JUNO cuisine

☆★☆JUNOオリジナルレシピとお勧め飲食店&ステキなお宿を御紹介致します☆★☆

DSC00654 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


「鶏の唐揚げが食べたいナ」と言われても買ってあるお肉が鶏むね肉だった時。
(ナント、ネットスーパーで鶏むね肉しか売っていなかったのダ💦)

……で、初☆鶏むね肉で作る唐揚げ♪

鶏むね肉は、繊維を断ち切るようにそぎ切りにすれば柔らかくなるという説。

チキンピカタではいつもそぎ切りにしておりましたが、唐揚げでもその切り方にしてみました。

そして「コッチの方が美味しい!」という結果に。。。

次回は、鶏もも肉とむね肉の両方で作ってみて、食べ比べをしてみようかな?


☆鶏むね肉の唐揚げ☆

<材料:2人分>
 鶏むね肉…300g

【漬け汁】
 日本酒…大さじ2
 醤油(濃口)…大さじ2
 おろしニンニク…大さじ1

 溶き卵…1個
 片栗粉…大さじ3
 揚げ油…適量 

<作り方>
1)鶏むね肉は、繊維が変わる中央部分で分割し、繊維を断ち切るようにそぎ切りします。

DSC00649 (2)

2)ザクザク切り込みを入れます。

DSC00650 (2)

3)鶏肉に漬け汁を揉み込むように手で馴染ませたら、ラップをして冷蔵庫で2時間以上寝かせます。

DSC00651 (2)

4)溶き卵、片栗粉を入れて混ぜ、170℃の油で二度揚げし、油をよく切って完成!

DSC00655 (2)

ちなみに、奥にある一皿は、茄子と芽キャベツの揚げびたしです。

参考レシピはコチラ
↓↓↓
☆ナスの揚げびたし みぞれ和え☆

今回は、めんつゆで簡単に作っております♪

DSC03358 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


さあ、バレンタインだ!(ウゥ~~~💦)

ついにこの時がやってきた。。。

若い頃は毎日のように作っていたスイーツ。

今や、糖分摂取はアルコールへと切り替わり、レシピカテゴリー内に「パン&デザートのレシピ」はあるものの、ほとんどがパンのレシピとなっておる。

唯一、作り続けているのはチーズケーキのみ。
(リクエスト多数のため。。。)

そんな枯れ気味のスイーツ能力で、普通の板チョコなんぞをコンビニで買い、ナニを作るかぁ~~~~~~(長い💦)、と考えて作ってみようと思ったのがチョコ・プリン♪

しかし、チョコの量が少なく、甘くならないようにお砂糖もチョコッとしか入れないため、味見をしてもらったら「豆腐だな……」と一言。

自分でも食べてみたら「豆腐だね……」。

……で、完成☆チョコto-fu☆!
(イイのか? コレで?)

甘いものが苦手な彼のために、お試しください(?)
(ちなみに、ヒゲ博士は甘いものがダ~~~イ好きでございます)

お酒のつまみにもなります♪
(ソレってスイーツ!?)


ハイ、そんな感じで、カルダモン香るチョコ・プリン、チョコto-fu。

メンドクサイので、カラメルソースの代わりに、グラニュー糖を振り掛けてバーナーでジュッと焼きました♪


☆チョコto-fu☆レシピ

<材料:3~4個分>
 チョコレート(普通の板チョコ)…60g
 牛乳…200cc
 卵…2個
 砂糖…大さじ2
 バニラビーンズ…5cm
 カルダモン…小さじ1/2
 グラニュー糖…適量

<作り方>
1)チョコレートは細かく刻みます。

DSC03315 (500x332)

2)牛乳を火に掛け、縦に切ったバニラビーンズの種を指で出しながら加え、さやも一緒に加えて沸騰直前まで温め、細かく刻んだチョコレートとカルダモンも加えます。

DSC03316 (500x332)

3)ボウルに卵と砂糖を入れて良くかき混ぜ、牛乳チョコを少しずつ加えて混ぜ合わせます。

DSC03318 (500x332)

4)漉してから器に注ぎ入れ、表面の気泡を火で消します。

DSC03322 (500x332)

5)オーブン皿に載せて湯を注ぎ、160℃に予熱したオーブンで30分くらい蒸し焼きにします。

DSC03324 (500x332)

6)冷めたら冷蔵庫に入れて冷やします。

DSC03326 (500x332)

7)表面にグラニュー糖を振ります。

DSC03344 (500x332)

8)バーナーで焼き色を付けます。

DSC03345 (500x332)

コレ↓はハート型のモッツァレラチーズです。

DSC03343 (500x332)

9)トッピングを飾れば完成!

DSC03352 (2)

表面パリンッと、中はto-fu~♪

DSC03367 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2014年1月23日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC00575 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


先日、御紹介した「奥井海正堂」の平昆布

10,000円以上で送料無料だったので、平昆布の他に、利尻昆布、磯巻きおぼろ、山椒入細目昆布、松葉炊き昆布などを一緒に購入。
(しかし考えたら、コレド室町にも西武池袋店にも出店しているのだから、ムリしてイッパイ購入しないで買いに行けばヨカッタ。。。)

そして、本日のレシピの中に入れましたのは、松葉炊き昆布
上等な塩昆布だとは思っていましたが、以前焼き鯖寿司などに使っていたものよりもさらにウマイ!

柔らかいのでこのまま、お酒につまみになります。

DSC00579 (1)


さて、本日はその昆布を入れた和風サラダレシピ。

もちろん、絶品塩昆布がなくても普通の塩昆布でOK!
(当たり前ダ。。。)

切って和えるだけの超簡単レシピです。



☆まぐろアボカド長いもの和風サラダ☆レシピ

<材料:2人分>
 まぐろ(赤身を角切り)…100~120g
 アボカド(種を取り皮を剥いて角切り)…小1個
 長いも(皮を剥いて角切り)…10cmくらい
 塩昆布…少々

【ソース】
 プレーンヨーグルト…大さじ2
 マヨネーズ…大さじ1.5
 醤油…大さじ0.5
 わさび…小さじ1
 めんつゆ(希釈用を薄めずに)…大さじ0.5
 白こしょう…少々

<作り方>
1)ソースを混ぜ合わせた中に切った材料と塩昆布を加えて混ぜ合わせれば完成!

DSC00577 (3)

DSC02693 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日は、冷凍牛スジを解凍して下茹でする方法と、その材料を使っての煮込み料理を御紹介。

スープと牛スジは、分けて保存すると便利デス。

牛スジレシピが先行しておりますが……💦
↓↓↓
☆牛スジ肉じゃが☆
☆ターキー入り牛スジカレー☆

【牛スジの下茹で】
1)沸騰した湯に牛スジを入れて10分くらい茹でたら湯は捨てて、流水で牛スジを洗い、適当な大きさに切って鍋に入れます。

DSC02678 (500x332)

2)ヒタヒタ位の水を加えて火に掛けて、沸騰したら弱火にします。

DSC02681 (500x332)

3)長ネギの青い部分3~4本分、生姜1片を切ったもの、日本酒1カップくらいを加えて、アクを取りながら蓋をして2時間くらい煮込みます。

DSC02682 (500x332)

4)煮込んだら牛スジを取り、食べやすい大きさに切ります。

DSC02684 (500x332)

5)スープは漉しておきます。

DSC02686 (500x332)

※牛スジとスープの残りはそれぞれ冷凍保存しておきます。
(今回、下茹でした牛スジは1kgです)

DSC02687 (500x332)

今回は根菜と煮込んでみました♪



☆牛スジと根菜の煮込み☆レシピ

<材料:4人分>
 牛スジ(下茹で済)…300g
 牛スープ…600cc
 レンコン(乱切り)…250g
 ニンジン(乱切り)…1本
 大根(2cm幅くらいの銀杏切り)…10cm
 生姜(スライス)…3切れ
 コンニャク(細かい切り込みを入れて2cm角くらいに切る)…220g
 舞茸…1/2パック
 赤唐辛子…2本
 鰹削り節…3g

【合わせ調味料】
 三温糖…大さじ2
 みりん…大さじ2
 日本酒…50cc
 醤油…50cc

<作り方>
1)牛スジとスープを深めのフライパンに入れて火に掛け、根菜と生姜、赤唐辛子を加えて10分くらい煮込んだら合わせ調味料とコンニャク、舞茸を加えます。

DSC02688 (500x332)

2)クッキングペーパーに鰹削り節を挟み、落とし蓋にします。

DSC02690 (500x332)

3)30分くらい煮込んで火を止めます。

DSC02692 (500x332)

4)食べる前に温めて器に盛り付けたら完成!

DSC02701 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年12月8日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC03030 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


沖縄滞在半ばから久し振りに風邪を引いた。。。(ρ゚∩゚) グスン

おでんパーティーくらいには、良くなってきたのですが、東京に戻って深夜にBRUNOで焼肉を準備する際に、左手小指を切り( p_q)エ-ン、冷凍していた肉を切るための包丁を使っていたので、結構グサッと切り、出血が止まらないままキズパワーパッドを貼り、その上からティッシュを巻いて手を挙げながら焼肉を食べ、洗い物はヒゲ博士にお任せして寝て起きたら再び風邪をぶり返し……💦

治りかけた風邪をぶり返したってコトは、アレだな、小指の傷を治すために免疫力が低下してしまったのだナ。

毎日飲んでるR-1の力だけではダメだったのだナ。。。

しかし、小指が使えないだけでキーボードも打ち辛いワッ💦


さて、今回のレシピは免疫力UP、旬の牡蠣を使った超簡単パスタです。

細いパスタ、カペッリーニで作れば、アッと言う間に出来上がり~♪



☆牡蠣のバジルソースパスタ☆レシピ

<材料:1人分>
 牡蠣(塩洗い)…80~90g
 バジルソース(作り方→☆バジルソース☆)…20g
 カペッリーニ…70g
 白ワイン…大さじ1

<作り方>
1)フライパンにバジルソースを入れ、牡蠣を加えます。

DSC03026 (2)

2)ソースに白ワインを加えます。

DSC03027 (2)

3)1分茹でたカペッリーニを加え(簡単に湯切りする)、1分味を絡めるように炒めます。
※茹で時間2分のカペッリーニの場合。

DSC03028 (2)

4)器に盛り付けて完成!

DSC03040 (2)

牡蠣と一緒にBon appétit!

DSC03051 (3)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2014年1月5日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC01643 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


さて、本日のメニューはカレー!

そう、アナタの好きな海老カレーデス♪ (誰のコト?)

