JUNO cuisine

☆★☆JUNOオリジナルレシピとお勧め飲食店&ステキなお宿を御紹介致します☆★☆

DSC03394 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


津軽海峡を通り抜けて、順調に航海を続けるMSCスプレンディタ

昨年の暴動が起きた航海とは違い、この航海中はずっと海が穏やかでした。

伏木富山には13時に到着予定なので、その前に船内でランチ。

DSC03391 (2)

この日のロリーヴォレストランのランチメニューです。

DSC03392 (2)

タラのカルパッチョはJUNOが選んだ前菜。
タラはビーフ・カルパッチョと違い、生ではなく干し鱈のようです。

DSC03396 (2)

そして、ヒゲ博士は仔牛肉の冷製ロースト。

DSC03395 (2)

お互い、相手の方の前菜が気に入ったので交換。

ヒゲ博士は、すき焼きにご飯、醤油ラーメンも頼んでおりました💦
(このラーメンが大変美味しゅうナイ。。。)

DSC03397 (2)

ランチを終えると、伏木富山到着!
スゴイ、バスの量デス!

DSC03400 (2)

しかし、無料シャトルバスの行列も凄いので、タクシー乗り場の列に並びました。
(ほとんどがエクスカーションのバスらしい)

DSC03407 (2)

タクシーも中々来なくて、他の方と相乗りで新湊きっときと市場に行きました。

DSC03408 (2)

目的はレストラン「きっときと亭」で白エビを食べること。

ありました!
白エビ刺身。

DSC03411 (2)

お酒は日本酒「立山」。

DSC03414 (2)

お刺身、トロ~ン♪

DSC03419 (2)

からあげも注文してみました。
でも、火を通してしまうともったいない感じ。。。

DSC03416 (2)

白エビ満喫したので、再び行きの方たちと相乗りタクシーで船に戻って来ました。

ラウンジでフルーツをつまみにハイボール。

DSC03424 (2)

さて、この日の夕食。

出港は21時ですので、外食の方も多いのでしょうが、我々はロリーヴォレストラン。

DSC03425 (2)

この日のディナー・メニュー。

DSC03426 (2)

前菜は2人とも、ホワイトアスパラのパンナコッタ。
(グリーンに見えるケド?)

DSC03427 (2)

そして、メインも同じロブスターを詰めたパスタ。

DSC03432 (2)

もうひとつのヒゲ博士のメインは、メキシカンスパイスのグリル焼肉盛り合わせ。

DSC03433 (2)

そして、デザートにキルシュトルテです。

DSC03437 (2)

出港時に、港で花火が打ち上げられました。

DSC03454 (2)

花火で見送られるのは初めてデス♪

DSC03456 (2)


……To be continued.

DSC03380 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


さて、ランチに美味し~いビーフ・カルパッチョを食べた夜はフォーマルナイト♪

着替えてからラウンジでスパークリングワインを飲み、ロリーヴォレストランへ向かいます。

フォーマルナイトはメニューも充実。

DSC03375 (2)

ノルウェージャン ブレイクアウェイの残念だったエスカルゴと違い、ちゃんとしたブルゴーニュ風エスカルゴを前菜で注文。

DSC03378 (2)

メインはポルチーニ茸のリゾット。

DSC03381 (2)

ヒゲ博士は、直火焼きテンダーロイン。

DSC03383 (2)

今回のチーズは1種類だけ注文しました。
そしたら、ドライフルーツが多かった💦

DSC03387 (2)

ヒゲ博士が注文したクレープシュゼット。

DSC03389 (2)

そして、MSCスプレンディタは、横浜から津軽海峡を通り富山へと向かい航海中。


……To be continued.

DSC03333 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


クルーズ2日目は終日航海日。

朝はグダッと寝ているので、昼近くなってラウンジへ行き、朝シャンとカプチーノ。

DSC03319 (2)

そして、この日は12時からオープンのロリーヴォレストランへ。

DSC03326 (2)

メニューの前菜にビーフ・カルパッチョを発見!

やっぱり、イタリアのカルパッチョはビーフですよね♪

DSC03327 (2)

メインに食べたいものがなかったので、和風カツカレーを注文してみました。

DSC03328 (2)

ルッコラにチーズ、バルサミコ酢がトッピングされたカルパッチョ。

船上で生肉が食べられる幸せ♪
コレがもう、絶品でお代わりしたいくらい。

DSC03332 (2)

ヒゲ博士のメインはオヒョウのグリル。

DSC03334 (2)

そして、JUNOめのカツカレー。

見た目もイマイチだけど、お味もイマイチ。。。
(やっぱり、カルパッチョお代わりすればヨカッタ)

ヒゲ博士はお魚よりもカツカレーの方が良いらしいので、交換してもらいました。

DSC03335 (2)

14階のパゴパゴ&ボラボラ ビュッフェも見に行きました。

DSC03337 (2)

クリスマスでもないのに、ド~ンとターキーです。

DSC03340 (2)

ピザも目の前で生地を伸ばし、焼き上げます。

DSC03345 (2)

焼き上がるそばからドンドンなくなりますので、いつも焼き立て。

DSC03357 (2)

美味しそう!と思い、ヒゲ博士はターキー、JUNOはピザを1切れ持ってウロウロ。

空席が見付からないホド、混んでおります💦

DSC03359 (2)

2人とも、パクッと食べてみて、
「……。」
以降は、ちょっと不便な場所でもロリーヴォレストランしか行きませんでした。

そして、再びラウンジで飲む、飲む。

DSC03363 (2)

小さいハンバーガーがあったので、食べてみました。

DSC03365 (2)

「……。」
あぁ、ビーフ・カルパッチョ、美味しかったなぁ。。。


……To be continued.

