JUNO cuisine

☆★☆JUNOオリジナルレシピとお勧め飲食店&ステキなお宿を御紹介致します☆★☆

DSC02212 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


超大型で非常に強い台風第21号、本州直撃のおそれがあるそうですが、沖縄は無事ですか~?

台風がくる時、沖縄は居ても居なくても不安。。。
何しろ、風が強くて何かが飛んで来たり、木が倒れていたり。。。
バナナの木は、今年もダメかな~💦


さて本日のレシピも「茅乃舎だし」を使ったお鍋です。

【鍋を愛する1週間】レシピ

1日目…☆カムジャタン風キムチ鍋☆

2日目…☆韓国風水炊き:タッハンマリ☆

3日目…☆味噌煮込みうどん☆

4日目…☆白菜と豚肉のチーズクリーム鍋☆

そして、5日目はレンコンの食感を楽しむフワフワな肉団子入りのお鍋デス♪



☆レンコン肉団子鍋☆レシピ

<材料:4人分>
【レンコン肉団子】
 レンコン(皮を剥く)…280g
 豚小間切れ肉…200g
 タマネギ(微塵切り)…小1個
 卵…1個
 すりおろし生姜…小さじ1
 三温糖…大さじ1
 日本酒…大さじ1
 醤油…大さじ1
 片栗粉…大さじ3

 水…1,000cc
 日本酒…100cc
「茅乃舎だし」…2袋
 白菜(2cmくらいの幅に切る)…400g
 しめじ(小房に分ける)…1/4株
 長ネギ(斜め切り)…1本
 絹ごし豆腐(1/4カット)…120g
 醤油…大さじ2

<作り方>
1)水、日本酒、出汁袋を鍋に入れ、蓋をして沸騰してから2分煮出します。

DSC02202 (500x332)

2)レンコンの2/3をチョッパー等で細かくし、1/3を包丁で食感が残るくらいの大きさに切ります。

DSC02204 (500x332)

3)肉団子を作ります。
ボウルにタマネギ、レンコン、チョッパーでミンチにした豚肉、出汁を取ったあとの出汁袋の中身と他の材料を加えます。

DSC02206 (500x332)

手で良く捏ねます。

DSC02207 (500x332)

4)中火に掛けた出し汁の鍋の中へ、スプーン2本で丸めながら肉団子を落として行き、アクを取りながら火が通るまで煮ます。

DSC02209 (500x332)

5)野菜類と醤油を加え、卓上コンロで煮込めば完成!

DSC02210 (3)

お好みで、酢だちや一味唐辛子などを加えてお召し上がりください。

DSC02220 (2)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年11月6日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC00202 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


20日の夜は、珍しくすごく楽しそうに水槽の中をグルグルと泳ぎ回っていたミドリフグ(大)。
その日の昼間は、(大)用のエサを入れると直ぐにパクパク食べていました。

いつもは夕食のエサを入れてから消灯するのですが、この日はあんまり楽しそうだったから深夜まで電気を点けていました。

DSC00230 (2)

時々、ミドリフグ(小)も参加して泳いでいたので、面白いから写真を撮ったり、ビデオ撮影もしたりしていたのですが、いつもだと逃げてしまう(大)が「撮って!撮って!」と言っているみたいにずっと同じようにグルグル、グルグル。

DSC00234 (2)

その内、コチラが眠くなってきたので消灯しました。

朝、起きたら水槽の手前端っこに仰向けに横たわってゼイゼイしていました。
とっても苦しそうに、でも頑張っていました。

泳ぎ回って疲れて寝転んでいたのではナイことは明白で、いつも隠れているテーブルサンゴの下ではなく、(小)たちのエサ場で倒れていました。

その内、少しづつ、少しづつ動いて、水槽の2/3ほど移動して息絶えました。

やっぱり、遺影を撮って欲しかったのかな。。。
こうして見ると、おじいちゃんって感じですね。
(オスかメスか分からないケド……)

DSC00220 (2)

最後まで(大)のままで、名前も付けてあげなくてゴメンネ。
(小)を仲間に加えたことで、(中)も(大)も逝っちゃったのかな。

9年くらい生きていたから寿命だよ、とヒゲ博士は言うけれど……。

ミドリフグは自然下で体長約15cm位、飼育下で7~10cm位まで成長するといわれているらしいのですが、横たわって動かなくなってしまった(大)の体長を測ると15cm位でした。
スゴイ!?

コンゴーフグよりも人懐っこくなくて、いつも珊瑚の陰に隠れていて、エサも消灯してから食べていたみたいで、全然可愛くなかったケド、やっぱり居なくなると哀しい。。。

幸せだったかなぁ。。。

DSC02188 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


フグ三兄弟。
(兄弟かどうか知らないケド。。。)

DSC_0220 (2)

可愛く見えるでしょ?

最初はナニしてんだろ~?って思っていたのだけど、自分たちのエサ場を確保しているみたい。
お腹イッパイになっても、他のフグに食べられないように見張っているの。
ウ~、(`□´)コラッ!

三匹だけ仲良しで、手前に大きく写っているフグは別行動。
(大きさは、ほぼ一緒)

DSC_0221 (2)

ミドリフグの上下関係については、既にお話ししましたが今回のはちょっとヒドイ。

人間社会もフグ社会も生き抜くためには大変なのですね。
そして、ミドリ(大)が危篤状態、であります。゜゜(´□`。)°゜。


さて、本日のレシピも引き続きお鍋です。

【鍋を愛する1週間】レシピ

1日目…☆カムジャタン風キムチ鍋☆

2日目…☆韓国風水炊き:タッハンマリ☆

3日目…☆味噌煮込みうどん☆

そして、4日目はチーズ入りクリーム鍋デス♪



☆白菜と豚肉のチーズクリーム鍋☆レシピ

<材料:2人分>
 白菜(1cmくらいの幅に切る)…200g
 豚小間切れ肉…100g
 水…400cc
「茅乃舎だし」…1袋
 椎茸(スライス)…2個
 エノキ茸(1/2カット)…1/4株
 長ネギ(斜め切り)…1/2本
 日本酒…大さじ1
 醤油…大さじ1
 生クリーム…100cc
 調理用チーズ…適量
 青ネギ(小口切り)…少々

<作り方>
1)水と出汁袋を鍋に入れ、2分ほど沸騰させたら、出汁袋は取り出します。

DSC02177 (2)

2)白菜とキノコ類を入れ、日本酒と醤油を加えて煮込んだら、長ネギ、豚肉、生クリームを加えます。

DSC02178 (2)

3)最後に調理用チーズを加えて蓋をします。

DSC02179 (2)

4)チーズが溶けたら青ネギを散らして完成!

DSC02182 (2)

レシピ、短ッ!

DSC02189 (2)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年11月5日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC02167 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


【鍋を愛する1週間】シリーズ!

☆カムジャタン風キムチ鍋☆
☆韓国風水炊き:タッハンマリ!☆

……と、韓国風が続きましたが、本日は、焼きあご、かつお節、うるめいわし、真昆布が入っている「茅乃舎だし」を使ってのお鍋デス。

そして、本日御紹介するお鍋はコチラ↓ ステンレス製チリ鍋!
(ちゃっちいレンゲ付!)

DSC02160 (2)

プラスチックのレンゲは引き出しの奥に仕舞っといて、昨日御紹介したタッハンマリ鍋同様、軽くて使いやすいお一人様用お鍋デス☆

沖縄のホームセンターで購入して自力空輸して東京へ~

DSC02161 (2)

もちろん、本日はこのチリ鍋と「茅乃舎だし」のコラボであります。

3日目のお鍋は、お出汁の味が優しく香る、味噌煮込みうどんデス♪


☆味噌煮込みうどん☆レシピ

<材料:2人分>
 水…600cc
「茅乃舎だし」…1袋
 長ネギ(斜め切り)…1/2本
 ミックスキノコ…適量
 冷凍うどん…200g
 絹ごし豆腐…120g
 日本酒…小さじ2
 味噌…大さじ1
 卵…2個
 青ネギ(小口切り)…少々

<作り方>
1)鍋に「茅乃舎だし」と600ccの水を入れます。

DSC02163 (2)

沸騰して2分後、イイ感じのお出汁の色が出てきましたヨッ!

DSC02164 (2)

2)ティーバッグを取り出して、このお出汁を2鍋に分け、ミックスキノコ、ネギ、冷凍うどんを加えます。

DSC02165 (2)

3)再沸騰したら、スプーンですくいながらお豆腐を入れ、日本酒、味噌を加え、卵を落として蓋をします。

4)最後に青ネギを散らして完成!

DSC02169 (2)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年11月4日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC02091 (3)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


【鍋を愛する1週間】☆カムジャタン風キムチ鍋☆に続き、2日目は、初めての我が家流タッハンマリ~♪

☆韓国風水炊き:タッハンマリ!☆

☆韓国風水炊き:タッハンマリ!☆

JUNOさん

本場ソウルで有名な「陳玉華ハルメ元祖タッハンマリ」。……の真似っこをしたのが、今回のタッハンマリとなります。(真似っこしたのは、見た目のみ。味は自己流でございますm(__)m)
レシピブログ


本日はその新しく購入したタッハンマリ用鍋(ホントはちゃんこ鍋💦)を御紹介すると共に、簡単!タッハンマリの作り方と食べ方も御一緒にお楽しみくださいマセ。

本場ソウルで有名な人気店はコチラ
↓↓↓
★陳玉華ハルメ元祖タッハンマリ★ 

……の真似っこをしたのが、今回のタッハンマリとなります。
(真似っこしたのは、見た目のみ。味は自己流でございますm(__)m)

早速ですが、これが鍋↓ ピカピカのステンレスです。IH、OK! 大きいのに軽~いの♪

DSC02082 (2)

この中に昆布とカツオの出し汁を適量入れまして、お腹の中をキレイに洗い、グッサグッサに傷めつけられた💦若鶏1羽と椎茸を6個ほど投入致します。

DSC02086 (2)

背中のトッピング=ジャガイモを欠かさずに!
(重要な真似っこポイントです☆)

DSC02087 (2)

タテギ(つけダレ)を作ります。

DSC02084 (2)

テーブルにセットするのは、上記タテギと、粗塩、からし、お好みで酢醤油です。

DSC02088 (3)

お鍋を火に掛けて、ニンニク、長ネギ、ニラ、キムチも投入!

DSC02092 (2)

そして、韓国流にハサミでザックザックと丸鶏を切り刻んで行きます!

DSC02098 (2)

ザックザック……💦

DSC02099 (2)

グツグツ煮込んだら、完成!

