるそうです。
でも、ここも行列デス。

ついでに2階も見学しましょう!

1287895079.jpg

↑京急線の駅も近いみたいですね。

1287895101.jpg

喧騒からは脱したものの、ランチ難民と化したJUNOの行き着いた先が2階のカフェでホット-ドッグとカプチーノ。
(美味しそうなものいっぱいあったな……)と走馬灯のように各店のメニューが頭の中をグルグルと回っておりました。

国際線 空くまで待とう ホトトギス

……ってことで、本日はウチのホトトギスの写真で、おしまい。

1287926556.jpg


1287828080.jpg



沖縄は那覇市与儀にあるとっても庶民的な食堂です。

1287828137.jpg 1287828148.jpg

間口も庶民的なら、メニューも庶民的。
価格なんて超庶民的で(沖縄でふざけている価格設定をしているお店はあんまりナイとは思いますが……)胃にもお財布にも優しい食堂です。

1287829524.jpg



「あちこーこー」ってなんじゃ? って思いながら
「韓国風ピリ辛ゆしどうふセット(上記写真)」と「ゆしどうふセット(下記写真)」を注文。

1287828188.jpg



このプレーンなゆしどうふ、「みそ味、しょうゆ味、そのままですか?」と聞かれ、「しむじょう」の味を連想していたので「そのまま!」と答えて失敗!
本当にそのままだったのです……。

鰹だしがしっかり利いている味だと思ったのですが、「ゆしどうふ」ならぬ、「おゆどうふ」でした。
お豆腐屋さんですから、お豆腐に自信がある証拠でしょう。。。

セットにはボリュームのある、じゅーしー(炊き込み御飯)、サラダ、豆乳プリンなどが付いています。
この豆乳プリンが、名前はプリンなのですが味はジーマミー豆腐に近い味で美味しいです。

1287828200.jpg

お店の横の路地から裏に回ってお豆腐屋さんを覗いてみました。

1287828213.jpg

お豆腐屋さんの看板はないようなのですが、小売りもしているのでしょうか?
小さいお店なのに、近くにちゃんと駐車場も完備しています!

「ゆしどうふ」は飲み過ぎた(毎日?)翌日の昼食に最適なメニューです。

※ちなみに「あちこーこー」とは「熱々」という意味らしいです。
あちこーこーカップル、とか言うんでしょうか

★鉄板×BAR×炭焼 Stand★



今年7月にオープンしたという沖縄那覇市久茂地にある洋風酒場。
「スペイン料理を中心とした洋風酒場!」(店内にあったチラシ参照)らしいのですが、多分自分の食べたい物全部メニューに入れちゃえ!ってくらいの各国ゴチャマゼ盛り沢山!

1287739908.jpg 1287739918.jpg

「Stand 」の意味はガソリンスタンドかい? てな感じでお店の前には「給油ガン」。
ちなみに給油はできません。。。

1287739936.jpg

お店は2階。

1287739947.jpg

ガラス越しに(何人?)(3人)(OK)のジェスチャーをやり取りし、「帰っちゃダメ!」マークを見ながら階段を上がります。

1287739960.jpg 1287739977.jpg

前後左右超オープンなキッチンの周りにカウンター席。
以前に御紹介した「BACAR OKINAWA」関連のお店らしいので、あそこのメニュー(ピザ2種類)の反動でこんな取り留めのないメニューになったのね……。

1287739991.jpg

満席状態の中、よく予約もせずに入れたもんだと感心しながら、色々メニューをめくり、

1287740001.jpg

週末は「ワインの日」だそうで、ボトルワインを注文するとワインに合う1品が付いてくる! と説明され、

1287740017.jpg

「サービス」とか「プレゼント」とかいう言葉にメチャクチャ弱い体質なので、もちろんワインを注文!

1287740028.jpg

そして付いてきた1皿がトリッパ(ハチノスの煮込み)です。

1287740043.jpg 1287740055.jpg

これは「イイダコのタコ壺墨煮」。
イイダコがグロ!……じゃなくてクロ

1287740066.jpg

カキのアヒージョ。
カキがオイルのお風呂に入っている感じ。

1287740075.jpg

そしてラクレットチーズ。
これは目の前でチーズを掛けて欲しかった。
カウンター席なら見られるのでしょうね。
次はカウンター席に座りたいナ。

1287740097.jpg 1287740107.jpg

お野菜たっぷりフォアグラステーキ。
最後には、これまた「サービス」の試験管アイスキャンディーが差し出されました。
1番のお気に入りは最初の写真のラグーソースのペンネ。
これは次回も注文したい1品です♪

☆チキンボールホワイトシチュー☆




本日より羽田空港新国際線ターミナルがオープンだそうで、以前の小さい小さい国際線ターミナルは閉鎖だそうです。
前はとっても空いていて狭いのであんまり歩かなくてよくて便利だったのですが、便数も増えるし混み合うでしょうね。
でも、空港ラウンジも新しくなって、おにぎり以外の食べ物も提供されるかも……、
な~んて期待しております。

早速、12月のソウル行きを予約! 
新旧ターミナルビルの比較をしてきますね。

さて嬉しいお知らせです!
JUNOのレシピ1品講談社ムック本「おまかせ!みんなのおうちごはん 2011年版」に掲載され、11月中旬に発売されます!

そこで立ち回りの早い回し者JUNOが、多分以前の「レタスクラブ」掲載よりは大きいスペースであることを願いつつ、この本の宣伝をしま~す。
現在、先行予約受付中!(11月10日まで)

※下のバナーかサイドバナーをクリックして頂けると、詳しい情報が得られます。


ハイ! 本日のレシピは寒くなってきたのであったか~いシチューです♪



☆チキンボールホワイトシチュー☆レシピ



1287656323.jpg




ポチッと応援♪m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ
にほんブログ村

創作料理 ブログランキングへ
Merci beaucoup!


1287482602.jpg



伊藤ハムの「おしゃべりキッチン-あなたのレシピ大募集!-」のプレゼント!
9月のテーマでレシピを投稿したら見事、当選です!(パチ、パチ、パチ)

当選したレシピはコチラ↓
☆長ネギとベーコンのスープ☆

伊藤ハム選りすぐりの商品詰め合わせ……、ぎっしりとホントに詰め合っています!
箱から出して記念撮影したら、箱に戻せないくらいの量。
ありがとうございますぅ~。
こんなにアチコチから頂いてばかりで、クセになっちゃう……(もう、なってる)

今度は伊藤ハムの回し者
イヤ、ダメだ、まだコシヒカリの恩返しが終了していない。

アレッ? そうだ、これはモニターじゃあなくて、賞品だった。
でも義理堅い(?)JUNOとしては、ソーセージを使ってコシヒカリに合うおかずでも作るか……、なんて考えております。



さて、はしゃぎ終わったところで、ハイサイ沖縄~に行ってきました。

1287482742.jpg

カメラがイイと機上からも撮影もキレイ~(自画自賛)

1287482759.jpg

いつものように、旅のおともは崎陽軒の「昔ながらのシウマイ」。

1287482773.jpg

この日の軽食はナンだっけ?

1287482853.jpg

シャンパンの飲み過ぎで忘れた。。。
期間限定の白桃ジュースに混ぜるとシャンパンカクテルになって美味しいです。

1287482808.jpg 1287482884.jpg

酔っ払っている間に沖縄に近付いて来ました。
海面が鏡のようです。

1287482899.jpg



この島はナンでしょう? コマカ島?
曇り空なので、海の色がイマイチですね。
沖縄は1日中晴天!っていう日が中々なくて、(たまにピンカンに晴れていると飲んだくれて寝ていたり……)今回も余り晴れませんでしたが、デジ一サマのお蔭で海の写真も撮れました!

1287486287.jpg



瀬長島です。
この日は風が強かったので、ウインドサーフィンを楽しんでいる人が多かったですね。
BBQをしているグループは少なかったです。
パラッと雨が降ったりもしたので、大事なカメラは車の中に仕舞い込み、BBQと飛行機の写真はナシでした

☆ふかひれド~ン☆



この御飯の上に乗っかっているものは、ところてん ではありません!
以前に「古樹軒」さんより御連絡を頂き、購入した「青鮫のふかひれ」です。

重さを量ってみたら、ナント530g

1286991608.jpg



ウチの中華鍋では入らないので、4~5人用の土鍋で煮込みました。

レシピはコチラ→☆ふかひれの姿煮込み☆

レシピと言っても、「古樹軒」さんのオリジナル煮込み用スープで煮込むだけですが……。
煮込まれるとスープにコラーゲンがどんどん出てくるので、スープを飲むとお口周りがベタベタ!

1286991620.jpg



お鍋のマロニーちゃんにも見える太さです。
ン? マロニーちゃんを「古樹軒」さんのオリジナル煮込み用スープで煮て、
「ふかひれ初めて食べるぅ~」ってな人に食べさせたら、ひょっとしてわからないかも……。

このふかひれ、極上ごはんのおともにしたらどうでしょう♪

★碧 銀座三越店★



今朝は、文句の付けようのない完璧な秋晴れ。
今日、ゴルフをしている人は気持ち良いでしょうね。

さて、こんなお天気の日には、フラフラとどこかへ出掛けたくなる人のために、沖縄で数店のお店がある鉄板焼きステーキレストラン「碧」銀座三越店を御紹介。

以前に「碧 松尾店」「碧 国際通り店」は御紹介させて頂きましたが、いよいよ県外に出店!
今年の9月に東京三越銀座店新館12階にオープンしました。
沖縄の「碧 本店」「とりひろ 国際通り店」を閉めて、覚悟の銀座オープン。
それを担うスタッフは大変だぁ!

1286790841.jpg

三越内ですので、制約があるのでしょうか? 
沖縄の各店と違い、すっきりとした雰囲気。

1286790850.jpg

もうちょっと沖縄らしさがあってもイイかな?って思いました。

基本的なコースメニューは変わりませんが、お肉とエビが違います。
いつも注文するオーストラリア産牛の特上テンダーロインとえび(2尾)4,800円がなかったので、黒毛和牛ももステーキと車えび2尾コース5,000円にしてみました。

銀座は黒毛和牛しかメニューにないので、沖縄の同じメニューと比べるとエビ以外は東京の方が少し安い気がします。

1286790875.jpg

泡盛は同じ。
ボトルキープは残りのcmでキープするスタイル。
場所を取らないので、キープ期間は無期限です。

1286790866.jpg

お通しはパパイヤと島らっきょうの2種類でした。

1286790886.jpg

サラダと野菜類も同じです。

1286790893.jpg

そしてJUNOはいつものように、大量のタルタルソースをサービスしてもらいます♪

1286790934.jpg

エビには違いがあっても、タルタルソースをタップリと付けてしまうと味、一緒。

1286790941.jpg

イタイ、イタイ~!

1286791006.jpg

エビの殻と頭がペッシャンコ。。。
エビセンの出来上がり!