実はこのカレーは偶然の産物。。。

以前に御紹介したタンドリー風チキンの手羽元の残った漬け汁が捨てられず、冷蔵庫に入れたら、鶏肉のコラーゲンのせいか、プルルンと固まったのでラップに包んで冷凍しました。

そして、海老の消費期限当日、バジルソース味にしようかと冷凍庫を開けたら、プルルンコラーゲンカレーが目に入り、そうだ!、超簡単に海老カレーにしよう!

……ってコトで、出来上がった海老カレー。
(エッ? 超簡単な割に、経緯がメンドクサイ?)

ヒゲ博士、絶賛の一皿となりました♪



☆海老カレー☆レシピ

<材料:2人分>
 海老(中)…12尾
 タマネギ(微塵切り)…1個
 ニンニク(微塵切り)…2粒
 オリーブオイル…大さじ1
 しめじ、舞茸等ミックスキノコ…適量
 バター…15g
 ブランデー…少々
 黒コショウ…少々
 タンドリー風チキンの漬け汁(作り方→☆骨付き鶏もも肉焼きカレー☆

<作り方>
1)海老は殻と背ワタを取り、粗塩(材料外)で洗っておきます。

DSC01632 (500x332)

2)フライパンにオイル、ニンニク、タマネギを入れて炒めます。

DSC01633 (500x332)

3)タマネギの水分がなくなったら、キノコを加えて炒めます。

DSC01634 (500x332)

4)チキンの漬け汁を加えます。

DSC01635 (500x332)

5)別のフライパンにバターを入れ、海老を焼き、コショウを振って、ブランデーで風味を付けます。

DSC01637 (500x332)

6)カレーソースと軽く混ぜ合わせます。

DSC01639 (500x332)

7)お好みで御飯を盛り付けた上に海老カレーを掛けて、完成!

DSC01645 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年10月8日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC035920 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


家庭ゴミが有料となっている市も多いと思いますが、沖縄の場合は那覇市なら指定のゴミ袋でなければイケナイらしく、那覇市以外でお買い物をした際、ついでにゴミ袋を購入~、とか出来ないワケです。
(でも、そんなウッカリさんのために、お店の方がレジにて確認してくれます)

那覇市では5種類分別となっており、燃やすゴミ、燃やさないゴミ、有害ゴミ、粗大ゴミ、資源ゴミ、となり、さらに資源ゴミは、草木、缶、ビン、ペットボトル、紙・布類に分けられます。
(ン? 普通か?)

有料のゴミ袋は(大)(中)(小)(特小)と4種類あるのですが、ズ~ッと暮らしているワケではナイので、使い始めたゴミ袋の容量に合わせてゴミを溜められないのデス。
(出来れば、東京の事業系ゴミのように容量別のシールにして欲しい。。。)

しかも、ウチの方の燃やすゴミ収集は週2回しか来ないので、生ゴミを1回スルーしてしまうと、非常にクチャイ!💦

そう、那覇のマンションは、管理人さんが出してくれるからいつでもゴミ出しOKよ♪……という鍵付きのゴミ置き場があるマンションではないので、さらにメンドクチャイ!

東京の住まいの家庭ゴミの方は、指定ゴミ袋もナシ、今のところ有料もナシ(粗大ゴミも持ち込めば無料)、分別はしますが、いつでもゴミ置き場に出すことが出来ます。

その地方によって条件が異なりますから、ゴミ処理だけでもこんなに違いがあるのデスネ。

しかし、那覇市にはカラスがいないのが好条件なのであります。

そして、お隣にスーパーが出来て、缶やペットボトル用ゴミ箱を設置してくれたのも助かるのであります。

以上、ゴミ出しについてのグチでスミマセンm(__)m


さて本日もクッキングシート de チンして簡単!シリーズ。
……と、いつものように勝手にシリーズ化。

今回は野菜をコロコロに切って、全て混ぜ合わせてシートに包んでレンジでチン! の簡単レシピ。

もうすぐバレンタインなのでハートのモッツァレラチーズをトッピングしました♪



☆コロコロ野菜のチーズカレー包み蒸し☆レシピ

<材料:4人分>
 豚バラ薄切り肉(細かく切る)…100g
 タマネギ(粗微塵切り)…1/2個
 ナス(角切り)…1本
 ニンジン(角切り)…1本
 ジャガイモ(角切り)…1個
 塩コショウ…少々
 トマトジュース…200cc
 粗挽きガーリックパウダー…少々
 すりおろし生姜…小さじ1
 カレー粉…大さじ1
 パルミジャーノレッジャーノ…適量
 モッツァレラチーズ(なくてもOK)…適量

<作り方>
1)チーズ以外の材料を全てボウルに入れ、良く混ぜ合わせます。

DSC03586 (500x332)

2)クッキングシートを広げ、中央に具材を載せ、パルミジャーノを振り掛けます。

DSC03587 (500x332)

3)包んで耐熱皿に載せます。

DSC03588 (500x332)

4)500Wのレンジで4分30秒加熱したら、モッツァレラチーズを載せてバーナーで少し溶かします。

DSC03589 (500x332)

5)コロコロ野菜のチーズカレー包み蒸しの完成!

DSC035930 (2)

ハートも一緒にパクッと頂きます♪

DSC036030 (2)



この記事は旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2014年2月5日に公開した過去記事を手直ししたものです。

DSC034340 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ズ~ッとサボってきた軽いストレッチ体操を復活させたのですが、腰が痛くなってしまうという逆効果。。。

「これは、大車輪をやったせいだワッ」と夜、飲みながら言ったのですが、
「大車輪!?」と聞き直され、
「ウン、こう寝転んで足グルグル漕ぐヤツ」とJUNO。

「……、ソレッ、自転車漕ぎだよ?」
「……エッ? 大車輪じゃないの?」

「大車輪は鉄棒でグルグル回るヤツ。大車輪出来るなんてスゲ~って思った」
と皆に笑われた。

ストレッチしながら、次は大車輪~♪ などと思いながら(思い込みながら)今までの人生、生きてきたのダ💦

今さら、次は自転車漕ぎ~♪ という風に切り替わるだろうか?

大車輪って言う方が効果があるような気がするし。。。
(気のせいか?)

しかし、ストレッチは大切だと言うコトには気が付いた!
(オッ、話を逸らした)

8ヵ月余りのブランクのせいか(イヤ、歳のせいか?)、お尻ペシャペシャ運動をしたら(どんな運動かはご想像にお任せする)お尻のお肉がモッコリ増えていた💦

10分ほどのストレッチでも毎日続けることが大切なのですね。


さて、本日のレシピは、タラと明太子の親子蒸し。

コレが、見た目はイマイチなのですが、ヒゲ博士が大絶賛!

「コレッ、また食べたい!」と(毎日違うモノを食べさせられるため)食べ終わってもいないのにリクエストされました。

お気に入りメニューがまた一つ増えました♪



☆タラの明太マヨネーズ包み蒸し☆レシピ

<材料:2人分>
 タラ…2切れ
 塩コショウ…少々
 明太子(薄皮を取る)…25g
 マヨネーズ…大さじ2
 無塩バター…15g
 ホウレン草…2株
 しめじ(小房に分ける)…1/2株

<作り方>
1)タラは骨を取り除き、塩コショウして10分ほど置いておきます。

DSC03427 (2)

2)明太子とマヨネーズを混ぜ合わせておきます。

DSC03428 (2)

3)クッキングシートを広げ、洗って根を取ったホウレン草を敷きます。

DSC03429 (2)

4)しめじとバターを載せ、タラも載せて、明太マヨネーズを塗り、シートで包みます。

DSC03431 (2)

5)耐熱皿に並べて、500Wの電子レンジで約5分加熱します。

DSC03432 (2)

6)お皿に盛り付けて完成!

DSC034330 (2)



この記事は旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2014年2月1日に公開した過去記事を手直ししたものです。

DSC_0357 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


先日、33個のロールキャベツを作ったお話をしましたが、おでんパーティー今年も盛況でした!

玄関先には例年のように提灯♪

DSC_0362 (2)

メニューはこんな感じ↓(一部キタナイ字で手書き。。。💦)

DSC_0355 (2)

土日の2日間開催したのですが、土曜日のおでん。
18時開店!

DSC_0359 (2)

ウインナー巻き、ロールキャベツ(ミニ)、つみれ。

DSC_0365 (2)

だぶるのマダムに頂いた(奪った?)パーティー・チョコ。

DSC_0366 (2)

いつもお世話になっている(ヒゲ博士が)歯医者さんからのお土産♪

DSC_0368 (2)

……のイチゴをシャンパンへ~( *´艸`)

DSC_0373 (2)

箸袋に書かれている「うめーし」。
美味しいごはん、という意味かと勝手に思っていたら、「お箸」という意味だそうです。

DSC_0371 (2)

そして、日曜日のおでん。
日曜日は13時から開店しました。

DSC_0376 (2)

大根は、ひょうたん型で抜いてマス。

DSC_0380 (2)

お客様は土曜日9人、日曜日11人、2日間で20人もご来店!

空けたお酒は、シャンパン12本、ワイン6本、獺祭1本、ジャックダニエル2本。
そして台湾で買ってきた大好評の高山鉄観音茶6L。

DSC_0385 (2)

ワインセラーがスカスカになりました💦

そして、2人で反省会。
次回は日にちと時間は我々が決めよう。。。

DSC09151 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


今年もやってきました!
おでんパーティーの季節デス♪

今回も東京からおでん具材をお取り寄せ。
しかし、今までは1万円以上送料無料だったのに、送料が掛かるようになってしまった。
(沖縄から注文し過ぎたせいか?)

そして、今年もJUNO担当のロールキャベツ

今年はさらに記録更新!
昨年の29個を上回り、1個のキャベツで33個のロールキャベツを巻き巻きしました!

しかし、キャベツの葉がイマイチだったので、33個とは言ってもこんな感じ。。。
ミニチュア・ロールキャベツがいくつか💦

DSC_0352 (2)

昨年の↓と比べると、大きさが揃っているので、やっぱりキャベツの出来具合?

DSC_2161 (4)

今回もヒゲ博士が丁寧に丁寧にキャベツを茹でてくれたので、小さい葉まで巻くことが出来ました♪


さて、本日のレシピは体力の弱っている時などに、時々食べたくなるニラレバ炒め。
自己流ですので、“JUNO流”とさせて頂きました。

ビタミンB2を摂取して元気に遊ぼう!