DSC02104 (3)

お好みで、タテギ、からしなどを鶏肉に付けてお召し上がりください♪

DSC02108 (2)

それでは、本日は前後してしまいましたが以下材料デス。

☆韓国風水炊き:タッハンマリ☆レシピ

<材料:4人分>
 若鶏…1羽
 ジャガイモ(厚めにスライス)…大2個
 長ネギ(斜め切り)…2本
 ニラ(3~5cm幅に切る)…1束
 ニンニク(スライス)…1個丸ごと
 キムチ(水分を絞る)…300g
 椎茸(十字に切り込みを入れる)…6個
 出し汁…適量

【タテギ】
 いり白ごま(する)…大さじ1
 コチュジャン…大さじ1
 粉唐辛子…大さじ1
 醤油…大さじ1
 日本酒…大さじ1
 すりおろしニンニク…小さじ1
 すりおろし生姜…小さじ1
 ハチミツ…大さじ1/2
 ゴマ油…大さじ1/2

※お鍋の〆には、ラーメンがオススメです。

……以上、【鍋を愛する1週間】第2日目、タッハンマリ・レシピでした♪

DSC02101 (2)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年11月3日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC00174 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


そろそろ寒さも感じられる東京方面、鍋の美味しい季節ですね。

以前に【鍋を愛する4日間】として鍋レシピ特集を載せたことがあるのですが、旧ブログサイト消滅のため未だ復活させておりません。

そこで、最新の鍋レシピも加え【鍋を愛する1週間】として特集することにしました~!
w(゚o゚)w オオー! パチパチパチ。。。(自分だけ浮かれる)

まずは、テキトーに作ったキムチ鍋。
(特集なのにテキトーで良いのか?)
ジャガイモ入りのカムジャタンっぽいお鍋になりました。

テキトーじゃない気合入りのカムジャタンレシピはコチラ
↓↓↓
☆イベリコ豚のカムジャタン☆


☆カムジャタン風キムチ鍋☆レシピ

<材料:2人分>
 ジャガイモ(皮を剥いて大きければ1/2カット&面取り)…2個
 豚小間切れ肉…150g
(豚肉の下味:日本酒、すりおろしニンニク、醤油)
 えのき茸(1/2カット)…1/4パック
 長ねぎ(斜め切り)…1/2本
 キャベツ(ざく切り)…1/8玉
 キムチ…適量
 大根(銀杏切り)…5cmくらい
 ニラ(5cm幅くらい)…1/2束
 
【鍋スープ】
 出し汁…600cc
 日本酒…150cc
 コチュジャン…大さじ2
 醤油…大さじ1

【〆】
 インスタントラーメン…1人分
 韓国海苔…少々

<作り方>
1)出し汁と日本酒を鍋に入れ、ジャガイモ、大根、キャベツを15分くらい煮込みます。

2)野菜がやわらかくなったら、コチュジャンと醤油を加え、えのき茸、長ねぎ、キムチを加え煮込みます。

3)下味を付けた豚肉とニラを載せ、蓋をして卓上コンロに載せれば完成!

DSC00173 (2)

ジャガイモがゴロッと!

DSC00179 (2)

しっかり、味をしみ込ませて~♪

DSC00180 (2)

戴きま~す!

DSC00178 (2)

〆は韓国っぽく、インスタントラーメン。
ウマイ! 絶品!ウマ過ぎる!……と言われました♪
  
DSC00185 (2)

DSC00158 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


お馴染み、日本橋 古樹軒さんのふかひれ姿煮・あわび詰合せ

贅沢にも、何でもない日に食べちゃいました!(´艸`*)

過去のふかひれレシピはコチラ
↓↓↓
☆ふかひれの姿煮込み☆
☆東京 de ホームパーティー☆
☆ふかひれ鍋☆
☆ふかひれド~ン☆

<作り方>
1)ふかひれと鮑、煮込み用スープを袋のまま3分茹でます。

2)ふかひれを袋から出し、4~5分水に晒します。
※この工程を今までやっていなかったのですが、もやしの根と頭を切るくらい重要な部分でした。
臭みがなくなります。

3)鍋に白ごま油を入れ、ネギの青い部分と生姜スライスを炒め、日本酒小さじ1を加えます。

4)煮込み用スープを加え、フツフツしてきたら、ネギと生姜を取り出します。

5)ふかひれとスライスした鮑を入れ、蓋をして弱火で煮込みます。

6)炒めたもやしをお皿に盛り付け、その上にふかひれと鮑を載せ、スープを掛けて完成!

DSC00155 (1)

今回は吉切鮫デス。

DSC00168 (1)

鮑とコラボ撮影♪

DSC00162 (1)

ココに、土鍋で炊いたご飯を入れます。

DSC00169 (1)

コレまた絶品!

DSC00171 (1)

DSC01553 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ミドリフグ11匹のその後。。。

沖縄から帰ってきたら、長年(大)と一緒に暮らしていた(中)が死んでおりました。

ヒゲ博士曰く、寿命だろう、と。
・゚・(ノД`;)・゚・

昨日(小)も1匹死に、4匹行方不明。

ヒゲ博士曰く、食べられちゃったんだろう、と。
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? (グッピーか!?)

残った(小)6匹には、既に上下関係が出来ており、弱々しい2匹は4匹に邪魔されてお食事が出来ません。

(大)もイマイチ元気がない。
水槽内隔離が必要かしら。。。


さて、本日のレシピはお久し振りにシュウマイ!

過去のシュウマイ・レシピはコチラ。
↓↓↓
☆ナンコツ入りシュウマイ☆
☆シュウマイ☆
☆蟹入りシュウマイ☆

そして今回は、冷凍しても、ふんわりやわらか~い舞茸入りシュウマイです♪



☆舞茸入りシュウマイ☆レシピ

<材料:30個分>
 豚小間切れ肉…230g
 むきエビ…60g
 タマネギ(微塵切り)…1/2個
 舞茸…50g
 ホタテ缶(汁ごと)…70g1缶
 片栗粉…大さじ2
 醤油…小さじ1/2
 オイスターソース…小さじ1
 塩…小さじ1
 コショウ…少々
 三温糖…大さじ2
 ゴマ油…小さじ1
 オリーブオイル…大さじ1
 小ネギ(小口切り)…大さじ1

 シュウマイの皮…30枚

<作り方>
1)エビは細かく切り、トッピング用に30切れ残しおきます。

DSC01545(1)

豚肉と舞茸はチョッパー等で細かくします。

DSC01546 (500x332)

2)ボウルに材料を入れて手で良く捏ねます。

DSC01547 (500x332)

具材を30個分に大まかに分けます。

DSC01548 (500x332)

3)具材をシュウマイの皮に包みます。

DSC01549 (500x332)

食べる分だけ湯気の上がった蒸し器に並べます。
※濡れ布巾やクッキングシートなどを敷きます。

DSC01550 (500x332)

4)強火で10分蒸し、からし醤油を添えて、完成!
※冷凍の場合は蒸し時間を15分にしてください。

DSC01559 (2)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年10月5日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC09544 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


沖縄にいた夏の日差しの中、次々に咲いていたハイビスカスたち。。。

DSC_0138 (2)

10月でも、まだまだ暑い沖縄の最高気温は30℃以上。

DSC_0140 (2)

大好きなムクゲも枯れそうになってから復活し、初めての花を見せてくれました。

DSC_0215 (2)

そして、東京に戻って来ても昨日まではそれ程の寒さは感じなかったのですが、雨模様の今日、ド~ンと気温が下がり、衣替えならぬ、靴替えの季節の到来デス。

今朝、買い物から帰ってきたら、今年のホトトギスが咲いておりました。

DSC00135 (2)

幾輪も咲いていたのに、気付かなかった。。。ゴメンネ。

DSC00136 (2)

同じ国なのに、花だけでも季節感の違いを感じますね。

エッ? 写真の撮り方にも違いを感じる?
そう、沖縄はスマホ、東京はデジ一なのです。
違いを感じてもらえなかったら、ちょっと寂しい。。。


さて、本日のレシピはジャンボ・マッシュルーム。
海老しんじょ蒸しにしてみました。
ジャンボでもとっても美味しいマッシュルームでした♪



☆ジャンボ・マッシュルームの海老しんじょ☆レシピ

<材料:2人分>
 マッシュルーム(大)…3個
 
【海老しんじょ】
 海老(殻を剥いて背ワタを取り塩と片栗粉で洗う)…中10尾
 生姜(する)…1片
 卵白…1個分
 長ネギ…1/2本
 白だし…大さじ1
 マッシュルームの軸部分

【つけ汁】
 すりおろし生姜+天つゆ

<作り方>
1)マッシュルームの軸部分を取ります。

DSC09529 (2)

2)海老しんじょの材料と共にチョッパー等で撹拌します。
(海老1尾はトッピング用に1/3にカットしておきます)

DSC09530 (2)

3)マッシュルームに海老しんじょを詰めてトッピングの海老を載せ、クッキングペーパーを敷いた蒸し器に入れます。

DSC09532 (2)

4)やや強火で20分蒸します。

DSC09535 (3)

5)つけ汁を添えて完成!

DSC09548 (2)


蒸した後に海老の出しがたっぷりのスープが出たので、

DSC09534 (3)

春雨やキノコを入れて中華風なお吸い物が出来ました♪

DSC09554 (2)

2017-10-10-19-45-49 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ヒゲ博士が、ステーキを食べたい、とな。

鉄板焼ステーキレストラン 碧に行こうかとも思ったのですが、那覇は思ったよりも行ったコトがないお店が多いので新規開拓!

ステーキ専門店より面白そうな、大阪心斎橋に本店があるという鉄板・お好み焼きに行ってみました。

DSC_0218 (2)

店内は、鉄板カウンターも個室もあり、我々は半個室を予約。
ゆっくり、寛げる感じです。

ビールの後に白ワインを注文。
お食事に合う、飲みやすいワインです。

2017-10-10-19-22-01 (2)

お通しは、牛スジとコンニャクの煮物。

2017-10-10-19-11-22 (2)

美味しいに決まっている、アボカドとサーモンのタルタル。

2017-10-10-19-17-31 (2)

白ワインに合う~♪

2017-10-10-19-21-07 (2)

九条ネギのとんぺい焼き。 

2017-10-10-19-23-31 (2)

続いて、赤ワインも注文。
コチラも飲みやすいカリフォルニア・ワインです。

2017-10-10-19-34-52 (2)

そして、赤ワインに合うハンバーグ。

2017-10-10-19-36-31 (2)

沖縄県産熟成和牛ヘレステーキ。

2017-10-10-19-49-46 (2)

本わさびとガーリック、岩塩で戴きま~す♪

2017-10-10-19-57-12 (3)

焼きそば(小)も登場。
やっと、テーブル上の鉄板が意味のあるものに!

2017-10-10-20-01-58 (2)

お好み焼きも登場。
鉄板兄弟!