1286791014.jpg

沖縄でのみ、やってくれるパフォーマンスを特別にやってくれました。

1286791057.jpg

沖縄の「碧」で黒毛和牛は注文しないので、食べ比べは出来ないのですが、テンダーロインの方が迫力がありますね。

1286791064.jpg

そして、ゴーヤーチャンプルー。

1286791072.jpg

中味汁と沖縄のぜんざい。

1286791080.jpg

この日は、まだバタバタとしていてスタッフさんたちは慣れていない様子。
キッチンに入っていた顔馴染みスタッフのひとりが席に来て、
「なんで、いるの? なんで?」と不思議な質問。
「だって、こっちに住んでるから……」と言うと、
「そうだけど、なんか沖縄にいるみた~い」と興奮気味に言い、忙しそうに戻って行きました。

もう今頃は慣れてきたでしょうか?
銀座進出大成功! となるように大変だけど頑張ってくださいネ☆

☆ベーコン入りチーズパン☆




連休中日はあいにくの空模様。。。
でも、新しいカメラでルンルンのJUNOは、撮影会にお出掛け~♪

1286713017.jpg 1286712981.jpg

……って言ってもウチの庭。

以前に「ホトトギス」と間違えて買って来てくれた「ヒイラギ」、
(どうして「ホトトギス」が「ヒイラギ」になってしまったかは、いまだに謎……)
そして大好きな「ホトトギス」を写してみました。

昨年は10月14日には元気に咲いていたようですが(→昨年の日記参照)今年は御覧のように、まだしっかりとした蕾です。

背景ぼかしグルグルで写しました!
そう、あのCMで北川景子さんがグルグル回して撮っているヤツです!
葉っぱの雨露がキレイに写るもんですね。ナルホド。

写真もゴルフも実力のないものは、道具の良さで勝負するということを実感。
しかし、ホームベーカリーはとっても古い。。。
まあ、いいや。料理は実力で勝負する


本日のパンはお酒のおつまみにもなる、しっかり味のフランスパンです♪



☆ベーコン入りチーズパン☆レシピ

 <材料:4本分>
 強力粉…180g 
 薄力粉…50g 
 バター…10g 
 塩…小スプーン1
 三温糖…小スプーン1
 ドライイースト…小スプーン1
 冷水…150cc
 ※この計量スプーンはホームベーカリー付属のスプーンです。

 粒マスタード…大さじ1
 マヨネーズ…大さじ1
 ベーコン…40g 
 ポピーシード…少々
 パルメザンチーズ…適量
 打ち粉…少々

 <作り方>
1)強力粉~冷水までの材料をホームベーカリーに入れてパン生地を作ります。

2)終了したら生地を取り出してボウルに入れてラップをし、30分休ませます。

3)打ち粉を振りながら4分割し、切り口が内側になるように丸め込んでガス抜きをし、ラップをして10分休ませます。

1286708542.jpg

4)生地を麺棒で伸ばし、粒マスタードとマヨネーズを混ぜたものとベーコンを載せます。

1286708555.jpg

5)四方を折ってから、

1286708566.jpg

両端をクルクルと丸めて、

1286708575.jpg

合わせ目を閉じて下にします。

1286708585.jpg

6)クッキングシートを敷いたオーブン皿に載せて、

1286708612.jpg

40℃のオーブンで40分くらい発酵させます。

1286708625.jpg

7)発酵した生地に霧吹きをしてポピーシードを振り掛けます。

1286708634.jpg

8)表面に2箇所切り込みを入れてから、切り込み部分にチーズを載せます。

1286708641.jpg

9)200℃に予熱したオーブンの内側に霧吹きをして、生地にも霧吹きをします。

1286708663.jpg

10)約25分焼いたら完成!

1286708673.jpg




ポチッと応援♪m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ
にほんブログ村

創作料理 ブログランキングへ
Merci beaucoup!


☆桃とリンゴのコンポート☆




先日、無謀にも屋内バーベキューパーティーをやり、煙がモウモウとなり、近所から消防署へ通報されないかとヒヤヒヤ……。

1286641559.jpg

前回の公園BBQの教訓を生かし、サーロインの購入は思い止まらせたのですが、

1286641572.jpg

スペアリブなんぞをうっかり買ってしまい、タレに漬け込んで焼き始め……、

1286641580.jpg

やっぱり、火事だぁ~!

1286641586.jpg

お肉がすぐ焦げちゃうからアルミホイルに包んで焼こうとしたら、アルミホイルが良く燃える~

大丈夫か? 煙探知機が作動しないか
天井を見ると、全箇所の探知機がビニールカップで覆われている……。
フッ 用意周到だな

感心している場合じゃな~い!
水を掛ければ、床がビチャビチャ……。

BBQは外でやろう! という当たり前な結論になりました。

※危険ですので、良い子の皆さんは、くれぐれもマネをしないでくださいネ!


本日のレシピはデザートです。
先日の「ジビエの会」でアイスクリームを載せて最後に出しました。
お腹一杯でも食べられてしまう、簡単で美味しくパーティー向きなデザートです♪



☆桃とリンゴのコンポート☆レシピ

 <材料:4人分>
 桃(種を取って皮を剥いて8ツに切る)…2個
 桃の皮…少々
 リンゴ(紅玉:種を取って皮を剥いて8ツに切る)…2個

 A:
  水…200cc
  白ワイン…200cc
  グラニュー糖…60g
  ハチミツ…大さじ2
  レモン汁…1/2個分

 アイスクリーム…お好みで!

 <作り方>
1)材料Aを鍋に入れて火に掛け、桃とリンゴと桃の皮少々を入れて、

1286641413.jpg

キッチンペーパーで落し蓋をして15~20分煮ます。

1286641423.jpg

2)冷めたら冷蔵庫で冷やしておきます。

1286641514.jpg

器に盛り、お好みでアイスクリームを添えて完成!

1286641525.jpg

※パーティー料理は、冷やしておくものを2~3品午前中に作っておくと、ラクですね☆

☆鹿肉のロースト☆



先月末に「ジビエの会」と称しましてホームパーティーを開催。
人生初の鹿肉料理に挑戦しました!

「あ~、鹿肉が食べたいな~」って普通の人は言わないと思いますが、そんな人がいるおウチに最強の味方、「グルメミートワールド」
売っていました、ピョ~ン、ピョ~ン

取り寄せてみたら、「量、多くない?」2人で食べ切るのはちょっとムリ。
そこで、鹿肉パーティー♪
メニューは以下の通りです。

☆エビのカクテル~タルタルソース~☆
☆秋鮭とポテトのオーブン焼き☆
☆鹿肉のロースト☆
☆パプリカのピンクリゾット☆
☆桃とリンゴのコンポート☆(あとでレシピを御紹介します)

1286445723.jpg 1286445735.jpg

ピンドン2本空けたわりには、1杯しか飲んでな~い!
作っておけないリゾットを、皆が集まってから30分掛けて作っていたら、すでにビンは空。

まあ、いいや、楽しかったから……。

「じゃあ、次はローストビーフの会で!」って、オ~イ、勝手に決めるな~

まあ、いいか……。
おウチパーティーってお料理を作る時が1番楽しいですよね?
その醍醐味を味わえるJUNOは幸せものです♪



☆鹿肉のロースト☆レシピ

 <材料:4人分>
 鹿テンダーロイン…750g
 塩コショウ…適量
 オリーブオイル…適量

 マリネ液:
   赤ワイン…350cc
   レモン汁…1/2個
   ニンニク(すりおろし)…小さじ2
   タマネギ(スライス)…1/2個
   オリーブオイル…大さじ2
   タイム…小さじ1
   ローリエ…1枚
   セロリの葉…1本分
   ローズマリー…少々

 衣:
   パン粉…2カップ
   ニンニク(つぶす)…1片
   塩コショウ…少々
   パセリ…少々

 クランベリーソース…大さじ1
 ハチミツ…大さじ1
 バター…10g
 水溶き片栗粉…大さじ1
 からし…適量

 <作り方>
1)鹿肉の筋を取って塩コショウして10分置いてから、

1286445540.jpg

マリネ液に漬けて冷蔵庫で1晩置きます。

1286445557.jpg

2)2時間前に冷蔵庫から出しておき、

1286445578.jpg

鹿肉をマリネ液から取り出して水分を拭きます。

1286445646.jpg

3)オイルを熱したフライパンで鹿肉の表面を焼き、からしを付けてから混ぜ合わせておいた衣を塗して、オーブンシートを敷いたオーブン皿に載せて、200℃に予熱したオーブンで7分、180℃に下げて7分焼きます。

1286445691.jpg

4)マリネ液からセロリとローリエを取り出して、

1286445658.jpg

鍋に入れ10分煮てから、漉します。

1286445669.jpg

5)クランベリーソースとハチミツ、バターを加え、水溶き片栗粉でトロミを付けたらソースの完成!

※2分多く焼き過ぎたので、合計14分と記載してあります。
理想はもう少し内側がピンク色。
でも、全く臭みがなく、大成功でした!


この頃、デジカメが壊れつつありますので、写真がブレ気味でスミマセンm(__)m

☆パプリカのピンクリゾット☆




さて今回よりサントネージュ『酸化防止剤無添加有機ワイン』の回し者となります!
ご存知レシピブログのモニター☆コラボ企画で頂いた品が、ワイン赤白2本!

1286183445.jpg 1286183478.jpg

まずは試飲。ここ重要ですね!(単に飲みたいだけ?)

すっきりと飲みやすい赤ワインは、なんの素材でも合いそうな味です。
あえてお肉料理ではなく、いつもは白ワインで作るリゾットを赤ワインでピンク色にしてみようと思いました。
(思ったよりはピンクにはならなかったけど……)
お料理に使用しても邪魔にならない味なので、大成功!

この日はホームパーティーのために鹿肉料理を作ったので、リゾットは野菜中心。
コストも抑えた一品です。



☆パプリカのピンクリゾット☆レシピ

 <材料:2人分>
 パプリカ(黄&赤:1cm角切り)…各1/4個分
 しめじ(小房にわける)…1/2パック
 ニンニク(つぶす)…1片
 タマネギ(微塵切り)…1/2個
 オリーブオイル…適量
 米(洗わない)…1合
 赤ワイン…100cc
 ブイヨンスープ…600cc
 コショウ…少々
 パルミジャーノレッジャーノ(すりおろし)…大さじ2

 <作り方>
1)オリーブオイルを入れたフライパンでニンニクを炒めます。
香りが出たらタマネギも炒めて、水分がなくなったら、お米を入れて透き通るまで炒めます。

1286183496.jpg

2)赤ワインを加え、ブイヨンスープを100ccくらい注ぎます。

3)しめじとパプリカも加えて、時々掻き混ぜながら、スープが減ってきたら再び加えます。
30分くらい繰り返して、米の硬さを見ながらスープの量を加減します。

1286183509.jpg

4)丁度良い硬さ(アルデンテ)になったら、パルミジャーノとコショウを加えて完成です。

1286183516.jpg




【サントネージュ『酸化防止剤無添加有機ワイン』レシピコンテスト参加中です】

サントネージュ『酸化防止剤無添加有機ワイン』レシピコンテスト参加中

1286066388.jpg


今回の京都旅行の目的は、南座で歌舞伎を観ることというお話はしましたが、ここでやっと京都四條南座が登場。

1286066435.jpg 1286066468.jpg

歌舞伎って1番最初に観た演目で好きか、嫌いか、決まってしまうと思うのです。
だから、まだ観たことがないという人のために選ぶ演目は慎重になります。
「義経千本桜」は面白い演目で、特に訪欧歌舞伎の凱旋公演ということで、東京から京都南座まで観に来ました。

1286066520.jpg

さすが、京都で観客席には舞妓さんも数人いて、なんとなく気分が高まります。

1286066559.jpg

客席数は少ないので、1番後ろの席でもちゃんと観劇ができそうです。

1286066573.jpg

お弁当を買うのがちょっと大変。
東京だと桟敷席の場合、お茶も置いてあるし、お食事も席まで注文を聞きに来てくれて、観劇中に座席入口の棚に置いてあるのですが……。

1286066588.jpg

お酒を持込するのは東西同じ。
お茶のように見えて、実はウイスキーを飲んでいます。

今回の宿泊が京都祇園ホテルという大変利便性の良いホテルだったので、南座の30分休憩の時間はホテルに戻ってお部屋で休憩ができました。ラクチン!