☆JUNO流ニラレバ炒め☆レシピ

<材料:2人分>
 豚レバー…170g
 牛乳…適量
 もやし…250g
 タマネギ(スライス)…1/2個
 ニラ(3cm幅くらいにカット)…1束
 ニンニク(スライス)…2粒
 ゴマ油…大さじ1
 輪切り赤唐辛子…ひとつまみ

【合わせ調味料】
 ニンニク(潰す)…2粒
 生姜(する)…1片
 日本酒…大さじ1
 醤油…小さじ2
 チキンスープ(顆粒)…小さじ1
 オイスターソース…大さじ1

【豚レバー下味】
 日本酒…小さじ1
 ゴマ油…小さじ1
 合わせ調味料(上記)…小さじ1

 片栗粉…大さじ1
 いり白ゴマ…少々

<作り方>
1)レバーは流水で洗ってから食べやすい大きさに切り、牛乳に15分くらい漬けておきます。

DSC09139 (2)

合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておきます。

DSC09141 (2)

2)レバーの水分を切ってビニール袋に入れ、下味の材料を加えて15分くらい置いておきます。

DSC09140 (2)

3)フライパンにゴマ油を引き、ニンニクと唐辛子を香りが出るまで炒め、タマネギを加えて炒めます。

DSC09143 (2)

4)タマネギを端に寄せ、片栗粉を塗したレバーを入れて焼きます。

DSC09144 (2)

そこへ洗ったもやしも加えて炒めます。

DSC09146 (2)

5)合わせ調味料とニラを加えてサッと炒めます。

DSC09147 (2)

6)器に盛り付け、ゴマを振り掛けて完成!

DSC09153 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年5月4日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC02764 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昨日の沖縄の天気予報で、土砂降りのハズが晴れている。。。

まあ、大体当てにならない沖縄の天気ではありますが、土砂降り→晴れになるものだろうか💦

「明日は土砂降りだって!」と言ったら、深夜慌てて買い物に行ったヒゲ博士。
起きて、この天気を見たら、JUNOめの立場は。。。('A`|||)
(早く、雨降れ!)←ココロの声。


さて、本日のレシピはデザートです。

バレンタインを意識したワケではありませんが(イヤ、全然バレンタイン向きじゃナイでしょ!?)簡単に作れてワイワイ盛り上がるたこ焼きならぬあんこ焼きです。

今回のたこ焼き器は、沖縄で購入したモノですが、 BRUNO ブルーノ コンパクトホットプレートのたこ焼き器で作っても楽しいですネ♪ 

ホームパーティーで、たこ焼き器を囲んで作りましょッ!


☆ホットケーキミックスで作るあんこ焼き☆レシピ

<材料:6人分>
 ホットケーキミックス…200g
 卵…1個
 牛乳…200ccくらい
 あんこ…400g
 オリーブオイル…適量

 <作り方>
1)溶き卵に牛乳を混ぜ合わせ、ホットケーキミックスを加えて、さらに混ぜます。

2)たこ焼き器にオイルを引き、混ぜ合わせたホットケーキミックスを注ぎます。

DSC02756 (2)

3)あんこを入れます。

DSC02759 (2)

4)フツフツしてきたら、竹串で返します。
(ココいらへんで、やっとJUNO参加!)

DSC02760 (2)

5)あんこ焼きを串刺しにして完成!

DSC02767 (2)

アンコたっぷり~♪

DSC02770 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年12月10日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC_0374 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


「かわっこ」に行く度に気になっていた「J-CHAN 冷麺」

半地下1階にあるので、店内が見え辛い。。。

DSC_0363 (2)

先日、自己流チーズタッカルビを作ったので、お店の味を知りたくて入ってみました。

DSC_0364 (2)

店内はスタイリッシュでスッキリとした空間。
(でも、土曜日なのに空いている。。。💦)

DSC_0365 (2)

まずは、お目当てのチーズタッカルビ1人前+チーズ追加を注文しました。

こんな感じで、薄い鉄板に載ってきます。
(チーズ、真ん中じゃないのね。。。)

DSC_0370 (2)

チーズが溶ければ食べ頃~♪

DSC_0377 (2)

やっぱり、トックとさつま芋が入っております。

チーズがビヨ~ンって伸びないから、モッツアレラに変更すれば良かった。。。
インスタ映えしないワ~(って、インスタやってないじゃん!)

DSC_0376 (2)

自家製チヂミも注文。

DSC_0379 (2)

こうやって並べると……、

DSC_0380 (2)

入れたくなる、よね?
(エッ? ならない!?)

DSC_0383 (2)

看板メニューでもある、J-CHAN冷麺も〆に注文。

DSC_0386 (2)

凍ったスープが入っていて、久茂地にあった氷結冷麺を思い出しました。

麺が太いので、コレは盛岡冷麺っぽいのかしら?
冷麺と言うと、ソウルの明洞咸興麺屋の麺を思い出してしまう。。。

DSC_0388 (2)

3種のナムルを載せて、味の変化も楽しめます。

DSC_0390 (2)

今日、このお店のコトをネットで調べてみたら、ナント石田純一氏のお店らしいデス。
ア~、だから「J-CHAN 冷麺」!
(でも、お客さん帰るまで我々だけだったヨ。。。)

さあ、2次会は店内にあるエレベーターで直通6Fの8men
先日、ブログにコメント頂いてビックリ。
(コメントのないブログなもので。。。)

2018-01-27-19-27-17 (2)

このバーはいつも大人気ですネ♪

DSC_0400 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


那覇大橋から直ぐの「天下一品」前はよく通る道で、チェーン店らしいのですが、過去に一度も食べたことのないラーメン屋さん。

ヒゲ博士が、若い頃に東京でよく行っていたらしく、久し振りに行ってみよう、とランチ時間に小禄店へ。

スゴイ歴史があるお店なのに初めて入ったJUNO。
『こってり!3度食べるとやみつき!』ってコトは、1度ではワカラナイってコト?

DSC_0397 (2)

……で、メニューがオススメする「こってり」の並の普通麺、ニンニク有り、味付煮卵載せを注文。

DSC_0398 (2)

ヒゲ博士は、珍しく迷って迷って、「こってり」のもやしトッピング。

……で、もやしがナイ💦。
(後から謝りながら、別盛で持ってきた)

DSC_0401 (2)

正しく、こってり~!

麺に絡みついてくるスープが濃厚。
食べると、唇がベタベタ。。。

DSC_0405 (2)

味付煮卵は超しょっぱい💦

このラーメン、か、からだにイイのだろうか?という思いに駆られるが、お隣に座っていた若いお姉さんは「こってり」のスープ飲み干していたし、そもそもラーメン屋さんに入った時点で、健康を考えるのが間違っているのダ。

ヒゲ博士は、若い頃食べたモノと違ったみたい。
味覚が変わったのか、メニューが変わったのか?

「天下一品」も「餃子の王将」も京都が発祥地とのコト。
薄味がイメージの京都で、この濃厚こってりが誕生したというのも面白いですよね。

DSC03249 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昨夜は飲み過ぎと言うより、食べ過ぎ。。。

「食べ過ぎって、飲み過ぎよりもツライね」などと言いながら飲んでいた2人。

久し振りに「串焼き 竹茂」に行き、余りにお腹が空いていたものだから、いつも注文していた竹茂コースではなく、舞妓コースにしてみたら、食べ過ぎタ!
(しかし竹茂さん、12周年祭なのにコースのお値段が変わらないって、スゴイ!)

これは、アレだな、以前だったら食べられた量なのに、2人とも歳のせいで量がイケなくなってしまったのダな。
(どうせなら、酒量も減ればイイのに。。。)

さらに、〆はムリ!って思っていたのに、大将オススメの卵かけご飯まで食べてしまったのダ。。。
京都の山玄茶のライス・カルボナーラを思い出して、美味しかったァ♪

ハシゴ4軒目で、歌いまくってお腹を減らそうと思った努力の甲斐もなく、お昼も食べられず今に至る。

しかし、ヒゲ博士は、大して歌っていないのに、お腹が空いたらしく帰りのローソンにて大盛のナポリタンを購入。

朝4時に帰宅して、冷蔵庫を開け、「タバスコがナイ!」とのたまう。
「タバスコがナイなんてビックリだ」とJUNOめも言う。

タバスコってそんなに使うイメージがないケド、サルサソースで使い過ぎたのかしらン?


さて、本日のレシピはタバスコ料理!(笑)
沖縄で炭火焼きにしていた牡蠣の殻♪……を東京へ自力空輸して、器にしてみた牡蠣のトマトペパーソース。

チーズを載せてバーナーで炙り焼きにしてみました♪
(バーナーがない場合は、オーブントースターなどで焼いてください)



☆牡蠣のトマトペパーソース炙りチーズ焼き☆レシピ

<材料:2人分>
 牡蠣(塩洗い)…100g
 ベーコン(細切り)…30g
 ニンニク(微塵切り)…小さじ1
 オリーブオイル…大さじ1
 トマトジュース…200cc
 黒コショウ…少々
 タバスコペパーソース…大さじ1
 無塩バター…10g
 調理用チーズ…適量

<作り方>
1)フライパンにオイルを引き、ニンニクを炒め、香りが出たらベーコンを加えて炒めます。

DSC03241 (500x332)

2)トマトジュースを加えて煮詰めてから、タバスコペパーソースとコショウを加えます。

DSC03243 (500x332)

3)塩洗いした牡蠣とバターを加えて、牡蠣に火が通るまで煮ます。

DSC03245 (500x332)

4)牡蠣の殻にオイル(材料外)を塗り、牡蠣とソース、チーズを載せて、

DSC03247 (500x332)

バーナーで炙ります。

DSC03248 (500x332)

5)焼き色が付いたら完成!

DSC03251 (2)

ピリッとしたソースが牡蠣と良く合います♪
(もちろん、お酒とも☆)

DSC03270 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2014年1月19日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

1390666199 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日は普通にカレーなのですが、そう、タイトルを見ても分かるように。。。

幸いに下茹で済みの牛スジが冷凍してあったので、それで作れる~♪ と思い、冷凍庫を見たら、昨年のクリスマスの残りのターキーもあったので、それらも入れ、どちらかと言うとターキーカレーのような感じになってしまったのですが、一応牛スジカレーで押し通すことに致します💦

やっぱり、牛スジ+ターキーのスープを入れると、ググ~ンとコクが深くなり、絶品なカレーになりますね。
(もちろん、ラーメンに入れても美味しいけど)

ターキー入り牛スジカレーのレシピなんて、ナンの参考にもならないとは思いますが、冷凍庫にターキーと牛スジがタマタマ入っている御家庭がございましたら、簡単にサラッと見て下さいマセ。



☆ターキー入り牛スジカレー☆レシピ

<材料:6人分>
 牛スジ(下茹で済み)…200g
 ターキー(焼いて細かくしたもの)…200g
 豚小間切れ肉…200g
 牛スジスープ…300cc
 ターキースープ…800cc
 ニンジン(食べやすい大きさに切る)…2本
 舞茸(小房に分ける)…1パック
 塩コショウ…少々
 オリーブオイル…大さじ1
 ローリエ…1枚
 ガラムマサラ(ペースト)…大さじ1
 カレールー…100g
 ジャガイモ(皮を剥いて1/2カット)…3個
 ゆで卵…人数分

<作り方>
1)スープを鍋に入れて、炒めた材料を加え30分煮込みます。

1390666166

2)カレールーとガラムマサラを加えて、一旦火を止めます。

1390666189

3)再加熱の際に、レンジで加熱したジャガイモとゆで卵を加えて少し煮込めば完成!