DSC03282 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


MSCスプレンディタに乗船して、出港までの間、船内を見学。

施設をちょこっと御紹介。
アクアパーク(室内プール)。

DSC03274 (2)

全天候プール。

DSC03275 (2)

ゲームセンター。
ウォータースライダー、LEGOルームなどもありました。

DSC03284 (2)

さて、ランチタイム。

ヨットクラブ専用の船尾にあるロリーヴォレストランに行きました。

DSC03278 (2)

ヨットクラブ専用エリアは船首なので、ちょっと行くのに不便な位置にあるレストランです。

メニューはこんな感じ↓で、ダイヤモンド・プリンセスよりは種類が少ないデス。

DSC03277 (2)

でも、ぱしふぃっく びいなすにっぽん丸みたいに、選択肢がナイよりはイイかな。

窓際のテーブルに座ると、いつも誰も入っていないプールが見えます。

DSC03280 (2)

JUNOはコブサラダのみを注文。

DSC03281 (2)

ヒゲ博士は、牛ヒレ肉のグリル。

DSC03283 (2)

さて、まだ1時くらいなので、ヨットクラブ専用エリアの18階にも行ってみました。

DSC03287 (2)

このエリアにも喫煙スペースがあります。

DSC03288 (2)

専用プール。

DSC03291 (2)

プールの側にはジャグジーが2つ。

DSC03293 (2)

専用のバーもあり、もちろん何を飲んでもオールインクルーシブ!

DSC03294 (2)

ココのバーにも軽食が用意されておりましたので、ちょっとおつまみ~♪
(エッ!? ランチよりも高カロリー?)

DSC03295 (2)

さて、やっと出港!(笑)
16時に大黒ふ頭を離れます。

そして、夕食のお時間デス。
ラウンジでくつろいでいると、我々のバトラーだと言う方が現れ、レストランまでエスコートすると言うのです。

ランチで行ったよ~、とは思ったのですが、初日のディナーのエスコートがお仕事なのかとも思い、お任せしました。
(我々くらいバトラーを使わないのが珍しいのか、旅の途中で元気かどうかの電話確認までされた💦)

すると、15階から7階まで下りて船尾の方へ行き、再びヨットクラブ専用エレベーターに乗り15階へ。
15階の寒いウォーキングトラックを抜けなくても良い方法なのですが、どっちもどっちでやはり不便。

DSC03304 (2)

夕食のメニューです。

DSC03305 (2)

JUNOめは、旬野菜のミネストローネと、

DSC03307 (2)

ジェノベーゼソースのラザニア。

DSC03310 (2)

ヒゲ博士は、トスカーナスタイルのお豆のシチューと、

DSC03311 (2)

豚の生姜焼き!(笑)

DSC03312 (2)

でも、ココのレストラン、ちゃんとお箸もセッティングされているの。

そして、デザートの代わりにチーズを注文したら、メッチャ多い💦

DSC03315 (2)

お部屋に戻ったら、見たことあるチョコレートコーティングのイチゴが。。。

DSC03316 (2)

どうして、どの船もチョコ付けちゃうのか、いつも不思議。
(イチゴだけなら食べるのに。。。)


……To be continued.

DSC03245 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


初☆MSCスプレンディタに乗船し「日本の美を再発見する10日間」に参加してきました!

我々が乗船した客船の中では、ノルウェージャン ブレイクアウェイに次ぐ大きさです。
長さ333.30mですから、東京タワーを横にしたのと同じくらいの全長です。

港へは車で向かったのですが、横浜大さん橋だと思い込み、
「大丈夫!駐車場は今のところ空車だよ」などと言いながら出発。

しかし、高速道路の左手に“MSC”とデッカク書かれた大きな客船を発見。
「あったよ、船。でも通り過ぎちゃった」
「大さん橋は右手だよ。2隻停泊してる」
「エッ!?」

JUNOめ、慌てて旅行日程表を確認。
乗船手続ターミナル=横浜港(大黒ふ頭)としっかり書いてある。

💦💦💦

超パニクる。。。
余りの焦りようにヒゲ博士、怒ることも出来ず、ただ笑うのみ。

しかし、時間に余裕があったのが幸し、大黒ふ頭に到着して無事駐車場に入れることが出来ました。
ヤレヤレ。。。
(次からはちゃんと見ようね、日程表)