1286066607.jpg 1286066618.jpg

八坂神社のすぐ側なので、珍しくお参りなどもしてみました。

1286066655.jpg 1286066687.jpg

今回は、お土産も買いましたね。

黄金一味という一味唐辛子や……、

1286066710.jpg 1286066720.jpg

皇室の方も訪れる「宮脇賣扇庵」は、高いので……、

1286066835.jpg

すぐ側にある「白竹堂」で扇子を購入。

1286066852.jpg

名入れもしてもらえるので、お土産にしたら喜ばれると思います。

1286066860.jpg 1286066873.jpg

ステキな旅になりました。
お世話になった京都の皆さま、「おおきに。ほな、さいなら~」

*京都 祇園 お茶屋 田中菜美* 1286005947.jpg

なんちゃって舞妓さんではありません!
昨年、「やげんぼり」の女将さんに御紹介頂いた、お茶屋の「田中菜美」さんのお座敷に呼ばれていた舞妓さんです。
10月からは芸妓になるという20歳の舞妓さんなので、見納めの姿を撮ることが出来て良かったです。
……とは言っても、奥のお座敷のお客さんが呼んだので、帰るところをママが紹介して歩いてくれたのですが……。
なんちゃってお茶屋遊びです

1286005904.jpg 1286005823.jpg

金曜日に久し振りに訪れた「田中菜美」さんは閑古鳥がピ~ヒョロロ~
「静かどすぅ。昨日もヒマどしたぁ」と言うママの横には、ずらりと5人の京美人。
カウンター越しに勢揃い。ヒマと言わなくとも見ればわかる……。

我々2人に対して6人で接待。
奥に厨房係りの方もいるから7人ですね。
お茶屋を貸切りどすぅ。楽しかったぁ!

「明日はきっと混むよ。前に来たときも翌日は入れなかったから……」
と言い置いて、目の前に開店したばかりという「おがわ」というお店の暖簾を潜りました。

1286006017.jpg 1286006081.jpg

こちらのカウンターには、京美人ではなく日本酒がズラリ。

1286006069.jpg

お通しをつまみに日本酒を頂きながら、ふと壁を見ると、「でっかい金魚の魚拓
あんな大きい金魚がいたらおかしいでしょ? と笑われました

1286006036.jpg

このお店を出たら、「田中菜美」さん早々と閉めておりました。

そして翌日、「山玄茶」で夕食のあと、通り掛かった「日吉堂」というマッサージ屋さんに入り、

1286006360.jpg

60分¥5,000のフットマッサージをしてもらいながら爆睡
とってもたくさんのマッサージ師がいるのに、すご~く混んでいる日吉堂さんでした。

1286006345.jpg

そしてマッサージの前に電話しておいた「田中菜美」さんへ。
何かの行き違いで予約が入っておらず、この日はやっぱり満席。

「じゃあ、台所へ!」台所???
案内された部屋がココ ↓ 左が台所になっている小部屋でした。

1286005936.jpg 1286005919.jpg

掘り炬燵でテレビもあり、なんだかウチにいるようで妙に落ち着く……。
この天井が高かった、などと言う話をママから聞きながら、カウンター入口にも通じている左の方で、昨日はヒマそうにしていた京美人さんたちがバタバタと忙しそうに動き回る姿を見ているのが面白い。

2階ではカラオケ、奥の座敷では芸妓遊び、と賑やか~。
そして、カウンター席に移ったら舞妓さんがやってきた、ということです。

結局、最後は我々だけになり、次に京都にきたら皆で御飯に行こう~とママたちを誘って(次っていつだ?)楽しい京の夜が幕を閉じました。

★すき焼きの草分け 三嶋亭本店★



「京都で美味しいすき焼き屋さんは?」
「そりゃぁ、三嶋亭さんどすなぁ」とお茶屋のママに言われて、やってきました「三嶋亭」
明治6年から続く老舗と言うことで、文明開化の味を堪能してきました。

1285925605.jpg

うん? こっちが入口……、

1285925621.jpg

じゃあなくて、こっちですね。↑ 
京都って分かり辛い。。。

1285925643.jpg

通されたお部屋は階段を上がってから下がるという、要するに1階なのになんで? という作りになっております。

1285925661.jpg

「バリアフリーじゃないのね」と言うと、仲居さんが、
「身体の具合が悪い方は厨房を通ってもらえば階段は使わなくても大丈夫です」
帰りはそれだ!

1285925700.jpg

超気に入った八角形の掘り炬燵式テーブル。
欲しい……。 頑張れば8人座れる

1285925723.jpg

予約の際に、お昼のコース4,505円をお願いしておきました。

1285925736.jpg

おぉ~!
鍋まで八角形とは! 負けた!(なんの勝負だ?)

1285925746.jpg

足りなかったらお肉を追加しようね、と言っていたのですが充分な量の黒毛和牛です。

1285925753.jpg

関西は砂糖でお肉を最初に焼きますね。
“すき焼き”ですから、こちらが正しいのでしょうか?
関東風は“牛鍋”ですね。

1285925766.jpg

割り下も入れて仲居さんに焼いて頂いたお肉。
溶き卵でパクッ!

1285925801.jpg

当たり前だけど、美味しい~☆

1285925814.jpg

帰りは厨房を通ってお店を出ました。
その理由はヒ・ミ・ツ!

★総本家ゆどうふ 奥丹 清水★



京都と言えば、お昼は湯豆腐? 
突然そんな話になり、あてもなく祇園の町中をブラブラと散策。

1285831281.jpg

すっきりと晴れて日差しが眩しい中、日傘もサングラスも忘れてきたことを後悔しつつ、ちょっと変わった形の塔を発見。
祇園閣という塔で、上から京の町を眺められるらしいです。

1285831294.jpg

そんなことより、湯豆腐、湯豆腐……。

お店の前で呼び込みをしていた店員さんに聞いてみました。
この近くで美味しい湯豆腐屋さんはありませんか?
すると、とっても丁寧に「奥丹」というお店までの道筋を教えてくれました。
京都の人ってみんな親切ですぅ。
しかし何を聞いていたのか、「奥丹」見付からず……。
祇園のアチコチにいる人力車屋さんに聞いたり、お土産屋さんに聞いたりして観光客で賑わう二年坂を上り切ったところに……、

1285831309.jpg

ありました! 「奥丹」の暖簾が! 

1285831326.jpg

アレッ? ここ、入口じゃないの?

1285831341.jpg 1285831349.jpg

あ~、こっちですね。
入口から風情がありますので、外人さんが玄関まで入って写真だけ撮っていきます。
湯豆腐は苦手なのかしらん? 
中から見ていると日本人しか入ってきません。

1285831459.jpg 1285831476.jpg

畳の回廊より中へと案内されて、囲炉裏のあるお部屋でホッと一休み。
メニューを広げてお豆腐の説明を受けます。

1285831639.jpg 1285831646.jpg

ランチ湯豆腐にしては、ちょっとお高い。
これでは外人さんは入らないでしょうね。

我々は、湯豆腐しか食べたくないので、メニューにはない単品のお豆腐を2種類注文。
あとで会計を見たら、おきまり豆腐(木綿)単品900円、昔豆腐(木綿豆腐よりも少しかたい)単品1,800円でした。
熱燗2本とビール1本飲んで2人で4,500円でしたから、それ程高くはない。
単品メニューを表に出せば、もっとお客さんが入ると思うのですが、お店の雰囲気を壊したくないのでしょうか? 
メニュー説明はコースしかしないようです。

1285831685.jpg 1285831662.jpg

広いお庭を眺めながら、昼間っから熱燗に湯豆腐!
ニッポン人に生まれて幸せ~♪

1285831726.jpg

お腹も気分も満たされて、再びブラブラと散策。

1285831737.jpg

あぶら取り紙で有名な「よーじや」さんもあり、茶筅が安いお店を見付けたので、4本購入!

1285831225.jpg 1285831234.jpg

ちりめん山椒おじゃこの店「やよい」でも、お土産を買いました。

ここいらへんは「なんちゃって舞妓さん」が多くて、面白いです。
本当の舞妓さんとの違いは直ぐわかりますね。
歩き方と衣装や髪飾りの違いで……。

な、なんと、人力車に乗る親子舞妓を発見!
子の方は若いのでイイけど、親は……
せめて芸妓にして

★京都祇園 山玄茶★



「ミシュラン京都・大阪2010」で一つ星を獲得したという情報を知らずに予約した「山玄茶」

知らないということは恐ろしいもので、
「予約の時に、梅と紫蘇は苦手だって言ったのに、お造りに梅肉が付いてきている~」
と言うと仲居さんが代わりにお醤油の小皿を持ってきたのですが、慌てた様子で御主人らしき方が部屋に来て、
「聞いていたのに申し訳ございません。どうぞお塩でお召し上がりください」とお醤油を下げていきました。
鱧(はも)にお醤油は合わないな~と思っていたJUNOめは、ナルホド!と納得。
ついでに柚子なんかも苦手~と御主人らしき方にエラソ~にのたまう……。
(日本料理店に来るな!って言いたくなりますね。。。)

そんな傍若無人な振る舞いも快く受け入れて頂き、さすが一つ星!
……って、今知ったくせに

今回は、なんと2時間20分もの食事時間を費やしたフレンチなみの、いやそれ以上のコース料理をキチンと(いつも忘れているので……)御紹介!

1285754776.jpg 1285754788.jpg

場所はいつもの通り、説明できませんので(方向音痴に京都祇園は難し過ぎる~)お店のWEBページにリンクしてくださいませ。
入ってすぐ左手がカウンター席。
その奥に階段があり、2階は個室となっております。

電話で予約の際に、コースも決めておきます(仕入れの関係だそうです)。
金額しか言われないので、内容をグチャグチャとしつこく聞いたところ、16,500円のコースに決定。
個室かカウンターかも聞かれたので、これまたしつこく雰囲気などを尋ねたら、落ち着けるということで個室に決定。
個室料金=1人+500円です。

1285754801.jpg

日本酒ですね、ここは、やっぱり。
先付は「鮑とウニの酢の物」鮑とウニが段々になっています。

1285754813.jpg

そして「松茸と鱧と湯葉のお椀」

1285754823.jpg

「鯛と車海老のカルパッチョ」

1285754836.jpg

続いて「鱧とホッキ貝のお造り」
ここで上記の問題が発生し、御主人らしき方(もう、御主人と呼ばせて頂きます)が、カルパッチョは大丈夫でしたか? と心配されておりました。

スミマセン……。
とっても美味しいです

1285754849.jpg

屋形船の中は……、

1285754859.jpg

「近江牛のにぎり、芽葱のせ」
おいし~! もうひとつ食べたい……。

1285754881.jpg

焼き物は「のどぐろ」。

1285754868.jpg

JUNOの方には、レンコンもない。。。
ほらね、あんまりワガママ言うと、こうなるの!
(でも、酸っぱいので抜いてくれたようです)

1285754891.jpg

秋を感じさせる虫籠の中には趣向を凝らした「八寸」

1285754902.jpg

一度、活きている伊勢海老を見せてから、目の前で網焼きです。

1285754928.jpg

ヒゲが長くて御立派!