2017-10-10-20-03-20 (2)

ヘラで戴きます。

2017-10-10-20-05-39 (2)

アラカルトで注文しましたが、出てくる順番が丁度イイ感じ。
スタッフの方々も感じ良く、また行きたくなるお店です。


鉄板・お好み焼 蓮 沖縄店
鉄板・お好み焼 蓮 沖縄店
ジャンル:鉄板焼 お好み焼
アクセス:ゆいレール美栄橋駅 徒歩7分
住所:〒900-0032 沖縄県那覇市松山2-10-13 松山沖商マンション1F(地図
姉妹店:鉄板焼 蓮 HASU
ネット予約:鉄板・お好み焼 蓮 沖縄店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 那覇×お好み焼き
情報掲載日:2017年10月13日

2017-10-08-20-23-49 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


以前御紹介した、焼肉レストラン Roinsの上辺りにあるお店。
お呼ばれされたので、初めてのお店です。

福岡から沖縄へと移住した大将が、九州直送の鮮魚をメインに沖縄では珍しい食材も提供してくれる和食店です。

この日は、多分おまかせコース。

前菜は、亀の手、しらす、白子ポン酢など。

2017-10-08-20-25-03 (2)

お造りには、クジラも入っております。

2017-10-08-21-01-41 (2)

茶碗蒸し。

2017-10-08-21-31-43 (2)

焼き物は、本ししゃも、鱧、

2017-10-08-21-53-54 (2)

ハマグリ。

2017-10-08-22-11-20 (2)

メインは、アグー豚のしゃぶしゃぶ。

2017-10-08-22-33-10 (2)

肉、オンリー(笑)。

2017-10-08-22-34-15 (2)

ちょっと、スープが勿体ないので、ご一緒した方が何か炭水化物は?と所望したところ、出てきたのが鯖寿司。。。
(スープは関係なかった)

2017-10-08-23-33-09 (2)

大将は、春帆楼で働いていた方なので(髙島屋じゃなく、下関よッ)、予約すれば天然とらふぐコースも戴けるそうデス。
天然ですので、お1人様50,000円~30,000円デス💦


久茂地 みかさ
久茂地 みかさ
ジャンル:和食・割烹
アクセス:ゆいレール県庁前駅 徒歩4分
住所:〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-6-16 2F(地図
姉妹店:ふく問屋あたか 門司港レトロ店
ネット予約:久茂地 みかさのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 那覇×割烹
情報掲載日:2017年10月12日

DSC01653 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ぶらり京都最終日のお昼時、駅ナカホテルに宿泊したので、駅から出るのがメンドクサクなり、みやこみちをウロウロ。

モニュメントなんぞ眺めながら、何を食べようかと迷う、迷う。。。

DSC01650 (2)

結局、ホテルで渡された割引券が利用できナイ、とんかつ店をチョイス。

牡蠣フライとヘレとんかつ膳が魅力的だったので……。

DSC01652 (2)

……で、ヒゲ博士にコレを注文させ、自分はお得なランチメニュー。

メンチ、海老フライ、一口ヘレかつがセットになっております。

DSC01651 (2)

2人でフライを半分こして、全種類楽しみました♪

DSC01646 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


大雨の中、祇をん萬屋に行ってみました。

DSC01643 (2)

たっぷりの九条ネギが入った「ねぎうどん」が名物らしいのデス。

ヒゲ博士は、ねぎうどん。

DSC01644 (2)

JUNOめは、ねぎあんかけ。

DSC01645 (2)

どう違うかって!?

餡が掛かっているのダ。100円高いのダ。
全然、冷めないのダ。アチチッ!

DSC01648 (2)

でも、ねぎあんかけの方がスープが美味しい。
ヒゲ博士は、食べ終わったねぎうどんのスープは飲まずに、あんかけのスープを飲み干しておりました。

この後、ビッシャビッシャの雨の中、昔からの知り合いがやっているBAR TALISKERに行き、久し振りにお茶屋 田中菜美さんのカウンターでゆっくりと過ごし、京都の夜を満喫しました♪

DSC01573 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


湯の花温泉 翠泉にて夕食時に選んだ朝食用の干物は、のどぐろ
小っちゃい。。。

朝ハイボールを飲みながら~♪

DSC01562 (2)

見て見て!
この気遣い。

夕食時、左利きと気付いたらしく、朝食時にはヒゲ博士の箸が左向きにセット。

DSC01561 (2)

コレは初めてのサービス。
感激しておりました。

DSC01565 (2)

この日の京都、朝からバシャバシャッと雨。

でも、トロッコ列車のチケットを購入してしまったので、時間調整のため再び亀岡駅にて飲み屋を探す。

そして、駅そばにあったインド・ネパール料理店に入り(ランチ時なのにお客様1人のみ💦)インドウイスキーを飲んでみる。

DSC01589 (2)

おつまみはタンドリーチキン。
朝ご飯いっぱい食べちゃったので、タンドリーチキン200円1個とチキンティッカ150円1個のみ。

DSC01583 (2)

そして、トロッコ亀岡駅にタクシーで行き、雨の中トロッコ列車に乗る!
(トロッコ列車に乗る日は、いつも雨~♪ 船越英一郎氏のツアーの時も雨だった)

DSC01599 (2)

この雨の中、保津川下りをしている人がいたり、

DSC01605 (2)

ラフティングしてる人もいたり!?

DSC01608 (2)

ヘンなおじさんがいたり、

DSC01620 (2)

……を眺めながら、トロッコ嵯峨駅到着。

京都での宿泊先は、ホテル近鉄京都駅。
コレも、都ホテルのポイントで無料宿泊のデラックスルーム。

窓を開ければ、そこは駅。
ホームにいる人々の顔もしっかり見えます。

DSC01637 (2)

お部屋は広々。

DSC01631 (2)

コレが嬉しい、パウダールームにも洗面台。

DSC01634 (2)

奥にもう一つの洗面室。

DSC01635 (2)

お風呂もちゃんと洗い場付の浴室です。

DSC01640 (2)

でも、お部屋に金庫がナイの💦

DSC_0169 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日は那覇大綱挽ですネ。
7日~9日までの3日間、奥武山総合運動公園で行われるイベントに行って来ました。

早速、ビール片手に~♪

DSC_0153 (2)

18時からの石垣島出身のバンド「きいやま商店」のライブを楽しみ~♪

DSC_0172 (2)

お腹が空いたので、ケンタでチキンを買い、

DSC_0194 (2)

美味しそうな焼き小籠包を見つけ、

DSC_0196 (2)

焼き立てを包んでもらい、

DSC_0197 (2)

おウチに帰って来て食べた。

2017-10-07-19-06-46 (2)

焼き小籠包はボリュームたっぷり、肉汁たっぷり!

2017-10-07-19-09-12 (2)

その後、20時~の花火もおウチのバルコニーにて観賞。
ア~、あのマンションさえ建たなければ、キレイに見えたのに~!

DSC01498 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


湯の花温泉 京YUNOHANA RESORT 翠泉の続きデス。

昨日は御招待券を利用して宿泊した露天風呂付き翠泉スイートの御紹介でしたが、お部屋以外にも大浴場があります。

DSC01480 (2)

タオルなども揃っており、お掃除が行き届いていて快適です。
何しろ、いつも誰もイナイ。。。貸し切り~♪

DSC01484 (2)

奥が露天風呂です。

DSC01483 (2)

好きなシャンプーを選べたり、

DSC01485 (2)

風呂上がりのコーヒー牛乳やフルーツ牛乳なども無料。

DSC01487 (2)

さて、お風呂にも入って、気分良くお食事処へ。

DSC01502 (2)

中秋の名月ということで、月見酒と共にヒラメの昆布〆、長いも、丹波黒豆、さつま芋。

DSC01505 (2)

亀岡の地酒。

DSC01507 (2)

若鮎の揚げたん、黄身酢餡。

DSC01509 (2)

月とすっぽん、玉子豆腐とすっぽんスープ 芽ねぎ添え。 

DSC01511 (2)

お造りは、白甘鯛と黒雲子。

DSC01512 (2)

雲子とは、鱈の白子。

DSC01514 (2)

地酒、2本目~♪

DSC01515 (2)

土鍋でご飯も炊いております。

DSC01516 (2)

焼き鯖寿司。

DSC01518 (2)

八寸の入れ物にも趣向を凝らしております。

DSC01520 (2)

籠の蓋を開けると、かますの酒焼き、かぼすに入ったイクラ、燻製チーズ、柿の白和え。

DSC01524 (2)

丹波牛の25日熟成肉。

DSC01525 (2)

お肉が油っぽいので、ご飯を所望。。。
イクラ、しらす(JUNOめのは代わりに牛肉のしぐれ煮)お漬物。

DSC01527 (2)

丹波しめじの赤だし。

DSC01533 (2)

栗の天ぷら。

DSC01536 (2)

デザート。

DSC01558 (2)

夕食時に、翌朝の焼き魚を選びます。

DSC01539 (2)

……って、ナンで厚揚げ?

DSC01465 (3)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


先日、京都府亀岡市にある湯の花温泉 翠泉に行って来ました。

JR京都駅から嵯峨野線に乗り亀岡駅下車。
お迎えのバスまで時間があったので、駅前で飲もうと思ったら営業しているお店が少ない。。。

その後、13時半に予約したバスに乗り20分くらいでお宿に到着。
ロビーにて、お茶とお菓子を戴きながらチェックインをします。

DSC01451(1)

ロビーでは、いつでもコーヒー・紅茶等が無料で飲めます。

DSC01448 (2)

ハーゲンダッツなどのアイスクリームも無料デス。

DSC01495 (2)

そして、お部屋へ。
3階の桃源306です。

DSC01493 (2)

113㎡のお部屋は、さすがに広い!

DSC01468 (2)

ベッドがありますが、希望すればお布団も敷いてくれるそうです。

DSC01471 (2)

湯舟は内と外2ヵ所あります。
露天風呂は温泉です。

DSC01454 (2)

洗面台も2ヵ所。
使いやすいです。

DSC01455 (2)

館内着は作務衣か浴衣を選べます。
他にパジャマも用意されています。

包み籠の中には、タオルセットとバスローブ。

DSC01464 (2)

露天風呂の横には、広々としたテラス。

DSC01476 (2)

紅葉の頃に来たら、綺麗でしょうね。

DSC00107 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昨夜は、中秋の名月だったらしく、拙いJUNOめもデジ一で写してみましたが……、

DSC00129 (2)

丸いだけ。。。( ´艸`)
(カメラは良くても、使い方を未だに知らず💦)

本日のレシピ、海老カツみたいな形のお月さまでありんした~♪

でも、肉眼ではとっても綺麗に見えました。
肉眼に勝るレンズなし!
(エッ!? 思い込み?)


さて、本日のレシピは海老カツ。

ちょっと大きめのむき海老を組み合わせて海老フライではなく、丸~いカツにしてみました。
タルタルソースたっぷりつけて、プリップリッの食感デス♪



☆海老カツ☆レシピ

<材料:2人分>
 むき海老…220g
 粗塩…少々
 塩コショウ…適量
 ☆卵…1個
 ☆水…大さじ1
 ☆薄力粉…大さじ2
 パン粉…適量
 揚げ油…適量

【タルタルソース】
 ゆで卵(細かく切る)…2個
 キュウリのピクルス(微塵切り)…2本
 マヨネーズ…大さじ3
 塩コショウ…少々 

<作り方>
1)むき海老は背ワタ等を取り、粗塩で洗います。

DSC00092 (500x333)

2)2個ずつ丸めて塩コショウしておきます。

DSC00095 (500x333)

3)☆の材料を混ぜ合わせ、水分を取りながら丸めた海老に付け、パン粉を塗し、冷蔵庫で20分くらい休ませます。

DSC00096 (500x333)

4)フライパンに海老の高さの半分くらいのオイルを入れ、海老を並べます。

DSC00098 (500x333)

5)揚げ焼きにします。

DSC00100 (500x333)

6)千切りキャベツと混ぜ合わせたタルタルソースを添えて完成!