今回はMSCヨットクラブのお部屋でしたので、優先乗船が出来ます。

そして、乗船時間前だったので、こんな↓ラウンジでスパークリングワインなんぞ飲んで待ちます。

DSC03242 (2)

乗船すると、お部屋の準備がまだ出来ていないとのことで、先ほどの殺風景なラウンジと違い、きらびやかなトップセイルラウンジで待つことが出来ます。

DSC03253 (2)

ちょっとしたスナック類も用意されていて、ドリンクもオールフリー。

DSC03254 (2)

ゆったりとしたソファーで喫煙が出来るので、ヒゲ博士も大満足。

ちょっとお腹が空いたので、クロワッサンサンドとジャック・ソーダ。

DSC03255 (2)

事前に送られてきた案内書は思いっ切り英語だったのに、船内新聞は日本語も用意されておりました。

DSC03258 (2)

12階のエグゼクティブ&ファミリースイートまで案内されます。

DSC03259 (2)

広いリビングのテーブル上には、スパークリングワインとフルーツ。

DSC03261 (2)

ベッドは最初、ツインでしたが、希望を聞かれダブルに変更して頂きました。

DSC03262 (2)

充分な広さのウォークインクローゼット。
スリッパとバスローブが用意されております。

クローゼットは入口の側にもありました。

DSC03264 (2)

洗面台は2つ。

トイレはウォシュレットなし。
(持ってくるのを忘れた💦)

DSC03265 (2)

アメニティーグッズのチェック!

この部屋には、シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ボディーローション、石鹸、シャワーキャップ、ソーイングセットが備えられておりました。

DSC03266 (2)

バスタブ。

DSC03269 (2)

その横に、シャワーブース。
真上から強力なシャワーが出ます。

DSC03268 (2)

テレビは、リビングと寝室にありますが、映画は有料みたいです。

DSC03273 (2)

冷蔵庫内は無料で、無くなれば直ぐ補充してくれます。

DSC03303 (2)

さあ、出港デス♪


……To be continued.

DSC00973 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


最近、浮かれ気分で旅行と外食ばかりの記事で、レシピのブログではなくなりつつアル。

そこで、本日は超久し振りにレシピを投稿!
(簡単な蟹玉レシピだけど。。。)

過去の蟹玉レシピのように甘酢あんかけにしようと思ったのですが、冷蔵庫にある創味シャンタンを見て、今回の簡単あんかけを思い付きました。

過去の甘酢あんかけレシピはコチラ
↓↓↓
☆蟹玉の空豆餡かけ☆
☆枝豆入りエビ玉餡かけご飯☆

そして、今回のレシピで990番目のオリジナル・レシピなのであります。
あと、10レシピで1,000品到達!

頑張れ!自分!
(誰も応援してないケド。。。)


☆あんかけ蟹玉☆レシピ

<材料:2人分>
【蟹玉】
 卵…4個
 ずわいがに(ほぐし缶)…100g
 牛乳…大さじ1
 白こしょう…少々
 椎茸(スライス)…2個
 長ねぎ(輪切り)…1/2本
 ごま油…大さじ1

【餡】
 創味シャンタン…8g
 水…300cc
 水溶き片栗粉…大さじ2

 青ねぎ(小口切り)…少々

<作り方>
1)フライパンにごま油を引き、椎茸と長ねぎを炒めます。
ボウルに溶いた卵、蟹(汁ごと)、牛乳、白こしょうを入れて混ぜ合わせ、フライパンに注ぎ、卵が半熟程度になるまで焼きます。

DSC00966 (2)

2)小鍋に水と創味シャンタンを入れて煮立たせ、水溶き片栗粉を加えて餡を作ります。

DSC00968 (2)

3)器に蟹玉を盛り付け、餡を掛けて、青ねぎをトッピングすれば完成!

DSC00971 (2)

DSC_0620 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ANAプレミアムクラスの機内食シリーズ第9弾~♪

羽田発→那覇行の夕食は、前と同じ「乃木坂しん」とのコラボ、お品書きデス。

DSC00974 (2)

帰りの那覇発も前と変わらず「よし邑」とのコラボです。

DSC_0676 (2)

贅沢なもので、あの最初の頃のワクワク感がなくなり、この機内食にも慣れちゃっている自分。
以前は、冷たいお弁当だったのに、ね。

DSC00975 (2)

でも、匠味の頃のように、洋食も取り入れてくれると嬉しい、な。

エッ? 見ている方も飽きちゃった!?💦

台湾夜市


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


沖縄滞在中、飲み歩いてばかりでしたが、瀬長島で開催されている期間限定のイベント、台湾夜市に行って来ました。

DSC_0627 (2)

台湾から料理人40人が40のメニューと共に来ているそうで、4人でタクシーに乗りワクワクしながら到着!