1285754941.jpg

「アサリの合わせ味噌の冷たいスープ」

1285754956.jpg

「ちり蒸し」、桜の葉っぱで蒸しています。

1285754966.jpg

御飯とともに、しらすと香の物。

1285754987.jpg

シジミの澄まし汁。
お味噌汁の上澄みだそうです。

1285754996.jpg

そしてここで再び御主人が登場。

1285755010.jpg

艶々と色っぽい白米を愛おしそうにお茶碗に盛ってから、

1285755019.jpg

「はい、これがメインでございます。まずはやわらかい御飯を一口そのまま召し上がってください」と笑顔で。

1285755036.jpg

茶懐石の最初の御飯ほどやわらかくはなく、程よく甘い口当たり。
滋賀県のコシヒカリだそうです。

1285755059.jpg

2杯目は卓上のしらすをのせたり、御主人が色々な提案をしてくれます。
そこで、「卵かけ御飯は?」というお言葉にピクリ!

1285755070.jpg

素早く反応し、
「じゃあ、御飯もっと~」と足してもらい、卵の黄身と海苔を掛けて頂き、
「ライス・カルボナーラとウチでは言います」と差し出され、
「おいし~い!」と2人で土鍋分完食。
御主人も嬉しそう。

1285755096.jpg

そして水菓子が、「フルーツの白ワインジュレ レモンシャーベットをのせて」

1285755107.jpg

「フルーツの白ワインジュレ レモンシャーベットなし」はJUNO用。
……レモンは大丈夫なんだけど、な。
自業自得。。。(-_-;)

「デザートは何にしますか?」と聞かれ、
「あれ、さっきのデザートじゃ?」と尋ねると、
「先ほどのは水菓子で、次はデザートです」とのお答え。

1285755116.jpg

デザートはもうムリ~と思って一応選んだのが、「白あんの水ようかん 黒蜜添え」
美味しくて食べちゃった!

満足、満腹、です。

お土産も頂き、御主人とお店の方に見送られ、お店を後にしました。
このあとに行ったお茶屋さんのママが言うには、「山玄茶」は予約が取りにくいお店だそうです。 
知らないとは恐ろし~

1285664825.jpg



今回の京都の旅は、我々にしては珍しく良く歩きました~!
連泊したホテルが大変便利な場所にあり、ドコでも歩いていけちゃうのです。
でも、そのお蔭でゆっくりと景色なんぞも見られたりして、楽しい旅になりました。

さて、ご紹介するのはイタリアンレストランの「IL GHIOTTONE」
18時の予約なのに16時過ぎにホテルを出て、あっちへフラフラ、こっちへフラフラと京の町を散策。

1285664856.jpg 1285664865.jpg

祇園は花見小路「一力亭」(大石内蔵助が豪遊したというお茶屋さん)の前を「入りた~い!」と呟きつつ通り過ぎ、

1285664879.jpg 1285664888.jpg

京都らしい小路や町家の佇まいなどを眺めながら、祇園歌舞練場前をパチリ。

少し歩くと、こんな時間でも開いている串揚げ屋さんを発見!
ちょっと時間が早いから飲んでく? っていう話はすぐにまとまり、ビールと串揚げ7本セット……。
イタリアンに行くことを忘れている
「ソース2度付け禁止」スタイルの串揚げは結構美味しかった。

さて、ヘンな時間にお腹を満たしてしまった我々は、再び散策の続き……、

1285664900.jpg 1285664907.jpg

あれっ? 「まつかわ」って聞いたことあるなぁ……。
って思い出した!
東京から着物のクリーニングをお願いしているトコロだ! 
へぇ~、ここにお店があるのね、思ったよりもちっちゃい……。

東京でクリーニングするよりも安くて丁寧なので、いつもここに送っているのです。
最初に全部の着物のクリーニングを3回に分けてお願いしたら、その枚数の多さに笑われてしまいました。
それ以来、こちらにお願いしております。
お世話様ですぅ。

1285665016.jpg 1285665030.jpg

「イル・ギオットーネ」はどこだぁ~、と探しつつ、ハイヒールでは歩き辛い石畳の坂道を上り詰めると、目の前には八坂の塔。

1285665039.jpg 1285665048.jpg

ほぅ~、敬愛なる聖徳太子サマ(縁がなかった壱万円札時代)が建立されたのですね……。
ステキ☆

で、レストランは?
塔の前にいた人力車のおにいさんに聞いてみました。
なんと、塔のすぐ脇。

1285665074.jpg

奥まったところにある落ち着いた感じのレストランです。

1285665302.jpg

取り敢えずお店の場所がわかったので、塔の前に座って坂道に沈み行く夕日を観賞。
「文房具 北村」の看板が気になったので、行ってみたらお休み(それとも閉店?)でした。

1285665092.jpg

やっと到着した「イル・ギオットーネ」に入ると、早めに席に案内して頂きました。

1285665116.jpg

「京爛漫」というJCBの京都案内誌を見た! と予約時に言うとサービスされる季節のワンプレートと共にワインを頂きます。
この日は、お野菜たっぷりのバーニャカウダ。

1285665126.jpg

パン美味しいです。
フォカッチャとくるみパンが美味しい。
バターを頼むと別料金です。。。

1285665143.jpg

¥7,875のコースと、JUNOはアラカルトで前菜とパスタのみ注文。

1285665155.jpg

これらはコース料理です。

1285665168.jpg

リコッタチーズのスフレ&牛肉のタルタルと鮎のスパゲッティー。

1285665181.jpg

リゾットもあり、

1285665221.jpg

お肉料理とドルチェ。

1285665192.jpg

こちらはアラカルトのフレッシュポルチーニのソテーと、

1285665205.jpg

色々キノコたっぷりのペペロンチーノ。

1285672261.jpg 1285672273.jpg

メニューはこんな感じ↑ですが、コース料理以外はメニューにないものを注文したので、値段はわかりません。
ポルチーニが大きくて食べ切れなかったから、お高いかも~?

教訓:イタリアンを食べに行く前に串揚げ屋に入ってはいけません! ハ~イ

★鳥彌三★



200年の伝統の味を今に伝える「鳥彌三(とりやさ)」は京都木屋町にあり、9月末までは鴨川で納涼床でのお食事も楽しめます。

1285585257.jpg

貴船の川床と違って暑いのでは? と思い、我々は個室を予約しました。

1285585365.jpg

風情のある畳敷きのお部屋には、テーブルと椅子。
この方が楽で、嬉しいです。
ひょっとしたら、坂本竜馬も椅子席で食べていたのかも……

1285585268.jpg

ビールと日本酒を注文して、水炊きのコースには、まず突き出しが運ばれて来ます。
長いものうさぎが、さつま芋のお月様の前にちょこんと座っています。
カワイイ♪ でも、パクッ!

1285585286.jpg

この白濁したスープがメイン、と言えるでしょうか。

1285585293.jpg

うずらの卵を割り入れてスープを注ぎ塩少々を加えた器を、仲居さんが目の前に置いてくれます。
コラーゲンたっぷりのとろ~んスープ。
2杯目も卵を入れて、3杯目は一味唐辛子を加えて……。

この唐辛子が真っ赤で細かくて、スープにパッと散って溶けて、美味しい一味(ひとあじ、と読んでくだされ)になりました。

1285585321.jpg

そして、骨付きの鶏肉(どこの鶏肉かは企業秘密だそうです)と……、

1285585358.jpg

他の部位の鶏肉やお野菜も仲居さんが付きっ切りで取り分けてくれます。

1285585332.jpg

スープの器も空になると、直ぐに注いでくれるので、わんこそばのように次々飲んで食べてしまい、最後はコラーゲンの取り過ぎでお口がベタベタ。
気持ち悪くなってしまいました(;´Д`)

1285585424.jpg

〆は御餅入り雑炊。

1285585434.jpg

御餅は先にお鍋に入れてあるのですが、雑炊の方に加えてもらいました。

1285585444.jpg 1285585453.jpg

水菓子を頂いて、雲の間に見え隠れするお月様を見ながらホテルへと歩いて戻りました。
この夜は、満月。幽玄な月夜です。

2人で30,000円余りのお会計でしたが、満足度から言うと「華味鳥」の方がイイかも知れません。
登録有形文化財に貢献したという素晴らしい行いに自己満足しましょうネ☆

1285754145.jpg



京都は、快晴でした。

昼間は日差しが強いのですが、やはり朝晩は涼しい感じがします。
祇園のスタバで人間ウォッチングをしていると、ブーツを履いている人が多いですね。
あと、いかにもホストですって感じの人が多い。
必ず、ヴィトンのバッグを持っています。
お客様に買って貰うのでしょうか?

京都は外国人の方が多いので、トイレの注意書きも普通と違います。
普通は「トイレットペーパー以外の紙を流さないでください」って書いてありますが、京都では、「トイレットペーパーをゴミ箱に捨てないでください。紙は水に溶けます」って日本語と英語と中国語と韓国語で書いてあります。

韓国などのレストランのトイレは紙を流せませんから、ね。
お国事情が違うと注意書きも変わるのですね。

1285754223.jpg



突然ですが、京都です。

今回の旅の目的は、京都南座で歌舞伎を観ることでしたが、やはり飲み食いの旅になりました。

水炊きを食べたり、イタリアンに行ったり、ご飯のおいしい和食店や有名な湯豆腐屋さんなど、色々なお店に行ってきました。
今はまだ京都で、携帯電話よりUPしてみました。
京都のおいしい旅の情報を次回より詳しくUPしますね。

1284978077.jpg


那覇で初体験!
洗車機に入りました~♪

暑いからって自分を洗ったのではなく セルフのガソリンスタンドで車ごと機械の中に入ったのです。
アメリカ映画やドラマなどでは、よく見掛けるシーンですが、実体験は初めて!

そのドライブスルー洗車機のドキュメンタリー写真を公開!

1284975001.jpg

まず、お金を入れて洗車コースを選択します。
注:ここで窓を閉め忘れないこと! ビシャビシャになります。

1284975021.jpg

タイヤストッパーで停止すると、洗車機の方が前後に動きます。

1284975037.jpg

シャンプーしてブラッシング

1284975047.jpg

車が動いているような錯覚に陥ります。

1284975063.jpg

ドライヤーで乾燥☆

1284978687.jpg

楽しかったぁ! テーマパークのアトラクションのようです。
沖縄ではフツウなんでしょうか?

この後、残った雫を自身で拭いて、車内マット用マシーンも無料で使用できます。
その作業中、JUNOは車の中で足を上げて待っているだけなんですけど、ネ。

ついでに、もうひとつの初体験!
船台ごと海に入りました~

1284978364.jpg

そのドキュメンタリー写真を公開!