1390666141 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2014年1月26日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC00565 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日のレシピは昨日の続きデス。

☆昆布〆長いもそうめん☆で使った4枚の平昆布。

何を作ろー、と思ったら、
「クーブイリチーでも作ったら?」と天の声!(もちろん、ヒゲ博士也)
「でも、豚肉ないよ。ハムでイイかな?」と呟いたら、
「ハムより、ベーコンがイイよ」と天の声!

……で、作ったメッチャJUNO風クーブイリチー也。


☆ベーコンで作るクーブイリチー☆レシピ

<材料>
 平昆布(昆布〆に使ったもの)…4枚
 ベーコン…40g
 白ごま油…大さじ1

【調味料】
 鰹だし(顆粒)…小さじ2
 三温糖…大さじ1.5
 みりん…大さじ1
 日本酒…大さじ2
 醤油(濃口)…大さじ1

<作り方>
1)バットに入っている昆布に水を入れ軽く洗います。

DSC00558 (2)

2)昆布を切り、サッと茹でてザルに上げておきます。

DSC00559 (2)

3)ごま油を引いたフライパンでベーコンと昆布を炒めます。

DSC00561 (2)

4)調味料を加えて5分ほど中火で煮ます。

DSC00562 (2)

5)昆布がやわらかくなったら完成!

DSC00563 (2)

DSC00548 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昆布〆用の平らな昆布があるらしい、とヒゲ博士が言い出し、大量購入。

DSC00540 (2)

確かに丁度良くバットに収まり、使いやすいので、白身のお刺身を買っては昆布〆にして日本酒に合う絶品おつまみなどを作っておりました。

そして、お正月に立派な長いもを頂いたので、これはもう長いもそうめんでしょう!、と思ったのですが、その長いもが美味しくてサラダにしたり、小鉢にしたりしているうちに半分ほど食べてしまい、やっと作ったのが今回のレシピです。


☆昆布〆長いもそうめん☆レシピ

<材料>
 長いも…1/2本
 平昆布…4枚
 日本酒…適量
 めんつゆ…人数分
 わさび…少々
 白ごま…少々
 刻み海苔…少々

<作り方>
1)昆布を日本酒で拭き、バットに入れ、皮を剥いて細長くスライスした長いもを昆布の上に平らに載せます。
今回は長いもが太かったので、3段にしました。

DSC00537 (2)

2)昆布で蓋をして、ギュッギュッと押してからラップをして、冷蔵庫で1晩寝かせます。

DSC00542 (2)

3)トロトロ~っと出来上がり。

DSC00545 (2)

4)めんつゆを掛けて、お好みでわさび、白ごま、刻み海苔を載せます。

DSC00546 (2)

5)長いもそうめん、完成!

DSC00550 (2)

そうめんみたいでしょ!
でも、そうめんよりも美味~♪

DSC00554 (2)

長いもそうめんの食べ方はイロイロ。
↓↓↓
☆長いもそうめん☆
☆納豆長いもそうめん~フワトロvsフツウ☆
☆たっぷりおかか de 昆布〆長いもそうめん☆

次回は、昆布〆に使った昆布の活用レシピです♪

DSC07068 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昨日の東京の雪!

DSC00572 (2)

どうなるかと思ったけど、もう解けた!(笑)


さて、JUNOレシピが「海老餃子」の人気検索でトップ10に入ったお知らせです。

クックパッド

あなたのレシピが
「海老餃子」の人気検索でトップ10に入りました

写真

海老丸ごと餃子

レシピを確認する»

2018123日時点でのお知らせです。 

Copyright(c) Cookpad Inc. All rights reserved.


レシピはコチラ↓



ブログ記事はコチラ↓
海老丸ごと餃子【焼き餃子と蒸し餃子:とっても丁寧な工程写真付き】

DSC07067 (2)

現在、人気検索第4位!
しかし、『人気順検索の利用には、プレミアムサービス(月280円(税抜))の登録が必要です。』
JUNOめ、登録しておりません💦

参考にして頂けたら幸せデス♪

DSC03120 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


「新潟加島屋」のさけ茶漬といくら醤油漬を購入♪

DSC03025 (2)

ランチには鮭といくらの贅沢親子丼~♪

載せるだけ、デス。。。

DSC03117 (2)

このお茶碗、憶えておりますか?

そう、JUNO作「白ヘビと唐辛子の漬物椀」でございマス💦

出来上がった時は、微妙な感じでしたが、JUNO用丼に丁度イイことに気が付きました。

浅くて広いので、普通のお茶碗よりも具を多く載せられるのです。
(御飯よりも納豆の方が多いのを好むヤツなのであります)

人間国宝にはなれなくても(まだ、言っている。。。)、やっぱり自分で作ったものって愛着が湧いてくるものですね。

お料理と同じデス♪



この記事は旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2014年1月5日に公開した過去記事を手直ししたものです。

DSC02059 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日のレシピは、友人が届けてくれた鳥取名産・砂丘ながいもを使ったメンチカツです。

この長~~~い長いも(長いから長いもだべ?)、砂丘で育つのかどうかは定かではありませんが、頂いた初日は長いもとろろ蕎麦にしてみました。

DSC02041

そして、牛肉が消費期限日だったので、タスマニアビーフを使ってメンチカツ、その中に長いもを加えて食感を楽しんでみました♪



☆長いも入りビーフ・メンチカツ☆レシピ

<材料:4人分>
 牛肉…270g
 塩コショウ…少々
 ガーリック(顆粒)…少々
 タマネギ(微塵切り)…1個
 長いも(1cmくらいの角切り)…170g
 オリーブオイル…大さじ1
 ナツメグ…少々
 パン粉+牛乳…大さじ1
 薄力粉+溶き卵+パン粉…適量
 揚げ油…適量

<作り方>
1)牛肉に塩コショウとガーリックを振り掛け、10分くらい置いてからミンチにします。

DSC02055 (2)

2)フライパンにオイルを引き、水分がなくなるまでタマネギを炒めます。

DSC02052 (2)

3)長いもを加えて軽く塩コショウして炒めてから、ボウルに移し冷まします。

DSC02053 (2)

4)牛肉とナツメグ、牛乳に浸したパン粉を加えて、粘りが出るまで捏ねます。

DSC02056 (2)

5)8等分に丸めて、薄力粉、溶き卵、パン粉に順に衣を付けます。

DSC02057 (2)

6)160℃の油で揚げて、油切りをします。

DSC02058 (2)

7)お皿に盛り付けて完成!

DSC02061 (2)

※奥にあるガラスの器の一品は、細切りした長いもに明太子とレモン汁を和えて海苔を掛けたものです。←コレもお酒がススム、ススム~(^^♪

ホクホクメンチカツは、お好みでソースとからしを付けてお召し上がりください。

DSC02070 (2)


この記事は旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年10月30日に公開した過去記事を手直ししたものです。

DSC01118 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日のレシピは炊き込み御飯。

このレシピは、炊飯器が我が家に存在していた頃のあさりご飯レシピです。

今や、炊飯器を置いていたスペースにはカトラリー用の引き出しが置かれ、下段は箸置き専用引き出しとなっております。

DSC00543 (2)

箸置き集めは、ユナイテッドアローズで購入したものが始まりかな?
先日、沖縄で購入したブルーの箸置きも収まっております。

見ているだけで楽しい♪
本日のようにあさりご飯の時は、貝の箸置きですね。

ちなみに、土鍋で炊くレシピはコチラ
↓↓↓
☆あさりとしめじの土鍋御飯☆

頑張って塩水をピュ~ピュ~飛ばしてキッチンを汚してくれた、美味しそうなあさりちゃんたちのエキスたっぷりのご飯になりました♪



☆あさりの炊き込みご飯☆レシピ

<材料:2人分>
 あさり…330g
 日本酒…100cc
 米…2合

【合わせだし】
 あさりの酒蒸しから出ただし汁
 日本酒…大さじ2
 みりん…大さじ1
 醤油…大さじ1

 生姜(千切り)…1片
 小ネギ(小口切り)…大さじ1強

<作り方>
1)あさりは塩水(材料外)で一晩くらい砂抜きさせてから、殻をこすり合わせて洗います。

DSC01103 (500x332)

2)フライパンに入れ、日本酒を注いで蓋をして酒蒸しにします。

DSC01104 (500x332)

3)殻からスプーンであさりの身を取り出し、汁はキッチンペーパー等で濾します。

DSC01106 (500x332)

4)お米は洗って水分を切ってから、炊飯器の内釜に入れ、混ぜ合わせた合わせだしと冷水(材料外)を2合の目盛りまで注ぎ、生姜を加えて炊きます。

DSC01107 (500x332)

5)炊き上がったら、あさりの身と、

DSC01108 (500x332)

小ネギを加えてさっくりと混ぜ合わせます。

DSC01109 (500x332)

6)器に盛り付け、小ネギを散らせば完成!

DSC01116 (2)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年9月7日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC00508 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


BRUNO ブルーノ コンパクトホットプレート・レシピ第4弾! 
コレも長く続く予感。。。)

付属のたこ焼き器でアヒージョです。

「たこ焼き器なんて使わないから、奥に仕舞えば?」
……などと言われたので、作った一品。

コレが楽しい!
超楽しい!

BRUNOでなくてもおウチにたこ焼き器があったらお試しください♪


☆バジルソース入りアヒージョ☆レシピ

<材料:2人分>
【ポテト・フィリング】
 じゃがいも…小2個
 バター…10g
 塩コショウ…少々

【ソース】
 バジルソース…25g
 ニンニク(微塵切り)…1粒
 輪切り赤唐辛子…ひとつまみ
 オリーブオイル…100~150cc

 芽キャベツ…4個
 生椎茸…1個 
 むき海老…4個
 ピーマン…1個
 まぐろ(中トロ)…適量
 オリーブオイル…少々
 パン(小さく切る)…適量
 調理用チーズ…適量

<作り方>
1)じゃがいもは皮を剥いてスライスしてお皿に載せ、ラップをして500Wのレンジで4分加熱してボウルに移し、バター、塩コショウを加えてマッシャー等で潰します。

DSC00501 (2)

2)フライパンにソースの材料を入れて香りが出るまで炒めます。

DSC00502 (2)

3)たこ焼き器にオイルを塗ります。

DSC00503 (2)

4)4つ切りにした椎茸、輪切りにしてポテト・フィリングを詰めたピーマン、ぶつ切りにしたまぐろ、芽キャベツ、下処理をしたむき海老、残ったポテト・フィリングを丸めたものをたこ焼き器に並べます。

DSC00504 (2)

5)BRUNOにたこ焼き器をセットし、材料の上にソースを掛けます。

DSC00506 (2)

6)パンを切っておきます。

DSC00533 (2)

7)グツグツしたら、完成!