ウミカジテラスの最上階に設置され、赤い提灯で夜市らしさを出しております。

DSC_0631 (2)

スゴイ人!
ビックリ!
どの屋台も行列に並ぶようです。

早速、1シート1,000円のチケットを5,000円分購入しました。
しかし、本当は40メニューあるはずなのに……、

台湾夜市メニュー

この日は、台湾からの材料が調達できないお店があったらしく、実際はコレ↓だけ。

DSC_0686 (2)

しかも、メニューの右半分は台湾とは関係なく、ウミカジテラスの店舗らしい。。。

でも、せっかく来たので、手分けして①③⑤の屋台の列に加わりました。

DSC_0634 (2)

1番最初に買えたのが、ルーロウファン2個で1,000円。
(肉が少ない!と文句を言ったらしい💦)

2番目に買えたのが、ビーフン炒め2個で1,000円。

DSC_0636 (2)

①の葱焼き餅が長~い行列で、少しも進まず。。。

取り敢えずビールを4杯2,000円のチケットを使い、テーブル席を確保。

ビールを飲みながら2人に並んでいて貰い、お腹空き過ぎヒゲ博士と助手はルーロウファンとビーフン炒めを食べ始めるが、既に冷めている。。。

DSC_0648 (2)

トイレに行ったヒゲ博士、手に旭川ラーメンを持って戻って来た!
アツアツラーメンでホッと安心。

しかし、待てど暮らせど①屋台隊が戻ってこない。。。

ちょくちょく様子を見に行っても余り進んでいない💦

屋台では1人が生地を広げて、もう1人の知り合いの男性に良く似たおばちゃんが揚げ焼きをしているのだが、良く言えば丁寧で、悪く言えば手順が悪く、流れている台湾の曲に合わせて皆で合唱しちゃったりしてる。。。

1525182517719 (2)

そんなこんなで、やっと購入!
2枚で1,000円。

DSC_0656 (2)

コレが、2時間待ちの葱焼き餅ダ!

DSC_0666 (2)

残ったチケットでビール2杯買って、待っていた2人を労いました。

アツアツを食べて、タクシーがいないので、10時の無料シャトルバスにギリギリ乗車。
7時に到着したので、3時間もいたことになります💦

エッ? チケットの金額が合わない?
アレッ、おかしいなぁ。。。

DSC_0590 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


先日、久し振りにキャンティへ行って来ました。

DSC_0570 (2)

超・超久し振りなのに、お店の方が顔も料理の好みも憶えていてくれて、さすが老舗店のスタッフさんです。

キャンティと言えば、この前菜のワゴン。
ひとつひとつ、説明を聞きながら、どれにしようかワクワクの瞬間。

DSC_0574 (2)

このスティック状のピザはアンティパストです。

DSC_0579 (2)

JUNOの冷前菜は、ナスと鰹。

DSC_0578 (2)

温前菜は、焼きホワイトアスパラガス、焼きチーズなど。

DSC_0581 (2)

これは、空豆入りのスパゲッティ。

DSC_0586 (2)

いつもはボンゴレ・ビアンコを注文するのですが、この日はキャンティ名物スパゲッティ・バジリコを注文してみました。

DSC_0592 (2)

コレが失敗💦
バジルだけかと思っていたのですが、苦手な大葉入りでした。

ア~、ボンゴレ・ビアンコにすればヨカッタ。。。

DSC_0600 (2)

さて、デザートもワゴンで運ばれきます。

DSC_0605 (2)

ヒゲ博士のデザートは2種類をチョイス。

DSC_0607 (2)

そして、チョコレートムースも注文。

DSC_0609 (2)

この後は、これまた久し振りにSTARに行きました♪

DSC03211 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


那覇港に近付いてきたにっぽん丸

最後の朝食は、オーシャンダイニング「春日」に行くことにしました。

DSC03227 (2)

皆は本日のおすすめ、パンケーキを注文。

まずは、スープが運ばれてきます。

DSC03205 (2)

そして、自分好みの卵料理、ココにはカプチーノがありました。

DSC03207 (2)

カットフルーツとヨーグルト。

DSC03208 (2)

コチラのレストランの方が空いています。
皆、和食が好きなのかも知れませんね。

和食も洋食も食べられるので、「瑞穂」の方がお得な気がしました。

夕食時のメニューの表紙と裏表紙がノスタルジックな感じです。

DSC03233 (2)

さて、那覇港に到着後、タクシーにて我が家に戻り、ちょっとお仕事をしている間にランチの時間。

にっぽん丸で御一緒した友人を招いて、ヒゲ博士がふかひれランチを用意してくれました!