1284978372.jpg

わかりづら~い!(-_-;)

1284933463.jpg


ここバンコクのチャオプラヤー川で見る夕日は哀しいくらいに美しく水面に映え……、
って、違うでしょ 
どう見ても沖縄でしょ? 木の上のレストランが見えてるし……。

沖縄でドライブしていると度々目にする「パーラー」という看板。
フルーツパーラーでもなく、パチンコ屋でもなく、何かの食べ物屋さん。
どういう基準で「パーラー」という名前が付くのか、全く分かりませんが……。

ってことで、このオリエンタルホテルのレストランのような雰囲気(ナイ、ナイ!)……、

1284933490.jpg 1284933508.jpg

エ~、「パーラーさかな 壷川直売店」(雨がふると閉めます)
最近、発見しました。
空港に行く前に、ちょこっと寄ってみようかと。ナント、駐車場完備!

1284933522.jpg

隣はお魚屋さん、っていうか、那覇市沿岸漁協がヒマだからパーラーでもやっちゃう?ってノリで作ったのでしょうか?

1284933534.jpg

お弁当も売っているようです。
「壷川駅前弁当」? 駅弁じゃないのね、駅前で売っている弁当?
でも、それほど、駅前ではない。。。

1284933952.jpg

飲み物が安い! 
ペプシコーラ150円って自販機? しかも500ml、ジョッキにたっぷりの氷付き。
オリオン生290円!……でも発泡酒です。

1284933923.jpg

メニューの「自家製フランスパン…300円」が、とっても気になる……。
その横の潜水している写真も気になる……。

1284933643.jpg 1284933654.jpg

ゴーヤーの蔓が絡まる川沿いのテラス。
景色がステキです。

1284933674.jpg

お刺身とお通しのイカ……

1284933696.jpg

景色がとってもステキです!

海鮮バーベキューなどもありますが、夏以外にお試しください。
蚊が多いので……。
この後、空港でかゆみ止めを購入しました

1284938587.jpg

最後に、帰りのANAのお弁当です


1284889744.jpg



以前にも御紹介した浦添市にあるレストラン「ピザハウス」本店。

どんだけハンバーグ好きなの?ってくらいにハンバーグを食べ歩いておりますが、沖縄の人も好きじゃないですか

「びっくりドンキー」で行列していましたから!
絶対、本土の人じゃないと思う。
「キャプテンズイン」で行列するようなもの
絶対、沖縄の人じゃないと思う。

沖縄ハンバーグ放浪の旅の途中なのです。
お気に入りは、横浜市にある「ハングリータイガー」
沖縄に出店してほしい、という内容のメールを送ったら、ちゃんと丁寧なお返事がきました。
(そんなメールを送る人はフツウいない……)

流通の関係で沖縄の出店はムリ(まあ、そうだろうなぁ。東京にも出店できないんだから……)ということでした。
こんな一個人にも色々説明して返答してくださるなんて、接客業って大変ですね。
(だから、その前にそんなメールを送るな!)

さて「ピザハウス」に戻ります。

1284889860.jpg 1284889786.jpg

通し営業だと思って14:40くらいに行ったら、平日は中休みがあるらしく14:30がランチのラストオーダーで、ちょっと慌てた様子。
でも、快く席に案内してくれました。

1284889802.jpg 1284889811.jpg

いつものように冷え冷え生ビールに、クラッカー付きスープ。
本日はカボチャ。
でも味はいつも同じ。そこがイイ

1284889821.jpg

これは、ローストビーフのサラダとミートソーススパゲッティ付きローストビーフ。

1284889839.jpg

サラダのドレッシングはブルーチーズ。
アメリカっぽいお店では多いですね。

そしてこれが「テキサス風ハンバーガーステーキ」¥1,400。
スープ、サラダ、パン又はライス、コーヒー又は紅茶が付いています。

1284889829.jpg

ローストビーフのセットは、デザート付き。

1284889849.jpg

テキサスには行ったことがないので、どの部分がテキサス風なのかは分かりませんが、デミグラスソースのハンバーグです。


カメラのレンズに指紋が付いたままの写真でスミマセンm(__)m
沖縄滞在中、気が付きませんでした……。
パリ&ヴェニスに行った時にも同じことをして、帰ってきて凄いショック!

教訓:レンズは小まめに拭きましょう

1284804912.jpg



前回初登場しました那覇市久茂地にある「疾風ホルモン」
お皿が主役で写ってしまった、「プレミア特上タン」2人前。1人前2,800円也。

オリオンビールがメニューに加わっておりました。
ありがとうございます!

1284804926.jpg

前回は個室でしたが、今回はカウンター。
目の前のメニューの意味が分からなくて、カウンターの方が面白いですね。

1284804932.jpg

レバ刺し、美味しい♪

1284807148.jpg

ホルモン4点盛り。

1284807152.jpg

ちょこっとずつ食べたい人へ。

1284807131.jpg

「近江牛のにぎり」と、

1284807141.jpg

「盛岡冷麺」を食べてから、

1284807155.jpg

「シャトーブリアン」と「まる(もも肉の真ん中の部位)」。

1284807162.jpg

年のせいか、「まる」の方がさっぱりとしていて好きです。
この日は「まる」がお勧めだそうです。

焼肉というと、どうしても「スタミナ苑」と比べてしまうのですが、やっぱりもう少し迫力が欲しい。
もう、肉の顔なんて見たくな~い!……くらいの品の無い量が好みです。

さて、2次会は松山にある「アパッチ」へ。
キュートなスタッフさんが多いライブハウスです♪

1284803094.jpg 1284803058.jpg

カクテルプラザの6Fにあります。

1284803107.jpg

昔懐かしい曲が流れるとステージ前のダンス用スペースで踊ったり、バンドの方を呼んで一緒に飲んだりと、楽しく過ごせます。

1284803125.jpg

ここでは、さっきまで歌っていた人が料理を運んだりして、スタッフが一体化しているのが面白い。
親しみが湧きますね。

1284803147.jpg

音楽に合わせて、踊るニャンコが可愛い!

1284803157.jpg

実は、初日に泡盛ボトルセットを注文したのですが、こういうトコロはキープが短いだろうと思ったのか、酔っ払っていたのか 飲み切れなかったボトルを持って帰ったんですね。

でも次の日、ある事情でアパッチに行くことになって、ボトルを持って帰った事を後悔し、さらに友人の知り合いが出演するからと日曜日にも行く事になり、そのボトルを堂々とお店に持って行きました。

「ウチでキープしておきました~」って感じで。
お店の方は笑って許してくれましたが、どーもすみません m(__)m
結局、もう1本追加でキープしました。

☆和風チキンハンバーグ☆




那覇市松山にある「高山 琉球別邸」の「ロースカツサンド」は幾度か御紹介させて頂きましたが、今回は「やんばる若鶏のカツサンド」(鶏肉なのにロースカツサンドよりも高い!)を注文してみました。

1284716640.jpg

このボリューム! 
品の良いバーカウンターでこれをムシャムシャと食べ、「人夢可酒(ひとむかし)」という焼酎を飲んでみました。

1284716624.jpg

カツサンドには合わないかも……。

ちなみに「甕雫-極-」の立派な大理石の甕が空になったので、
「欲しい!」と言ったら、「どうぞ、どうぞ!」ということで、東京に持って帰ろうと思ったら、
「ムリムリ、重いよ、持ってみれば?」と言われたので持ち上げようとしたら、上がらない。
結局、沖縄で使うことにして取り敢えずキープ。
現在、空の甕をBARでキープしているワケです。

「じゃあ、飲みに行くので甕、置いといてね!」とチキンカツサンドで満腹になったので、次のお店へ。
ここはBARです、と言う気力も無くなったかも知れません。


本日のレシピもチキン! チキンハンバーグです。



☆和風チキンハンバーグ☆レシピ



ポチッと応援♪m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ
にほんブログ村

創作料理 ブログランキングへ
Merci beaucoup!


☆秋鮭のマヨみそチーズ焼き☆




先日、朝の4時に目が覚めたら、携帯電話の着信履歴が10件も……!

留守電には「パフィにいるよ~、早くおいで~」(-_-;)
タクシーの運転手さんに「これから飲みに行くんですか」と言われつつ、パフィ到着。

1284628213.jpg 1284628228.jpg

入口にはオードリー。カワイイ
ママが酔っ払ってくると、お会計がドンブリ勘定になる那覇市松山にあるカラオケスナックです。
22時~オープン(と、ママが言っているが怪しい)。

「なに、飲む?」「まずはビール!」と朝の4時から飲む気マンマン
すでに酔っ払っているメンバーは座ったまま寝ているヤツも……。
すると、「さあ、帰ろうか!」
「エッ! まだ着いてから15分しか経っていませんが
「ウン、じゃあウチで飲も、ウチで」……、
なんで呼んだの?
ただのお迎え?

結果、ウチで飲んでくれたのは女子1人だけだし……。
そして朝の6時までおしゃべり。
恋バナ? いえ、ぐちバナ……。

東京は雨も降り、涼しくなってきました。
美味しい季節がやってきます。
先駆けてレシピは秋鮭にしてみました☆



☆秋鮭のマヨみそチーズ焼き☆レシピ

 <材料:2人分>
 生秋鮭切り身…2切れ
 塩コショウ…少々
 マヨネーズ…大さじ1
 味噌…大さじ1
 日本酒…大さじ1
 バター…10g
 調理用チーズ…適量
 ミックスキノコ(小房に分けて冷凍しておく)…適量
 タマネギ(スライスして冷凍しておく)…1/2個

 <作り方>

1)鮭の骨を取り、鱗を包丁で取ります。
塩コショウして置いておきます。

1284628313.jpg

2)マヨネーズと味噌を合わせて混ぜて置きます。
バターを熱したフライパンで鮭を焼きます。

1284628353.jpg

3)タマネギとキノコを鮭の周りに置いて、酒を加えて蓋をして中火~やや弱火で蒸し焼きにします。

4)マヨネーズ味噌を鮭の上と野菜に載せて、さらに鮭にはチーズを載せて蓋をします。

1284628370.jpg

チーズが溶けたら完成!

1284628424.jpg



※もちろん、野菜類は冷凍しなくてもOK!


ポチッと応援♪m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ
にほんブログ村

創作料理 ブログランキングへ
Merci beaucoup!


★スチームダイニング しまぶた屋★



那覇市久茂地にあり、せいろ蒸しで「やんばる島豚アグ~」が頂ける「しまぶた屋」。
元々は恩納村にあるらしく、こちらは新店舗のようです。

「BACAR」にピザを食べに行こうと歩いていて、お店の前を通り過ぎてから、
「ん?」と後戻り。
せいろを前に蒸気を上げながら、豚肉を食べている人々を窓越しに見て、
「おいしそ~」と混んでいるお店の中に、ふらふらと吸い込まれて行きました。

さほど広くない店内は、蒸気とお客さんでいっぱいで、幸いカウンターが空いていてセーフ!
食い物に鼻が利くだけのことはあります。

1284545509.jpg 1284545517.jpg

入ると直ぐにある、意味不明のでっかいシャンデリア……と、

1284545527.jpg 1284545536.jpg

沖縄らしい装飾が壁面の鏡に映えてキラキラとキレイです。

1284545570.jpg 1284545555.jpg

目の前には、「救える命を救いたい! その一杯が命を救う ドリンク一杯=1円」という缶ビールの募金箱があって、沖縄のドクターヘリを支援しているとのこと。
美味しいお通しのもずく(なんで沖縄で食べるもずくって美味しいの?)をつまみながら、
「オウ、そんなことで募金できるのなら、いくらでも飲んでやるゾ!」
と、勢いだけはイイが、結局飲んだのは角ハイと泡盛一合。
ここに来る前に「おでん悦ちゃん」でビールや泡盛を飲んでいるんですねぇ。
いつものことだけど……。

1284545578.jpg

さて、メニューから「やんばる島豚あぐ~ せいろ蒸しセット」1,800円を選ぶと、カウンターに設置されているせいろから蒸気が……。

1284545586.jpg

ここに顔を突っ込めば、スチーム美顔になり、食同源

1284545624.jpg

せいろの中に野菜を敷いてから島豚やあぐ~のつみれを載せ、タレに付けていただきま~す!