DSC00106 (1)

切ると、海老ちゃんプリッと登場。

DSC00112 (1)

海老フライとは、また違うお味デス♪

DSC00114 (2)

この日は、野菜スープとサーモン・メロン、土鍋御飯でした♪

DSC00109 (1)

DSC01133 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


スポーツ観戦は余り好きではナイのですが、オリンピックは良く見ます。

好きな競技は、日本人が強い競技!(当たり前か。。。)

今から頑張って3年後に向けて、誰か知り合いが東京オリンピックに出場しないかしら?
(今から頑張れる競技があったら誰も苦労はしない💦)

開会式に行きたい、と思って「東京2020オリンピックご招待!」という文字を見ると応募したりするのですが、さすがに当たらない。。。

チケット購入するにはどうするのか調べてみると、『開会式は2万5000円~15万円ほどになると予想されています。』とのコト。
エ~!?(やっぱり、応募し続けるべき?)

HPを見ると、9万人以上のボランティアを募集するそうな。
コレに参加しようかしらン。。。
(でも、見られないよネ)

様々な思惑が残り3年の間に飛び交うのでしょうね。
JUNOの思惑は……、ドコの株を買っておけばイイのかしらン!?
(エッ? だって景気が良くなるンでしょ?)


さて、本日のレシピは大好きなひよこ豆を使ったスペアリブのトマト煮込みです。

リメイクしたカレーも、これまた絶品!



☆スペアリブとひよこ豆のトマト煮込み☆レシピ

<材料:2人分>
 豚スペアリブ…400g
 塩コショウ…適量
 ニンニク(潰す)…3粒
 タマネギ(スライス)…小1個
 オリーブオイル…大さじ1
 ひよこ豆…380g
 カットトマト缶…1缶400g
 ナス(1cm輪切り)…2本
 ブイヨンキューブ…2個
 ローリエ…1枚
 赤唐辛子…1本
 日本酒…200cc

<作り方>
1)スペアリブは骨の間と筋部分に切り込みを数箇所入れて、塩コショウしておきます。

DSC01123 (500x332)

2)オイルを引いた深めのフライパンでニンニクを炒め、香りが出たらタマネギを加えて水分が出なくなるまで炒め、タマネギを端に寄せて、スペアリブに焼き色を付けます。

DSC01125 (500x332)

3)日本酒を加えてアルコール分を飛ばします。

DSC01126 (500x332)

4)トマトとひよこ豆を加えます。

DSC01128 (500x332)

5)ブイヨン、赤唐辛子、ローリエを加えます。

DSC01129 (500x332)

6)ナスを加えて中火~弱火で30分煮込みます。

DSC01131 (500x332)

7)器に盛り付けて完成!

DSC01137(1)


スペアリブだけ食べちゃった後は、挽き肉とスパイスを加えて、ひよこ豆のカレーの出来上がり!

DSC01145 (2)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年9月8日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC01180(1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


忘れっぽいので、連続TVドラマは見ないことが多いのですが、我が家の高性能TVは題名とか、同時刻とか、イロイロでキャッチ!(エッ? 今時はみんなそう!?)

ちょっと以前は、野球中継延長で予約した番組が半分しか録画出来なかったりしたものですが、今ではそんな心配も無用なのですね。

最終回〇分延長!! となっても、ちゃんと最後まで気を使って録ってくれているし、ネットも出来ちゃう、TSUTAYAまで行かなくても、DVDレンタル出来ちゃう、スグレモノです💦

知り合いの4歳の子に教わったのが、TVで YouTube を見る方法!
コレ、ずっと流していれば、カラオケの練習も出来ちゃうワケですね~♪

もっともっとたくさんの優れた機能があるのに活用する頭脳がナイ。。。
ア~、今の時代に誕生しないでヨカッタ。。。


さて、朝晩涼しくなってまいりました秋の夜長。
日本酒の美味しい季節ですねぇ~(って、いつも美味しいケド。。。)
蓮根も茄子もあったので、揚げびたしにしてみました。

過去の揚げびたしレシピを御参考までに……。
↓↓↓
☆ナスの揚げびたし みぞれ和え☆
☆茄子の揚げ出しを“白いかけつゆ”で……☆



☆蓮根と茄子の揚げびたし☆レシピ

<材料:2人分>
 蓮根…150g
 茄子…1本
 揚げ油…適量

【煮汁】
 出し汁…300cc
 三温糖…大さじ1
 みりん…大さじ1
 日本酒…大さじ2
 醤油…大さじ1
 輪切り赤唐辛子…ひとつまみ

<作り方>
1)煮汁の材料を合わせて鍋で煮立てておきます。

DSC01174 (500x332)

2)茄子を縦半分に切り斜めに細かく切り込みを入れてから、縦4等分に切り、180℃に熱した油で、水分を拭き取った茄子と半月切りにした蓮根を素揚げします。

DSC01176 (500x332)

3)煮汁の鍋に、揚がった蓮根と茄子を入れて、ひと煮立ちさせます。

DSC01177 (500x332)

4)火を止めて少し置いて味を染み込ませます。

DSC01178 (500x332)

5)器に盛り付けて完成!

DSC01190(1)


この記事は旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年9月11日に公開した過去記事を手直ししたものです。

DSC00077 (3)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


沖縄から帰って来て、真っ先に見たのはフグの水槽

夜遅かったのですが、照明を点けてフグたちを起こし、1、2、3……、
いました! (大)1+(中)1+(小)11匹。
全員、無事デス♪

しかも皆、お腹真っ白でゴキゲンそう。
(ン? 留守の方が快適ってコト!?)

DSC00087 (2)

エサが欲しいと近寄ってくるので、カワイイ! (´▽`)
仲良く暮らしているみたいでヨカッタ。


さて、しゃぶしゃぶと言ってブログに登場するのは、主にブタしゃぶ。

今までのしゃぶしゃぶレシピはコチラ
↓↓↓
☆豚しゃぶ!☆
☆あぐー豚のしゃぶしゃぶ☆
☆今夜はブリしゃぶ!☆ ←ブリもあったワ。
☆イベリコ豚のしゃぶしゃぶ☆
創味シャンタン de レタしゃぶ~〆はラーメン~
レタしゃぶからキャベしゃぶへ~〆はラーメン~

しかし、本日は先日の美味しそ~なすき焼き用の牛肉(佐賀牛1kg)に続き、しゃぶしゃぶ用の同じく佐賀牛での牛しゃぶしゃぶ!

500gを2人でペロッと食べられちゃった、絶品しゃぶしゃぶデス。

昆布だしの中のお野菜はきんいちの真似をして、ホウレン草、長ねぎ、椎茸。

DSC00081 (1)

タレは、長ネギの青い部分を加えたポン酢とラー油入りのごまだれ。

DSC00082 (1)

お肉をしゃぶしゃぶして、まずはごまだれへ~♪

DSC00079 (2)

もちろん、美味しい!

次は、ポン酢へ~♪
青ネギポン酢もイケます。

DSC00083 (2)

しゃぶしゃぶにも、やっぱり美味しい肉!
……ですね☆


そうそう、沖縄から立派なすき焼き鍋を自力空輸してきたので、次回のすき焼きはティファールのフライパンではありません!
(もっと、美味しく見えるかも~♪)

DSC_0159 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


やっぱり、美味しい♪ 姚姚の麻婆豆腐。

「ナニ、食べようか~?」
(沖縄滞在中、この会話多し)
「中華~!」
金燕楼燕郷房?」
そして、遅い時間の(我々にしては💦)待ち合わせだったので、久し振りに姚姚へ。

DSC_0146 (2)

火曜日の8時過ぎで、満席デス。

いつもは大体6品コースを注文するのですが、この日は7品でお肉中心となりました。

JUNOめは、紹興酒と共に、まずは前菜盛り合わせ。
(お肉中心リクエストにすると、右下はラム肉だった!)

DSC_0149 (2)

そぼろレタス巻き。

DSC_0151 (2)

海老餃子。

DSC_0154 (2)

プリッ!プリッ!
熱々!美味!

DSC_0157 (2)

そして、コースには必ず入っている、揚げパン付き麻婆豆腐。

DSC_0160 (2)

蟹卵ふかひれスープ。
ふかひれ、たっぷり入っております。

ココいらへんでお腹イッパイ。
6品コースにすれば良かった、と後悔。。。

DSC_0161 (2)

お肉中心リクエストに応え、ラムステーキ登場!
ナイフとフォークも温められて可愛い袋に入ってきました。

一口戴きましたが、前菜のラムと比べると臭みは全くなく美味しい味付けでした。
残りは、ヒゲ博士のお皿に移動~。
(でも、お肉じゃなく魚介中心にすればアワビが出たかも。。。)

DSC_0163 (2)

お料理の最後は、冷やし坦々麺。
お腹イッパイでも食べられちゃう💦

DSC_0166 (2)

そして、お茶とデザートの杏仁豆腐。

DSC_0169 (2)

コーヒー味を選ぶと、下にコーヒーのアイスクリームが入っています。

DSC_0173 (2)

以前と同じく、満腹なので歩いて美せきへ行き、Puffyで3次会の夜でした♪

DSC01413 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


沖縄には「てもみん」を始め、マッサージ店が数多く点在しているのですが、随分前にTVを見ていた時、ニューヨーク(だったかな?)に「Back Rub」というマッサージ屋さんがある、というニュースに注目しました。

その頃は、今では普通になっている10分1,000円みたいなスピードマッサージはなかったので、横にならずに額を付けるだけのマッサージ用チェアと共に、画期的なものと思いました。

これなら、通勤途中や帰宅途中に、ちょっとマッサージでも受けよう~♪ と気軽な気持ちでサラリーマンなんかにイイはず、新橋駅前辺りに開業したらウケるに違いない!