DSC03210 (2)

旅行から帰って来たばかりで、もやしの根と頭切りを2袋分。

ホントにお疲れ様でした!
美味しかったヨッ。
ありがとう♪

DSC03201 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


与那国島からにっぽん丸に戻り、夕食前にビンゴ大会に参加しました。

外国船と違い、賞金ではない代わりに無料で参加できます。
ココで、ぱしふぃっくびいなす同様、Both win!を狙います(笑)

ビンゴカードは紙ではなく、再利用できるもの。

JUNOめのカード↓が当たりそうもない気がして、始まる寸前に交換してもらいました。

DSC03172 (2)

ナゼか、ビンゴの前に南京玉すだれ!?
右の方が新米という設定で笑わせてくれます。

DSC03173 (2)

そして、JUNOビンゴ!
(カードを交換してヨカッタ)

ぱしふぃっく びいなす同様、ワインを選びました。

DSC03185 (2)

ヒゲ博士は、今回は当たらず。。。

この船でも、最後に1つも数字が当たらない人が勝者、のゲームが追加され、賞品はやはり「次回のクルーズの3万円割引券」という微妙なものでした。

さて、ルンルン気分で夕食デス。

DSC03229 (2)

オードブルは、ホワイトアスパラガスの蟹身入りフラン。

DSC03192 (2)

ゴーヤのクリームスープ。

DSC03194 (2)

サーモンの湯葉包み。

DSC03196 (2)

桜のグラニテ。

DSC03198 (2)

お肉料理は、あのローストビーフが出ないかなぁ、と期待していたのですが、ちょっと違うローストテンダーロインビーフ。

DSC03200 (2)

そして、デザート。

DSC03202 (2)

最後にカジノで残ったチップを使い切りました。
(勝てなかった、てコト)

……To be continued.

DSC03059 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


にっぽん丸3日目の朝食は、和食にしてみました。
納豆があったからデス♪

DSC03231 (2)

さて、与那国島へも久米島同様、通船にて上陸致します。
この日はかなりの波の揺れ~

DSC03060 (2)

与那国島はタクシーが少ないらしく、事前予約出来なかったので、レンタカーを手配しておきました。
レンタカー代金は、3時間まで5,000円で6時間5,500円だったので、6時間で予約。

しかし、レンタカー屋さんから島の1/4ほどの距離にある久部良まで直ぐに到着してしまったので、6時間持たないかも~、と皆思う。。。

後で地図を確認したら、島一周36分だったのダ。

DSC03073 (2)

そして、日本最西端の地、到着!

日本最西端TEEのあるゴルフコースでプレーしたコトはあるが。。。

DSC03068 (2)

島には4カ所のテキサスゲートという溝が道路上にあり、車だとガタガタする程度ですが、野生の馬がゲートから先には出ないようになっております。

このゲートを通ると、道路上に馬と馬糞がイッパ~~~イ!

DSC03082 (2)

野生の馬を見ながら、再びテキサスゲートを通り、Dr.コトー診療所を目指していたら、アッという間にスルーして💦立神岩まで行ってしまった。

DSC03083 (2)

立神岩デス。

DSC03085 (2)

そして、2分ほどで軍艦岩到着~♪

DSC03090 (2)

さらに2分後、テキサスゲートを通り、馬と馬糞だらけの東崎灯台到着~。
※ココのトイレは使用せず、下のアリシのトイレの方がまだマシ💦

DSC03097 (2)

なんと、アリシに行くと、にっぽん丸が見えてきた!
もうすぐ、一周してしまう💦

DSC03103 (2)

ズームアップ!

DSC03101 (2)

牛もいた!
この牛、車が停まったのを確認してから道路渡ったの。
エライね。

DSC03105 (2)

そして、アッという間に島一周。
観光しても1時間!?

DSC03107 (2)

時間がたっぷりあるので、島の中心地である祖内のメインストリートを探してグルグル走る。

笑っちゃうほど何もナイ。
飲食店も開いてナイ。

レンタカー屋さんが、ヤル気がナイ店ばっかりだって言っていたケド、その通り。。。

コンビニもないので、小さいスーパーみたいなお店で飲み物を買い、開いている飲食店を聞くと、しばらく考えた挙句、紹介してもらったお店がコチラ。

DSC03109 (2)

コンテナ?食堂「はとや」さん。
しかも、2人先客がいて、あと2人しか入れなくて、4人で待っていても良いかと聞いたら、ダメだって💦

……で、ランチ難民の救済地、空港へ。

DSC03111 (2)

空港のレストランは、やっていた!

DSC03113 (2)

そして、本日のランチ、与那国そば。
&運転手さんには失礼して生ビール♪

DSC03116 (2)

ヒゲ博士は、カジキハラゴフライ定食。

不思議なお味のハムカツとカジキフライがサメよりカタイ💦
(サメの方がウマイ)

DSC03119 (2)

でも、食堂は満席に近い状態でした。

さて、ランチも終わってしまい、ヒマなのでDr.コトー診療所を探しに行くことに。
何の案内板もないので、グルグル迷った末、発見!