1284545631.jpg

思った通り、美味しいです。
いくらでも食べられそう。

1284545546.jpg

カウンター内では大きいせいろで何やら蒸しており、
「それなに?」と聞いて注文したのが、「しまぶた屋のぶた飯」880円。

1284545638.jpg

あぐ~のチャーシューをたっぷり載せたハスの葉包み御飯です。
これもウマイ!
もっとお腹が空いている時に来るべきでした。。。

後日、日曜日にタクシーで行ったら、なんとお休み! 
不定休って、とっても困るぅ……。

☆エビと蟹の磯辺焼き☆




沖縄はずっと晴れでした。

着陸寸前の飛行機の窓越しに、雲上の稲光が幾度も見られましたので、東京は雨かなぁ?って思っていたら、車のフロントガラスにポツポツと雫が落ちてきました。
一雨ごとに秋を迎える準備に入るのでしょうか……。
気のせいか、今日は少し涼しい。

久し振りに糸満から船に乗って大海原をドライブ♪

1284456638.jpg

光の反射が眩しい海面をゆらゆら揺れながら、ケンタつまみにビールを飲んで、船の故障で即、戻り……。

1284456649.jpg

いやぁ、楽しかった

沖縄の雲って奥行きがあると思います。
空が青いせいか、立体的に見えるのでしょうね。

日差しは強いのですが、日陰は涼しい。
だから昔ながらの「しむじょう」のような家屋では、エアコンがなくても汗をかかずにお食事ができます。
いや、東京の猛暑で鍛えられたのかも……?


本日は海繋がりのレシピ。
ビールのおつまみにどうぞ♪



☆エビと蟹の磯辺焼き☆レシピ

 <材料:4人分>
 タネ:
   むきエビ(背ワタを取って塩洗い)…120g
   蟹缶(水分を絞る)…100g
   塩茹で枝豆(サヤと薄皮を取る)…60g
   卵…1個
   長ネギ(微塵切り)…大さじ3
   塩…少々
   日本酒…小さじ1
   醤油…小さじ1
   生姜(すりおろし)…小さじ1
   片栗粉…大さじ3

 焼き海苔…5cm四方を16枚
 オリーブオイル…大さじ2
 ゴマ油…大さじ1

 <作り方>
1)下準備したむきエビは粗く切ります。

1284456352.jpg

2)焼き海苔は5cm四方くらいの大きさに切っておきます。

1284456361.jpg

3)ボウルにタネの材料を全て入れ、

1284456374.jpg

良くかき混ぜます。

1284456385.jpg

4)2種類のオイルを熱した中火のフライパンにタネを8個に丸く入れます。
その上に海苔を載せます。

1284456430.jpg

5)引っくり返して海苔を載せたら、蓋をしてやや弱火にして焼きます。

1284456438.jpg

6)両面に焼き色が付いたら完成!

1284456445.jpg




ポチッと応援♪m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 沖縄食べ歩きへ
にほんブログ村

創作料理 ブログランキングへ
Merci beaucoup!


1284369569.jpg



那覇のハーバービューホテル近くのレストラン。
ランチにふらっと行ってみました。

1284369600.jpg 1284369625.jpg

今まで何度もここの前を通っているのに、気が付かないほどの奥まったところ。
沖縄らしい美しい花々に囲まれている一軒家がレストランです。

1284369644.jpg 1284369662.jpg

ランチメニュー850円は前菜&スープが付いていて、メイン料理は3種類から選びます。
「大人の男のための本格ハンバーグステーキ」と「ボンゴレスパゲッティ」にしました。

前菜はカポナータとレバームース、サラダです。

1284369689.jpg

ボンゴレはアサリの殻を取ってしまった状態ですが。。。

1284369712.jpg

他に、「こだわり欧風黒カレーデミ仕立て」というカレーメニューが数種類あります。
残念ながら、この日は御飯がなくなってしまったということで、スパゲッティしかできません、と入る前に言って頂いたのですが、「御飯ナシでハンバーグ!」とゴリ押し!
快く応じて頂き、御飯の代わりにバゲットを付けてくれました。

1284369732.jpg

なぜ「大人の男のため~」なのか聞いてくるのを忘れましたが、肉汁ジュワ~のハンバーグは、噛み応え充分の「ニク食ってるぞ!」っていう感じです。

1284369750.jpg

大人の男はボンゴレを食し、大人の女がハンバーグを美味しく頂きました♪
この日は女性の方が1人で切り盛りしていたので、大変ですね、と声を掛けたら、いつもはもう1人いるそうです。

「今日は慌ただしくて申し訳ありません……」と済まなそうに言われましたが、
イエイエ、のんびりと知り合いのお家でお食事をしているような、ふんわりと気持ちの良い食堂でしたよ。

☆アンチョビとキノコのスパゲッティ☆




昨日はたっぷりと昼寝をしたにも係わらず、夜も飲みながら眠くなり……、沖縄に来ると、なんでこんなに眠くなるのでしょう。

1284215106.jpg 1284215122.jpg

昨夜は久しぶりに「おでん 悦ちゃん」で飲みました。
ママは相変わらず元気そう。

今日の昼は右写真の「ゆし豆腐定食」。
こちらも久々に「しむじょう」に行ってきました。
それにしても、混んでいますね~!
平日に行くべきでした。

「わ」ナンバーが3台ほど続いていたので、これはヤバイ! と思ったのですが、途中で道を間違えて右に曲がらなかった車に続いて、みんな釣られて行ってしまったので、ギリギリ並ばずにすんでセーフ
多分、一回りして辿り着いた先ほどの方たちから、暑い庭で順番待ちです。
分かり辛い場所で良かった!


本日のレシピはトマト味のスパゲッティです。
JUNOレシピに度々使用される、冷凍キノコの作り方も記載しました☆



☆アンチョビとキノコのスパゲッティ☆レシピ

 <材料:1人分>
 スパゲッティ(1.6mm)…100g
 塩(茹で用)…多め

 ソース:
   オリーブオイル…大さじ1
   ニンニク(微塵切り)…小さじ1
   輪切り赤唐辛子…ひとつまみ
   アンチョビ(オイルごと)…2切れ
   トマトジュース…190g
   冷凍キノコ…適量
   塩コショウ…適量
   パルミジャーノ…大さじ1

 <作り方>
1)たっぷりの湯に多めの塩を入れてスパゲッティを6分茹でます。(表示時間より3分少なく)

2)オイルを熱したフライパンでニンニク、赤唐辛子を香りが出るまで炒め、アンチョビを加えます。

1282909361.jpg

3)そこへ冷凍キノコを加えて中火で炒めます。

1282909395.jpg

4)トマトジュースを加えて塩コショウで味を整え、スパゲッティが茹で上がるまで煮詰めます。

1282909406.jpg

5)余り湯切りをせずにスパゲッティをソースの中に入れて1分30秒、中火で味を絡めます。
最後にパルミジャーノを加えて混ぜ合わせれば完成。

1282909417.jpg

※最近、気に入っているのが冷凍ミックスキノコ。
色々なキノコを洗わずに切って、ジッパー付き袋に入れて混ぜて冷凍しておきます。
キノコは冷凍した方が味が良いってホントですね。

1282909382.jpg


*スパリゾートハワイアンズ*



ゆこう~、ゆこう~、湯の国へ~、ゆこう~、ゆこう~、ハワイアンズ
ハワイアンズから帰ってきたら、この歌が頭から離れな~い!

感化されやすい性格は「日光江戸村」でも御承知の通りでありんすぅ~。

1283943185.jpg 1283943191.jpg

東京駅近くから発着する無料バスを利用して、2時間半余り。
到着しました! ハワイアンズ!

宿泊はウイルポートなので、係の方に案内されながら蒸し暑いウォーターパークを通り抜け、きっと涼しいであろうホテルのフロントへ。

1283943198.jpg 1283943205.jpg

あづい~
ハワイというより東南アジア。
外が暑いのに、なんで中も暑いの
……って言うより、なんでこんな暑い時期にハワイアンズに来てしまったの???

辿り着いたフロントのロビーが……、あづい~

早めに部屋に入れて~とお願いして、ちょっとだけ早くスイートキャビンのキーを渡されました。
さあ涼しいお部屋へ……。

1283943212.jpg

しかしここも、あづい~

1283943218.jpg

エアコンの温度を調節して……、

1283943240.jpg 1283943252.jpg

プリティーウーマンになれちゃうジャグジー付きのお風呂やゆったりとした洗面コーナー、

1283943264.jpg 1283943271.jpg

これまた、充分なスペースのウォシュレット付きトイレに、広いベランダなどを写しているうちに、
そろそろ、涼しくなって……、こない~

1283943285.jpg 1283943278.jpg

ちなみに普通のキャビンは4人宿泊できます。

部屋のクーラーの温度をさらに下げて、気を取り直して水着に着替え、プールに行きました。
防水カメラを忘れたので、プール内の写真はありません m(__)m

基本的に館内は水着&裸足で過ごせます。
その為に、どこもかしこも暑いのでしょうか?

1283943296.jpg

ディナータイムのみ、水着は不可となります。
でも、部屋に備えてあるアロハとムームーはOK。

1283943302.jpg

夕食はバイキング+ 肉または魚料理のメインを選ぶというシステム。
料理が少ないのか、人数が多いのか、バイキング料理の方はあっという間に無くなります。
写真を撮ろうと思って行ったら、空の大皿ばかり並んでいました。。。

1283943308.jpg

この日の魚料理はタラバ蟹、

1283943316.jpg

お肉はビーフでした。

1283943322.jpg 1283943328.jpg

レストラン内には、自分で作る綿アメ機や、

1283943334.jpg 1283943340.jpg

ソフトクリームマシンなどもあって楽しい♪

そして夜はポリネシアンショー!
あの映画「フラガール」のクライマックスシーンですね。

1283943348.jpg 1283943353.jpg

オープニングはファイヤーナイフダンスです。
結構、迫力がありました。

1283943470.jpg 1283943477.jpg

SS席を事前予約しておくと、ショー終了後にフラガールと記念撮影ができるという特典付き。
ソフトドリンクも付いています。

1283943484.jpg

ひとりで踊るこのダンスは映画で蒼井優さんが踊っていたものですね。

1283943496.jpg

しかし、快適だったのは往復のバス内だけ
館内は、結局お部屋も暑いままでした。

♪ゆこう~、ゆこう~、冬にゆこう~、ゆこう~、ゆこう~、夏は暑い~

1283768770.jpg



海外旅行では外せない機内食&ラウンジの御案内♪
ソウル便は、いつもマイルでビジネスクラス。……っていうか、海外はいつもマイル使用でした。

上記写真は羽田発ソウル行きの8月の機内食です。
右が前菜と口取り、メインディッシュは牛ヒレ肉のステーキ青唐辛子味噌風味。
ジュレをまとったトマトサラダにチョコレートシュークリームです。

1283768780.jpg

その前に、羽田空港のラウンジです。

1283768786.jpg

ここにはおにぎりがあるので、出発前にビールのおつまみで頂きます。

10月21日オープンの羽田空港の新国際線ターミナルには新しいラウンジが出来るそうで、楽しみですね。

1283768808.jpg

金浦空港のラウンジには、PCもフリーで完備。
日本語仕様ではありませんが……。

1283768815.jpg

今回は、さすがに「辛ラーメン」は食べられず……。

1283768797.jpg

帰りの機内食のメニューはなんだっけ? 