DSC00509 (1)

どれもアツアツ、美味し~い♪

ポテト・コロッケ~!

DSC00528 (1)

空いたトコロにチーズを入れて、チーズフォンデュ!

DSC00529 (1)

ウマ~イ♪

このチーズ、ポテト・コロッケに載せても美味しいデス♪

DSC00534 (1)

DSC_0327 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


まだ、続くか!(笑)
ANAプレミアムクラスの機内食第4弾!

でも、逆にず~~~ッと続けていたら面白いかも!?
110弾!とか150弾!とか。。。
(何年後ダ?)

先日の軽食デス。

生ハムと野菜のトルティーヤロール
グリル野菜とチキンのサンドイッチ
小海老と胡瓜のマリネ ジェノバソース
豆サラダ、チーズとスクランブルエッグ
パイナップル、リンゴ、キウイフルーツ
(272Kcal)

そして、夕食。
(赤ワインを頼んだら、グラスじゃない。。。)

DSC_0340 (2)

煮帆立、海老真丈
鰊昆布巻、鮭卯の花和え
春菊胡麻和え、酢取り蓮根
若布・しらす・胡瓜の酢の物
牛蒡・人参・隠元の金平
南京海老そぼろ餡かけ
豚角煮
人参、じゃが芋、隠元
ひじきご飯
味噌汁
(705Kcal)

今回も、啐啄 (ちそう そったく)とのコラボでした♪

DSC00491 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


BRUNO ブルーノ コンパクトホットプレート・レシピ第3弾! 

第1弾はコチラ
↓↓↓
☆A5牛ヒレ焼肉☆

第2弾はコチラ
↓↓↓
☆鶏手羽先入りチーズタッカルビ☆

今回は豚肉の生姜焼きを卓上で焼いてみよーッという案を検証。
(自分の案を自分で検証。。。)

レシピはコチラ
↓↓↓
☆鶏肉と豚肉の生姜焼き☆


【検証結果】
その1)野菜を先に焼くことによって、水分が出てしまい、味が薄くなる。
その2)いつまでも、温かく食べられる。
その3)楽しい♪

【次回の課題】
その1)味付けを濃いめにする。
その2)野菜はフライパンで焼いてから載せる。
その3)……だったら、ホットプレートじゃなくてイイ。。。

DSC00490 (1)

……でした♪

DSC00431 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


仲良し♪

DSC00493 (2)

ミドリフグ仲良し♪

DSC00495 (2)

やっと、仲良しになったよ♪

DSC00496 (2)

エサを食べている間だけ、だけど。。。
(アレッ!? エサを取り合っているだけ?)


さて、本日のレシピは、何回も作っているので既に公開しているレシピだと思っていたのですが、検索してみたらなかった💦

大量のまぐろがある間は、ねぎま鍋と共に定番になりつつある一皿です。

昨日の夕食はねぎま鍋でしたが、もう何度食べても絶品!
しかし、大トロをポンポンとお鍋に入れちゃうので、まぐろ入荷がなくなったら食べられないだろうなぁ。。。



 ☆漬けまぐろとアボカドのカルパッチョ☆レシピ

<材料:3人分>
 まぐろ(赤身)…1さく
 アボカド(種を取り皮を剥いてスライス)…1個
 わさび…少々
 マヨネーズ…適量

【漬け汁】
 日本酒…30cc
 めんつゆ(希釈用を薄めずに)…10cc
 醤油…30cc

<作り方>
1)日本酒を小鍋に入れて煮切ります。
2)冷めた日本酒とめんつゆと醤油をジップロックなどに入れ、まぐろをさくのまま入れて漬けます。
3)薄めに切ったまぐろとアボカドをお皿に盛り付け、マヨネーズとわさびをトッピングしたら完成!

DSC00430 (1)

DSC00466 (4)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


BRUNO ブルーノ コンパクトホットプレート・レシピ第2弾! 

チーズタッカルビの登場デス!

タッカルビの「タッ」とは鶏のことで、「タッハンマリ」の「タッ」と同じですね。

「タッハンマリ」を「ダッカンマリ」と言うように、「タッカルビ」も「ダッカルビ」と言っている場合もあり、でも「タットリタン」は「タットリタン」!?

……まあ、どちらでもイイ、というコトで。

JUNOレシピは統一して「タッ」に致します。

韓国でチーズタッカルビは食べたことがナイのですが、トッポギのトック(棒状のお餅)やさつま芋を入れたりするようなので、トックの代わりにお餅、さつま芋の代わりに里芋を入れてみました。

コレが大成功!
ヒゲ博士「ウマ~イ! ウマ~イ!」と大絶賛デス♪

でも、鶏手羽先はちょっと食べ辛かった。。。
次回からは、鶏もも肉のみにします♪



☆鶏手羽先入りチーズタッカルビ☆レシピ

<材料:3人分>
 鶏もも肉…250g
 鶏手羽先…300g
 ニンジン(薄くスライス)…小1本
 長ねぎ(斜め切り)…1/2本
 里芋(薄切り)…2個
 餅(薄切り)…3切れ
 調理用チーズ…適量

【漬けダレ】
 コチュジャン…大さじ2
 玉ねぎ(すりおろす)…小1個
 ニンニク(すりおろす)…2粒
 生姜(すりおろす)…1片
 粉唐辛子…大さじ1
 醤油…大さじ1
 みりん…大さじ1
 三温糖…大さじ1
 ハチミツ…大さじ1
 日本酒…大さじ1
 ごま油…大さじ2
 こしょう…少々

<作り方>
1)鶏もも肉は余分な皮と筋を取り、食べやすい大きさにカットし、鶏手羽先は骨の間と皮の表面に切り込みを入れます。

DSC00452 (500x333)

2)野菜類は火が通りやすいように切り揃えます。

DSC00454 (500x333)

3)鶏肉、野菜、餅をジップロック等の袋に入れます。

DSC00455 (500x333)

4)タレを加え、袋の上から良く揉み込んで、冷蔵庫で4時間ほど寝かせます。

DSC00456 (500x333)

5)ホットプレートにオリーブオイル(材料外)を引き、漬けた材料を全て載せます。

DSC00457 (2) (500x333)

6)蓋をして中火で蒸し焼きにします。

DSC00458 (1) (500x333)

7)時々、かき混ぜます。

DSC00460 (1) (500x333)

8)蒸し焼き、完了。

DSC00461 (1) (500x333)

9)中央を空けて、チーズを載せて蓋をします。

DSC00463 (1) (500x333)

10)チーズが溶ければ完成!

DSC00469 (2)

火を弱めて、戴きま~す♪

鶏肉をチーズに付けて……、

DSC00473 (1)

たっぷり、付けて……ウマ~イ!

DSC00476 (2)

鶏手羽先は、チーズ付けると、お、重い。。。💦

DSC00477 (1)

里芋もお餅もタレとチーズに良く合って美味しかったデス♪

DSC00468 (2)

DSC02565 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


百名伽藍、2日目の朝食は洋食をリクエスト。

DSC02559 (2)

テラス席もリクエスト出来ます。

DSC02555 (2)

スープはアツアツでした(笑)

DSC02561 (2)

テラス席での朝食は、気持ち良かったデス♪

DSC02570 (2)

さて、朝食の後は、最後の貸切露天風呂「長明庵」へ。

DSC02571 (3)

屋根の上に小鳥が……。

DSC02572 (2)

鴨長明氏のプロフィール。

DSC02586 (2)

ココのお風呂は右端にあり、グラスボートも気にならず、最後の露天風呂を楽しく過ごせました。

DSC02581 (2)

湯船の上にだけ屋根がないタイプです。

DSC02580 (2)

5つ目のお風呂も、ゆっくりお湯に浸かってはバスローブを着て椅子に横になり、ボ~ッと海を眺めて水を飲み、またお湯に入り、を繰り返して1時間半ほど過ごしました。

DSC02585 (2)

唯一、入れなかった「一休庵」。

DSC02592 (2)

帰りはあてもなくドライブ。

途中にあった琉球ガラス村に立ち寄ってみました。
黄色いポスト。
使っているみたいデス。

DSC02594 (2)

ポストの側にガラス工房があり、体験教室なども行っております。

DSC02596 (2)

沖縄糸満工房で作られた赤唐辛子の箸置きを購入しました。
(グラスも購入したのですが、My グラスとして「美せき」にて保管)

ココのお店は、沖縄製かベトナム製か、ちゃんとシールが貼られております。

DSC00485 (2)

「クラフ陶スタジオ ケイ・ズ」でも、ブルーの箸置きを購入。

DSC00488 (2)

箸、スプーン、ナイフ、フォークまで置けるのでとっても便利。
以前買った箸置きと共に、ホーム・パーティーで使おうと思っております♪

DSC02512 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


百名伽藍連泊2日目の夕食、クリスマスの夜デス。

先附は冬瓜山掛け、ドゥル天、白烏賊の胡麻酢和え。

DSC02518 (2)

前菜盛り合わせ。

DSC02519 (2)

お造り。

DSC02522 (2)

ゴーヤーチャンプルー。
(これだけは、アツアツで美味しかった♪)

DSC02523 (2)

メインの活海老の素焼き、あぐーロースステーキ。
(コレも、ぬるくて一口だけ戴きました。。。)

DSC02527 (2)

帆立の土佐酢掛け。

DSC02532 (2)

ご飯とけんちん汁。

DSC02537 (2)

デザート。

DSC02544 (2)

ナンだろう。
2日間とも、誰のせいなのかわかりませんが(調理人かホール係か)ほとんどのお料理がぬるいのデス。
(前日の石焼きフィレステーキはさすがに石焼きなので大丈夫)

冷たいものも冷たくなく、熱いものもぬるい。
ぬるいせいなのか、出しの味がしなくて、汁物はお湯のようでした。
スタッフの方々も露天風呂もステキなのに、お料理だけが残念なホテルでした。

DSC02419 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


百名伽藍の朝食です。

DSC02425 (2)

朝食後に入った露天風呂は「円空庵」。

DSC02428 (2)

コチラのお風呂は屋根がありますので、急な雨でも大丈夫。
(そうでもナイか。。。)

DSC02431 (2)

それぞれの庵に付けられた名前の主のプロフィールが飾ってあります。

DSC02436 (2)

トイレや備品などは、同じです。

DSC02433 (2)

お部屋のお掃除をして頂く間、奥武島に行ってみました。
そう、あの行列のできる天ぷら屋さんがある島デス。

生アーサの天ぷらを食べたかったのですが、以前行った中本鮮魚店は大行列!
他の天ぷら屋さんはお休み!

