JUNO cuisine

☆★☆JUNOオリジナルレシピとお勧め飲食店&ステキなお宿を御紹介致します☆★☆

DSC09279 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ケンゾー エステイトで購入致しました、あさつゆ asatsuyuと紫鈴 rindoが沖縄と東京に届きました!

「クール便」のフルボトルのみの場合は9本までという、1梱包あたりの本数が決まっており(でも、箱は12本入りだったケド?)、さらに紫鈴 rindoは「お一人様につき6本まで」と決まっており(でも、1回の注文で6本までみたい)、あさつゆを3本買い足したワケです。

(「あさつゆ」というと、坂本冬美の「また君に恋してる」の歌詞がついつい頭に浮かんでしまうのはJUNOだけでしょうか。。。)              

DSC09294 (1)

で、魚介系料理だったので、飲んでみた。
ウ~ン、白ワインはシャサーニュ・モンラッシュの方が好きかも。。。


そんな感じで本日のレシピは白ワインに合う、クネル風スープです。
何ゆえにクネルかと言うと、工程写真をご参照ください。



☆海老とハンペンのクネル風スープ☆レシピ

 <材料>
 ニンジン(微塵切り)…1/2本
 タマネギ(微塵切り)…1/2個
 オリーブオイル…大さじ1
 コンソメスープ…700cc
 塩コショウ…少々

 クネル:
    むき海老(背ワタは取る)…250g
    長ネギ…1/2本
    ハンペン(大判)…1枚
    塩コショウ…少々
    卵白…1個分

 <作り方>
1)鍋にオイルを引き、タマネギを水分がなくなるまで炒めたら、ニンジンを加えて炒めます。

DSC09229 (350x233)

2)コンソメスープを注いで、塩コショウで味を調えます。

DSC09230 (350x233)

3)クネルを作ります。
フードプロセッサー等に材料を入れ、撹拌します。

DSC09233 (350x233)

4)2つのスプーンを使って、円筒状に丸め、スープの中に落とします。

DSC09234 (350x233)

5)10~15分ほど中火~弱火で煮込みます。

DSC09278 (2)

6)器に盛り付け、お好みで乾燥パセリ等を振り掛ければ完成!

DSC09290 (1)

エッ? 形がクネルじゃない!?
だから、クネル風~♪

DSC09292 (1)


いつも海老団子等を作ると、余った卵黄は醤油漬けにします。
☆シンプルたまご飯&高菜炒め☆

DSC09298 (2)

ご飯にネギ、韓国海苔を載せ、1晩醤油漬けにした卵黄を載せます。

DSC09303 (1)

絶品! 卵ご飯の完成~🎶

DSC09304 (1)

1365761111


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昨日のAKB48総選挙、危惧した通り(って言うか、当たり前でしょ!?)、ビーチでのイベントが中止になってしまいましたネ。

沖縄の人は皆、思ったハズ。
「エッ!? コンベンションセンターじゃないの?」

しかし、こんなに大きなイベントを天候が不安定な梅雨の沖縄のビーチで開催しようなんて、誰かの謀略としか思えない。

来週末なら梅雨明けしてピンカ~ンって感じだったかも知れないのに、沖縄の美ら海が見られなかった数多くの方々がイヤ~な気持ちで帰られたとしたら大変残念デス。。。


さて、本日のレシピは、超簡単にトマトジュース de イタリアン焼飯です。

3種のスパイスとトマトジュースでイタリアンなパルミジャーノ焼飯の出来上がり♪
(イタリアに焼飯ってあったかしら???)



☆トマトジュース de イタリアン焼飯☆

 <材料:2人分>
 ニンニク(微塵切り)…小さじ1
 オリーブオイル…大さじ1
 タマネギ(スライス)…1/2個
 ウインナー(輪切り)…4本
 ギンナン(缶詰)…30g
 インゲン(筋を取って1~2cmにカット)…5本
 トマトジュース…190g
 チキンスープ(顆粒)…小さじ1
 塩コショウ…少々
 御飯…お好みの量
 オレガノ・バジル・タイム…少々
 パルミジャーノレッジャーノ…大さじ5

 <作り方>
1)フライパンにオイルを引き、ニンニクを香りが出るまで炒めたら、タマネギを加えて水分がなくなるまで炒めます。

1365760712

ウインナー、インゲン、ギンナンを加えてさらに炒めます。
そこへトマトジュースとチキンスープを加えます。

1365760717

2)少し煮詰めたら、塩コショウ、オレガノ、タイムを加え、御飯を入れて炒めます。

1365760730

3)耐熱皿に焼飯を盛り付け、パルミジャーノを振り掛けます。

1365760807

4)240℃のオーブントースターで焼き色を付けてバジルを振れば完成!

1365760817


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年4月12日に公開したレシピを写真と共に復活させました。
写真内に記載されておりますブログ・アドレスは旧ブログサイトのものとなります。

1372169179


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


よく料理写真の撮り方教室とか、レクチャーするサイトとかありますが、基本は大体窓際の自然光で撮るらしいのですよ。

自然光で撮る、と言うことは、お日さまのある時間帯にお料理をして写真を撮らなければならない。

御食事は夜型、深夜型という不健康な酒飲み人間たちには到底ムリ!なシチュエーションであり、昼間っからそんな写真に撮れるようなお料理はしない。。。
(昼は、納豆とかパンとか茶色いものを食しておる)

知りたいのは、どのようにすれば夜でも美味しそうに素早く撮れるか?
(注:三脚もナシ!)

料理写真家でもない限り、撮影後は冷めない内に頂きたいワケで、出来ればサッサと撮って、早く乾杯をしてクゥ~!っとお酒を飲んで……(目的はソッチ!?)

そういうレクチャーをしてくれる人、おりませんかぁ?


さて、お料理写真は適当に💦、お料理はキチンと(?)しているつもりのJUNOレシピ。

本日は、長いもに昆布と豚肉を巻き巻きして揚げ焼きしてみました。
(盛り付けてみたら、お稲荷さんに見えますが……)

もちろん、これも夜のおつまみでございます♪



☆長いもの豚昆布巻き☆レシピ

 <材料:2人分>
 長いも…1/3本
 湯豆腐昆布…2枚
 日本酒…大さじ2
 豚薄切り肉…8枚
 片栗粉…大さじ2
 オリーブオイル…多め

 下味:
   日本酒…大さじ1
   醤油…大さじ1
   生姜(する)…1片

 <作り方>
1)長いもは皮を剥いて豚肉の幅に合わせて拍子切りにします。
昆布を日本酒で戻して広げ、1/3くらいに切り、長いもを巻きます。

1372167777

2)下味の材料を混ぜ合わせ、豚薄切り肉を20分ほど漬けておきます。

1372167785

3)豚肉を広げて昆布巻き長いもを巻き、片栗粉を塗し、多めのオイルで揚げ焼きをします。

1372167797

油切りをします。

1372167809

4)器に盛り付けて完成!

1372167763


このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年6月25日に公開したレシピを写真と共に復活させました。
写真内に記載されておりますブログ・アドレスは旧ブログサイトのものとなります。

1367923770


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


目覚めの音。

沖縄の朝。

雨が降ると雨の音。(普請が宜しくない?)
親鳥の声、雛の鳴き声。(ドコかに巣があるらしい)

子供のはしゃぐ声。(公園が目の前)
おじい、おばあの声。(公園横にゲートボール場がある)
まれに本番前のエイサー練習。(公園広場で行なう)

飛行機のジェット音。
ゴミ収集車の音楽♪

……就寝時間に時差があるため、結構ウルサイ。。。

東京の朝。

自分のウチの水槽の音。(仕方ない)
国道が近いがサイレン以外の音は余りしない。(普請が宜しい?)

……ちゃんとした時間に就寝しているため、結構静か。。。

しかし、枕元壁の向こうがお隣のベランダなので、たまに物干し竿がガンッとぶつかるような音で目が覚める。。。
(ウォーターベッドなので、簡単に位置を変えられないのダ)

お寝坊したい日は、雨、雨、降れ、降れ!っと願うのデス。


さて、本日のレシピは、カレー味のトルティージャという、インドだかスペインだかよくワカラナイけど美味しいオムレツです♪

以前のトルティージャ・レシピ↓
☆ソーセージと枝豆のトルティージャ☆



☆カレー風味のトルティージャ☆レシピ

 <材料:2人分>
 じゃがいも…2個
 タマネギ…1/2個
 ソーセージ(輪切り)…3本
 カレーパウダー<顆粒>…大さじ1
 卵(L)…4個
 オリーブオイル…大さじ1
 揚げ油…適量
 パプリカ<パウダー>…少々

 <作り方>
1)スライスした野菜の水分を良く拭きます。
(今回は新じゃがですので皮付きのまま良く洗います。新じゃがでない場合は皮を剥いて下さい)

1367923797

160℃の揚げ油で素揚げして冷ましておきます。

1367923805

2)ボウルに卵を割り入れ、良く掻き混ぜたら、カレーパウダーを加えて混ぜます。

1367923815

冷めた野菜とソーセージも加えます。

1367923820

3)側面までオイルを塗った20cmくらいのフライパンを熱し、卵液を流し入れて、具材を均してから蓋をして弱火で焼きます。

1367923827

4)表面の周りが固まってきたら、焼いている面を下にしてスライドさせるようにお皿に移します。

1367923836

引っくり返したフライパンをトルティージャの上に載せて返します。

1367923843

お皿を外して蓋をして片面も焼きます。

1367923850

5)お皿に盛り付けて、パプリカを振ったら完成!

1367923859

ケーキのようにカットしてお召し上がりください♪

1367923864

このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年5月8日に公開したレシピを写真と共に復活させました。
写真内に記載されておりますブログ・アドレスは旧ブログサイトのものとなります。

1361033248


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


6月17日土曜日にAKB48総選挙が沖縄の美らSUNビーチで開催されるそうです。

コレ、沖縄の人、結構知らない人が多くて(って言うか関心のナイ人?)、言われて初めて「交通渋滞、大変!」と気が付くわけデス。

でも、梅雨の時期のこの沖縄で(天気予報は曇り時々雨)、しかもビーチで行うなんてナゼ!?。。。と皆思うのであります。

空港もホテルもグッチョングッチョンに混むのでしょうね。
ハァ、訪沖の日じゃなくてヨカッタ。。。


さて、本日は日本酒に合うレシピ。

揚げ出し豆腐に簡単肉そぼろ餡を掛けてみました。
ジーマーミ豆腐でも美味しいデス♪



☆肉そぼろ餡かけ揚げ出し豆腐☆レシピ

 <材料:2人分>
 絹ごし豆腐…1/2丁
 片栗粉…適量
 揚げ油…適量

 肉そぼろ餡: 
   出し汁…200cc
   三温糖…大さじ1
   みりん…大さじ1
   日本酒…大さじ1
   醤油…大さじ2
   生姜(すりおろす)…1片
   合い挽き肉…50g
   しめじ(石づきを取る)…少々

 水溶き片栗粉…大さじ1

 <作り方>
1)お豆腐は1/4に切って、キッチンペーパーで挟み、30分以上置いておきます。

1361033256

2)水切りしたお豆腐に片栗粉を塗し、170℃の揚げ油でぷっくり膨らむまで揚げて油を切っておきます。

3)鍋に肉そぼろ餡の材料を入れ、一煮立ちしたら水溶き片栗粉でトロミを付けます。

1361033259

4)器に揚げたお豆腐を入れ、肉そぼろ餡を掛ければ完成!

1361033269

1381402433


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


LDK luccaにて、お取り寄せして頂いた最後のキャビアもキャビア・パーティーの2日後に完食!