1283768803.jpg

もう、お腹一杯~、満足、満足☆

★ペッコドン&土俗村(トソッチョン)★


今回は以前にも御紹介したソウルの有名店2軒です。
辛いものが食べたいけど、夏にタッハンマリに行くと、暑いし~、何にしよ~?って思って結局お馴染みの「ペッコドン」へ。

注文するのは生タコのプルコギ。
唐辛子まみれのタコさんがニュルニュルと鍋の中で動いております!

1283764739.jpg

タコさんは非情なスタッフのお姉さんに、ザクザクと八つ裂きにされます……。
しかし、根性のあるタコさんは切られても切られてもお口の中に入るまで頑張るのです!
これが、焼酎に合って実にウマイ♪

1283764753.jpg

食べ終わると心優しいスタッフのお姉さんが、素晴らしい早業でチャーハンを作ってくれます。

1283764760.jpg

これがビールに合って最高にウマイ!

1283764784.jpg

レジの横にエアー・シャワーを発見。
作動させると冷たい霧が出てきて気持ちイイ。
みんな、会計をしながらシャワー器の前でグルグルと回っております。

そして、帰国日のランチは「土俗村」へ。

1283764821.jpg

このブログには何回も登場しておりますが、超有名な参鶏湯のお店です。
注文の際は上が「シロ」下の烏骨鶏が「グロ」……、じゃなくて「クロ」!

1283764828.jpg

英語で言っても通じません。
「メッチュ ハナ、ショウチュウ、ハナ、シロ、ハナ、クロ、ハナ、ジョセヨ」
という日本語と韓国語のゴチャマゼで、ビールと焼酎と普通の参鶏湯、烏骨鶏の参鶏湯がサッサと運ばれてきます。
いつ食べても変わりなく優しい味でホッとしますね☆

*ソウル新羅ホテルの迎賓館&プール*



新羅ホテル敷地内にある迎賓館からの眺めです。
2階でイベントを行っていて、喫煙するために迎賓館へと続くドアが開いていたので、建物の周りを1周してみました。

いつも部屋から見ているので、あの芝生の上を歩きた~い!って思っていたのですが、さすがに忍びの者ゆえ、そこまでは出来ませぬ……。

1283511220.jpg

上から見ていると豪華な建物に見えましたが、あちこち老朽化している様子。

1283511245.jpg

昌徳宮と同じように屋根の上に西遊記の登場人物の飾りがあります。
沖縄のシーサーのように古い建物の屋根には魔除けとして飾られているようです。

いつか、あの芝生の上でガーデンパーティーを催したいものです。
チマチョゴリを着て、韓国料理対決!(韓国ドラマの見過ぎ……)

お天気が悪い朝は、「ザ・パークビュー」での朝食後、サウナに行きます。

1283507594.jpg
朝食その1:スイカジュースとフォー         

1283507608.jpg
その2:これらを挟んでベーグルサンド

1283511345.jpg
↑ サウナ、大浴場、プールなどの施設がある入口。

ロッカールームには、フィットネスクラブ用に着替えも揃っています。

1283511410.jpg

ちょっと苦手なアカスリをしました。
大浴場でアカスリオバサンがヒマそうに、シャンプーの詰替え作業などしていたので、直ぐアカスリが出来るか聞いてみたらOKだったので、久しぶりのアカスリです。

以前にやった時は、一皮むけたせいか風邪を引いてしまったので、敬遠していたのですが、
「ヨコムイテ~」「アオムイテ~(仰向けのこと)」「ウツブセテ~」と自らのアカにゴロゴロとまみれながら、今回は気持ち良~くアカスリ終了。
そしてその後にオイルマッサージもやったのですが、これがイタイ!
「イタイ、イタイ!」と言うと、「イタイ~?」と言いながら同じ強さ。。。
終わったらアザだらけになっていました(/_;)

1283511351.jpg

夏のお天気が良い時は、屋外プールへ。

1283511358.jpg

屋外プールの受付はサウナなどとは別にあり、専用のロッカールームやパウダールーム、シャワーも完備されています。
プールにはジャグジーや子供用プールもあります。
のんびりと過ごすには最適のホテルです。

★ソウル新羅ホテル エグゼクティブラウンジ★



以前にソウル新羅ホテルの御紹介はしておりますが、今回はエグゼクティブフロアラウンジの御案内です。

このフロアに宿泊すると様々なサービスを受けられます。
我々はホテルのHPでパッケージがあるか確認してから、アップグレード券を利用してこのフロアを予約しました。
ホテルの会員になってポイントが貯まれば、アップグレード券などが貰えます。
ホテルパッケージがあると、「ザ・パークビュー」での豪華朝食ブッフェが付いてくるのでお得です。

1283505942.jpg

ラウンジは18~20階にあり、ソウル滞在中のブログは20階のラウンジのPCをお借りして作っていました。

1283505959.jpg

カプチーノを飲みながら快適に過ごせます。

「ザ・パークビュー」は人気のある朝食ブッフェなので、ズラ~っと並んでいることもあり、待つのがイヤな時は、このラウンジの無料提供朝食を頂きます。

朝食後、ハッピーアワーまでの時間には、ケーキやフルーツが置かれていてソフトドリンクが提供されます。

1283505966.jpg

昼食用の軽食は置いていないので、文句を言っている外人さんがいました

1283505950.jpg

代わりにフルーツとコーヒーを持って行きました。
食器を持って行かなければ、お部屋に持ち込みOKなのです。
部屋に置かれている無料のミネラルウォーターがなくなると、このラウンジに取りに来る日本人のオジサマもいました。

ザ・リッツ・カールトンのようにラウンジにいるだけで食事に行かなくてもイイ、なんていう程ではないので、とっても空いています。

1283505995.jpg

さて、17:30からのハッピー・アワーになると、お酒と一緒にスナック類やホットミールなどもあり、結構楽しめます。

1283505980.jpg

この日は、トンカツ(?)やパンプティング、エビのパン粉焼き(?)などがありました。

1283505990.jpg

1283506008.jpg

1283509622.jpg

迎賓館を眺めながら、シャンパンと一緒に夕食前のひと時を過ごすのが好きです。

1283509634.jpg

★Kim & Kim ソウルで蟹料理!★



ソウルで初めてケジャンではない、蟹料理店「Kim & Kim」 に行きました。

1283421101.jpg

「かに道楽」のような巨大蟹が目印です。(足は動かない……)

1283421156.jpg

道路沿いに蟹の水槽や蟹蒸し器などが設置されています。

1283421165.jpg

入ると正面に大きい蟹の剥製(?)がディスプレーされていますが、この写真じゃ大きさがわかりませんね。

1283421175.jpg

メニューはこんな感じ……。日本語はナシ。
金額欄が₩ナントカというのは時価らしいです。

1283421221.jpg 1283421229.jpg  

蟹の大きさによって変わるのかも知れません。

1283421242.jpg

韓国飲食店恒例の、これでもか!っていうお通しの数々。

1283421252.jpg

ナゼか、蟹が出てくる前に雑炊とワカメスープが並べられます。
韓国では蟹を食べる前に雑炊を食べる、とのこと。
始まる前に〆って感じですよね。。。
でも、韓国の友人たちもこの雑炊、あんまり食べないけど……?

1283421267.jpg

日本だと蟹は自力で剥け! 食べてる間は話をするな! ってお通夜のように静かに黙々とホジホジし続けなければならない。
料理はするがレストランでは一切作業をしたくないJUNOにとって苦痛の時間となるのですが、ここ韓国はムイムイしてくれる! のです。

1283421282.jpg

そうだよねぇ、ちゃんとお金払っているんだから、食べられる状態で提供するべきでしょ
(……どうせ、いつも誰かに剥いてもらうくせに……)

1283421296.jpg

剥いて頂いたタラバさんやズワイさんをお好みでチリソース、マヨネーズソースを付けて頂きます。

1283421304.jpg

最初の雑炊が〆ではなくて、蟹味噌チャーハンを最後に作ってくれます。
マシソッ!

1283421313.jpg

チゲとデザート(友人のお子様用)。

1283421321.jpg

……と、このように料理をパチパチと撮っておりますと、
「料理バッカリ、トッテナイデ、写真トッテヨ!」と友人から苦情が……。
「だって、ブログ用だもん」と言うと、
「ブログ、ノセテヨ!」ってことで、しょうがないからパチリ

1283421331.jpg



左が友人で、右の方は友人の友人で、キムさんというタレントさんらしいです。
よく考えたら芸能人が目の前にいるのに、料理ばっかり撮っていたJUNOでした
スミマセン……m(__)m

★シンチャン麺屋★



今回の冷麺屋さんは、いつも行く「明洞咸興麺屋」ではなく、ゴールドストリートでチェーンの修理をしてもらってから向かいました。

自慢じゃないが超ド級の方向音痴にプラスして、道を覚える気がサラサラ無いため、ゴールドストリート(金屋さんと我々は呼んでいる)ってどこ? って聞かれるとお答えできません。
金屋さんから冷麺屋さんへ行くのに東大門を通ったようですが……。

1283340833.jpg

さらに自慢じゃないが何回もソウルを訪れているにも係わらず、韓国語を覚える気がサラサラ無く、この金屋さんでは会話が成立しません(-_-;)

よって「チェーンの修理をしてもらう」というハイレベルな会話など出来るはずもなく、韓国人の友人に車でホテルまで迎えに来てもらい、「金屋さん!(日本語)」と言えば連れて行ってくれる有り難い仕組みになっております♪

金が今ほど高くない頃、ソウルで24金の豚を買ってもらったのがきっかけで、来る度に増えて行き今では10匹以上。
その豚たちが入っているケースを豚小屋と呼んでおります。

1283340802.jpg

今回直したチェーンは、写真右端の小さい豚が真ん中に入っているペンダントを通しているもの。
₩25,000でフックを交換してもらいました。

1283339288.jpg

さて、「シンチャン麺屋」に到着。

1283339298.jpg

場所は説明できないのでショップカードをご覧くださいませ。

1283339310.jpg 1283339318.jpg

冷麺が₩8,000です。
注文したのは「ムルレンミョン(水冷麺)」と「ビビンネンミョン」。

1283339326.jpg

チョキチョキとハサミで麺を切るのは、どこも一緒ですね。
切る前に写真を撮りたかったのですが、あっと言う間に切り始めてしまいました。

1283339339.jpg

ここの「ビビンネンミョン」は余り辛くありません。
麺の色が濃いです。
「ムルレンミョン」のスープには氷が入っていました。
夏だから、でしょうか?