……と、店名「バックラブ」のチェーン展開を目論んだのですが、昔も今も発想しても努力はしないタチなので、同じ考えを持ち、且つ行動力のある人々により、アッと言う間に「Back Rub」からヒントを得たようなお店が次々と出来ていました。

まあ、世の中、そんなモンさぁ~。

小さい頃から頭の中では、ありとあらゆる店舗(もしくは会社)が出来上がっているのですが、イマイチ実行力に欠けるのであります。

結局、メンドクチャイ!ってコトになり、マッサージされる側で至福の時を感じているタダの大人となりました♪


さて、本日のレシピは、沖縄家庭菜園で群生化しているバジルを加えたポテトガレットです。



☆バジル入りポテトガレット☆レシピ

<材料:2人分>
 ジャガイモ(小)…2個
 バジルの葉…10枚
 塩コショウ…少々
 パルミジャーノ・レッジャーノ…少々
 バター…大さじ1

<作り方>
1)ジャガイモは皮を剥いてスライサー等で細く切り(水に晒さないこと)、細かく切ったバジルの葉と塩コショウを混ぜ合わせます。

DSC01408 (500x332)

2)バターを引いたフライパンで焼きます。

DSC01410 (500x332)

3)丸く形を整えながら焼き、ひっくり返したらパルミジャーノを振り掛けます。

DSC01411 (500x332)

4)お皿に載せ、バジルの葉を飾ったら完成!

DSC01412 (2)


この記事は旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年9月23日に公開した過去記事を手直ししたものです。

DSC01400 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日のレシピはカクテルです。

スターフルーツで作ったカクテル。
(このフルーツを見るとピクミン3を思い出す。。。ダンメンホシニタリ) 

DSC01393 (2)

沖縄に似合うカクテルですね。


☆スターフルーツ・カクテル☆レシピ

<材料:2グラス>
 スターフルーツ…3個(果汁:150ccくらい)
 ハチミツ…大さじ1
 ウォッカ…100cc
 氷、ソーダ…適量

<作り方>
1)良く熟したスターフルーツをジューサーで搾り、ハチミツを加えて溶かします。

DSC01394 (2)

2)ウォッカと氷を混ぜて器に注ぎ、ソーダを適量注いで、スライスしたスターフルーツを飾れば完成!

DSC01405(1)


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年9月22日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC_0140 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


久茂地にあるイタリアンレストランCucina Nahaに行って来ました。

店内は広々、スッキリとしております。

まずはヴーヴクリコで乾杯!
コース料理の最初はミネストローネスープ。

DSC_0136 (2)

そして、前菜の盛り合わせ。
JUNOめのは、フレッシュトマトの代わりにレバーペースト。
このレバーペーストが美味しかった。

DSC_0138 (2)

お魚料理。

DSC_0139 (2)

パスタはカラスミのペペロンチーノ。

DSC_0141 (2)

赤ワインと共に、チーズの盛り合わせ。

DSC_0143 (2)

お肉料理は鹿肉でした。
「あ~、鹿肉が食べたいな~」などと、突然言われてもココに来ればもう大丈夫!?

臭みは全くなく、美味しく戴きました。

DSC_0146 (2)

デザートはスイートポテト。

DSC_0148 (2)

デザートまで食べちゃって完食!

ハンバーグも美味しいらしいので、次回食べてみたいナ♪

DSC02669 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ブルーチーズの消費期限が迫り💦、パンを焼くことにしました。

イングリッシュ・マフィンに決めた理由は、コーングリッツが余っていたから。。。

コーングリッツパンも作ったことがあるのですが、やっぱりイングリッシュ・マフィンの方が美味しいですネ。


☆HBで作るイングリッシュ・マフィン☆レシピ

<材料:セルクル型9cm×3.5cm6個分>
 ※セルクル型がない場合の作り方はコチラ…☆イングリッシュ・マフィン☆
 強力粉…200g
 塩…4g
 三温糖…4g
 スキムミルク…4g
 バター…6g
 水…150cc
 ドライイースト…小さじ1(ホームベーカリー付属のスプーン)

 打ち粉…少々
 コーングリッツ…適量

<作り方>
1)材料をホームベーカリーにセットして「パン生地」コースでスタート。

2)出来上がったら打ち粉をしながら6等分にカットして、切り口を内側になるように丸めてラップを被せて15分休ませます。

3)セルクル型の内側にオイルを薄く塗り、コーングリッツを塗します。

4)クッキングシートを敷いたオーブン皿に型を並べます。
丸めた生地を丸め直して、コーングリッツを入れた器の中で平らに伸ばします。
全体にコーングリッツを塗して、型の中に入れます。

DSC02653 (500x332)

5)型の上にクッキングシートを載せてから、オーブン皿を載せ、40℃のオーブンで45分発酵させます。

DSC02654 (500x332)

6)発酵したら、220℃に予熱したオーブン下段で14分焼きます。
オーブン皿の蓋を外して200℃に下げて、オーブン上段で5分焼きます。

DSC02655 (500x332)


さて、パンも焼けましたのでサンドイッチを作りましょう♪

焼き立てのイングリッシュ・マフィンに薄切りのハムを載せ、ソフトタイプのブルーチーズ(クレム・ド・サンタギュール)を伸ばします。

DSC02660 (500x332)

バーナーで焼き色を付けます。

DSC02661 (500x332)

香り高いコーヒーと共にお楽しみください☆

DSC02666(1)

DSC00075 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昨夜は美味しそ~なすき焼き用の牛肉(佐賀牛1kg)が手に入ったので、おウチですき焼きパーティー!

今までのすき焼きレシピはコチラ
↓↓↓
☆すき焼き!☆
☆鴨すき!☆
☆鶏すき焼き☆
☆たっぷり焼きネギ入り鶏すき焼き☆
☆豚すき焼き☆

前菜で出した、ミニトマトのアイコ。
オリーブオイルとパルミジャーノレッジャーノを掛けております。

DSC00070 (2)

フレッシュトマトが苦手だったのですが、死ぬまでに嫌いなものをなくして行くキャンペーン中!……のため、スタミナ苑で食べたアイコが美味しかったので購入してみました。

……とっても、トマトだった。。。

DSC00071 (2)

東京のおウチには、すき焼き鍋がナイので、ティファールのフライパンを使います。

DSC00073 (2)

沖縄のおウチには立派なすき焼き鍋があるのですが、すき焼き用のお肉が中々売っていないのダ。。。

すき焼きには、やっぱり美味しい肉!
……ですね☆

DSC09998 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


1年7ヵ月振りに我が家の水槽にミドリフグ11匹が加わりました!

コレで、今までいたミドリフグ(小)が(中)に昇格。

(中)は(小)が加わったコトで、不機嫌そうなお腹の色も白くなり、仲良く泳いでおります。
しかし(大)は歯をむき出して威嚇したり、珊瑚の後ろに隠れてしまい出てこなかったり、と昨日はお食事も出来ず驚いてしまったようデス。

11匹のおチビちゃんたちは、赤虫のエサを嬉しそうに食べて、お腹がプック~ン♪
(食べ過ぎでしょ!?)

DSC00068 (2)

(大)の分まで残さず食べてしまいました💦

今朝は、歯が伸びてしまって食べ辛そうな(大)用に大きめの餌をパラパラと撒いてあげたら、ガツガツと食べ、お腹も落ち着いて少し慣れてきたのか、テーブルサンゴの前に出てきて(小)たちをジッと眺めております。

すると、おチビちゃんたちもソロソロッと(大)に近付いてきたりしております。

ア~、沖縄から帰ってくるまでの間も皆、元気でいますように!


さて、本日のレシピはヒゲ博士作の赤身マグロの漬けカルパッチョ用の漬けマグロをちょっと拝借して作った小鉢デス。

JUNOめは、納豆&山かけ&卵を載せただけ!
茄子の生姜煮と共に。。。

DSC09997 (2)



☆漬けまぐろの納豆山かけ☆レシピ

<材料:2人分>
 まぐろ(赤身)…1さく
 納豆…2パック
 山芋とろろ(冷凍)…40g×2袋
 卵黄…2個分 

【漬け汁】
 日本酒…100cc
 めんつゆ(希釈用を薄めずに)…20cc
 醤油…80cc

<作り方>
1)日本酒を小鍋に入れて煮切ります。
2)冷めた日本酒とめんつゆと醤油をジップロックなどに入れ、まぐろをさくのまま入れて漬けます。
3)漬かったら、適当な大きさに切り、納豆、とろろ、卵黄を載せて完成!

DSC09996 (2)

まぐろが見えない。。。💦

DSC00045 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日は、超・超・超簡単!
混ぜるだけレシピです。

でも、コレがとってもウマ♪御飯。

bumon_image2[1] (5)

今回も香りソルト<レモンペパーミックス>を使用したレシピブログアワード2017レシピコンテストモニターレシピです。


☆レモン香る明太たまご混ぜ飯☆レシピ

<材料:1人分>
 香りソルト<レモンペパーミックス>…少々
 明太子(薄皮を取る)…25g
 ご飯…適量
 卵…1個
 韓国海苔…適量
 白ごま…少々

<作り方>
1)明太子、卵、レモンペパーミックスをボウルに入れて混ぜ合わせます。

DSC00041 (500x333)

2)韓国海苔を加えます。
※今回は、ふりかけ用を使いましたが、千切ったものでOK。

DSC00042 (500x333)

3)アツアツご飯を入れて混ぜ合わせます。
※冷凍ご飯をレンチンしております。

DSC00043 (500x333)

4)器に盛り付け、白ごまを掛けて完成!

DSC00054 (2)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017

DSC00035 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


温泉旅行とか沖縄食べ歩きとかイロイロ挟んだ後で、レシピブログアワード2017レシピコンテストモニターレシピにチャッチャッと戻ります♪


bumon_image5[1] (2)最初にオイスターソース部門のオイスター+マヨネーズで「オイマヨ」にチャレンジ致しましたので、初心にかえる。。。
カニカマきゅうりの「オイマヨ」和え

16品目は、旅行前から野菜室にあったごぼうと半端な長さに切られていた長ねぎを使っての一品。



☆ごぼうと長ねぎのオイマヨ炒め☆レシピ

<材料:2人分>
 ごぼう(斜め細切り)…30cm
 長ねぎ(白い部分斜め薄切り、青い部分輪切り)…25cm
 オリーブオイル…大さじ1
 輪切り赤唐辛子…ひとつまみ
 日本酒…大さじ1
 「Cook Do」オイスターソース …大さじ1
 マヨネーズ…大さじ1

<作り方>
1)野菜を切ります。

DSC00015 (500x333)

2)ごぼうは水に晒してから水切りをしておきます。

DSC00016 (500x333)

3)フライパンにオイルを引き、ごぼうと赤唐辛子を炒め、日本酒を加えます。

DSC00018 (500x333)

4)ごぼうがやわらかくなったら、長ねぎを加えて炒めます。

DSC00019 (500x333)

5)オイスターソースを加えます。

DSC00020 (500x333)

6)マヨネーズも加えて軽く炒めます。

DSC00022 (500x333)

7)お皿に盛り付け、輪切り長ねぎを載せて完成!

DSC00034 (1)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017

DSC_0157 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


超久し振りにドライブ温泉旅行に行って来ました!