DSC_2738 (2)

最後のは50g。
3人で頂きました。

DSC_2745 (2)

ポテト載せは、やっぱり美味しい。(上写真はトースト載せだが……)
今回の沖縄滞在中もお世話になりました!


さて、本日のレシピもJUNOの勝手にモニター再UPシリーズ!

第1弾はコチラ↓
肉の三段活用!? トン・トン・トン de うまソース
第2弾はコチラ↓
鶏手羽中のうまソース焼き
第3弾はコチラ↓
茄子と豚肉の簡単♪ うまソース炒め

今回は、うまソースを使ってハヤシライスっぽいものを作ってみたのですが、ハヤシライスとハッシュドビーフの違いはなんぞや?

調べてみても、明確な答えはないのですが、ナンとなく「うまソース」を使う場合は、ハヤシライスのような気がして、「ハヤシライス風」としてみました。

ポイントは、一旦火を止めて味を落ち着かせ、再加熱することデス♪



☆うまソース de ハヤシライス風☆レシピ

 <材料:2人分>
 牛肉切り落し…200g
 塩コショウ…少々
 小麦粉…大さじ2
 オリーブオイル…大さじ2
 ニンニク(微塵切り)…2粒
 タマネギ(スライス)…2個
 しめじ(小房に分ける)…1株

 合わせ調味料:
   ブルドック うまソース…50cc
   トマトケチャップ…大さじ1
   赤ワイン…200cc
   水…大さじ3

 ブイヨンキューブ…1個
 トマトジュース…200cc
 ローリエ…1枚
 バター…20g

 御飯…お好みの量

 <作り方>
1)牛肉は食べ易い大きさに切り、塩コショウをして10分くらい置いておきます。

1381402369

ビニール袋に入れて小麦粉を塗し、オイルも大さじ1入れて塗します。

1381402374

2)フライパンにオイル大さじ1を引き、ニンニクを炒め、香りが出たらタマネギを加えて水分がなくなるまで炒めます。

1381402384

しめじを加えて炒めます。

1381402391

3)中央部分を空けて、牛肉を入れて炒めます。

1381402397

全体を混ぜ合わせます。

1381402402

4)合わせ調味料とブイヨン、トマトジュース、ローリエを加えて中火で10分ほど煮込みます。

1381402416

バターを加えて味を整え、一旦火を止めます。

1381402423

5)食べる前に温め直して、御飯と共に盛り付ければ完成!

1381402358

1372499460 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


今年は沖縄で冷房が必要となってから、2人で咳き込むことが多く、これはエアコンのせいであるな、と薄々感付いてはいた。

<お掃除をしなくてはイケナイのだ……>と思ってはいた。

ダスキンさんにお願いしようかと安直な考えも浮かんだのだが、お値段が安直ではない💦

何しろ、2LDKなのにエアコンは5台。
その内、天井埋め込み型のデカイのが3台。

当初は、エアコン多いなぁ~、などと思っていたのだけれど、沖縄では簡単に壊れる。

結果、いつもどれかが動かないので、多くて正解!

そんな感じで、TVを見ていると「梅雨時のカビ特集!」。
エアコンの掃除をマメにしないと、カビを撒き散らしているのと同じ!?

……で、咳をしながら試しにリビングのエアコンの蓋を開けてみた。……直ぐ閉めた。
(閉めちゃダメ!)

コレは大変ダ💦

1人ではムリダ! 我が家のオタスケマンを起こさなくちゃ!

……で、ベランダで5台のエアコン・フィルターの洗浄をした(オタスケマンが。。。)

すると、動かなかった1台が直り、動いていた1台が壊れた!?
ヤレヤレ……(-_-;)


ハイ、本日のレシピはベトナムの生春巻きで使うライスペーパーが余っていたので、揚げ春巻きを作ってみました。

お味は和風♪ 天つゆで頂きました。



☆和風揚げ春巻き☆レシピ

 <材料:4人分>
 春巻きの種:
   むきエビ…100g
   豚小間切れ肉…100g
   卵白…1個分
   長ネギ…10cm
   生姜…1片
   白だし…大さじ1

 ライスペーパー(大きいタイプを1/2にカット)…6枚
 水溶き片栗粉…少々
 揚げ油…適量
 小ネギ(小口切り)…少々
 天つゆ…適量

 <作り方>
1)春巻きの種をチョッパー等に入れてガァ~します。

1372499478

2)ぬるま湯に潜らせたライスペーパーで巻き、水溶き片栗粉で巻き終わりを閉じます。

1372499494

3)180℃くらいの揚げ油で揚げて、天つゆを掛け、小ネギを散らして完成!

1372499505 (2)

味は付いているので、そのままでもOK!

1372499513 (2)

DSC01407 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


前回の訪沖で、キャビア・パーティーするよ!と声を掛けてLDK luccaに集合。

DSC01397 (2) (500x375)

前回は3日続けて行きました。
今回もそのくらい行きそうですが、取り敢えず到着日にパーティー。

DSC01398 (2)

キャビアにはやっぱりコレ↓

DSC01399 (2)

おまかせコース(ってのがメニューにあるか分かりませんが……)で最初に出てきたキャビア料理が生牡蠣の泡ソースキャビア載せ。
ニューヨークのCAVIAR RUSSEでも、同じ料理がありました。

DSC01402 (2) (500x375)

でも、コチラの泡ソースは出し汁から作っているそうデス。

DSC01404 (2) (500x375)

続いて、本日の主役!キャビアの登場。
我々のリクエスト通りの薬味と、茹でたポテトのスライス、薄切りトーストを準備して頂きました。
ちゃんとシェルのスプーンが添えられております。

DSC01413 (2) (500x375)

そして、ヤングコーンのウニ&キャビアソース。
このソース、絶品デス!

DSC01419 (2)

ドンペリ2本飲んだ後は、rindo。
島らっきょうの生ハム巻きにもキャビアが載ってる!

DSC01421 (2) (500x375)

そして、ワンスプーン・パスタ。
ウニ&キャビア載せ。

DSC01424 (2)

チーズのハモンセラーノ巻き(?)
このヘンから、記憶が曖昧。。。

DSC01426 (2) (500x375)

そして、ご立派なナイフが登場!
お肉料理用にナイフを選ぶのだそうデス。

DSC01427 (2) (500x375)

ヒゲ博士のリクエスト、ローストビーフ。

DSC01429 (2) (500x375)

シェフのワゴンサービス。
目の前で切って盛り付けてくれました。

DSC01433 (2)

ド~~~ン!
(ローストビーフって言うか、超厚切りステーキ!?)

DSC01438 (2) (500x375)

ア~、楽しかった!
(この後、ドコに行ったのか記憶にナイけど。。。)

注:今回のメニューはスペシャル・オーダーです。
ワガママ聞いて頂いてありがとうございました!m(__)m

1367931952 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


温泉宿のブティックでお買い物。

刺繍入りの気に入ったデニムシャツがあったので試着をし、買おうとおもって試着室のカーテンを開けたら、見知らぬ人の影がフッと通り過ぎました。

ナンだろうと訝りながらテーブルの上を見ると、そこへ置いたはずのデニムシャツがありません。

きっと、さっきの人が取っていったのだワ! と思い、その人の後を追うと直ぐ隣の宴会場へ入って行く後姿が見えました。

宴会場に踏み込むと、大勢の人たちが宴会中💦
追い掛けた人がドコにいるのか、さっぱり分かりません。

そこで、皆に聞こえるように大声で、
「ブティックからシャツを盗った人を探していま~す!」と叫び、ひとりひとりの御膳の下を見て歩きます。

すると、顔見知りの人がいて、問い掛けられました。
「探しているのは、その着ているシャツと同じような感じですか?」

自分が着ている服を見て、ゾゾゾ~と血の気が引いて行きました。
デニムシャツを脱いではいなかったのです。

盗っ人は自分!

宴会場の人々に謝り、謝り、謝り続け。。。目が覚めました。

夢の中で、マジで血の気が引いていました。
ハァ~、夢でホントに良かった~💦


ハイ、本日のレシピは居酒屋メニュー?
西京味噌床フル活用! 

3日間漬けた鶏もも肉としめじの豚バラ肉巻きを串に刺して、オーブントースターで簡単に焼いてみました♪



☆鶏肉と豚バラしめじの西京焼き☆レシピ

 <材料:2人分>
 鶏もも肉…1枚
 塩…少々
 豚バラ肉薄切り…6枚
 しめじ(小房に分ける)…適量

 西京味噌床材料&作り方→クリームチーズの西京漬け 

 <作り方>
1)鶏肉を食べやすい大きさに切り、塩を振って15分ほど経ったら水分を拭きます。

1367931963

豚肉を広げてしめじを巻きます。

1367931968

2)味噌床に鶏肉と豚バラ巻きを並べ蓋をして冷蔵庫で3日間寝かせます。

1367931977

下は3日後の写真です。

1367931982

3)それぞれを串に刺して、アルミホイルをクシャクシャにしてから広げた上に載せます。

1367931987

240℃のオーブントースターで4~5分、裏返して4~5分焼きます。

1367931992

4)器に盛り付けて完成!

1367932006

1381068878 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ふと思い立ち、今まで作ったオリジナルレシピに通し番号を付けてみました。

ナント、ブログ内だけで930品ありました! 自分でもビックリ!
(もちろん、重複しているレシピやヒゲ博士レシピは抜いた数デス)

おウチごはんは、ほぼ毎回オリジナル料理がテーブル上に出されているというコトになり、食べさせられる方もイチイチ評価しなくてはならず、大変でしょうね。。。
(他人事~♪ )

お料理に関するメモや家計簿のようなものを付け始めたのは、さらにその前からですので、ホントはもっとあるのでしょうが、このブログ内だけでも記録することが出来ていてとっても満足。

この調子ですと、1,000の大台まで届きそうな予感デス🎶


さて、本日のレシピもJUNOの勝手にモニター再UPシリーズ!
第1弾はコチラ↓
肉の三段活用!? トン・トン・トン de うまソース
第2弾はコチラ↓
鶏手羽中のうまソース焼き

今回は、うまソースで超簡単に作れる炒め物デス♪



☆茄子と豚肉のうまソース炒め☆レシピ

 <材料:2人分>
 豚ロース肉…100g
 
 下味:
   日本酒…大さじ1
   ブルドック うまソース…大さじ1
   すりおろし生姜…小さじ1
   すりおろしニンニク…小さじ1

 ナス…2本
 舞茸…40g
 タマネギ…1/2個
 オリーブオイル…大さじ1
 輪切り赤唐辛子…ひとつまみ
 ブルドック うまソース…大さじ1
 黒コショウ…少々

 <作り方>
1)ナスはヘタを切り、半分に切って斜め切りにし、水に晒しておきます。

1381068643

豚肉は1cmくらいの幅に切り、下味の材料を混ぜ合わせた中に10分くらい漬けておきます。

1381068650

2)フライパンにオイルを引き、唐辛子を炒め、スライスしたタマネギを加えて炒めます。

1381068727

食べやすい大きさに切った舞茸と水切りしたナスも加えます。

1381068737

3)フライパンの中央を空けて、豚肉を入れて炒めます。

1381068742

うまソースと黒コショウを加えます。

1381068747

4)器に盛り付けて、完成!