DSC03120 (2)

しかし、有料なのだ。。。

我々4人は、Dr.コトーを観ていなかったので、お金を払ってまで見に行くほどの興味がナイ。

DSC03126 (2)

Dr.コトーも直ぐに終了。

さて、次に向かうのは国泉泡盛「どなん」。
そう、与那国と言ったら「どなん」でしょう!
(酒が飲めるとテンションUP)

DSC03133 (2)

「どなん」は工場内写真撮影OKというコト。
久米島はNGでした)

ココも貸切工場見学デス。
(しかも、電話もしないで訪問)

DSC03137 (2)

丁寧に泡盛が出来るまでを説明して頂き、酒蔵直売所へ。

DSC03140 (2)

ココでしか飲めないという、どなん60°17年古酒も試飲。

左から3本目の60°のグリーンを1本3,200円で購入しました。

DSC03142 (2)

まだまだ時間があるので、「どなん」の直ぐそばにある「アヤミハビル館」という世界最大級の蛾の博物館に入ってみました。

ココも全館貸切。

DSC03161 (2)

最大級で24cmにもなるそうですが、その数はわずからしいです。

ケース内は羽化したばかりのオスだそうです。

DSC03154 (2)

そしてケースにも入らず、木の枝にぶら下がっているのはメス。
昼間は、こうして動かないそうです。

DSC03159 (2)

さて、与那国島も満喫(?)したので、通船に乗ってにっぽん丸に戻ります。

DSC03164 (2)


……To be continued.

DSC03213 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


にっぽん丸は那覇発着でしたので、途中ですが、ANAプレミアムクラスの機内食シリーズ第8弾~♪

那覇行きは軽食のお時間デス。

DSC02833 (2)

メニューはこんな感じ↓

DSC03235 (2)

そして、今回は一風堂のカップラーメンが登場デス!

CAさんに勧められ、ヒゲ博士が食べてみる。。。

DSC02838 (2)

イイネ、イイネ♪
行きはお腹イッパイだったので、帰りに食べてみよッ!

DSC03215 (2)

で、羽田行きの夕食。

4月も「よし邑」とのコラボです。

DSC03240 (2)

一風堂、2人分注文♪

DSC03217 (2)

ヒゲ博士曰く、お味はイマイチだったというコトで、おウチにあった高菜炒めを持ち込み、ド~ンとトッピング!

DSC03218 (2)

美味しく戴きました♪

DSC03223 (2)

DSC03052 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


クタクタに疲れた久米島観光の後は、2日目の夕食。

この日は和食でした。

DSC03226 (2)

和食だと、やっぱり日本酒♪
八海山を注文しました。
(ン? おすすめドリンクリストにはナイ💦)

DSC03225 (2)

前菜には、烏賊の明太子和え、ミミガー、蟹味噌豆腐、サラダヘチマの土佐和え。

DSC03040 (2)

うざく、ウコン麺と鯛の唐揚げのお吸い物。

DSC03041 (2)

かつおの松葉焼き。

DSC03042 (2)

焼き物は、赤魚の奉書焼き。

DSC03044 (2)

煮物は、黒毛和牛三角ばら肉の味噌煮込み。

DSC03045 (2)

野菜の天ぷら。

DSC03046 (2)

ご飯と浅利貝のお味噌汁。

DSC03047 (2)

デザートは、パッションフルーツと西瓜、桜小豆ムース。

DSC03048 (2)

実は、酔っ払っていたのか、この日の夕食が美味しかったのかどうなのか、味の記憶がなく💦、食後に食べたハンバーガーが美味しかったコトのみ憶えております。。。

DSC03051 (2)

もちろん、これらも無料。

以前のにっぽん丸でも御紹介したゴディバの『ショコリキサー』も無料デス。

DSC03053 (2)

沖縄ではお馴染みのBLUE SEAL アイスクリームも食べ放題!

DSC03057 (2)

この後はカクテルパーティーに行き、シャンパン飲み放題にも参加しました♪

……To be continued.

DSC02991 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


クルーズ2日目の朝食です。

和定食を注文すると、全部食べられます(笑)

DSC02867 (2)

ちなみに、JUNOの朝食↓

DSC02870 (2)

さて、にっぽん丸は久米島到着。
通船(小型ボート)にて上陸します。

DSC02872 (2)

島に到着すると歓迎の音楽♪

DSC02873 (2)

我々は観光タクシーを予約していたので、港にお迎えに来てくれた運転手さんにお任せの久米島観光デス。

DSC02875 (2)

まずは、久米島博物館。
島の歴史と自然の魅力を200円で学びます。

DSC02880 (2)

久米島の久米仙に行きたかったのですが、工場見学は出来ないらしいので、運転手さんオススメの米島酒造株式会社で泡盛の造り方をタダで学びます。

DSC02882 (2)

そして、試飲♪
同じ酒造でも様々な味わいがあります。

我々は、17年古酒の久米島を沖縄に6本、東京に6本送りました。
東京まで送っても送料無料~。

DSC02886 (2)

軽く良い気持ちになったトコロで、次は古民家の上江洲家。
国指定の重要文化財建造物に座っているおばあに300円を支払い、その歴史を学びます。

DSC02907 (2)

石の上に載っているだけの柱なのに260年以上もの時を経ているのです。

米蔵や右奥にはフール(豚舎を兼ねたトイレ)もあります。

DSC02891 (2)

次は、五枝の松。

DSC02913 (2)

国の天然記念物である1本の松の木が横に広がっている姿は見事です。

DSC02917 (2)

おばけ坂はおばけが出るのではなく、目の錯覚により下っているように見えるのに実際は上り坂というミステリースポット。

タクシーで中ほどまで入って行き、ギアをニュートラルにすると下ったハズなのにスルスルと後ろに戻って行くのです!