……ってコトで、天ぷらは諦めて、島内観光を致しました。
島からは、百名伽藍が見えます。

DSC02447 (2)

竜宮神、という案内板があったので行ってみました。

DSC02449 (2)

亀の甲羅がありました。
(さすが、竜宮デス!)

DSC02451 (2)

変わった形の岩がそびえ立っております。

DSC02455 (2)

西の御嶽の案内板方面にも行ってみました。

DSC02460 (2)

ハブに注意しながら。。。💦

DSC02463 (2)

ココでしょうか?

DSC02461 (2)

御神木のような木がスゴイです。

DSC02462 (2)

そして、この後、お腹が空いたので、山の茶屋に行ったのであります。

ホテルに戻り、疲れたので貸切風呂を予約。
「西行庵」に案内されました。

DSC02501 (2)

西行法師のプロフィール。

DSC02503 (2)

コチラも屋根付きのお風呂です。

どのお風呂も張ってあるお湯が少ないので、足してから入ります。

DSC02505 (2)

開放的な景色はこんな感じ。

DSC02508 (2)

夕食後は「利休庵」。

DSC02546 (2)

利休さんのプロフィール。

DSC02547 (2)

ウ~ン、夜は気兼ねなく身体が洗えるけど、暗い。。。

DSC02552 (2)

この日は、3庵の露天風呂を満喫致しました♪

DSC02402 (3)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


さて、クリスマスらしさが全くナイ百名伽藍、クリスマスイブの夕餉です。

お食事はレストランに行くのですが、このレストランはお忍びで宿泊する方には不向きです。

例えば、おひとり様の若い男性客を見れば、クリスマスに2連泊の予約をしたのに振られちゃったのかしら? などと噂しちゃうようなプライベート感ゼロなレストランとなっております。

DSC02383 (2)

この日の御献立。

DSC02385 (2)

先附と珍味。

DSC02386 (2)

豆腐ようが苦手な人のためには、違うものを用意してくれます。

DSC02389 (2)

前菜。

DSC02392 (2)

小椀。

DSC02393 (2)

お造りには、活海老とミーバイ。

DSC02395 (2)

サラダ。

DSC02397 (2)

焼物は久米島石焼きフィレステーキ。

DSC02401 (2)

酢の物は牡蠣のソテー。

DSC02404 (2)

ご飯とあばさー久米島味噌仕立て。

DSC02407 (2)

デザート。

DSC02408 (2)

2人連れの女性客から「キャ~」と歓声が上がっていたデザート盛り合わせ。

DSC02412 (2)

JUNOめ、記念撮影のために並べてみました♪

DSC02366 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


百名伽藍には「方丈庵」という貸切露天風呂があり、初日に入ったのが「良寛庵」。

お風呂を予約すると、案内のスタッフさんがお部屋まで迎えに来てくれます。

エレベーターで最上階に行くと、お茶室のような趣の建物が6棟。

DSC02364 (2)

開放的な縁側から入り、手前に4畳半ほどの小部屋があり、奥に海を眺めながら浸かれる露天風呂があります。

DSC02368 (2)

ペットボトルの水にコップ、バスローブや枕まで備えられていて、宿泊客は時間制限なしにこのスペースを使うことが出来ます。

DSC02369 (2)

露天風呂から入れるトイレもあり、歯ブラシやシャワーキャップなども備えておりますが、ココにも基礎化粧品はありません。
でも、フロントに電話を掛ければ持って来てくれます。

DSC02372 (2)

青い空に沖縄らしい建物が良く映えます。

DSC02374 (2)

眺めはこんな感じ。
開放的!

DSC02376 (2)

開放的💦

DSC02377 (2)

新原ビーチから出発するグラスボートが気になるので、立ったまま身体を洗うことが出来ません💦

DSC02373 (2)

出来れば、シャワーブースは別にあった方がウレシイ。
夏になると、ビーチに人がいっぱいになるよネ。。。

DSC02379 (2)

でも、このあと大雨になったので、早く入っておいてヨカッタ♪

DSC02340 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


先日、山の茶屋の御紹介の時にチラッとお話しいたしました百名伽藍
(ところで、近くにある宮本亜門邸は売却できたのかしら? お屋敷の目の前が浜辺の茶屋に行く人たちのレンタカー駐車スペースになっているケド?)

DSC02447 (2)

クリスマスに2連泊したのですが、クリスマスらしさは全くなかったので、ちょっとその点では失敗💦
(禅の世界を感じるホテルにムリな注文でしたが、伽藍ウエディングはあるのに~)

宿泊客用駐車場に入ると、直ぐにスタッフの方がお出迎え。

DSC02499 (3)

フロントまで案内して頂きました。

DSC02341 (2)

海が見える開放的な空間でチェックインの手続き。

DSC02338 (2)

ウチから意外に近かったので20分ほど早く到着してしまい、お部屋は14時~入れるとのことでBARで飲んで待とうと思ったらBARがナイ💦

しかし、この場所でアルコールを提供可能とのことで、赤ワインを注文したら、マックスバリューでも売っているワインだった。

DSC02343 (2)

お部屋は、きっちり14時に御案内。

今回、宿泊するエグゼクティブスイートは1番安いお部屋で、1人1泊2食付き税別50,000円(2名利用の場合)。

このホテルは珍しくキャンセル料が14日前から課金されますので、ご注意を。

DSC02354 (2)

お部屋からの景色。

DSC02348 (2)

テラスの横のお風呂は、海を眺めながら入浴出来ますが、滞在中結局1回しか入らなかった💦
ナゼかと言うと、貸切露天風呂に5回も入ったからダ。

DSC02363 (2)

洗面所は広々。
タオルも多く備えてあって快適。

DSC02351 (2)

アメニティーグッズ。
基礎化粧品は備えていないので、フロントに言えば持って来てくれます。

DSC02362 (2)

トイレは独立しておりますが、お風呂の側ではないので、ちょっと不便。
ウォシュレットの操作パネルがドアに付いているの。。。ナンで?

DSC02356 (2)

冷蔵庫内は、水以外有料です。

DSC02361 (2)

この金額だと、冷蔵庫内は無料だと思っていたので、お酒飲みには、ちょっと残念。
蔵群がメッチャ安く思えてきた💦)

DSC02188 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


JUNOレシピが「チーズ鍋」の人気検索で1位になったお知らせです!

クックパッド

あなたのレシピが
「チーズ鍋」の人気検索で1位になりました

写真

白菜と豚肉のチーズクリーム鍋

検索結果を見る»

201818日時点でのお知らせです。 

Copyright(c) Cookpad Inc. All rights reserved.


このレシピは以前にもトップ10入りをしました。


ブログ記事はコチラ
↓↓↓
☆白菜と豚肉のチーズクリーム鍋☆

DSC02182 (2)

1位でいられるのは、今日だけかも~💦
参考にして頂けたら幸せデス♪

DSC02331 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ANAプレミアムクラスの機内食第3弾って、いつまで、続けるのかこの企画(?)
結構、読まれる方が多いので(笑)

その前に、ANA『STAR WARSプロジェクト』を始動!

DSC02324 (2)

……ってコトで、STAR WARSが飛ぶのダ!
(あのテーマ曲が頭の中に流れてくる~♪)

DSC02325 (2)

そう、ご覧のように乗っているワケではナイ💦

DSC02328 (2)

そして、この日の軽食はこんな感じ。

マッシュルームとチキンのオープンサンド
ビーフメンチカツと野菜のサンドイッチ
揚げ茄子とポークの胡麻サラダ
スモークサーモントラウト  コルニッションとオリーブ
リンゴ、キウイフルーツ、グレープフルーツ

ところで、この布製ナプキンにはボタンホールが付いております。
間違って穴を開けちゃったのではありません。

DSC02333 (2)

このように、豚のアクセサリーを出すものでもありません。

DSC02607 (2)

そう、シャツのボタンに掛けて使うものなのデス。
(ちなみに、ヒゲ博士のシャツはパイカジのONE PIECEのアロハシャツ)

DSC02334 (2)

そして、羽田行きの夕食。

DSC02604 (2)

煮しめ
蛸と胡瓜の和え物
鯖南蛮漬け
じゃが芋と豚肉の煎り煮
銀鰈西京漬け、はじかみ
焼椎茸浸し、大根酢漬け
人参ゆかりご飯
味噌汁

今回も、啐啄 (ちそう そったく)とのコラボでした♪

DSC02482 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昨年のクリスマスは、南城市にある百名伽藍に2泊したのですが、近くにある浜辺の茶屋でボヤッとしようと思ったら、月曜日は14時オープンとのコトで開店待ちのイロイロな国籍の人々でイッパイ💦

以前はガラガラだったのに、ビックリです。
コレもトリップアドバイザーなどの口コミの影響力でしょうね。

ちょっとガッカリしながら、営業中だと書いてある山の茶屋・楽水へ行ってみることにしました。

しかし、行く前に立ちはだかる階段。
そして、ひるんでしまう原因がコレ↓↓↓

DSC02490 (2)

杖が必要なの!?
九份か!?

「イヤだよ、浜辺の茶屋、もう直ぐオープンするよ~」とブツブツ言うヒゲ博士に杖を持たせ、階段を上り始めて中ほどで後悔。。。

しかし、戻るのも悔しいので、フ~フ~言いながら到着。
※普通の体力の方なら大丈夫デス💦

DSC02466 (2)

吹き抜けの2階席に案内されました。

すると壁が岩!?

DSC02467 (2)

雨降ったらどうなるの?

DSC02483 (2)

浜辺の茶屋みたいに海を眺める席が人気みたいですが、掘り炬燵席にはなっていないので、我々はテーブル席へ。

DSC02481 (2)

海はこんな感じ。

DSC02470 (2)

茶屋なのに、JUNOめはビール。
ヒゲ博士は階段で疲れ切ってアルコールも飲めず。。。

三種のチーズピザに蜂蜜をたっぷり掛けて食べておりました。

DSC02478 (2)

外に出てみるとテラス席もあり、緑に囲まれて気持ちが良い空間です。

DSC02485 (2)

1階の奥にもテーブル席があり、ココも落ち着ける感じです。

DSC02486 (2)

その奥にはピザ窯。
茶屋にピザ窯があるとは驚き!
(もっと、ピザの種類を増やせばイイのに~)

DSC02487 (2)

外のお庭もちょっと散策。

DSC02492 (2)

下りる時には、気持ちに余裕も出てきて、お花や蝶々なども観賞。

DSC02494 (2)

蝶々がイッパイ♪

DSC02493 (2)

健脚力のある方にオススメなお店でした💦

DSC00438 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ボウリング大会で頂きましたぁ~!
BRUNO ブルーノ コンパクトホットプレート !
(もちろん、ヒゲ博士がGet!)