1381068627 (2)

1380296821 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


以前、2人で行けば1人分のコース料理がタダ、というカード会社のサービスがあったので、銀座の鮑料理専門店「あわびの源太」に行ってみました。

頂いたのは特選あわび懐石という鮑のコース。
(鮑専門店だから、当たり前。。。)

お通しに続き、水槽から捕ったばかりのあわびの水貝。

「豪快丸かじり」とメニューに書いてあるのですが、歯が立たず💦、細かく切って頂きました。

13802969141380296925

しそ焼きに茶巾揚げ。

13802969451380306894

あわびのウニ焼き、海鮮潮汁、あわび秀飯……、と鮑尽くしでございました。

13803069781380306999

この後は、3年振りにお店に来たのに、ちゃんと半分ほど残っていた泡盛のボトルを空け、2軒ほどハシゴをして酔っ払い(銀座で沖縄並みにハシゴをしたら、カード領収書を見て、多分酔いがぶっ飛ぶであろう。。。)、翌朝起きてもゴキゲンでした♪


本日は、JUNOの勝手にモニター再UPシリーズ!
第1弾はコチラ↓
肉の三段活用!? トン・トン・トン de うまソース

今回は超簡単に出来ちゃうおつまみ、鶏手羽中のうまソース焼きデス♪



☆鶏手羽中のうまソース焼き☆レシピ

 <材料:2人分>
 鶏手羽中二ツ割…10本

 漬け汁:
   ブルドック うまソース…大さじ3
   すりおろし生姜…小さじ1
   すりおろしニンニク…小さじ1
   黒コショウ…少々

 いり白ゴマ…少々

 <作り方>
1)漬け汁の材料をジッパー付きの袋に入れ、混ぜ合わせてから鶏手羽中を入れて揉み込み、冷蔵庫で1晩くらい置いておきます。

1380296795

2)クッキングシートを敷いたオーブン皿に鶏肉を並べ、200℃のオーブントースターで途中引っくり返しながら15分焼きます。

1380296811

3)お皿に盛り付け、白ゴマを振り掛けて完成!

1380296760 (2)

DSC09221 (3)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


録画していた『二ツ星の料理人』を見たら、すんごく凝った料理を作りたくなって、その晩作ったのがコレ。

お皿の盛り付け以外は、問題なくGOOD!

今、映画のHPを見てみたら、クックパッドにリンクしているのを発見!
キャー、コレを先に見ていれば、盛り付けの参考になったのに~💦
(見ていても、ムリか。。。)

ちなみに、お魚料理にポーチドエッグを載せるのは、映画のワンシーンにあったのをマネッコしました。
そして、以前から作りたかったニンジンのピュレは、フレンチ鉄板 ahillのマネッコです。
(作り方は知りませんので、いつものようにテキトー)

久し振りに、長~い材料と長~い工程のレシピとなりました🎶



☆めかじきのニンニクバターソース~ジャガイモとニンジンのピュレ、ポーチドエッグを添えて~☆

 <材料:2人分>
 めかじき…3切れ
 塩コショウ…少々
 オリーブオイル…大さじ1
 日本酒…大さじ1 

 ニンジン・ピュレ:
     ニンジン(中)…1本
     ブイヨンスープ…200cc
     白コショウ…少々

 ジャガイモ・ピュレ:
     ジャガイモ(中)…1個
     ブイヨンスープ…100cc
     牛乳…適量
     白コショウ…少々

 ニンニクバターソース:
     ニンニク(微塵切り)…2粒
     バター…15g
     醤油…小さじ1

 ポーチドエッグ:
     卵…2個
     酢…大さじ2
     塩…小さじ1

 <作り方>
1)2種類のピュレを作ります。
ブイヨンスープの中に皮を剥いてスライスしたニンジンを入れ、やわらかくなるまで中火で煮ます。

DSC09193 (350x233)

2)ジャガイモも同様に煮ます。

DSC09194 (350x233)

3)それぞれをブレンダーで潰します。

DSC09196 (350x233)

4)ジャガイモには牛乳を少しずつ加えて、焦がさないように弱火に掛けてから白コショウを加えます。

DSC09199 (350x233)

5)ニンジンは水分がなくなるまで、火に掛けてから白コショウを加えます。

DSC09200 (350x233)

6)ポーチドエッグを作ります。
沸騰した湯に酢と塩を入れ、火を弱めてから卵を落とします。
2個の卵がくっつかないように、穴開きお玉などで移動させながら3分弱くらい茹でます。

DSC09202 (350x233)

7)キッチンペーパーの上に湯を切って載せておきます。

DSC09203 (350x233)

8)めかじきは半分くらいに切って、塩コショウしておきます。

DSC09204 (350x233)

9)オイルを引いたフライパンで焼きます。

DSC09205 (350x233)

10)引っくり返したら、日本酒を注いで蓋をして蒸し焼きにします。

DSC09206 (350x233)

11)めかじきを一旦取り出し、同じフライパンにバターを入れます。

DSC09207 (350x233)

12)ニンニクを加えて炒め、香りが出てきたら醤油を加えます。

DSC09208 (350x233)

13)めかじきをフライパンに戻し、ソースを軽く絡めます。

DSC09209 (350x233)

14)お皿にニンジン・ピュレを載せ、めかじきを盛り付け、ニンニクソースを掛けて、ポーチドエッグを載せ、周りにジャガイモとニンジンのピュレ、その上に残りのソースを掛ければ完成!

DSC09223 (3)

トロ~リ、ポーチドエッグとソース&ピュレを絡めて召し上がれ!

DSC09228 (3)

DSC09184 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


喉が渇いて、ナンかないかなぁ、と冷蔵庫を覗くとノンアルコールビールが数本。

酒飲みのウチに何故ノンアルがあるかと言うと、ネットスーパーでビールを注文した時に強制的(?)に試飲品として付いてきたのダ。

アルコールを買ったのに、ナンでノンアルが付いてくるのダ!
……と思いながらも冷蔵庫に一応保存。

コレは、夕食時や浮かれた休日のランチ時に飲むワケがナイので、週始めの月曜日の昼間の渇いた喉を潤すには最適だワッ!

……などと思い、コレ↓飲んでみた!

DSC_2724 (2)

以前、母が飲んでいたキリンフリーよりは、全然飲める。
と言って、ビールと同じかと聞かれると味はキリンフリーに近い。

しかし、平日の昼間に仕事をしながら飲むと罪悪感を覚えるのはナゼだろー?
そして、普通の炭酸飲料を飲むよりは、何となく気分が良くなってくるのもナゼだろー?

『ノンアルコールビールを飲むことで寝つきが良くなり、不安感を減らせる』という発表がアメリカではあったらしいので、寝付きが悪過ぎてお酒を飲み過ぎるヒゲ博士に勧めてみたら、2本飲んでも朝まで寝られなかった💦


さて、本日のレシピは、ノンアルコールビールと共に平日のランチにピッタリな超、超簡単な明太子スパゲッティ
シンプルですが絶品デス♪



☆材料4つの明太子スパゲッティ☆レシピ

 <材料:1人分>
 スパゲッティ(1.6mm)…100g
 明太子(片腹)…40~45g
 バター…10g
 刻み海苔…適量

 <作り方>
1)たっぷりの沸騰した湯に塩(材料外)を入れて、スパゲッティを表示時間より1分少なめに茹でます。

DSC09179 (350x233)

2)皮を取った明太子をボウルに入れて、バターを加えます。

DSC09181 (350x233)

3)茹で上がったスパゲッティを湯きりしてボウルの中に入れ、手早く混ぜ合わせます。

DSC09182 (350x233)

4)お皿に盛り、刻み海苔を振り掛けて完成!

DSC09189 (2)

余計なものは入れない!
でも、いつも美味し~い🎶

DSC09190 (2)

1380021852 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


最近、モニター等に応募しない理由は、いつ届けられるか分からないので、在宅不安定(?)なJUNOめは日にち指定が出来ない荷物が受け取れないからです。。。

そこで、モニター品は受け取れないけれど、勝手にモニターしたレシピを載せてみるコトにしました。

そう、JUNOの勝手にモニター再UPシリーズの復活デス!
(何でも、シリーズ化するヤツ。。。)

今回は、レシピブログさまの「うまソースで失敗知らず!お酒にもぴったりなおかずレシピ」がテーマです。

実は、どちらかと言うと、お醤油派で、ソースレシピは余り登場しないのですが、我が家には強力なブルドックソース派がおりますので、色々なレシピで試してみようかと思います。

……で、本日のレシピは投稿する第1弾デス。
使うのは、うまソースですが、豚!豚!豚!で作ってみました♪



☆肉の三段活用!? トン・トン・トン de うまソース☆レシピ

 <材料:2人分>
 ポークソーセージ…5本
 ベーコン(薄切り)…35g
 豚ロース肉(薄切り)…5枚
 粒マスタード…適量
 ブルドック うまソース…大さじ1
 トマトジュース…200ml
 オリーブオイル…少々

 ガルニ:さらしタマネギ

 <作り方>
1)豚肉を広げ、ベーコンを載せてマスタードを塗り、斜めに切り込みを入れたソーセージを載せます。

1380021791

2)クルクルと丸めて楊枝を刺します。

1380021796

3)オイルを引いたフライパンで豚肉の合わせ目を下にして焼きます。

1380021805

4)うまソースとトマトジュースを加えます。

1380021839

5)楊枝を抜き、ソースが半量位になるまで煮詰めます。

1380021845

6)ソースと巻き豚をお皿に載せて、さらしタマネギを添えれば完成!

1380021732

お酒が進むおつまみデス☆

1380021858 (2)

1367840684


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


結局、LDK luccaには日曜定休を挟んで、3日間行きました!

3日目にも友人と3人で、ワインを頂きながら、レバーパテ、

DSC_2729 (2)

鯛のグリル、

DSC_2733 (2)

友人が食べた生牡蠣、

DSC_2735 (2)

燃える炎の中で完成する、ペペロンチーノスパゲッティ、&仔羊のグラタン

DSC_2739 (2)

そして、次回の訪沖のパーティーの予約までしておりました💦


さて、本日は以前の沖縄滞在中の昼飲み会での二品。

その1)生牡蠣&バジルソース焼き。
その2)ヒゲ博士作、ヒマ過ぎて大量に作ったミートソースのシェルマカロニ。

今回のレシピはソースのリンクのみデス。



☆生牡蠣&牡蠣のバジルソース焼き☆

 <作り方>
1)牡蠣にバジルソースを載せてオーブントースターで焼くだけ♪

バジルソース・レシピ:☆バジルソース on the 6P☆

13678407281367840735


☆ミートソース・マカロニ☆

 <作り方>
1)お好きなマカロニを表示時間通りに多めの塩を入れて沸騰させた湯で茹でて、ミートソースに絡めるだけ♪

ミートソース・レシピ:☆大人味のニンニク入りミートソース☆

1367840957

DSC09166 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


沖縄滞在中は、おウチのリビングから大きな窓越しにバルコニーで咲く花々(それ程の種類はナイが……💦)をボ~ッと見ている時間が多いのですが、それで癒されているような気がします。

DSC_2608 (2)

一度、ダメになりかけた花も復活することが多く、ハイビスカスも咲き始めております。

DSC_2609 (2)

やはり、沖縄の木々は生命力が強い! そんな感じがします。
その活力が窓越しに伝わってきて、エネルギーを頂いているような気になるのです。

晴れの日もイイのですが、雨の多い梅雨の時期には、カタツムリが何匹も現れてきて(アフリカマイマイではナイ💦)、のんびりとした行動で楽しませてくれます。

そんな日常の風景を眺めているだけで、「シアワセだね」と呟いてしまうのです。


さて、お久し振りにレシピです。
超簡単にパスタ de ランチ!