DSC02924 (2)

歩いて見てもワカラナイ💦
不思議坂デス。

次は、ミーフガー。
ミーフガー(女岩)は子宝祈願のパワースポット。

DSC02939 (2)

久米島は見どころ満載!

次は熱帯魚の家!?

DSC02961 (2)

引き潮になって潮だまりに残されたお魚ちゃんたちにエサをやると、たくさん集まって来ます。

ルリスズメダイがいっぱい。

DSC02957 (2)

大きいお魚もいます。

でも、足場がゴツゴツしていて歩き辛くてタイヘン💦

DSC02955 (2)

次は、比屋定バンタでトイレ休憩。

DSC02976 (2)

上からの眺めは最高デス!
エメラルドグリーンのハテの浜が見えます。

DSC02965 (2)

次の景勝地は、宇江城城跡。

DSC02981 (2)

ココらへんで、健脚力ダウン。。。
(元々、健脚力などナカッタ💦)

ホントーに疲れ切ったトコロでランチタイム♪
運転手さんに案内してもらったお食事処へ。

DSC03000 (2)

珍味部分にサメ料理発見!

DSC02989 (2)

で、注文してみたサメにんにく揚げ。

DSC02992 (2)

美味しい!
イルカよりも美味しい!

しっかりしたお魚のフライです。
でも、インド料理のフィッシュマサラはサメだからね、初☆サメ料理!ではナイ。

JUNOめのランチ。
ハイボールにモズク天、そしてサメ。

DSC02994 (2)

ヒゲ博士のランチ。

ハイボールに海老フライ定食。
海老は1尾+100円で車海老に変更可。
で、車海老フライ定食也。
(ナゼか、立派なお刺身付き)

DSC02996 (2)

タクシー観光の最後は、奥武島
国の天然記念物、畳石。

DSC03017 (2)

自然の力を感じさせられる6時間弱の久米島観光でした。

16時の通船でにっぽん丸に戻り、展望浴場で疲れを癒し、7階のスポーツデッキで行われているオリオンビールサンセットバーに行きました。

DSC03038 (2)

JAZZ演奏を聴きながら、無料でオリオンビールが楽しめます。

DSC03028 (2)

ヒゲ博士による、究極の泡!

……To be continued.

DSC02857 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


にっぽん丸の続きデス。

那覇港を出港後、ドルフィンホールで「炎舞太鼓」という琉球舞踊、エイサーなどの沖縄伝統芸能を鑑賞し、部屋にあったカジノプレイ券でカジノを楽しみ、ナイトスナックが用意されているメインダイニング「瑞穂」に行ってみました。

DSC02855 (2)

大根餅にカステラ、フルーツなど。

DSC02856 (2)

皆、食欲がそそられない様子。。。

で、有料の寿司バーへ移動。

DSC02858 (2)

陽気な大将が握ってくれるお鮨は美味しかったようです。
(JUNOめはお酒飲んでただけ~♪)

さて、スーペリアステートのお部屋ご紹介。

スーペリアステートは2階と4階にあるのですが、メインダイニングと同じ階で、4階よりもやや大きい2階のお部屋を事前にリクエストしておきました。

207号室です。

DSC02864 (2)

バルコニーはなく、窓のみ。

DSC02863 (2)

バスタブはなく、シャワーのみ。

でも、3階に誰でも無料で利用できるグランドバス(展望浴場)があるから大丈夫。
大浴場には、サウナ、タオル、化粧水、乳液など揃っていて快適です。

DSC02865 (2)

トイレはもちろん、ウォシュレット。
外国船と違い、アメニティーグッズもホテル並みに揃っております。
(鏡にJUNO、チョコッと登場~)

DSC02866 (2)

想像していたよりも、広いデス!
冷蔵庫に入っている1日1人2本の水が無料。

DSC03166 (2)

2階のお部屋は氷などを取りに行くのも近くて便利でした。
お酒もガンガン持ち込み無料デス♪

……To be continued.

DSC02842 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


友人のご夫婦と4人で、那覇港から出発するにっぽん丸の「飛んでクルーズ沖縄 Cコース~久米島・与那国島~」に参加してきました!

にっぽん丸は2度目です。

今回は、ギリギリで予約したので、スーペリアステートのお部屋です。
よって、お食事も名物のローストビーフが食べられないメインダイニング「瑞穂」となります。

ちなみに、スイート用「春日」での初日のディナーはコチラ。
↓↓↓
★にっぽん丸 初日のディナー★

19:00~19:30乗船受付ですので、夕食は簡単にブッフェかな?と思っていたのですが、初日からちゃんとしたコースでした。

DSC02840 (2)

ドリンク類は有料です。

DSC02841 (2)

イーラス・オレゴンをボトルで注文。

DSC02843 (2)

オードブルに続き、生もずくのコンソメスープ。

DSC02844 (2)

平目のワイン蒸し(食べちゃった写真でスミマセン💦)

DSC02849 (2)

ライムのグラニテ。

DSC02850 (2)

お肉料理は、合鴨のロースト。

DSC02851 (2)

そして、デザートとコーヒー、紅茶。

DSC02853 (2)

そして、にっぽん丸は那覇港を21時に出港です。

……To be continued.