台風が心配だったので、行く前日に予約するコトになってしまい、予め調べておいたお宿は全て満室となり💦、苦しい時のテレビ東京『厳選いい宿』頼み。。。

1番イイお部屋のみ残っていたお宿を予約。
出発前が慌ただしくて、お宿のHPも見ずに出掛けてしまいました。

土肥温泉は結構、遠い。。。(ダジャレ!?)
HPを見ずに後悔したのは、大浴場がナイ小さなお宿であるコト、大きい車では近くの駐車場まで入れないコト。

でも、お部屋からも見える巨石露天風呂付き和室のお風呂は、思っていたよりも大きくて快適でした。

DSC_0145 (2)

この他に、2種類の貸切露天風呂が24時間いつでも入浴可能なのですが、誰も入っていない時に覗いてみたら、お部屋のお風呂の方が大きかったので、他のお風呂には行きませんでした。
多分、露天風呂がないお部屋の人用だと思います。

DSC_0140 (2)

ちょっと1段高くなっているお部屋にベッドっぽい寝室があるので、お布団の上げ下げがなくてウレシイ。

部屋食の場合は、コレ↓重要ですネ。

DSC_0139 (2)

行きは渋滞でしたので、15時に到着する予定が16時過ぎとなり、お風呂入ってダラ~ッとしている内に直ぐ夕食時間。

食前酒と前菜(三色串団子、ところてん、里芋、サザエ壺焼き)が運ばれてきました。
前菜に、ところてんとお団子って変わっていますよね。

DSC_0152 (3)

そして、ド~ンと伊勢エビ入豪華地物づくし舟盛!
(方々、真鯛、イサキ等、全てお顔付きイヤ、尾頭付き💦)
手前はクリームチーズの小鉢です。

DSC_0153 (2)

鍋物は豆乳しゃぶしゃぶ。
(ボタン海老、金目鯛、蛸、豚肉等)

DSC_0166 (2)

舟盛のお刺身が食べ切れそうもないので、残ったお刺身もしゃぶしゃぶ。
豆乳しゃぶしゃぶの特製たれに付けて、美味しかったデス。

DSC_0158 (2)

じゃが芋の和風ヴィシソワーズに鮪のトロカマ潮焼き。

DSC_0169 (2)

お口直しに塩アイス、続いてメギス、明日葉などの天麩羅と栗おこわ、岩海苔のお椀、香の物。

DSC_0174 (2)

抹茶ムースと水菓子、日本茶。

DSC_0178 (2)

朝御飯の干物と御飯の種類は選べます。

DSC_0181 (2)

難点は、氷が有料なことと、冷蔵庫がカラッポなこと。
お宿に行く途中にあるコンビニで購入してくるべきでした💦

東名高速道路をドライブする時のお楽しみである海老名サービスエリア
その2階にあった「上海DOLL BY WAKIYA」がなくなっていました!
ショック!(゚ロ゚;)エェッ!?

DSC_0115 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


松山の「きんいち」さん、通常メニューにはありませんが絶品しゃぶしゃぶの御紹介です。
ヒゲ博士が、何となく嬉しい日に事前注文するみたいデス(´艸`*)
この日は5人で堪能♪

まずは、いつも美味しいお通し2品。
右は茄子の煮物。
JUNOめのは中華風になってしまいましたが、ココはもちろん和風。

DSC_0107 (2)

そして、お鍋の前にお造りの盛り合わせ。

DSC_0109 (2)

肉! 登場!
(5人分はコレが2皿デス💦)

DSC_0112 (2)

良く見ると、お野菜はシンプル。
白菜よりもホウレン草、イイかも!?

DSC_0116 (2)

お野菜投入!
牛しゃぶ、開始!

DSC_0119 (2)

ごまだれにラー油をチョイ、加えるのが我々流。
(しかし、きんいちさんにはラー油がないらしいのに、ドコからか入手してくること2回。お手数お掛けいたしました~💦)

ラー油を入れるのは、以前ジョイナス横浜の地下にあったしゃぶせんでのオススメな食べ方でした。
昔のジョイナス横浜には、だ~い好きなハングリータイガーもあったのデス。
ランチにどちらに行こうか、いっつも迷いました。

DSC_0126 (2)

話が逸れてしまいましたが、牛しゃぶ、戴きま~す!

DSC_0124 (2)

鱧の天ぷらも美味しかった♪

DSC_0129 (2)


きんいち
きんいち
ジャンル:創作和食
アクセス:ゆいレール那覇空港駅 車10分
ゆいレール県庁前駅 徒歩7分
住所:〒900-0032 沖縄県那覇市松山2-18-10(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 那覇×シーフード料理
情報掲載日:2017年9月17日

DSC_0085 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


前回、訪沖の際に行ったChill Out

お通しの香草をパクチーのみにして頂きました。
山盛り~♪

食べたいメニューがたくさんあったので、今回は良く食べる子を同伴。

まずは、カノムパンナークン(海老すり身揚げパン)

DSC_0087 (2)

パッタイ(焼きそば)

DSC_0090 (2)

プラートート(白身魚のフリッター)

DSC_0093 (2)

プーパッポンカリー(蟹と卵のカレー炒め)は外せない!

DSC_0096 (2)

ホイトート(牡蠣と卵のお好み焼き風)

DSC_0103 (2)

……と5品&パクチーを残さず完食。

どれも美味しかったケド、ヒゲ博士はタイスキが食べたかったみたい。
また、次回!

DSC09993 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


久し振りに沖縄のバルコニーの階段を上り東屋を覗いてみると、バジルの群生!

DSC_0080

幾つものプランターが、すっかりバジルに占領されておりました。

DSC_0079

若くてやわらかそうなのもあり、樹木化しているものもあり、育ち方がバラバラ。

こんなにあると食べ切れない💦
先日、バジルソースは作ったばかりで冷凍保存中。。。
(バジルはタダでも松の実やパルミジャーノレッジャーノがお高いし)

公園に無人のバジル売り場作って売るか……。
隣のスーパーに卸すか……。

欲しい人、取りに来て!(沖縄だけど)


以前は茄子も収穫できた家庭菜園。
(かたくて美味しくなかったケド。。。)

本日のレシピは茄子の生姜煮。
時短・簡単な煮込み料理デス♪



☆茄子の生姜煮☆レシピ

<材料:2人分>
 ナス…2本
 ごま油…適量

【煮汁】
 出し汁…300cc
 三温糖…大さじ1
 日本酒…大さじ1
 醤油…大さじ2
 生姜(する)…1片

 生姜(スライス)…少々
 削り鰹節…1袋2.5g
 長ネギ(微塵切り)…少々

<作り方>
1)煮汁の材料を小鍋に入れ火に掛けます。

DSC09963 (500x333)

2)ナスはガクに切り目を入れて取り除き、縦半分に切り、皮目に細かく切り込みを入れます。

DSC09965 (500x333)

3)フライパンにごま油を引いてナスの両面を軽く焼きます。

DSC09966 (500x333)

4)引っくり返して皮を下にしたら、温めておいた煮汁と生姜のスライスを加えます。

DSC09967 (500x333)

5)クッキングペーパー2枚の間に鰹節を挟みます。

DSC09968 (500x333)

6)落し蓋にして、中火で7~8分煮込みます。

DSC09969 (500x333)

7)そのまま冷まします。

DSC09970 (500x333)

8)冷めたら、クッキングペーパーに染み込んだ汁を絞ります。

DSC09971 (500x333)

9)ネギを散らして完成!

DSC09989 (2)

和風で作ろうとしたのに、ごま油と長ネギですっかり中華風に!💦
(これはこれで美味しかったのですが、和風にしたい方は焼かずにそのまま煮ましょう)

DSC09992 (2)

DSC00006 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


最近、デッカイ方のフグの様子がおかしい。。。

以前までは、いつもテーブルサンゴの後ろに隠れて、水槽の電気が点いている間は出てこなかったのに、今はテーブルサンゴの前に出てきてジ~ッとコチラを見ている。

……って言うか、睨んでいる感じ💦

DSC00001 (3)

お腹黒くして、口ばこばこさせて睨んでいる。。。
歯が見えるくらい口を開けて、何か訴えているような感じなのデス。
(しかし、歯がギザギザだな。珊瑚をガリガリ齧るせいダ!)

そして、時々コッチに向かって泳いでくる。
カメラ向けても嫌がらないし。。。

DSC00011 (3)

ナンでしょうね?
やっと慣れたのかな?
(9年も経って!?)

しかしネットでこんな記事を発見!
 ↓↓↓
『ミドリフグを始めフグの仲間は頑丈な歯を持っていますが、まれに歯が伸びすぎてしまいエサが食べられなくなるなどの弊害が出ることがあります。
その場合はニッパーなどを使って慎重に歯切りしなくてはいけません。』
<ミドリフグ 初心者さんの飼い方入門>より 

エッ!?
フグ掴んで歯切るの!?

ム、ムリ!Σ(゚д゚;)
(それで、歯を見せてたの!?)

しかし、その後このように書かれている。
 ↓↓↓ 
『粒の大きいサンゴ砂などを水面から落としてやるとエサと間違えてかじるので、歯の伸びすぎ防止に役立ちます。』 

じゃあ、珊瑚はいっぱい入っているから大丈夫ダ!
(歯の伸びすぎ防止と言うより、ギザギザになっちゃっているケド。。。)

それとも、そろそろ寿命だから、遺影を撮って欲しいのかな。。。
(エッ!? 考え過ぎ?)

小っちゃい方のフグ見てココロ癒そッ♪

DSC00013 (2)

DSC09946 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


久し振りに作ってみましたフレンチトースト。

過去レシピはコチラ↓
☆絶品! フレンチトースト☆
☆絶品過ぎる!? フレンチトースト☆
☆ヨーグルト・フレンチトースト☆

先日のパングラタンで切ったフレンチトースト用のパンを卵と牛乳、三温糖を混ぜ合わせたものに漬けること、1日ほど。

DSC09936(1)

バターを溶かしたフライパンで、火加減に注意しながら焼きます。

DSC09937 (500x333)

全体に満遍なく焼き色を付けます。

DSC09939 (500x333)

こんな感じで焼き上がり。

DSC09940 (500x333)

メープルシロップを添えて完成!

DSC09954 (1)

お好みでバターを載せたり、シナモンシュガーを振り掛けたり……。

切ると、中まで卵液が染み渡っております。

DSC09957 (1)

プリンのような食感のフレンチトースト、やっぱり絶品デス♪

DSC09962 (1)

DSC09909 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日も引き続き、レシピブログアワード2017レシピコンテストモニターレシピです。

15レシピ目に突入しました!
締切が9月26日なので、まだまだイケるかも知れない。
(モニターが久し振りなので、調子に乗ってるだけかも知れない。。。)

特に創味シャンタンの鍋シリーズは今回で5品目。
創味シャンタンが鍋料理には欠かせない調味料になってきそうな予感。

途中で、蟹玉にも使いましたが、これまた美味し~イ!
(エッ? レシピがナイ? 今回のテーマがシャンタン・アレンジ鍋でしたので💦)

本日は、鶏つくね入りのシャンタン味噌鍋。
つくねにも味噌が入っております。

〆の雑炊がまたまた絶品!