☆アンチョビとホウレン草のスパゲッティ☆レシピ

 <材料:1人分>
 スパゲッティ(1.6mm)…85g
 アンチョビフィレ(微塵切り)…2枚
 ホウレン草(食べやすい大きさにカット)…適量
 ニンニク(微塵切り)…小さじ1
 赤唐辛子(ホール)…1本
 しめじ…適量
 パルミジャーノレッジャーノ(細かくする)…大さじ1

 <作り方>
1)たっぷりの沸騰した湯に塩(材料外)を入れて、スパゲッティを表示時間より3分少なめに茹でます。

DSC09152 (350x233)

2)フライパンにアンチョビとアンチョビのオイル、ニンニク、赤唐辛子を加えて炒めます。

DSC09151 (350x233)

3)ホウレン草を加えて炒めます。

DSC09153 (350x233)

4)しめじも加えます。

DSC09154 (350x233)

5)スパゲッティを余り湯切りをせずにフライパンに入れ、1分30秒ソースを絡めながら炒めます。

DSC09155 (350x233)

6)パルミジャーノを加えて混ぜ合わせます。

DSC09156 (350x233)

7)お皿に盛り付けて完成!

DSC09159 (2)

今回は冷凍のカットホウレン草を使用しました。
ちょっとだけ使いたい時に便利デス♪

DSC09175 (2)

DSC_2742 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


沖縄の食べ歩きに続き、本日は東京の食べ歩きデス。

初!GINZA SIX
中央に展示されている草間彌生氏のインスタレーション。
丁度、草間氏デザインのバッグを持っていたので、お揃い(*'▽')

DSC_2726 (2)

6Fにイロイロなレストランがあるようでしたので、グルッと見学してみました。

10軒ほどの店舗が集まる「銀座大食堂」でハシゴってのも面白そうでしたが、何となく落ち着かない雰囲気でしたので、他のお店を探してブラブラ。

美味しそうなお肉が店頭に飾られていたのに目を惹かれ、Salt grill & tapas bar by Luke Manganに入ってみることにしました。

DSC_2730 (2)

まずは、オーストラリア産のスパークリングワインとキャビア 15g ブリニ サワークリーム チャイブ。

ブリニ(パンケーキ)に薬味も5種類揃っていて、4800円。
ゆで卵の白身と黄身を別々に裏ごししているのが添えられていてウレシイ♪

DSC_2733 (2)

ホタテのソテー カリフラワーピュレ XO醤ソース, クリスピーポークスキン

DSC_2736 (2)

シャルキュトリー パテ ド カンパーニュ チョリソー プロシュート チキンレバーパルフェ ラムプロシュート ブレッド ピクルス
(長ッ! でもパテとチキンレバーが美味しかった)


DSC_2739 (2)

クイーンズランド産 大麦牛 フィレ 200g カボチャのピュレ ビーフマーマレード アスパラガス ラディッシュのピクルス

DSC_2741 (2)

オーストラリア料理と知らずに入ったので、ワインリストにオーストラリア産しかない、と不満げなヒゲ博士。
でも、オススメの赤ワインを選んで頂き、ステーキと共に美味しく頂きました♪

DSC_2744 (2)

スタッフさんたちが皆、明るく丁寧で、帰りには担当の方に名刺を頂き、お見送りまでしてくれるキチンとしたお店です。

DSC_2747 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


お久し振りデス、季節料理 たいよう

ちゃんと、暖簾が出ていて一安心。
(コチラの大将、営業していても手が回らないと暖簾出さないの。。。)

新しいホール・スタッフさんもいて、コレまた一安心。

そしてこの日は、のどぐろが!
お魚の中で一番愛している、のどぐろちゃんがおりました。

まずは、お刺身~♪

DSC_2743 (2)

ウマイ!
シアワセ!

続いて、煮穴子にフグの白子焼き。
トロ~リ♪

DSC_2745 (2)

今は、捌かれているフグが仕入れられるのでドコでも食べられますが、コチラの大将は、ふぐ調理師免許もちゃんと持っているので安心デス。

そして、握りものどぐろ~!

DSC_2749 (2)

のどぐろ、3貫食べた。

ココに来る数日前に、とあるホテル地下にある回転寿司で食べたのどぐろが美味しくなかったので、大満足デス。

「のどぐろが美味しくないって珍しいですね。逆に食べてみたい」とは、大将のお言葉でした。


関連ランキング:寿司 | 県庁前駅美栄橋駅旭橋駅

DSC01358 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ノルウェージャン ブレイクアウェイに続き、ぱしふぃっく びいなすも本日で終了。

では、ぱしふぃっく びいなす 世界自然遺産 小笠原クルーズのみ見たい方のために(エッ? コレもイナイ💦)下記にリンク出来るようにしました。

ぱしふぃっく びいなす 世界自然遺産 小笠原クルーズ【ロイヤルスイートルームA】
ぱしふぃっく びいなす 世界自然遺産 小笠原クルーズ【初日のディナー】
ぱしふぃっく びいなす 世界自然遺産 小笠原クルーズ【鳥島/孀婦岩:2日目のランチ】
ぱしふぃっく びいなす 世界自然遺産 小笠原クルーズ【2日目のディナー】
ぱしふぃっく びいなす 世界自然遺産 小笠原クルーズ【父島上陸!】
ぱしふぃっく びいなす 世界自然遺産 小笠原クルーズ【3日目のディナー】
ぱしふぃっく びいなす 世界自然遺産 小笠原クルーズ【ビンゴ大会でBoth win!】
ぱしふぃっく びいなす 世界自然遺産 小笠原クルーズ【最後のディナー】

そして、下船日の朝食も納豆デス。
出し巻き卵を目玉焼きに替えてもらっております。

DSC01355 (2)

富士山、通過~♪

DSC01351 (2)

横浜ベイブリッジ通過~♪

DSC01364 (2)

船から見ると、結構、ギリ💦に見えるんですケド。。。

DSC01368 (2)

横浜港到着~♪

DSC01374 (2)

港からも富士山が美しく望めました。

小笠原クルーズは期待し過ぎた分、そんなでもなかったカナ。
イルカとかクジラが普通にピョンピョン海で泳いでいると思い込んでいたの。

クジラはいたらしいケド、アホJUNOめは見られなかったし。。。
アホだけに、アホウドリはイッパイ見たケド。。。

ぱしふぃっく びいなすのサービスは、思っていたよりも良かったです。
でも、揺れますね。
お食事は、にっぽん丸の勝ち!

DSC01012 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ノルウェージャン ブレイクアウェイ下船後の記事も本日でオシマイ!

旅行も長かったケド、記事も長過ぎたワッ。
(途中で厭きてきた。。。)

しかも、間に沖縄食べ歩きやら、東京食べ歩きやら、ぱしふぃっく びいなすなどが挿入されていたので、ニューヨーク・カリブ海クルーズ11日間のみを見たかった人のために(エッ? イナイ?💦)、下記にリンク出来るようにしました。

羽田発ニューヨーク行【全日空ビジネスクラス】
CAVIAR RUSSE【ニューヨーク シティ ミッドタウン】
The Irish Pub & New York Hilton Midtown【ニューヨーク シティ ミッドタウン】
ノルウェージャン ブレイクアウェイ【ミニスイートの客室】
ノルウェージャン ブレイクアウェイ【メインダイニングルーム テイストでランチ】
ノルウェージャン ブレイクアウェイ【グレートスターラップケイ:バハマ】
ノルウェージャン ブレイクアウェイ【3日目のディナー】
ノルウェージャン ブレイクアウェイ【ナッソー:バハマ】
ノルウェージャン ブレイクアウェイ【5日目のディナーはマンハッタンルーム】
ノルウェージャン ブレイクアウェイ【最後のディナー】
ノルウェージャン ブレイクアウェイ【ポートカナベラル:ケネディ宇宙センター】
ノルウェージャン ブレイクアウェイ【ワンワールドトレードセンター&グラウンドゼロ 9.11メモリアル:ニューヨーク】
ロックフェラー センター&メトロポリタン美術館【ニューヨーク シティ】

そして最後は、ニューヨークのファーストクラス-ラウンジの御紹介。

ゆったり、広い空間で頂けるのは、サンドイッチやチーズ、

DSC01006 (2)

もちろん、お酒♪

DSC01007 (2)

サラダやおつまみ、

DSC01008 (2)

スープやパンなどです。

DSC01010 (2)

注文式のレストランはなかったのですが、お腹が空いているワケではないので充分デス。

そして、機内食も御紹介♪
行きと同様、アミューズにスープにメイン。

DSC01011 (2)

カレーなどもあり、

DSC01013 (2)

サンドイッチなども頂きました。

DSC01014 (2)

ニューヨーク~バハマだと、気温の差が激しいので、体調管理が大変でした。

ノルウェージャン ブレイクアウェイは今まで乗船した船の中で一番大きかった客船ですが、寄港地で不便な感じはしませんでした。

プライベート・アイランドが楽しかったデス♪
でも、ニューヨークは遠~いナ。。。
もっと、若い頃に行くべき街ですネ。

DSC01331 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ぱしふぃっく びいなす、下船前日の夕食は洋食でした!

DSC01330 (2)

前菜には、タラバ蟹のカプレーゼ
スープはコンソメロワイヤル

DSC01338 (2)

オマール海老のグリル

DSC01339 (2)

洋梨のシャーベット

DSC01341 (2)

和牛ほほ肉の煮込み

DSC01344 (2)

デザート

DSC01346 (2)

そして、食後にオセロで負ける。。。

DSC01348 (2)

いつも、負ける。。。(アホなのか?)

……To be continued.

DSC_2749 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


前回の訪沖で、国際通り屋台村で飲んだ後、声を掛けられて振り向くと懐かしいお顔が……。

「お店出したんですよ!」ってコトでショップカードを頂き、今回行って来ましたLDK lucca

ココのオーナーシェフは、以前「車庫」にいる時に、イロイロ我儘を聞いて下さった方なのデス。
そしてご自身のお店をオープン!

DSC_2756 (2)

「車庫」と同じく、オープンキッチンでシェフのお料理が見られます。

DSC_2734 (2)

カウンター席の他に、落ち着けるテーブル席もあります。

DSC_2731 (2)

この日のメニューはこんな感じ。
材料の仕入れによって、その日のメニューを組み立てて行くみたいです。

DSC_2733 (2)

そして、ワインセラーも完備。

DSC_2729 (2)

まずは、クリームチーズのアミューズと共に、ウェルカムスパークリングワイン。

DSC_2736 (2)

そして、ワインセラーで選んできた赤ワイン。

DSC_2738 (2)

ハモンセラーノと生牡蠣。

DSC_2740 (2)

生牡蠣はソースを選べます。

DSC_2754 (2)

仔羊のグラタン。
IRISH PUB The Smuggler'sのシェパーズパイに触発されて作ったそうです。
羊肉は(料理するケド)苦手な方なのですが、コレは臭みもなくとっても美味しい!

DSC_2743 (2)

ゴルゴンゾーラのペンネ。

DSC_2745 (2)

デキャンタに注がれるワインはrindo

DSC_2749 (2)

そしてワインに合うフォアグラ。

DSC_2752 (2)

翌日にも行って、ピクルス盛り合わせ。

DSC_2735 (2)

タコのラグーパスタなどを頂きました。

DSC_2742 (2)

「LDK」と店名に付けた理由は、おウチにいるような寛げる空間にしたかった、とのこと。
ステキなスタッフの方々も揃っていて、2日間連続で行っちゃうほど寛いでしまいました。

DSC00997 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ノルウェージャン ブレイクアウェイ下船後は、飛行機の出発時刻まで時間があるので観光をしました。

DSC00910 (2)

まずは、ロックフェラー センター。

DSC00909 (2)

12月には特大のクリスマスツリーが飾られることで有名らしいのですが、訪れた時は万国の国旗とプロメテウスの黄金像が立つ前にスケートリンクがあり、人々の憩いの場となっているようです。

DSC00924 (2)

そして、メトロポリタン美術館へ。

DSC01002 (2)

写真撮影OKなので、バシャバシャいっぱい撮って来たのですが、余りに多いので自分の好みの作品をUPさせて頂きますね。

まずは、武器・鎧のコレクションのお部屋です。

DSC00932 (2)

次にアメリカンウィングの広場です。

DSC00934 (2)

ティファニーのステンドグラスが見所。

DSC00936 (2)

そして、エジプト美術。
一番の必見はデンドゥール神殿。

DSC00942 (2)

エジプトから寄贈された遺跡らしいです。

ナイル川をイメージしたこの場所は、広々としていて、足腰の弱い人間にはちょいとキツイこの美術館の中で、座って安らげる空間です。

DSC00947 (2)

日本アートの世界には、庭園っぽいものがあったり、

DSC00943 (2)

金色のお座敷?らしきものもあったり、
(黄金の茶室にしたかったのかな?)