丁度イイ、サイズ。

今話題のプリンセス テーブルグリルピュア ホットプレートと迷ったのですが(イヤ、迷うほどの順位ではナイ💦)、先に取られちゃいました。。。

……ってコトで初☆焼肉☆デス。

DSC00432 (1)

お肉はド~ンとA5ランク博多和牛ヒレステーキを贅沢にも焼肉用にカット。

DSC00433 (2)

……の前にタマネギ焼き焼き。

DSC00434 (1)

結構、電気の割には火力(?)良し。

DSC00435 (1)

目玉焼きが、すんごくキレイに焼けます。
しかも、早い!

DSC00436 (2)

朝食に、こんな感じで焼いたら楽しいかも。

DSC00437 (1)

もちろん、お肉も美味しくジュワ~~~♪

DSC00443 (1)

まずは、ネギ塩だれで!

DSC00440 (1)

次は、ニンニク+粒マスタード+目玉焼きのトロリ黄身を付けて!
(ニンニクもホットプレートで焼きました!=ヒゲ博士が。。。)

DSC00441 (1)

ウ、ウンマイ!!!

DSC00442 (1)

以上、2人でBRUNO焼肉パーティーでした♪

DSC00428 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ハイ! JUNOの勝手にモニターレシピのお時間デス!

先日、レシピブログの特別サイト「スパイスブログ」の「スパイス活用大作戦」で当選致しましたGABANシーズニングの中から、サブジ

product_new_03_02[1]

サブジ、好きなのデス。
各種スパイスを組み合わせて作っても良いのですが、1袋で味付けOKなのでラクチン♪

以前、ハウス スパイスクッキングでも頂いて、作ったレシピがコレ。
↓↓↓
☆セロリとソーセージのマヨ炒めサブジ☆

しかし、ハウス スパイスクッキングシリーズの中から消えてしまい、ガッカリしていたのですが、GABANシーズニングにて復活!

とっても簡単でスパイシーな野菜炒めが出来ました♪

もちろん、賞味期限切れ間近だったから入れてしまったソーセージは抜きにして、野菜のみで作ってOKデス。


☆キャベツとポテトとソーセージのサブジ☆レシピ

<材料:2人分>
 キャベツ(ざく切り)…3~4枚
 じゃがいも(1cmくらいの角切り)…1個
 ソーセージ(輪切り)…7本
 オリーブオイル…大さじ1
 GABANシーズニング<サブジ>…1袋

<作り方>
1)フライパンにオイルを引き、中火でじゃがいもを炒め、キャベツ、ソーセージも加えて炒め、サブジ1袋を振り掛けて混ぜ合わせます。

DSC00422 (2)

2)蓋をして、弱火で5~8分くらい蒸し煮にします。

3)じゃがいもがやわらかくなったら、お皿に盛り付けて完成!

DSC00429 (2)

DSC_0342 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ナゼか、千葉県南房総市千倉町にある温泉旅館での年越し。

ホントはこんなに遠くに来るハズじゃなかったのですが、12月31日に1泊しようと思い立った時すでに遅し。

もちろん、ネット検索してもドコも満室で「千葉ならドコでもイイよ」などと言われても方向音痴なJUNOめ、1月1日に行く予定の目的地とは遥かに離れたお宿を予約してしまいました💦

お部屋にはおひとり様用の小さい露天風呂があり、波荒い冬の海を眺めながら入るコトが出来ますが、まずは大浴場へ。

DSC_0351 (2)

お夕食は、今時珍しいお部屋食。
年越しそば付きデス。
(ドド~ンといっぺんに出されちゃう。。。)

DSC_0326 (2)

翌朝はレストランで冷酒付きの朝御飯。
お正月らしいお膳デス。

DSC_0343 (2)

快晴の九十九里有料道路をドライブ♪
風が強く波が高い中、サーファーたちを眺めながらのぐるり千葉の旅。

DSC_0359 (2)

目的地まで行くのに自宅からよりも時間が倍も掛かってしまった、意味のない旅行となってしまいました💦

DSC_0345 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


先日、パスポートの申請のために有楽町へ。
ついでに以前から行ってみたかった「うしごろ」銀座店で夕食。

国産黒毛和牛A5ランクのみを使用している焼肉屋さんです。

スタッフの方々が明るくてとても感じの良い方ばかりなので、オススメを聞いて注文してみました。

まずは、極みのタンしゃぶ。

DSC_0335 (2)

タンをしゃぶしゃぶするのかと思っていたら、薄切りのタンのコト。

DSC_0337 (2)

おろしポン酢と塩昆布を巻いて戴きます。

DSC_0339 (2)

シャトーブリアンを注文しようと思ったら、品切れとのことで、代わりに上ヒレ。

DSC_0340 (2)

1枚目はスタッフの方が焼いてくれます。
2枚目はヒゲ博士~だから、こんな焼き方💦

DSC_0342 (2)

このヒレ肉が、やわらかくてとっても美味しいの。

DSC_0344 (2)

次はザブトンのすき焼き。

沖縄のROINSの焼すきみたいに卵黄とご飯が付いてきます。

DSC_0346 (2)

美味しいに決まっている!

2017-12-28-17-48-41 (2)

赤身のうちもも。

DSC_0350 (2)

ヒゲ博士は上ヒレを2枚追加。
このお店はお肉を枚数でも注文出来ます。

DSC_0356 (2)

〆にはテグタン麺。
1人前を注文したら、ちゃんと2つに分けて持って来てくれました。

コレが結構、辛~い💦

DSC_0358 (2)

2人とも大満足♪
また、行きたいお店デス。


焼肉 うしごろ 銀座店
焼肉 うしごろ 銀座店
ジャンル:焼肉
アクセス:地下鉄有楽町線銀座一丁目駅 6番出口 徒歩2分
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-6-6(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 銀座×焼肉
情報掲載日:2017年12月31日

DSC00417 (3)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


スパイスをテーマにしたレシピブログの特別サイト「スパイスブログ」の「スパイス活用大作戦」に参加して、「GABANシーズニング マー油(黒・赤)5点セット」が当選致しました!

DSC02609 (2)
 
"当選"ですので、モニター品ではありません。
(でも、勝手にモニターしちゃうと思います)

全108件の中から「抽選で5名にプレゼント」が当たっちゃうってスゴクない!?
(まだまだ、くじ運だけは残っていた?)

投稿したレシピはコチラ
↓↓↓
☆ビーフカツレツ~3種のキノコのトマトペッパーソース~☆

※レシピが受賞したワケではナイ💦


ところで、最近、多いでしょ?
まぐろ料理。

実はコレもふるさと納税の返礼品。

今、気付いたのですが、
まぐろパーティー!【まぐろ尽くしのホームパーティー:その1】
……って、その2もその3もナイじゃん!?

創味シャンタンねぎま鍋パーティーを2回目に行ってはいたのですが、先にレシピを載せちゃったモンだから、写真を撮らなかったのね。。。

……で、立ち消え。。。

本日は、そんなまぐろで超簡単なおつまみデス♪



☆漬けまぐろと長いものとろとろ和え☆レシピ

<材料:3人分>
 まぐろ(赤身)…1さく
 長いも…200g
 わさび…少々
 黒ごま…少々

【漬け汁】
 日本酒…50cc
 めんつゆ(希釈用を薄めずに)…10cc
 醤油…40cc

<作り方>
1)日本酒を小鍋に入れて煮切ります。
2)冷めた日本酒とめんつゆと醤油をジップロックなどに入れ、まぐろをさくのまま入れて漬けます。
3)漬かったら細く切り、皮を剥いて細切りにした長いも、わさび、漬け汁少々を加えて混ぜ合わせます。

DSC00412 (2)

4)器に盛り付けて完成!

DSC00418 (1)

2017-12-23-19-26-18 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


「美味しいボンゴレ・ビアンコが食べたい!」

出ました!
沖縄で東京のお店を思いながら無理難題言うパターンのヒゲ博士。

多分コレはレストラン キャンティボンゴレ・ビアンコを思い描いているのでありましょう。

そこで、いつものようにネットで検索する健気なJUNO。。。
しかし、中々美味しそうなボンゴレ・ビアンコのお写真を掲載されているお店が見当たりませぬ💦

"美味しい"が絶対条件でありますから、ね。
ナンでもいいからボンゴレ・ビアンコではないのであります。

やっぱり、近所でボンゴレ・ビアンコがオススメのお店はなかったので、以前にもちょこっと行ったことのあるオーシャン グッド テーブルのペスカトーレ・ビアンコで妥協した様子。

このお店のウリは生牡蠣だから、行く目的がちょっと(大分?)ずれております。

DSC_0279 (2)

ちゃんと立つと頭をぶつけてしまう天井の低い中2階に案内されました。
この席は初めてデス。

DSC_0280 (2)

メニューの中から「圧倒的コスパワイン。」と銘打ってある白ワインを注文。

2017-12-23-18-58-38 (2)

お通しのシュークリームのシューのようなパンとHappy Hour Dishes(ALL500yen)の中から選んだ自家製ローストビーフ。

DSC_0288 (2)

……と、ペンネアラビアータのチーズ焼き。

DSC_0293 (2)

赤海老のカリカリ海老パンは、ちょっとイメージが違ってた💦
Chill Out海老すり身揚げパンみたいな感じを想像してたケド。。。

DSC_0289 (2)

牡蠣のエスカルゴ風バター焼き。

DSC_0290 (2)

そして、ペスカトーレ・ビアンコ。

DSC_0296 (2)

やっぱり、ボンゴレ・ビアンコが食べたかったようで……。

DSC01596 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


レシピブログさまのお料理にまつわる様々なトピックスを紹介する“くらしのアンテナ”のコーナーにて☆サーモンとホタテのブルーチーズ・タルタル☆を紹介して頂きました!

▼掲載記事
ブルーチーズがクセになる♪家飲みで作りたいおつまみレシピ

『サーモンとホタテ、さらにカニまで入ったぜいたくなタルタルです。材料を刻んで混ぜるだけなので、手順は簡単♪』と紹介して頂きました。

☆サーモンとホタテのブルーチーズ・タルタル☆

☆サーモンとホタテのブルーチーズ・タルタル☆

JUNOさん

オトコを幸せにするタルタル~ブルーチーズバージョンです。
レシピブログ

ブログ記事はコチラ↓
「ワインを楽しむこんだてコンテスト」優秀賞受賞!【こんだてnote】

このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となった記事のため、未だ復活させておりませんので、レシピブログでレシピはご参照ください。

DSC01595 (2)

おヒマな時に御覧くださいマセ♪

DSC02405 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


骨付き鶏もも肉の季節ですネ!
(ウン、クリスマスが近いから)

骨付き鶏肉が好きなのですが、ネットスーパーですと中々購入出来ません。

今ぐらいの時期になると登場してきます。
でも、購入すると大体☆骨付き鶏もも肉焼きカレー☆を作ってしまう。。。

しかし今回は、今年もクリスマスパーティー頑張るゾッ!って方のために、簡単に出来て美味しいオススメ・レシピ第2弾!