☆鶏つくねのシャンタン味噌鍋☆レシピ

<材料:2人分>
 ジャガイモ(皮を剥いて半分に切り面取り)…2個
 ニンジン(皮を剥いて乱切り)…1本
 えのき茸(半分に切る)…1/3パック
 しめじ(小房に分ける)…1/2株
 長ネギ(3cm幅に切る)…1本
 豆腐(1/4に切る)…120g

【鶏つくね】
 鶏もも肉…250g
 長ネギ…20cm
 卵…1個
 白だし…小さじ1
 白味噌…小さじ1
 片栗粉…大さじ1

【鍋用スープ】
 水…500cc
 日本酒…150cc
 創味シャンタン…大さじ1
 白味噌…大さじ1 

【シメ】
 ご飯…適量
 青ネギ…少々
 卵…1個
 刻み海苔…少々

<作り方>
1)スープの材料を土鍋に入れて火に掛けます。

DSC09902 (500x333)

2)ジャガイモとニンジンを入れて蓋をして煮込みます。

DSC09903 (500x333)

3)野菜を煮ている間に鶏つくねを作ります。
適当に切った鶏もも肉と片栗粉以外の材料をフードプロセッサーに入れてミンチを作ります。

DSC09904 (500x333)

4)鍋にキノコ類を加えます。

DSC09905 (500x333)

5)片栗粉を混ぜ合わせた鶏つくねをスプーン2本で丸めて鍋の中へ落とし、蓋をして15分くらい煮込みます。

DSC09906 (500x333)

6)ネギと豆腐を加えます。

DSC09907 (500x333)

7)卓上コンロに移せば完成!

DSC09911 (2)

お好みで七味唐辛子を振り掛けてお召し上がりください。

DSC09915 (2)

鶏つくね、フワフワッ♪

DSC09920 (2)

さて、お鍋の後の〆は雑炊。

1)ご飯を鍋の中に入れます。

DSC09921 (2)

2)薄切りにしたネギの青い部分を加えます。

DSC09923 (2)

3)溶き卵を加えて蓋をして火を止めます。

DSC09924 (2)

4)海苔を振って完成!

DSC09928 (3)

雑炊に味は何も足さなくてOK!

DSC09930 (2)

美味しくて完食デス♪

DSC09931 (2)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017

DSC09891 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


パンを焼くと、ほぼ1人で食べるため、どうしても余ってしまう。。。

切って冷凍保存したりもしますが、やはり冷凍しない方が美味しい。

そこで、今回のモニター品に注目!
キリン 無添加野菜 48種の濃い野菜100%(トマトミックスジュース)。

DSC09876(1)

前回はチーズマカロニを作りましたが、今回は残っちゃったパンの端っこを利用してパングラタンを作ろう♪
……と思い立ち、早速パンをカット。

DSC09879(1)

何、キレイに耳切り落としてんの!?……と思いました?
コレ↑はフレンチトースト用。

作り方はコチラ↓
☆絶品過ぎる!? フレンチトースト☆

使うのはコッチ↓

DSC09880(1)

では、レシピです♪


☆野菜ジュースで時短・簡単パングラタン☆レシピ

<材料:1人分>
 キリン 無添加野菜 48種の濃い野菜100%…200ml
 コンソメ顆粒…小さじ1
 バター…10g
 ロースハムスライス…35g
 しめじ(小房に分ける)…1/4株
 塩コショウ…少々
 ガーリック…少々
 オリーブオイル…少々
 パン(食パンの端っこ)…適量
 調理用チーズ…適量
 パルミジャーノレッジャーノ(細かく)…大さじ2

<作り方>
1)フライパンにバターを熱し、しめじと小さく切ったハムを炒め、ガーリックと塩コショウをします。

DSC09882 (500x333)

2)野菜ジュースを加え、コンソメ顆粒で味を調えます。

DSC09885 (2) (500x332)

3)火を止めて、切ったパンを入れます。

DSC09886 (500x333)

4)オイルを塗ったグラタン皿にソースを絡めたパンを並べます。

DSC09887 (500x333)

5)残ったソースを上に載せます。

DSC09888 (2) (500x333)

6)チーズとパルミジャーノレッジャーノを載せて、240℃のオーブントースターで5~6分焼きます。

DSC09889 (2) (500x332)

7)焼き色が付いたら完成!

DSC09894 (1)

パンの耳もやわらか~く仕上がりました♪

DSC09899 (1)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017

DSC03224 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


しゃぶしゃぶと言えば、以前は牛肉しゃぶしゃぶをゴマだれに付けて頂くのが主流でしたが、沖縄ではしゃぶしゃぶ用の牛肉が手頃な値段で手に入るスーパーが近所になく、最近は牛肉で食べたい場合、しゃぶしゃぶ 紺(kou)に行きます。

……で、自宅ではもっぱらレタしゃぶだったのですが、キャベツがお安かったらキャベしゃぶでも~♪と進化したのが今回のレシピです。

以前は顆粒のチキンスープで作りましたが、今回は創味シャンタン。
美味しくないワケがナイ!

豚しゃぶはレタしゃぶが1番だと思っておりましたが、このキャベしゃぶも病みつきになるお味デス♪


☆キャベしゃぶ☆レシピ

<材料:2人分>
 豚肉(しゃぶしゃぶ用)…300g
 キャベツ(千切り)…1個弱
 しめじ(小房に分ける)…1株 

【鍋用スープ】
 水…800cc
 創味シャンタン…大さじ2
 塩コショウ…適量
 ガーリックパウダー…少々

【シメ】 
 ラーメン…お好みの量

 ラー油…お好みで

<作り方>
1)スープの材料を鍋に入れて火に掛け、他の材料をポンポン入れれば出来上がり!

DSC03226 (2)

お好みでラー油を掛けて頂きます!

DSC03227 (2)

……そして〆をラーメンにすれば味はタンメン!

DSC03234 (2)

やっぱり、スープがウマイ!

DSC03232 (2)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017

DSC09856 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


先日お伝えしたねぎま鍋パーティー、大好評でした!
ネギは余り好きじゃないと言っていた姪っ子が「ネギ、ネギ~♪」と言いながらパクパク。

この姪っ子は我が家に来て、好き嫌いを克服して帰るようデス。
以前もウチでナスの揚げびたしを食べてからナスが大好きになったとか。

好き嫌いがある人、ウチへおいで~♪
JUNOめもただ今、死ぬまでに嫌いなものをなくして行くキャンペーン中!


そして、パーティーで出した、大トロのねぎま鍋
(食べ始めた写真で、スミマセン💦)

DSC09863 (2)

赤身マグロの漬けカルパッチョ。
(半分以上、食べちゃった写真でゴメンナサイ💦)

DSC09864 (2)

さらに、今回のレシピであるコールスローとジーマーミ揚げ出し豆腐も大好評でした。

bumon_image2[1] (5)

コールスローは、香りソルト<レモンペパーミックス>を使用したレシピブログアワード2017レシピコンテストモニターレシピです。


☆レモン香るコールスロー☆レシピ

 <材料:8人分>
 キャベツ(粗微塵切り)…1/2個
 ニンジン(千切り)…1本
 コーン缶…120g
 ゆで卵(細かく刻む)…3個
 レモンペパーミックス…適量
 オリーブオイル…大さじ1
 マヨネーズ…大さじ3
 酢…大さじ1
 三温糖…小さじ1

 <作り方>
1)ボウルにキャベツとニンジンを入れます。

DSC09849 (500x333)

2)コーンとゆで卵を加え、レモンペパーミックスを振ります。

DSC09851 (500x333)

3)手で混ぜ合わせながら、他の調味料も加えます。

DSC09853 (500x333)

4)器に盛り付けて完成!

DSC09854 (2)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017

DSC_0077 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


レシピブログアワード2017レシピコンテストも自分なりに納得の出来る数のレシピを創作した、ということでちょっと休憩。。。

たま~に行くA&W那覇空港店ですが、買うのはいつもハムチーズサンドのハーフカット。
ハーフカットとは、もちろん半分に切ってくれるのですが、最近切り方が変わった!?

ハムチーズサンドだけ購入して、ANAのラウンジに行き、ビールと共に頂く楽しみ♪

DSC_0073 (2)

ワ~イ! オープン!
……なんじゃ!? この切り方は???

DSC_0075 (2)

以前の那覇空港店のカット↓

1262688195.jpg

そして、古波蔵店のカット↓

1326979335.jpg

サンドイッチのハーフカットって、こうでしょ?
三角の端っこをガブッと食べるから食べイイでしょ?

切り方ひとつで、こんなにも美味しそうじゃなくなるなんて。。。
同じ大きさなのに小さくも見えるし。。。

次は、「ハーフカット、斜めで!」と注文しよう。。。

DSC09828 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日も引き続き、レシピブログアワード2017レシピコンテストモニターレシピです。
(エッ!? 厭きた?💦)

創味シャンタンで作ったねぎま鍋が絶品だったので、明日はねぎま鍋パーティー!

syantan_quantity[1] (2)←そして今回もコレ、使ったのは創味シャンタンDX。

シャンタンスープでロールキャベツ鍋を作ってみました。
〆はチーズリゾット。
またまた、絶品!
創味シャンタン、恐るべし!


☆創味シャンタンスープのロールキャベツ鍋☆レシピ

 <材料:2~3人分>
【ロールキャベツ】
 キャベツ…7枚
 ハンペン(大判)…120g
 タマネギ(小:微塵切り)…1個
 豚肉(切り落とし等をミンチにする)…200g
 卵…1個
 ナツメグ…少々
 日本酒…小さじ1
 塩コショウ…少々

【鍋用スープ】
 創味シャンタン…大さじ2
 水…550cc
 日本酒…150cc
 ニンニク(スライス)…2粒

【シメ】
 ご飯…200g
 パルミジャーノレッジャーノ(細かく砕く)…大さじ2

 青ネギ…適量

 <作り方>
1)ハンペン、タマネギ、豚肉はフードプロセッサー等で撹拌し、他の材料と一緒にボウルに入れ、手で良く捏ねます。

DSC09813 (500x333)

2)スープの材料を鍋に入れ、火に掛けておきます。

DSC09817 (500x333)

3)1枚ずつ剥がしたキャベツを茹でて、冷ましておきます。
(切れた時のために余分に剥がしておきます)

DSC09818 (500x333)

4)キャベツの芯を少し削って平らにし、タネを載せて両端を折りながらクルクル巻きます。

DSC09819 (500x333)

5)残りの両端部分を内側に入れます。

DSC09821 (500x333)

6)包み終わったロールキャベツをスープ鍋の中へ入れ、残ったキャベツも適当に切って一緒に煮込みます。

DSC09824 (500x333)

7)蓋をして弱火で15~20分ほど煮込んだら、青ネギを散らします。

DSC09825 (500x333)

8)卓上コンロに載せて、完成!

DSC09827 (2)

ハンペン入りはふんわり♪

DSC09829 (2)

やわらかく仕上がりました。

DSC09832 (2)

〆は、ご飯とパルミジャーノレッジャーノを入れて煮込みます。

DSC09844 (2)

絶品リゾットの出来上がり!