DSC00956 (2)

千住博氏の『水神宮』も展示されております。

DSC00954 (2)

アメリカンウィング2F、ジョン・シンガー・サージェント『マダムX』。
この絵は実在の人妻を描いたものとしてはあまりにも官能的であり品がないとして、当時の批評家から非難されたそうです。

DSC00961 (2)

エドガー・ドガのお部屋。

DSC00969 (2)

バレリーナの作品で有名ですね。
『The Dance Class』

DSC00971 (2)

ヨーロッパ絵画から、ルノワール。
『ジョルジュ・シャルパンティエ夫人と子供たち』
夫人の隣で椅子に座っている子供は弟だそうです。
小さい頃、この人の作品が大好きでした。
女の子(?)のフワフワな髪の毛に憧れたものです。

DSC00973 (2)

ゴッホの『自画像』。

DSC00977 (2)

『糸杉のある麦畑』
他にもゴッホ作品が数多く展示されております。
こんな風に間近で見られちゃう。

DSC00983 (2)

ポール・ゴーギャンの『イア・オラナ・マリア(アヴェ・マリア、マリア礼賛)』。

DSC00978 (2)

ジョルジュ・スーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』。
ナンか違うなぁ、小っちゃいし。。。と思っていたらコレは習作で、完成作品はシカゴ美術館にあるそうです。

DSC00980 (2)

クロード・モネの『睡蓮』。

DSC00986 (2)

パブロ・ピカソの『アルルカン(道化師)』。
「青の時代」の作品です。

DSC00988 (2)

マルク・シャガールの『Lovers Among Lilacs』。

DSC00992 (2)

有名絵画ばかりを集めたような美術館で、写真を撮りまくっておりました。

ちょっと疲れたので、ペトリーコートカフェにて休憩。

DSC00994 (2)

ビールとラザニア。

DSC00996 (2)

美味しそうでしょ?↑
(実は美味しくないの。。。)

我々のを見て隣の女性が同じものを注文していた。
やはり半分以上残していた。。。

このカフェはヨーロッパ彫刻・装飾美術のそばにあります。

DSC00999 (2)

見応えのある美術館でした。

しかし、館内を見学している間、昔聞いていたNHKみんなのうたの「メトロポリタン美術館」が頭の中から消えませんでした💦



そして、空港へと向かいました。

DSC01004 (2)

……To be continued.

DSC01305 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


4日目のぱしふぃっく びいなすは、終日航海日。

連日の和食にも慣れてきたJUNOめ、この朝も納豆で元気になるゥ!

DSC01303 (2)

そして、朝9時~のビンゴ大会に参加。
(朝9時って早くない!?)

外国船だと終日航海日には毎日2回ほど開催されるビンゴ大会ですが、ビンゴカードは$30~$80くらいで購入しなければなりません。
その代わり、現金が当たります!

国内船は、現金賭博が出来ないので、参加費は無料です。
その代わり、お土産品(のようなもの)が当たります!

で、ゆらゆら揺れる船の中でのビンゴ大会。
ナント、ヒゲ博士が最初のゲームの1番目の勝者に!!!

最初の勝者だけインタビューされちゃいます。

DSC01311 (2)

そして、賞品に赤ワインを選んで意気揚々と戻ってきました。

さらに、2回目のゲームではJUNOめが最初の勝者に!!!
夫婦共、インタビューされちゃいました。
(ヒゲ博士、JUNOめの勝利シーン、写してくれなかったの。。。ひどくない!?)

そして、賞品に白ワインを選んで意気揚々と戻りました。

DSC01316 (2)

レストランで飲んでいるワインです。
赤、白Get!
おウチまでお持ち帰りしました。

しかし、最後のゲームは逃しました。
何故なら、最後まで1つも数字が当たらない人が勝者、のゲームだったのデス。
そして、その運が良いのか悪いのか分からない方の賞品が「次回のクルーズの5万円割引券」。
御招待券じゃないトコロが微妙。。。

DSC01322 (2)

そして、再び鳥島、孀婦岩沖を通過した後、客室係の方が毎日たくさん置いといてくれるウイスキーで乾杯。

DSC01327 (2)

ランチに行かなかったので、ルームサービスでハムとチーズのプレートを注文しました。

DSC01329 (2)

ちなみに、このお部屋はクリーニングやお洗濯&プレスも無料なので、帰って来てから山盛りのお洗濯がない分ラクチンでした🎶

……To be continued.

DSC00902 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ノルウェージャン ブレイクアウェイは夜が明ける頃、ニューヨークへ入港です。

DSC00889 (2)

美しい摩天楼の街並みを眺めながら、そう言えばクルーズ出発前にワンワールドトレードセンターに行ったなぁ、などと思い出しましたので、またまたさかのぼってニューヨーク観光のお話をしようかと思います。

DSC00893 (2)

……と、その前に下船日の朝食。

DSC00901 (2)

最終日になって、初めてちゃんとした朝食を食べたような気がします。
(ウン、毎朝朝食の時間には起きられなかったネ💦)

DSC00902 (3)

そして、下船。
ノルウェージャン ブレイクアウェイとも、ココでお別れ~(;_;)/~~~

DSC_2584 (2)

お話は、ワンワールドトレードセンターへと戻ります。
ワンワールドトレードセンターはツイン タワーの跡地近くに立つ西半球で最も高い建物。

DSC00521 (2)

入場して、100階のメイン展望台へ。

DSC00517 (2)

それほどの高さは感じられませんが、ニューヨークを一望できます。

DSC00497 (2)

ぐるり一周♪

DSC00483 (2)

自由の女神って島の上にあったのね。。。(知らんかった💦)

DSC00487 (2)

全然怖くないので、足元の下が見えるガラスの上で子供たちが遊んでおります。

DSC00491 (2)

そして、エレベーターで降り、

DSC00502 (2)

ウエスト・コンコース、「世界で最も高い通路」へ向かいます。

DSC00504 (2)

その額およそ2億2,500万ドル💦
通路自体は600フィート(約183m)なので、1m進むごとに約1.2億円ほどかかったということです。

DSC00506 (2)

ワールド・トーレド・センター・トランスポーテーション・ハブの駅建設費用40億ドル、だそうデス💦

DSC00508 (2)

天井の向こうにワンワールドトレードセンターが見えます。

DSC00513 (2)

そして、今も哀しみの傷跡が残るグラウンドゼロへ。

DSC00524 (2)

2001.9.11世界中を震撼させた同時多発テロの犠牲者は2983名だそうです。

DSC00525 (2)

ワールドトレードセンターの跡地であるメモリアルパークには、2つの大きな滝が建設されておりました。

そして、このノースプール、サウスプールの縁には犠牲者の方々のお名前が、犠牲となった最後の場所に彫られております。

DSC00531 (2)

No Day Shall Erase You From Memory.


ニューヨークの哀しみの地をもう1ヵ所。
ジョン レノンが殺害されたダコタ・ハウスです。

DSC00575 (2)

そして、道路を渡れば、ストロベリー フィールズ - ジョン レノン メモリアルが、セントラル パークの庭園内にあります。

DSC00576 (2)

ジョン レノンのためのモザイクの記念碑には、今も人々によって花が手向けられておりました。

DSC00580 (2)

……To be continued.

DSC01285 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ぱしふぃっく びいなす、父島寄港後はゆっくりゆっくり帰るのみ。

DSC01259 (2)

父島に別れを告げ、海に沈み行く夕陽をバルコニーから眺めます。

DSC01280 (2)

鯨を見られなかった分、夕陽を堪能した後は、いつものレストランにて御夕食。
朝、昼、晩と和食でアル。

DSC01283 (2)

前菜三種

DSC01284 (2)

お造り、中トロ・牡丹海老

DSC01287 (2)

冬瓜の海老そぼろがけ

DSC01288 (2)

みつせ鶏の塩麹焼き

DSC01289 (2)

うぐいす蓮根と山菜の天麩羅

DSC01290 (2)

鯛の島寿司
(沖縄では大東寿司。ちなみに小笠原の島寿司が大東寿司のルーツらしいデス)

DSC01292 (2)

ほうじ茶とやぶきた茶の餡蜜

DSC01293 (2)

お食事後は、カジノで遊ぶ。

……To be continued.

DSC00739 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


そろそろ下船のハズのノルウェージャン ブレイクアウェイですが、最初の寄港地ポートカナベラルを飛ばしてグレートスターラップケイの記事になってしまいましたので、ポートカナベラルから観光した「ケネディ宇宙センター」に戻ります。

人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ11号、そして初のスペースシャトルが打ち上げられた場所であります。

最初に訪れたのは、アポロ・サターンⅤセンター。
再現された管制室の設置されている機器は本物だそうです。

DSC00689 (2)

そして、本物のサターンⅤロケットを見学するのですが、

DSC00693 (2)

大き過ぎて、全体が写せず💦

DSC00698 (2)

宇宙服なども展示されております。

DSC00709 (2)

そして、シャトルバスに乗りアトラクションのある会場へ移動します。

DSC00711 (2)

まずはスペースシャトルアトランティスへ。

DSC00713 (2)

展示されている「アトランティス号」もデカすぎて全体が写せず💦

DSC00727 (2)

ミニチュアで、こんな感じ。

DSC00734 (2)

怪しい雲行きの中、ロケットガーデンなども見学。

DSC00735 (2)

3Dシアターに入っている間に大雨だったみたいデス。
難点はビールが売っていないコト。。。

……To be continued.

DSC01185 (2) (500x375)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ぱしふぃっく びいなすの目的地、父島に到着。

和朝食メニューに納豆があったので、この日以降毎朝納豆定食。

DSC01184 (2) (500x375)

朝食を食べ終わると直ぐにボートに乗り父島上陸!

DSC01224 (500x375)

2人乗りのバイクをレンタルするために早くに上陸したのですが、2軒しかないレンタルバイク屋さん、バイクの数も少なくて、結局借りられず。。。

島内1周は出来ず。。。

DSC01223(2)

さらに、こ~んなに良いお天気なのに海水が冷たくて泳げず。。。

DSC01192 (500x375)

美しい海をボ~ッと見ているのみ。

乗船前日に、シュノーケルグッズ買ってきたのに!
しかも、その荷物の量がトランクの半分を占めていたのに!

DSC01226 (500x375)

……とボヤいていても仕方ないので、歩くのキライな2人が島内を散歩。
鯉のぼりではなく、クジラのぼりを見たり、

DSC01203 (500x375)

しかし、メインストリート(?)らしき通りを歩いても、お店はみんな閉まっていて、

DSC01204 (500x375)

メニューを見てみると、どのお店も亀料理がウリらしく、

DSC01205(2)

トンネルを発見し、

DSC01206 (500x375)

大村トンネルの中に入り、

DSC01209 (500x375)

戻ってくるのが大変そうなので、清瀬トンネル手前で引き返し、

DSC01210(2)

やっと見つけた開いているお店、ハードロックカフェならぬ、ハートロックカフェに入り、
(ふなっしーがコンニチハ!)