第1弾はコチラ
↓↓↓
☆バジル入りハムのスプレッドトースト☆


本日は、ハウススパイスクッキング<鶏肉のトマト煮(カチャトーラ)>を使った鶏もも肉のレシピ♪

幾つものスパイスを買っても使いきれないナ、て思う方にオススメです。



☆若鶏骨付きもも肉のトマト煮込み~炙りパルミジャーノ~☆レシピ

<材料:2人分>
 若鶏骨付きもも肉…2本
 あらびきガーリック…少々
 粗塩…小さじ2
 ブラックペッパー…少々
 オリーブオイル…大さじ1
 タマネギ(スライス)…1/2個
 しめじ(小房に分ける)…1/2株
 ナス(5mm幅くらいの輪切り)…1本
 ピーマン(乱切り)…2個
 ホールトマト(崩して芯を取る)…1缶400g
 白ワイン…150cc
 水…100cc
 ハウススパイスクッキング<鶏肉のトマト煮(カチャトーラ)>…1袋
 ローリエ…1枚
 パルミジャーノ・レッジャーノ…大さじ2

<作り方>
1)鶏肉は余分な筋を取り、骨の周りに数ヵ所包丁を入れて、皮部分にも数本の切り込みを入れ、ガーリック、粗塩、ブラックペッパーで下味を付け30分置いておきます。

DSC02382 (2)

2)深めのフライパンにオイルを引き、タマネギを水分がなくなるまで炒めてから、

DSC02384 (500x332)

他の野菜を加えて炒めます。

DSC02385 (500x332)

3)ホールトマト、白ワイン、水、スパイスクッキング1袋、ローリエも加えて煮込みます。

DSC02386 (500x332)

4)別のフライパンにオイル(材料外)を引き、鶏肉を焼きます。

DSC02389 (500x332)

5)トマトソースの中に焼き色が付いた鶏肉を入れ、1時間くらい煮込みます。

DSC02390 (500x332)

6)お皿に盛り付けて、パルミジャーノを振り掛け、バーナーで炙ります。

DSC02392 (500x332)

※バーナーがない場合は、オーブンなどで焼き色を付けてください。

DSC02401 (2)

Happy holidays!

DSC02408 (2)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年11月19日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

2017-12-20-12-13-08 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


以前から行きたかった脇屋友詞氏のトゥーランドット臥龍居。

同じビルの3FにありますWakiya迎賓茶樓に行って来ました。

DSC_0289 (2)

個室だけのレストランです。

様々なタイプのお部屋があるようなのですが、案内して頂いたのはこのお部屋です。
ゆったり、広々寛げます。

DSC_0283 (2)

それでは、13,000円のランチコースの御紹介!

海の幸山の幸いろいろオードブルに続き、本日の一品は揚げ白子の小鉢でした。 

あつあつ点心の盛り合わせは、海老餃子とニラ入り海老餃子、小籠包の3品。
ホントにあつあつ!

2017-12-20-12-37-13 (2)

オマール海老と手羽先の海老味噌風味 ヒーヒーアーヒー♪
(コレ、「ゴチになります!」にも出ていたメニューですね)

ホントにヒーヒーアーヒー!

2017-12-20-12-46-57 (3)

フカヒレの上海風煮込みは炊き立て土鍋ご飯付き。

濃厚なスープはコラーゲンたっぷり。

2017-12-20-13-16-07 (2)

お食事は3種類から選べます。
(3種類全て食べてもOK!)

タンタンメンは辣香と豆乳の2種類。
JUNOは豆乳。
(海老名にあった「上海DOLL BY WAKIYA」で食べていた白ごまが良かったナッ)

2017-12-20-13-30-33 (2)

カレーライスもあります(笑)
普通のカレーにラー油を加えたもの。。。
(本日のまかない!?)

2017-12-20-13-36-21 (2)

凍頂烏龍茶と共に出されたデザートはマンゴープリンと杏仁豆腐。

2017-12-20-14-00-50 (2)

1Fにはテラス席もあり、簡単に飲食出来るスペースになっています。
会社員のランチタイムなどにイイですね。
(寒いので、この日は誰もイナイ。。。)

DSC_0287 (2)

スタッフの方々もとても丁寧で礼儀正しくて、楽しい会食になりました♪

DSC_0267 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ANAプレミアムクラスの機内食がグレードアップ! の第2弾!

行きの羽田→沖縄便の軽食は、ちょいボリュームダウン?

まあ、軽食ですから。

DSC_0333 (2)

沖縄発の夕食は、前回と同じ馳走 啐啄 (ちそう そったく)とのコラボ。

この日のメニューは、
合鴨スモーク、ほうれん草湯葉巻き
スモークサーモン、厚焼玉子、帆立真丈
海老、黒豆
くらげと胡瓜の胡麻酢和え
里芋旨煮 蟹餡かけ
蓮根と鶏肉と蒟蒻の煎り煮
銀鰈煮付け
焼豆腐、牛蒡、隠元、人参
穴子ご飯
味噌汁(お豆腐とわかめ)

しかし、今回は半分も食べられず。。。
(飲み過ぎのせい!?)

残りは、ヒゲ博士のお腹の中へ~♪
(アレッ? 残りものはもう食べないゾ!って誓っていたのに!?)

DSC01343 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


♪クリスマスが今年もやって来る~♪

クリスマスが近付いてくると、毎年カラオケで歌うJUNOの定番ソングデス。

ケンタッキーフライドチキンのCMでもお馴染みですネ。

そして今年も、

♪近づいている 冬の足音
耳を澄ませば 聞こえる鈴の音……♪

……ってコトで、おうちパーティーにもオススメなレシピ。

過去のクリスマスの様子はコチラ。
↓↓↓
☆クリスマス・メニュー2009☆
☆クリスマス・メニュー2010☆
☆クリスマス・メニュー2011 in 沖縄☆
☆沖縄 de クリスマス・パーティー2012☆
クリスマス・メニュー2016【作り方のリンク付き】

おうちパーティーを始めた頃は、頑張って作っていたのね。。。
この頃は、簡単なモノしか作らなくなってしまったワッ。

今年はさらに頑張らずに、沖縄のホテル de クリスマス♪(´艸`*)


しかし、今年もパーティー頑張るゾッ!って方のために、簡単に出来て美味しいオススメなフィンガーフードのレシピを御紹介。

自家製バジルを入れて作ったハムのスプレッドを載せて焼いたトーストです♪



☆バジル入りハムのスプレッドトースト☆レシピ

<材料:2人分>
【スプレッド】
 バジルの葉…20枚
 ハム…150g
 パルミジャーノレッジャーノ…大さじ2
 オリーブオイル…大さじ1
 すりおろしニンニク…小さじ1
 マヨネーズ…大さじ1

 バター…適量
 パン…6~8切れ

 <作り方>
1)スプレッドの材料をチョッパー等に入れて撹拌します。

DSC01338 (2)

ガァ~!

DSC01339 (2)

2)1cmくらいの厚さに切ったパンにバターを塗り、ハムのスプレッドを載せます。

DSC01341 (2)

3)200℃のオーブントースターで3~4分焼けば完成!

DSC01342 (2)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年9月16日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC_0289 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


鉄板焼ステーキレストラン 碧 東町本店へ久し振りに行きました。

日曜難民にならないように、20時でもOK!と予約して、ちょこっとだけ残っていた泡盛のボトルを出してもらい、女子2人はテンダーロインステーキコース、ヒゲ博士はテンダーロインステーキと久米島車海老2尾コースを注文。

ステーキ肉を先に2枚焼いてもらい3人で分けたら、もうお肉イイヤ。。。って感じになってしまったので、残った1枚を豪勢にガーリックライスに加えてもらいました。

※今回はコース料理の写真はありませんので、見たい方はコチラ。
 ↓↓↓
鉄板焼ステーキレストラン 碧 東町本店

DSC_0278 (2)

お肉ゴロゴロ~♪

DSC_0281 (2)

お焦げも作ってくれてウレシイ!

DSC_0284 (2)

お茶碗に盛り付け、お焦げを上に載せます。

DSC_0285 (2)

完成!

DSC_0287 (2)

美味しいヨ!
クセになるヨ!
やばいヨ!
(作ってくれた店長さんも思わず「美味しそう!食べた~い!」)

DSC_0291 (2)

完食~♪

DSC_0293 (2)

ウチでも作ってもらおうッと!

DSC00071 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


旬の長いも。

長いもそうめん、以前のレシピ。
↓↓↓
☆長いもそうめん☆
☆納豆長いもそうめん~フワトロvsフツウ☆

ウ~ン、どれも美味しそう!(と、自分で言う。。。)

長いもレシピは結構、多い。

コレ、オススメ!
↓↓↓
☆長いものごま葱サラダ☆

超カンタン!
長いもを持て余したらコレ。

クックパッドの「長芋サラダ」の人気検索でトップ10に入ったコトもあります。


そして本日は、キュウリと蟹かまトッピングで簡単に、 ツルツルッと爽やかな喉越しのたっぷりおかかを掛けた昆布〆長いもそうめん。

冬の乾燥した喉を潤す一品デス♪



☆昆布〆長いもそうめん☆レシピ

 <材料:2人分>
 昆布…3枚
 日本酒…大さじ2
 長いも…1/2本
 キュウリ(細切り)…1/2本
 蟹かま…4本
 めんつゆ…200cc
 生姜(すりおろす)…1片
 削り鰹節…適量

 <作り方>
1)昆布を拭いて長めの容器に敷き、日本酒を振ります。
(今回は湯豆腐昆布を水で戻して使用しておりますが、普通の昆布でもOK!)

2)皮を剥いて細千切り用カッター等で、なるべく長いまま細く長いもを切ります。

DSC00015 (2)

3)長いもを昆布の上に平らに敷き、その上に昆布を載せて酒を振り掛け、さらに長いもを載せ、昆布を被せて酒を振り、蓋をして冷蔵庫に1晩寝かせます。

DSC00017 (2)

4)器に長いもそうめんを入れ、キュウリを盛り付け、蟹かまを細く裂いて長いもの上に載せ、生姜も載せます。

DSC00065 (2)

5)めんつゆ(今回は素麺つゆ)を注ぎ、最後にたっぷりとおかかを載せれば完成!

DSC00070 (2)

お酒のおつまみにもなる粋な一品です♪

DSC00083 (2)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年6月20日に公開したレシピを写真と共に復活させました。