DSC09845 (2)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017

DSC09807 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


レシピブログアワード2017レシピコンテストモニターレシピも10品目となりました。

朝晩、涼しさが感じられる東京の今日この頃。
夏が終わってしまう淋しさと、美味しい季節への始まりとの時期。

そんな中、生秋鮭を購入致しましたので、香りソルト<イタリアンハーブミックス>と「つぶ入りマスタード」でのレシピです。

bumon_image2[1] (3)bumon_image2[1] (4)

<イタリアンハーブミックス>は、以前からチョコチョコ活用させて頂いているスパイスです。
複数のスパイスが入っているので、余りがちな1本ずつのスパイスを購入しなくて済みます。
(ウチには、余りがちな複数のスパイスがたくさんありますが……💦)

今回のソースはマヨネーズ+つぶ入りマスタード。
ガルニには、バジルソースを絡めた野菜を添えてみました。


☆秋鮭のマヨマスタードソース~コロコロ野菜のバジル炒め添え~☆レシピ

 <材料:2人分>
 生鮭…2切れ
 香りソルト<イタリアンハーブミックス>…少々
 バター…10g

 ソース:
   白ワイン…大さじ1
   つぶ入りマスタード…小さじ1
   マヨネーズ…大さじ2

 ガルニ:
   ナス…2本
   ピーマン…2個
   ジャガイモ…1個
   オリーブオイル…大さじ1
   香りソルト<イタリアンハーブミックス>…少々
   白ワイン…大さじ1
   バジルソース…大さじ1
   (作り方⇒沖縄収穫祭!今年のバジルソース

 <作り方>
1)ジャガイモは1cmくらいの角切りにして、茹でておきます。

DSC09791 (500x333)

2)他の野菜も同じくらいの大きさに切ります。

DSC09793 (500x333)

3)オイルを引いたフライパンでナスとピーマンを炒め、白ワインとイタリアンハーブミックスを振り掛けます。

DSC09795 (500x333)

4)茹でたジャガイモとバジルソースを加えて味を絡めればガルニの完成。

DSC09797 (500x333)

5)鮭のウロコと骨を取り、イタリアンハーブミックスを振り掛けておきます。

DSC09798 (500x333)

6)ソースの材料を混ぜ合わせておきます。

DSC09799 (500x333)

7)フライパンにバターを熱し、鮭を入れ、蓋をして焼きます。

DSC09800 (500x333)

8)引っくり返したら、ソースを掛けて蓋をして蒸し焼きにします。

DSC09802 (500x333)

9)ガルニと共にお皿に盛り付けて完成!

DSC09805 (2)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017

DSC09779 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ウチのスパイス棚にお友達が増えました!

香りソルト<レモンペパーミックス>です。

DSC09811 (2)

本日は、このスパイスを使ってレシピブログアワード2017レシピコンテストモニターレシピです。

やっぱり、最初は無難にチキン。
鶏胸肉で作るいつものチキンピカタの下味に<レモンペパーミックス>をフリフリ。

さらに、ソースはトマトケチャップに同じモニター品の「つぶ入りマスタード」を加えてみました。
美味しさUPなピカタになりました♪


☆レモン香るチキンピカタ☆レシピ

 <材料:2人分>
 鶏胸肉…250g
 香りソルト<レモンペパーミックス>…適量
 薄力粉…適量
 オリーブオイル…大さじ2

 ピカタの衣:
   溶き卵…2個
   パルミジャーノレジャーノ(すりおろし)…大さじ2.5
   薄力粉…小さじ1
   牛乳…小さじ2

 ソース:
   トマトケチャップ+つぶ入りマスタード

 <作り方>
1)鶏肉は削ぎ切りにして皮は取り除き、ミートテンダー等で筋切りします。

DSC09757 (500x333)

2)香りソルト<レモンペパーミックス>を表裏に振り掛けます。

DSC09758 (500x333)

3)薄力粉を塗しておきます。

DSC09760 (500x333)

4)ピカタの衣を混ぜ合わせます。

DSC09761 (500x333)

5)フライパンにオイルを引き、鶏肉に衣を付けながら並べ、残った卵液も流し入れ、蓋をして蒸し焼きにします。

DSC09762 (500x333)

6)焼き色が付いたら、引っくり返してさらに蒸し焼きにします。

DSC09764 (500x333)

7)ソースの材料を混ぜ合わせます。

DSC09765 (500x333)

8)お皿に盛り付けて完成!

DSC09777 (2)

つぶ入りマスタードケチャップソースがピカタに良く合います♪

DSC09782 (2)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017

DSC09754 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


本日のレシピブログアワード2017レシピコンテストモニターレシピは、キリン 無添加野菜 48種の濃い野菜100%(トマトミックスジュース)です。

bumon_image3[1] (2)

料理にトマトジュースを使うコトは結構多いですね。
この野菜ジュースは塩分が入っておりませんので、お料理に使いやすいタイプです。

特に、おひとり様ランチなどで活躍します。
本日のレシピもチャチャッと作れる超簡単なトマト味のグラタンです。


☆野菜ジュースで簡単・時短チーズマカロニ☆レシピ
 
 <材料:1人分>
 マカロニ(早ゆでタイプ)…50g
 キリン 無添加野菜 48種の濃い野菜100%…200ml
 オリーブオイル…大さじ1
 ニンニク(微塵切り)…小さじ1
 塩…少々
 調理用チーズ…適量
 卵…1個
 ブラックペパー…少々

 <作り方>
1)フライパンにオイルを引き、ニンニクを炒め、野菜ジュースを加えて熱します。

DSC09731 (2)

2)表示より1分半前に茹で上がったマカロニを加え、1分煮込みます。

DSC09734 (2)

3)グラタン皿に入れ、チーズを混ぜ合わせます。

DSC09735 (2)

4)中央に卵を割り入れ、チーズを載せブラックペパーを振ります。

DSC09736 (2)

5)240℃のオーブントースターで5分焼けば完成!

DSC09738 (2)

半熟卵をマゼマゼ。。。

DSC09752 (2)

とろ~り、美味しいチーズマカロニになりました♪

DSC09755 (2)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017

DSC09699 (3)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


まぐろパーティーでも大活躍した本まぐろ。

第2回目のパーティーのメイン料理が決定!
創味シャンタンで作る絶品ねぎま鍋デス♪

そう、本日も引き続き、レシピブログアワード2017レシピコンテストモニターレシピですが、今回作ったねぎま鍋が最高に美味しかった!

まさに〆までおいしいシャンタン鍋デス。

syantan_quantity[1] (2)←今回使用させて頂いたのはコチラ、創味シャンタンDX。


☆創味シャンタンねぎま鍋~〆は日本蕎麦~☆レシピ

 <材料:2人分>
 まぐろ(ぶつ切り)…300g
 長ネギ(白い部分を2cm幅に切る)…2本
 豆腐…120g
 生椎茸(スライス)…3個

【鍋用スープ】
 創味シャンタン…大さじ1
 醤油…大さじ1
 水…300cc
 日本酒…300cc

【シメ】
 日本蕎麦…180g
 長ネギ(葉の部分を薄切りに切る)…1本分くらい

 七味唐辛子…お好みで

 <作り方>
今回はブロックのまぐろを使用しました。
トロ部分と赤身部分が混ざっておりますが、トロがオススメ。

江戸時代末期に廃棄されていたトロ部分を工夫して調理したのが葱鮪(ねぎま)鍋の始まりですので、脂身の多い方が美味しいのです。

DSC09682 (2)

1)まぐろを食べやすい大きさに切ります。

DSC09684 (2)

2)鍋に水と日本酒を入れて火に掛けて温めてから、創味シャンタンと醤油を加えて一煮立ちさせます。

DSC09686 (2)

3)椎茸と長ネギを入れ、煮込みます。

DSC09687 (2)

4)お豆腐も1/4くらいに切って加えます。

DSC09689 (2)

5)卓上コンロに移します。

DSC09690 (1)

6)まぐろを加えて完成!

DSC09691 (1)

錫製の“ちろり”で冷やした日本酒をグラスに注いで乾杯!

DSC09704 (1)

もう、絶品!

DSC09711 (1)

〆はお蕎麦。

DSC09718 (1)

長ネギの葉の部分をたっぷりと載せます。

DSC09719 (1)

具材もトッピングして、贅沢なねぎま蕎麦の完成!

DSC09723 (1)

これまた、絶品! (´▽`)
鍋スープ、美味し過ぎて飲み干せます!

DSC09725 (1)


【「レシピブログアワード2017レシピコンテスト」参加中】

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017




ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


お知らせです!

ただ今、「朝時間.jp」というサイトで『みんなの朝ごはんレシピ』の今日のイチオシ☆グレープフルーツゼリー☆ 掲載中です。

☆グレープフルーツゼリー☆

☆グレープフルーツゼリー☆

JUNOさん

グレープフルーツの皮を器にした、柔らかいプルルンゼリーです☆
レシピブログ

見られるのは本日限り!

ココをクリック⇒「朝時間.jp」
TOPページに掲載中!



ブログ記事はコチラ↓
☆グレープフルーツゼリー☆

DSC_0065 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昨日に続き、安里のレストランの御案内。

「インドカレーが食べたいな~」と言うヒゲ博士。
……ネット検索後、ナゼかタイ料理に変更。
(JUNOめが食べたかったから~♪)

タイ料理屋さんの中でも大好きなプーパッポンカリー(Poo Phad Phong Ka Ree)があるお店を発見!
しかも人気店らしいので早速ヒゲ博士が電話で予約。

お店は2階にあるChill Out
開店して直ぐに行ったのに、2人連れが階段を降りてくる?

DSC_0053 (2)

どうやら、予約客以外を断っているらしい。
(ヨカッタ~、予約して)

不思議な雰囲気の店内のテーブル席に座ると、仏蘭西居酒屋ありすで一緒に食事した友人と偶然にもバッタリ。

偶然に会うコトが度々あるケド、初めて来たお店だったのでビックリ。
(やっぱり、人気店なのネ)

DSC_0061 (2)

お通しが嬉しい香草イッパイ!
パクチーは全部頂きました。

DSC_0060 (2)

ビールのおつまみにさっくさく!
ぷりっぷり!とまらない!!
……とメニューに書いてあった、なが~いエビ春巻き。

オイシ~!と言いながら食べ終わる頃には、早くも満席デス。

DSC_0063 (2)

そして、キャ!
大好きなプーパッポンカリー
可愛い籠に入っているのは、もち米です。

DSC_0064 (2)

ヒゲ博士が、蟹の中身をホジホジ。。。
メンドクサイけど、美味しいのダ♪

DSC_0068 (2)

この量で¥1,200は安い!

そして、ヒゲ博士の大好物、ガイヤーン
コレは、ハーフサイズです。

DSC_0070 (2)

もっと、食べたいものがイッパイあったのに3品でお腹イッパイ!
美味しいタイ料理屋さんが沖縄にあってヨカッタ♪