DSC01217 (500x375)

思いっ切りパクッているロゴマークの横にはサメバーガー、

DSC01213 (500x375)

自転車でお店の前を通っている子供たちが、「サメバーガー、食べたい!」という県民性、じゃなく都民性(ココは東京都である。そして車のナンバーは品川ナンバー)を出しているのを聞きながらビールを飲み、

DSC01229 (500x375)

もう、やることもないので、ボートに乗り、11時前には客船に戻ってしまったのでアル。

DSC01232 (500x375)

そして、正午スタートの「小笠原ヨットレース」のスタート風景を見てから、いつものレストランにてランチ。

DSC01248 (500x375)

それにしても、和食なのでアル。

DSC01250 (2)

前菜に椀物

DSC01252 (2)

お蕎麦に天ぷら

DSC01253 (2)

鶏牛蒡御飯

DSC01255 (2)

デザートに水饅頭

DSC01256 (2)

そして、17時に出港後、ナント鯨の親子に遭遇!

……で大騒ぎだったらしいのですが、アホなJUNOめはお風呂の準備をしていて見逃してしまったのでアル💦

DSC_2671(2)

悔しいから、父島にあった鯨の像にてガマン。。。

……To be continued.

DSC01387 (3)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


まだまだ終わらないクルーズのお話に本人さえ厭きてきたので、ひとつレシピを挟みます。

最近、はんぺんを良く購入するので、ネットスーパーのお気に入りリストに入っておりますのが、紀文はんぺん大判。

はんぺんを素材としてしんじょ蒸しなどには使っていたのですが、大判のままチーズ焼きにしたり、明太マヨネーズを載せて焼いたりと、ちょっとしたおつまみにも利用出来るのでハマっております。

今回は、食べやすくサイコロステーキにしてみました。
楊枝などに刺して頂けるので、お子様でも歯の悪い方(=ヒゲ博士)でも大丈夫!

その前に、万能アンチョビソースの作り方デス♪
(実際には量っておりません💦テキトーに作って美味しかったので、こんな感じかな?のレシピです)


☆アンチョビソース(ドレッシング)☆レシピ

 <材料>
 アンチョビ…15g
 醤油…大さじ1
 エクストラバージンオリーブオイル…100cc
 ごま油…大さじ1
 塩…少々
 おろしにんにく…小さじ1
 白ゴマ…小さじ1

 <作り方>
1)上記材料をブレンダーなどでガ~してから、オリーブオイル大さじ1くらいを混ぜ合わせて完成!

DSC01380 (2) (350x263)


このソース、ランチ用のレタスのドレッシングとして作ったのです。
こんな風にレタスの上にソースを掛けて、ハムエッグやポテサラなどを載せれば、簡単ランチプレートの完成!

DSC01390 (2)


☆サイコロはんぺんステーキ☆レシピ

 <材料>
 はんぺん(大判)…1枚
 バター…15g
 アンチョビソース…大さじ2

 <作り方>
1)はんぺんはサイコロ状に切り、バターを引いたフライパンでコロコロ焼きます。

DSC01379 (2) (350x263)

2)いい感じに色が付いてきたら、アンチョビソースを大さじ1加えて味を絡めます。

DSC01382 (2) (350x263)

4)レタスの上に、はんぺんステーキを盛り付け、残りのアンチョビソースを掛ければ完成!

DSC01383 (2) (500x383)

DSC_2575 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


記憶が大分薄れてきたノルウェージャン ブレイクアウェイの旅行ですが、やっと下船前夜のディナーに漕ぎ着けました!

前菜のビーフカルパッチョに、

DSC_2570 (2)

蟹とチーズのスフレ、

DSC_2571 (2)

メインは、イカのリングイネ、

DSC_2572 (2)

メルルーサのグリルにラムのすね肉、
(ラムは写真がブレたのですが、冒頭写真の奥にチョコッと見えます)

DSC_2576 (2)

デザート2品は、ミント・ベリー・ティラミスに、

DSC_2578 (2)

リンゴのスフレとデーツバー。

DSC_2579 (2)

食後には、延期になった「Burn the Floor」を観に行きました。
(ちなみに2日目に観た「Rock of Ages」では、最前列のド真ん中にて大音響の中グ~グ~と寝てしまったので、今回は真ん中らへんの列にて観劇。見やすかった)

最終夜だったので、ショーの後、ノルウェージャン ブレイクアウェイのスタッフたちが舞台上に勢揃い。

DSC_2581 (2)

ショーを観ていなかった人たちは、突然スタッフさんたちが居なくなってビックリだったでしょうね。
(ン? 誰が船を動かしているのダ?)

……To be continued.

DSC01178 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ぱしふぃっく びいなす、2日目のディナーメニューです。

この日は洋食のコースでした。

DSC01160 (2)

カリフラワーのムース ブロッコリーのヴルーテ

DSC01168 (2)

桜鯛とフルーツトマトのマリネサラダ

DSC01169 (2)

春蕪と百合根のポタージュ

DSC01170 (2)

飲み放題ドリンクメニューの中から、本日は赤ワインを飲んでみました。

DSC01171 (2)

金目鯛のポアレ

DSC01172 (2)

カシスのシャーベット

DSC01173 (2)

サーロインのロースト

DSC01174 (2)

デザート

DSC01176 (2)

洋食の量は多め。
……だと思っていたら初日に少ないという感想を言っていたので、全て多めに作ってくれたそうな。。。
(残してしまってスミマセン💦)

そして、お夜食メニュー↓

DSC01181 (2)

ヒゲ博士がチョイスして自分で部屋に持って行こうとしたら、「お持ち致します」とのことでトレーにセットして運んで来てくれました。

そう言えば、ルームサービスも無料でした。

……To be continued.

DSC_2718 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ゴロゴロ、ピカピカ、ズッド~ンの凄まじい雷雨が続いた夜が明け、雨が降る中しむじょうまで「ゆし豆腐定食」を食べに行きました。

単品の「ゆし豆腐」があるコトを忘れ、またまた定食になってしまったが仕方がない。。。

ゆし豆腐だけは完食し、駐車場に戻ろうとしたらヒゲ博士がデカいカタツムリを発見!

DSC_2720 (2)

後で、飲み屋のお姉さんに聞いたところ、「アフリカマイマイ」という世界最大級のカタツムリだったらしい。

DSC_2721 (2)

しかも、その寄生虫が人間に寄生すると死に至る場合もあるらしく、「持って帰る?」などと気軽に言ってお持ち帰りしないでヨカッタ💦

本種に素手で触れるのは無論のこと、本種の這った跡に触れること、這った跡の残る野菜類を生のまま口にするのも危険、らしい💦💦

しかも、コレ、絶滅寸前のエスカルゴの代用品としてフランスでは使われているらしい。
安物のエスカルゴの缶詰はコレらしいデス💦💦💦

ノルウェージャン ブレイクアウェイで食べたエスカルゴもコレだったりして。。。

DSC_2705 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


先月にも行った竹虎のシャンデリア輝く個室にてラーメンを頂きました。

DSC_2700(2)

気になったラーメンを2種類食べ比べてみました。

まずは、スタッフの方にお酢が入っていないか確認してから注文した胡麻味噌坦々ラーメン。

DSC_2706 (2)

そして、醤油豚骨こってりの裏竹虎ラーメン。

DSC_2701 (2)

胡麻味噌坦々ラーメンは、四川料理の担々麺だと思っていたのですが、それとは違う味でした。

裏竹虎ラーメンは超濃厚。
どちらかと言うと、裏竹虎の方が好みでしたが、やっぱり虎ダレ味噌ラーメンにすれば良かった。。。
もう、ココでは味噌ラーメンだけにしようっと。

ちっとも「裏」っぽくない、のぼりが店前にあり。

DSC_2710(2)

DSC_2560 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


相変わらず、BINGOが当たらない5日目のノルウェージャン ブレイクアウェイです。

もう寄港地もないので、ダッシュでニューヨークに戻るのみ。
しかし、この日の海は荒れ模様。
明け方に雷の音で目覚めると、稲光で照らされた荒れる大波が目に入りました。
さすがに、この大きな客船もグワングワン揺れます。

予約していたショー「Burn the Floor」も延期になりました。
(翌日に観たのですが、踊りっぱなしのすごいショーでした)

ランチには「ババリアンランチとビール」というメニューが、モデルノ シュラスカリアにて無料だと書いてあったので行ってみました。

5日目にして初めて見るレストランです。

バハマに行ったばかりだったので、無知なJUNOめは「バハマビールが飲めるゥ!」と、ババリアンをバハマだと、勝手に思い込んでおりました。

すると、お料理はブッフェスタイルだったのですが、カツレツやポテト料理が並び、ビールはオランダのグロールシュ。

DSC_2541 (2)

しかも、このビール、カウンターの上に並んでいたのを持って行く人がいたので、同じように2本持って来て飲んでいました。

生ぬるいケド、まあイイか、タダだし。
……なんて思っていたら、冷たそうなビールを持っている人がいたので、カウンターで聞くとビールは有料とのこと💦
(さっき、持って来ちゃった。だってババリアンランチとビール=無料、じゃないの!?)
……ってコトで、飲んじゃったモノは元に戻せないので、聞かなかったコトにしました。

デザートコーナーもどう見ても、シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテなどがありドイツ料理。

DSC_2544 (2)

ババリア地方の料理だったよね💦
(だったら、ドイツビール出そうよ。。。←タダ飲みしたくせに文句言う!?)

ランチのお話が長くなってしまいましたが、本日のテーマは、5日目のディナーはマンハッタンルームでございました。

DSC_2551 (2)

コチラも初めて入るレストランです。

メニューはテイストと同じなのですが、コチラではバンドの生演奏があったりしてちょっと大人な雰囲気です。

本日のチョイス。
まずは、スイカ、海老、モッツァレラチーズの前菜、

DSC_2553 (2)

ポテトニョッキとイタリアンソーセージ、

DSC_2554 (2)

ワインのおつまみにチーズ盛り合わせ、

DSC_2556 (2)

冷たいピリ辛スモークサーモン、

DSC_2559 (2)

ケイジャンシュリンプとショートリブ、

DSC_2562 (2)

デザートはハチミツクリームブリュレ、

DSC_2565 (2)

ライチ、キウイ、オレンジのバジル風味カップ、

DSC_2566 (2)

……を2人でシェアしました。

そして、航海中の朝御飯。
ガーデンカフェにて毎朝、スイカ!(笑)

DSC_2567 (2)

ちなみに、この日の前夜からヒゲ博士はカジノにてフリードリンクカードをGet!
カジノ内で1杯$15以内のお酒が何杯でも飲めるカードです。
航海中、ずっとタダ飲みが出来ます!
そう、いつものように、お金使ってくれてありがとう~のプレゼントですね。

DSC_2695

もちろん、有効活用しましたヨッ🎶

……To be continued.

DSC01324 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ぱしふぃっく びいなすはお天気にも恵まれ、順調に航海を続けておりますが、小さい客船なのでやっぱり揺れます。

DSC01095 (2)

この日のランチも「グラン シエクル」。

DSC01092 (2)

和食デス。

DSC01101 (2)

白和えと茶碗蒸し

DSC01102 (2)

桜海老のかき揚げ

DSC01104 (2)

海鮮丼と赤だし

DSC01105 (2)

わらび餅(スイーツ不得意ですが、コレは好きデス♪)

DSC01108 (2)

グラン シエクルの隣にあるオープンバーでは、ソフトドリンクが誰でも無料で飲めて、ロシア人のお姉さまたちが接客してくれます。

時間帯により、ケーキやサンドイッチなども提供されます。
(ナゼか、ヒゲ博士は朝食後にココでソフトクリームを食べ、それは有料)

DSC01091 (2)

6階にはレセプションルームがあり、囲碁、将棋、

DSC01096 (2)

オセロゲームが置いてあります。
(航海中、ヒマなので何回かやりましたが、いつも負ける。。。)

DSC01098 (2)

さて、そんなコトをしていると、13:40頃鳥島沖通過。

DSC01121 (2)

現在この島は無人島ですが、群発地震による観測所の閉鎖までアホウドリの保護プロジェクトが13年間行われていたらしいです。

人が住んでいたらしい建物が見えます。

DSC01122 (2)

ジョン万次郎とか、この島に漂着して脱出した歴史も数多く残っているそうです。

DSC01127 (2)

アホウドリ!