このお店は韓国人に人気のあるお店だそうです。
味は「明洞咸興麺屋」の方が日本人向きかも知れません。
夏に冷麺は最適ですね♪

★チョッパル!★



金曜日の羽田発夕刻便でしたので、ソウルに到着すると大渋滞。
金浦空港から新羅ホテルまで45分くらいで到着するはずが、1時間45分かかりました。

ソウルにしては(?)珍しく優しいタクシーの運転手さんが、₩35,000のメーターだったのに混んでいたから₩30,000でイイと言ったので、₩5,000をチップで差し上げたら大変喜んでおりました。
(メーター通りなのにね……、イイ人だ)
ちなみに₩5,000は350円くらいです。

お腹は余り空いていなかったのですが、ホテルから歩いて直ぐのチョッパル通りへ。
チョッパル屋さんが多い通りなので、勝手にそう呼んでいます。

1283247278.jpg 1283247305.jpg

お店の名前は……、読めません……m(__)m
でも、メニューは日本語で書いてあるから大丈夫です!

1283247285.jpg 1283247289.jpg

いかにも値上げしました! という感じに修正されたメニューから、チョッパルの小とメッチュ、焼酎を注文。

1283247311.jpg 1283247337.jpg

ド~ンときますねぇ、やっぱり韓国は。小でこの量です!

1283247370.jpg 1283247427.jpg

サンチュに味噌付けて、野菜やキムチ、チョッパルを巻いてパクッと頂きます。
焼酎に良く合うのでパクパクと食べてしまいます。
(禁酒なんてすっかり忘れている……)
韓国は、豊富なサイドメニューが注文しなくても付いてくるので嬉しいですね。
水キムチがマシソッ!

1283247324.jpg 1283247320.jpg

入口のそばで、注文が入ると豚足をザクッザクッっと切って盛り付けます。

1283247378.jpg 1283247386.jpg

この骨の大きさ!
犬がいたら尻尾を振って喜びそうです。
やはり、食べ切れないので、残りはお土産に……。

行きは歩いて来たのに、帰りは直ぐそこの新羅ホテルまでタクシー
ソウルの友人たちの笑い話にされました

☆オクラとキュウリのネバネバ小鉢☆




ソウルはあいにくの雨。。。
楽しみにしていたプールに入れません

ShillaホテルのPCをお借りしております。
日本語OKなのですね。

昨日は、美味しいチョッパルを頂いて、まだ、お腹いっぱいですぅ。
ソウルのレポートは帰ってからお届け致します。
とりあえず、本日のレシピで……。


残暑厳しい折、ネバネバ小鉢の第2弾で元気に飲みましょう



☆オクラとキュウリのネバネバ小鉢☆レシピ

 <材料:2人分>
 オクラ(ガクを取り塩洗い)…4本
 キュウリ(薄切り)…1本
 ニンジンなどの糠漬け(細かく切る)…少々
 塩昆布…大さじ1
 入り白ゴマ…大さじ1
 食べるラー油(又はラー油)…小さじ1

 <作り方>
1)オクラは1~2分塩茹でして流水で冷やし、小口切りにします。

1282907445.jpg

2)ボウルに材料を全て入れて、粘りが出るまで手で混ぜ合わせます。

1282907456.jpg

3)小鉢に盛って完成!

1282907615.jpg

茨城県の舟納豆で購入した納豆小鉢、活躍しています! 
使いやすいのでお勧め☆

☆エビと長いものフワフワ揚げ☆




残暑厳しい東京は、本日も外に出ればタダでスチームサウナ気分が味わえます。

こんな日はキンキンに冷えたグラスで生ビールをグィッと……、
そうだ! 禁酒週間だった!

1282815987.jpg 1282816018.jpg 1282816040.jpg

この子も……、この子も……、この子とも……、
しばらくお別れ~

エッ? 3番目の子がよく見えない?
この子はいつもキッチンにいる子なので、こうしておけば料理用のお酒に見えるでしょ?(注:キッチンドリンカーではありません。念のため)
イエ、本当は購入時のままクッションカバーを外していないだけで、他意はありません。。。
しかも料理用のお酒に見えないし……、ワイルドな七面鳥がチラッと見えてるし……。
この子もキッチンからお引越しさせないと……

夕べは豚しゃぶで、夏に豚しゃぶと言ったら、ビールでしょ!
ひゃあ、飲めないんだ~
……と思っていたら、テーブルには冷え冷えグラスが2個。
そこへ冷え冷えビールが注がれて、
「ハイ!」と手渡され、
「あの、ワタクシ、禁酒中ですが?」
「大丈夫、別の人になれば」と、さらっと言われ、
……?、別の人=『影武者』
そうか! その手があったか!

昨日は『影武者』が、ビールジョッキ1杯とキッチンに戻ってきたワイルドな七面鳥を2杯ばかり飲んでおりました。
今日も『影武者』が活躍しそうです
やっぱりね……。


さて「影武者」JUNOのレシピは、生しょうがの香りたっぷりのフワフワ揚げです。
これまたお酒に良く合うおつまみです♪



☆エビと長いものフワフワ揚げ☆レシピ

 <材料:2人分>
 エビ(中)…8尾
 長いも…10cm
 生姜…1片
 枝豆…大さじ1
 小ネギ…大さじ1
 細切り塩昆布…大さじ1
 片栗粉…大さじ2
 揚げ油…適量

 付け汁:
   大根(おろす)…5cm
   生姜(する)…少々
   小ネギ(小口切り)…大さじ1
   麺つゆ…150cc

 <作り方>
1)エビは殻をむいて背ワタを取り、塩洗いしてから適当な大きさに切ります。
長いもは皮をむいて適当な大きさに切り、エビ、生姜と一緒にチョッパーでトロトロにします。

1282819657.jpg

2)塩茹でした枝豆は、さやと薄皮を取り除きます。

1282819723.jpg

3)カッターを取ったチョッパーの中に、枝豆、小口切りにした小ネギ、塩昆布、片栗粉を加えて混ぜ合わせます。

1282819731.jpg

4)170℃に熱した揚げ油の中にスプーンでタネを落とし、色よく揚げます。

1282819790.jpg 1282819801.jpg

5)付け汁を添えて、完成!

1282819890.jpg

付け汁はお好みで添えてください。

1282819907.jpg


1282513075.jpg

8月初旬の猛暑の中、国立西洋美術館に行き
「ナポリ・宮廷と美―カポディモンテ美術館展」を鑑賞してきました




ナポリを見てから死ね!……るかどうかわからないので、せっかく遠路はるばるやってきてくれたカポディモンテ美術館所蔵品を、上野の坂道をヒーヒー登りながら苦労して(?)見に行きました。

以前パリに行った時に、オランジュリー美術館で見たかった絵画が全て、
「東京に行ってますよ~ん(こういう風に感じた)」というメモが、在るべき位置に添付されていて、すご~くガッカリしました。
ですから、今死ぬ前にナポリに行っている人は、丘の上に建つというカポディモンテ美術館で、
「東京に行ってますよ~ん」のメモを前に愕然としているかも知れません。

1282513090.jpg

さて、目玉はパルミジャニーノというチーズのような名前の方の「貴婦人の肖像(アンテア)」です。
このモデルが娼婦か?貴族か? で論議を呼んでいる絵画です。
しかし、それよりも気になったのが、右肩幅が広過ぎない? ってことでした。
まあ、いいか……。

1282513096.jpg

肩幅も広いですが、この美術館も結構広いのですね……。
「カポディモンテ美術館展」は、サラッと見てしまったのですが、常設展の展示も全て見られるので貪欲に鑑賞していると、時間が掛かる。。。
あちこち回っているうちに、地下を含めすべてを地盤から絶縁するという日本初の免震装置もガラス越しに見られたりして、美術品を守るために地震大国ニッポンも頑張っているのですね。

1282513173.jpg

大地震がきた時に、たまたまここにいれば助かるということです。

1282513241.jpg

国立西洋美術館というとロダンの「地獄の門」と「考える人」。
外にあるのでタダで見られます。

1282513251.jpg 1282513257.jpg

モネ、ルノワール、ゴーギャンなどの松方コレクションも見応えがありました。

帰りにインド料理店に寄ったのですが、その窓越しから見たハトのラブシーン

1282513265.jpg1282513272.jpg1282513281.jpg

カメラに気付いたのか、この後すぐに仲良く飛んで行ってしまいました。

☆エビとアボカドのペンネグラタン☆




赤坂の「GOLF&BAR GRIP」にてゴルフシュミレーションパーティーに参加して、頑張ってドラコンレディース1位を獲得しちゃったもんだから、久々のGOLFで手首が痛い……。

女性には無料でシューズレンタルがあります、とスタッフの方に言われましたが、他のメンバーはGOLF経験者が少ないので、自分へのハンデとしハイヒールのまま参加。
「つま先下がりってどっちに飛ぶんだっけ?」などと言いながら練習。
男性用のドライバーを使用して211ヤードが最高。
まあ、いいか……、と納得し、今度はショートでニアピンの練習。
これがぜ~んぜんONせず
結局、誰もONしないので、賞品はドラコン上位4位までに変更となりました。
本番は160ヤード台で距離的には不満でしたが、いずれにしても1等賞は嬉しいもんです。

浮かれちゃったまま、赤坂ディスコ「Erebos」へ。
なんと、世の元気なオジサマ、オバサマたちのためにディスコが復活 していたんですねぇ~。
知らなかった。。。
ここでも頑張って踊ってグッタリ~。


翌日の昼、アメリカンソースで何か作って、と言われペンネグラタンにしてみましたが、フライパンが片手で持てない!
変なトコで頑張るもんじゃないと深く反省……(;´Д`)



☆エビとアボカドのペンネグラタン☆レシピ

 <材料:4人分>美味しくてふたりで食べちゃったけど……。
 ペンネ…170g
 エビ(中)…10尾
 塩コショウ…少々
 アボカド…1個
 タマネギ(微塵切り)…1/2個
 ニンニク…小さじ1
 エリンギ…1~2本
 しめじ…1/2パック
 アメリカンソース…290g1缶
 日本酒…50cc
 牛乳…50cc
 コショウ…少々
 オリーブオイル…少々
 パルミジャーノ・レッジャーノ…適量
 調理用チーズ…適量

 <作り方>
1)エビは殻と背ワタを取って塩洗いしてから塩コショウしておきます。
アボカドは種を取って皮をむいてスライスしておきます。
多めの塩(材料外)を入れたたっぷりの湯でペンネを茹でます。
表示されている時間でOK。

1282405318.jpg 1282405331.jpg

2)オイルでニンニクを炒め、香りが出たらタマネギも加えて炒めます。

1282405351.jpg

3)キノコとエビも加えて炒め、エビの色が変わってきたらアボカドも加えます。

1282405360.jpg

4)アメリカンソースを加え、お酒と牛乳、コショウで味を整えます。

1282405367.jpg

5)火を止めて、茹で上がったペンネを加え、パルミジャーノを適量振り入れて混ぜます。

1282405376.jpg

6)耐熱皿に平らに入れて、チーズを載せ、パルミジャーノを振り掛けます。

1282405383.jpg

5)300℃で15分焼いたら完成!

1282487413.jpg