DSC01128 (2)

かつて人間の捕獲により絶滅の危機にあったアホウドリが、たくさん飛んでおります!

鳥島の周りを旋回した客船は、16:30頃には孀婦岩沖を通過します。

DSC01146 (2)

孀婦岩(そうふがん)の意味は、発見者のイギリス人が、その不思議な形から旧約聖書において塩の柱に変えられてしまった女性に見立てて「Lot's wife」と名付けたそうです。

DSC01153 (2)

「Lot's wife」を「やもめいわ」と意訳し、やがて音読して「そうふがん」と読まれるようになったと考えられているらしいです。

何れにしても、ややこしい。。。

DSC01157 (2)

幻想的な奇岩です。

……To be continued.

DSC00813 (2) (500x375)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


グレートスターラップケイでビーチを楽しんだ後は、バハマの首都ナッソーに入港です。

午前8時に入港予定ですが、この船の船長さん、デカイ客船をナント、バック入港させようとしております。

DSC00751 (2) (500x375)

入江ギリギリでターンして、バックしま~す💦

DSC00753 (2) (500x375)

先に到着していた客船のお隣に無事着岸!

DSC00754

お隣の船にはキリンさんも乗っております。

DSC00767 (2) (500x375)

我々の船にはウォータースライダー
(どっちもお子ちゃま向けデス)

DSC00761 (2) (500x375)

ちなみに、お子ちゃま向けと言えば、船内にはゲームセンター、

DSC00775 (2)

パターゴルフ場、

DSC00780 (2)

スポーツ複合施設、

DSC00783 (2)

バスケットコートもあります。

DSC00784 (2)

この日、ナッソーには4隻の客船が港に入ったので、大変混んでおります。

DSC00799 (500x375)

カラフルな港町ナッソーに入ります。

DSC00801 (2) (500x375)

街中を散策していたら、事故車両を牽引していた車が前の車両にぶつかって事故っておりました💦

DSC00806 (2) (500x375)

バハマのお土産と言えば、ラムケーキらしいです。

この看板写真を撮っていたら、「撮影は10ドルよ!」と言われ「エッ!10ドル!?」とビビッて言ったら、「ウソよ! 店内にも入って写真撮って!」と笑いながら言う陽気な店員さんがおりました。

DSC00849 (2)

陳列棚はラムケーキばかりですが、奥にビールも売っております🎶
コチラで飲んだバハマビールが美味しかった&安かった。

DSC00851 (2) (500x375)

ちなみに、ラムケーキは買わず。。。

散策後、時間があるのでパラダイスアイランドへ行くことになり、ギュウギュウ詰めのボートに乗りました。

ボートに乗った後、ペットボトルの水売りのおじさんが港で売り歩いていたので、1本買おうとしたら水だけ貰ってお金を渡す前にボートが離岸してしまった💦

お金に手が届かなかったおじさん、悲しそうだったので、帰りに探したけど居なかった。。。
(ゴメンネ、でもさ、お金貰ってから商品渡した方がイイよ。だってペットボトルは投げられるじゃない?)

DSC00815 (2) (500x375)

ボート内では到着までの間、黒人のガイドさんが英語で延々と喋っております。

小屋のような建物は、映画007シリーズでの撮影が行われた場所らしいです。

DSC00840 (2) (500x375)

パラダイスアイランドに到着すると、ガイドさんが帽子を引っくり返してチップを要求しながらお客様の間を歩き回ります。

DSC00826 (2) (500x375)

港から結構歩きます💦

DSC00828 (2) (500x375)

ナゼか、クレジットカードしか使えないお店でビールを買って休憩。

DSC00832 (2) (500x375)

結局ホテル・アトランティス内は宿泊者しか入れないので、再びボートに乗り、同じ話をガイドさんが喋っているのを聞きながら町に戻りました。

港には4隻の客船が並び、バックで入港したことを誇らし気な顔でいるノルウェージャン ブレイクアウェイが左から2番目に見えます。

DSC00819 (2)

あの美味しかったバハマビールを飲もうとオープンしているお店に入りました。

DSC00856 (2) (500x375)

強面のお店の方たちがビリヤードをしている姿を眺めつつビール(1本$3)を数本飲み、

DSC00859 (2) (500x375)

そのお隣のお店にも入り、

DSC00861 (2) (500x375)

これまた、同じビールを飲み、

DSC00865 (2)

ナッソーは楽しいビールの町でした♪

DSC00862 (2)

……To be continued.

DSC01066 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ノルウェージャン ブレイクアウェイに続き、ぱしふぃっく びいなすのディナーです。

ロイヤルスイート&スイートルームに宿泊すると、お食事は「グラン シエクル」にて朝、昼、夕食が提供されます。

席は決まっておりませんが、夕食のメニューは1種類のみ。
初日のメニューはこんな感じ↓

DSC01064 (2)

今回のクルーズは、ほとんどが和食デス。
健康的デス。

お酒は、下記のものは無料です。
フリードリンクとなります。

DSC01065 (2)

前菜に続き、お造り。

DSC01069 (2)

豚の角煮。

DSC01070 (2)

赤座海老の茄子グラタン。

DSC01076 (2)

カワハギと子持ち昆布の生姜〆

DSC01077 (2)

お吸い物、香の物、ご飯。

DSC01079 (2)

デザートに苺大福。

DSC01082 (2)

量は少なめ。
ご高齢の方に合わせているみたいデス。

せめて、洋食か和食かの選択くらいは出来ればイイナ、と思いました。

……To be continued.

DSC_2516 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ノルウェージャン ブレイクアウェイぱしふぃっく びいなす、2つの客船は規模もサービスもお食事も全く異なりますので、交互に比べながら御紹介するのも面白いかな、と思って、まずはノルウェージャン ブレイクアウェイのテイストでのディナーです。

オーパスワンを諦めて、毎回飲んでいたワインがコレ↓

DSC_2513 (2)

このワインも美味しかったデス🎶

この旅行には添乗員さんが同行していたので、毎日のメニューを日本語訳して前夜に部屋まで届けてくれて、ラクチンでした。
そして、この日は北京ダックとエスカルゴがある、とのことで添乗員さんも一緒にテーブルへ。

そして、運ばれてきた北京ダック(?)

DSC_2514 (2)

エスカルゴ(?)

DSC_2515 (2)

添乗員さん、料理名の下に記載されている注釈を読んでいなかったらしく(我々も読んでいなかったケド💦)、料理名だけで想像してしまったらしい。。。

DSC_2517 (2)

この客船のレストランはメニューの中からオーダーするスタイルなので、ワインのおつまみにチーズ盛り合わせを注文しました。

DSC_2519 (2)

メインはチキンパルミジャーナ(マリナーラスパゲッティ添え)とマッシュルームストロガノフ(?)。
(コレも料理名だけで選んでしまい、想像と違った。。。)

DSC_2520 (2)

デザートはイギリス風チェリートライフル。

コレ、とっても美味しかったらしいのデス。
ヒゲ博士曰く「毎日、食べる!」
(でもこの日しか登場しなかった)

味見していれば、再現できたかも知れないのに残念。。。(-_-;)

DSC_2523 (2)

そして、ザッハトルテ。

DSC_2525 (2)

……To be continued.

DSC_2700 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


LOUIS VUITTON X FRAGMENT POP-UP STOREに行った後は、ネットで近くの蟹料理屋さんを探して、ふくい、望洋楼に入ってみました。

DSC_2706 (2)

20時過ぎになると、献立が少なくなってしまうらしく、蟹だけは電話予約。

でも、福井なのに北海道の毛ガニ。。。
(北海道料理店、で検索すればヨカッタ?)

DSC_2697 (2)

《望洋楼 夜話の献立》の中から注文したのは、ソースカツと竹田の油揚げ、焼き鯖寿司。

DSC_2699 (2)

お好みで天ぷら盛り合わせに、胡麻ダレ鯛茶漬け。

DSC_2701 (2)

お夜食っぽいメニューになってしまいました💦
ぐるナイのゴチで放送されたお店らしいデス。

DSC_2682 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


『ルイ・ヴィトンはフラグメントデザインを主宰するアーティスト、藤原ヒロシとのコラボレーションによる2017秋冬メンズ・プレコレクションを販売する「LOUIS VUITTON in collaboration with FRAGMENT POP-UP STORE」を東京・原宿のThe Mass & Ba-tsu Art Galleryにオープンした。約2週間、ここだけの国内限定販売となる。』
……に、昨日の最終日、行って来ました!

藤原ヒロシさん所有のオオサンショウウオも展示されておりました。

DSC_2684 (2)

何か購入すると期間限定のホットスタンピングのサービスも受けられます。

DSC_2679 (2)

コラボ作品のメトロ車両の中にも限定販売品が売っているのですが、最終日なのでほとんど売れてしまっておりました💦

DSC_2685 (2)

全てメンズものなのですが、

DSC_2688 (2)

このスカーフ↓買ってもらいました!

DSC_2687 (2)

メンズものに見えないでしょ? カワイイでしょ!?
(お値段はカワイクないの)

コレを身に着けて、フラフラ~っとお食事に行きました🎶

……To be continued.

☆手作りジューシー焼き餃子!☆


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


レシピブログさまのお料理にまつわる様々なトピックスを紹介する“くらしのアンテナ”のコーナーにて☆手作りジューシー焼き餃子!☆を紹介して頂きました!

▼掲載記事
肉汁たっぷり!「ゼラチン」を使った「ジューシー餃子」

『キャベツ・ニラ・ネギ・ニンニクなどをたっぷり入れた、風味豊かなジューシー餃子。手作りの皮はモッチモチで食べ応えあり!』と紹介して頂きました。

ただ残念なコトに、タイトルを2つ上の方と間違えてしまっているようデス💦
「ホットプレートでアツアツ!肉汁たっぷり焼き餃子」ではなく、「皮も手作り♪ジューシー焼き餃子」デス。
(ウチには、ホットプレートなるものがありませぬ。。。)
間違えられた方も迷惑しているコトでしょうネ。。。

ちなみに、このレシピは「“おいしい”映画にちなんだレシピコンテスト」部門賞に選ばれたレシピです。

ブログ記事はコチラ↓
☆手作りジューシー焼き餃子!☆

1307535275.jpg

おヒマな時に御覧くださいマセ♪

DSC01035 (2) (500x375)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ノルウェージャン ブレイクアウェイの御紹介も終わっていないのに、ゴールデンウィーク中ぱしふぃっく びいなす世界自然遺産 小笠原クルーズに行ってまいりました!

このブログのタイトル、変えた方がイイかな?
JUNO cuisineじゃなくて、JUNO cruise?(笑)

お部屋は、ロイヤルスイートルームAの1002号室「モダン」。

DSC01063 (2) (500x375)

ぱしふぃっく びいなすは、スイートルーム以上のお部屋は抽籤らしく、旅行会社の方に抽籤登録をお願いしておきました。

滑り止めを含め3コース登録して頂いたのですが、3コースとも当たってしまいました💦
(ひょっとして、応募者が少ない?)

……で、取り敢えず5月のゴールデンウィークのコースに参加。

ロイヤルスイートルームですので、チェックインもラクチン🎶
優先チェックインカードを見せればお部屋にてチェックイン出来ます。

DSC01017 (500x375)

ゾウさんと(ン? ゾウだよね!?)、スパークリングワインがお出迎え。

DSC01028 (2) (500x375)

ソファに座ってゆったりと船内の説明を受けることが出来ます。
(ホントはウキウキして座ってなどいない)

DSC01033 (2) (500x375)

それでは、このムダに広いお部屋(65㎡)のご案内デス♪

スーツケースは直ぐに届けられ(って言うか、一緒についてきた)、ウォークインクローゼットも広々快適。
ドコかの客船と違い、立派なハンガーと引き出しもたくさんあります。

DSC01019 (2) (500x375)

寝室はツインベッド。

DSC01020 (2)

洗面台もツイン(^^♪

DSC01022 (2)

ドコかの客船と違い、アメニティーグッズもご覧の通り。
(まあ、お値段が違うから、仕方ナイ)

スッピンで過ごすのでしたら、持ってくるのはリップクリームくらいでOK!

DSC01057 (2) (500x375)

そして、海を眺められるお風呂はジャグジー、テレビ付き。

DSC01023 (2) (500x375)

横にシャワーブースがあります。

この他に、誰でも入れる展望大浴場も完備されておりますので、ヒゲ博士はほとんど大浴場に行っておりました。

DSC01026 (2)

トイレはもちろん、ウォシュレット。

DSC01024 (2)

バルコニーは、ちょっと狭い。。。

DSC01034 (2)

インターネット、メールサービス、おつまみ、冷蔵庫内のドリンクも全て含まれます。
スイート以上のお部屋に泊まれば、オールインクルーシブみたいなものデス。

DSC01030 (2) (500x375)

お掃除は、朝食に行っている間と、夕食に行っている間に行われます。

ドコかの客船では黒人のスタッフさんが2回行うハズのお掃除を夕方4時くらいに行ってチャッカリ1回で済ませておりましたが、コチラのお部屋はフィリピンの女性たちがキチンと2回キレイにしてくれます。

DSC01085 (2) (500x375)

そして、お酒が足りないとドンドン補充してくれます🎶

DSC01087 (2) (500x375)

今回は5月なので、プールはなく、温水ジャグジーのみ。
(水着、いらなかった。。。)

DSC01051 (2)

さあ、ボートデッキで横浜出港を祝って乾杯!
スパークリングワインとオレンジジュースが用意されております。

DSC01048 (2) (500x375)

横浜ベイブリッジの下を通って、船は港を出ます。

DSC01053 (2) (500x375)

……To be continued.

DSC_2507 (2) (500x281)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ノルウェージャン ブレイクアウェイの続きデス。

寄港地バハマのグレートスターラップケイに到着。
テンダーボートに乗って、上陸します。

DSC_2481 (500x281)

ギュウギュウの満席状態で島へ。

DSC_2438 (2) (500x281)

ココは、船会社が所有するプライベート・アイランド。

DSC_2439 (500x281)

BBQや12時にはブッフェ・レストランも開店し、食べ物は全て含まれておりますので無料。

DSC_2450 (500x281)

ドリンクは有料ですが、船内カードにて支払えるのでビーチでもお金を持って歩かなくて済むので便利デス。

DSC_2463 (500x281)

バドワイザーとハンバーガーでランチ。

DSC_2454 (2) (500x464)

真ん中へんで、ビーチマット(有料:$15)に寝そべって浮かんでいるのはヒゲ博士。

DSC_2469 (500x281)

奥の客船がノルウェージャン ブレイクアウェイ。
ビーチにいるのは全て乗客デス💦

DSC_2475 (500x281)

こちらにいる人々も全て乗客デス💦

DSC_2473 (500x281)

ちなみにビーチチェアは屋根付き以外は無料ですが、遅くに上陸すると空いておりません。

シャワーも完備していてトイレもキレイで、ビールを飲みながら、の~んびりゆっくりと過ごせます。
ビーチマットでバシャバシャと海に出たり、お魚ちゃんたちを眺めたり、アッという間に日焼けしてしまう強烈な日差しの中、楽しい1日を過ごせました。

DSC_2499 (2) (500x281)

ふくらはぎだけこんがりと焼けたシシャモ足(お魚を見るためにうつ伏せで浮かんでいたから)で、再びテンダーボートに乗り、客船へと戻りました。

……To be continued.

☆ニンジンサラダ~焦がしニンニクバター掛け☆


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


レシピブログさまのお料理にまつわる様々なトピックスを紹介する“くらしのアンテナ”のコーナーにて☆ニンジンサラダ~焦がしニンニク・アンチョビバター掛け☆を紹介して頂きました!

▼掲載記事
風味抜群!「焦がしにんにく」が決め手のおかず

『細切りにしたにんじんに、焦がしニンニクとアンチョビバターをジュッとかけるだけ!仕上げに黒コショウをかけてよく混ぜて召し上がれ。シンプルなにんじんサラダでも、旨みたっぷりになりますよ♪』と紹介して頂きました。

ブログ記事はコチラ↓
☆ニンジンサラダ~焦がしニンニク・アンチョビバター掛け☆

DSC07469 (474x650)

おヒマな時に御覧くださいマセ♪

DSC_2611 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


今回の沖縄は、おもろまちに行くコトが多かったので、ランチに個性的な内装の麺匠 竹虎 沖縄新都心店に行ってみました。

そこで食べた虎ダレ味噌ラーメンがとっても美味しかったので、その時、ヒゲ博士が執拗にススメていた白だし芳醇醤油ラーメンを深夜の松山店で食べてみました。

DSC_2614 (2)

深夜に食べると言えば、まずビールに餃子♪

DSC_2610 (2)

そして、白だし芳醇醤油ラーメンが運ばれてきました。

DSC_2612 (2)

ウ~ン、コレは苦手な魚介系ダシスープ。。。
JUNOめが好きなのはコッテリ、濃厚スープなのダ。

ア~、味噌ラーメン頼めば良かった、と後悔してもそんなには食べられず、餃子をつまみにビールをグビッと飲み、美味しそうに食すヒゲ博士を恨めしそうに見るのであった。
(自分が食べたかったのか!?)

DSC_2663 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


焼肉レストラン Roinsの2次会は、安里のべんり屋

随分と久し振りだったので、様子が変わっておりました。

以前は居なかった女性スタッフが2名増えており、ホール(?)担当。
オーダーはお客さんが自分で記入するようになり、席に案内してくれます。

もちろんお腹は空いていないので、小籠包1皿とドリンクのみ注文。
運ばれてきたら、アレッ? 少ない。

DSC_2660 (2)

3人だったので2個ずつで丁度イイネ、などと言いながら頂きました。

レンゲに小籠包を載せ、生姜酢醤油を載せて、皮を少し切って中の汁を出し、先にチュルルゥ~とすすります。
そして火傷しないようにパクッ!

しかし、やっぱり少ない気がする。。。

DSC_2664 (2)

カウンター席の上にあるメニューを見ると、6ヶ650円。

DSC_2665(2)

2012年のブログを見たら、8ヶ550円。



海老蒸餃子の値段は変わっておりませんが、10ヶ→8ヶに変わっておりました。
小籠包だけ、値段も個数も変わっている!?

DSC_2639 (2) (500x432)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


何となく焼肉が食べたくて、ネットで探してみたら、行ったコトのない美味しそうなお店Roinsを発見!

DSC_2659 (2)

何回もお店の前を通っているのに今まで気が付きませんでした💦

店内も広くてお洒落な空間になっています。
工夫を凝らした一枚板のテーブル席に案内されました。
全長7m・樹齢五百年の最高級木材、ウォールナットを使用したという、立派なテーブルです。

DSC_2622 (2)

「ROINS名物こぼれスパークリング」というドリンクが気になったので注文してみました。
下に器があって(日本酒みたいに)こぼれるのかなぁ、って勝手に想像していたら、目の前でギリギリに注がれ、
「こぼれないよ!」と思わず言ってしまいました。

DSC_2621 (2)

持ち上げて乾杯!も出来ず、お口でジュルジュル。。。

そして、まず運ばれてきたのが、厚切りの黒毛和牛を使用した上タン塩。

DSC_2625 (2)

厚いので片面3分、裏返して3分焼くために3分の砂時計も一緒に運ばれてきます。

DSC_2627 (2) (500x281)

脇で焼いているのは鶏肉です。

DSC_2629 (2) (500x281)

上ロースと、

DSC_2631 (2)

ロインズチヂミ

DSC_2632 (2) (500x281)

そして、サーロインの焼すき!

DSC_2637 (2) (500x362)

網を変えて、スタッフの方が焼いてくれます。

DSC_2643 (2) (500x275)

焼き加減はオススメのレア。
丁寧に1枚ずつ焼いて、タレが入った卵黄の上に載せます。

DSC_2645 (2) (500x374)

横にあるのは、ご飯デス♪

DSC_2644 (2) (500x327)

ご飯をクルクルッと巻いて、

DSC_2647 (2)

こんな感じで、パクッと!

DSC_2651 (2)

美味~🎶
(もっと、食べたい。。。)

再び、網を変えて、最後にシマチョウ。

DSC_2653 (2) (500x272)

コレも美味~🎶


焼肉レストラン ロインズ
焼肉レストラン ロインズ
ジャンル:久茂地 こだわりの焼肉
アクセス:ゆいレール県庁前駅 徒歩3分
住所:〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-6-16(地図
姉妹店:国分寺 恵比寿屋本店 | オリエンタルビストロ 蜂の巣 国分寺
ネット予約:焼肉レストラン ロインズのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 那覇×焼肉
情報掲載日:2017年4月26日

DSC00673 (2) (500x375)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ノルウェージャン ブレイクアウェイの続きデス。

DSC_2408 (2)

ポートカナベラル入港の朝は、とっても早起きをしたので、24時間年中無休のレストラン、オ シーハンズ ネイバーフッド バー&グリルで朝食。

DSC_2412 (2) (500x281)

カジノの近くにあります。

DSC_2410 (2) (500x281)

早朝なので、誰もいないカジノを通り、

DSC_2411 (2) (500x281)

ヒゲ博士がお金と情熱を注ぎ込んだスロットマシンたちの脇を通り、

DSC_2415 (2) (500x281)

レストランで朝食。
コチラは注文式のレストランです。

DSC_2417 (2) (500x281)

そして、食後はヒゲ博士に付き合って、喫煙コーナーへ。

DSC_2418 (2) (500x281)

朝はコーヒーやパンなどが用意されております。
潮風に当たりながら、デッキで喫煙したり、室内にも喫煙室があります。

JUNOめは、寒いのでモルティングス ビア&ウィスキーバーの屋内の椅子に座って待つのです。

DSC_2421 (2) (500x281)

このバーは、オープンするといつも陽気なスタッフさんがおります。

DSC00666 (500x375)

さて、昼食はテイストへ。

DSC00672 (2) (500x389)

ツナサンドイッチ、

DSC00674 (2) (500x344)

小エビ入りペンネ アラビアータ、

DSC00675 (2) (500x375)

フィッシュ&チップス、
(最近、フィッシュ&チップスばかり食べているような気がする。。。)

DSC00676 (2) (500x375)

デザートはプリンと、

DSC00678 (2) (500x354)

チョコレートムース。

DSC00681 (2)

もちろん、二皿ともヒゲ博士が食すのであります。
この船に乗っている方々と比べると、自分が痩せて見えると思っているのか、メタボまっしぐらなのであります。

……To be continued.