DSC08979 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


以前御紹介したレストラン香味屋、先日再び行き、今回はコースではなく単品で注文してみました。

前菜に選んだのはエスカルゴ。
昔ながらの食べ方で頂きます。

プリティ・ウーマンを思い出します。。。
(分からなかったら映画を観てネ)

DSC_0569 (2)

絶品コンソメスープに続き、いつものメンチカツ(ハーフ)。

DSC_0570 (2)

そして、食後のオムライス!?

お隣の席で、オムライスをシェアしているのを見て、ヒゲ博士がマネッコ注文。

コレだけ1人で食べると、他の物が食べられなくなるので、皆で分けてご飯やパンの代わりにするのもイイかも!?

DSC_0571 (2)

昔ながらのオムライス、でした。


さて、本日のレシピの方は、海老と春野菜の一皿です♪



☆海老と春野菜のワイン蒸し☆レシピ

<材料:2人分>
 海老(ブラックタイガー:大)…10尾
 塩…少々
 片栗粉…少々
 スナップエンドウ…10本
 ズッキーニ…1本
 ジャガイモ…1個
 ニンニク(芯を取って薄切り)…2粒
 タマネギ…1/2個
 オリーブオイル…大さじ2
 赤唐辛子…1本
 白ワイン…150cc
 塩コショウ…少々
 タイム…小さじ1/2
 バジル…小さじ1/2
 オレガノ…小さじ1/2
 パルミジャーノレッジャーノ…大さじ3

<作り方>
1)海老は殻を剥き背ワタを取り、尾の先をカットし、塩と片栗粉で洗います。

DSC08966 (500x332)

野菜類は角切りにし、スナップエンドウは筋を取ります。

DSC08968 (500x332)

2)フライパンにオイルを引きニンニクと赤唐辛子を香りが出るまで炒めます。

DSC08970 (500x332)

その中へタマネギを加えて炒めます。

DSC08971 (500x332)

3)他の野菜も加えて炒めます。

DSC08972 (500x332)

4)白ワインを注いで蓋をして中火で5分、スパイスを加えて8分くらい蒸し焼きにします。

DSC08973 (500x332)

5)海老を加えて塩コショウします。

DSC08974 (500x332)

6)海老の色が変わったらパルミジャーノを加えて絡めます。

DSC08975 (500x332)

5)器に盛り付けて完成!

DSC08991 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年4月21日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC09137 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


2月に咲いた2本の幸福の木の花、昨日他の3本も咲いているのを発見!

白い矢印のトコ。

DSC00965 (2)

ズームアップ左からその1。

DSC00964 (2)

中央その2。

DSC00959 (2)

右その3。

DSC00962 (2)

蜜がポタポタ。。。
2月に咲いて、間を空けて4月に他の枝が蕾を付けるのは初めてデス。

残りの1本(1番上の枝)も咲くのでしょうか?


さて、本日のレシピは、ペッパーステーキ。

新じゃが、新たまねぎなど季節のお野菜もたっぷりと添えてみました♪



☆ペッパーステーキ~季節野菜を添えて~☆レシピ

<材料:2人分>
 牛肉…80gくらい×2枚
 ハウス香りソルト ガーリック&オニオン…適量
 ブラックペッパー荒挽…適量
 塩…少々
 オリーブオイル…大さじ1
 ブランデー…少々

【ガルニ】
 新じゃがいも…2個
 新たまねぎ…1/2個
 ナス…1本
 ピーマン(種を取って乱切り)…3個
 オリーブオイル…大さじ1
 ハウス香りソルト ガーリック&オニオン…適量
 塩…少々
 パルミジャーノレッジャーノ…大さじ1
 ブラックペッパー荒挽…少々

 <作り方>
1)牛肉は筋切りをして塩、ブラックペッパー、ガーリック&オニオンを塗しておきます。

DSC09130 (500x332)

2)新じゃがは皮を剥かずに良く洗って、1/4にカットし水を掛けてラップをしてレンジで3分ほど加熱します。

DSC09128 (500x332)

3)オイルを引いたフライパンで食べやすい大きさに切った野菜類を炒めます。

DSC09131 (500x332)

4)ガーリック&オニオン、塩、パルミジャーノを振り入れて味を整えます。

DSC09133 (500x332)

5)オイルを引いたフライパンで牛肉を焼き、ブランデーでフランベします。

DSC09134 (500x332)

6)ガルニをお皿に盛り付けブラックペッパーを振り掛け、ステーキを載せれば完成!

DSC09138 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年5月3日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC_0566 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ANAプレミアムクラスの機内食シリーズ第7弾~♪

羽田発→那覇行の夕食は、前回と同じ「乃木坂しん」とのコラボ、お品書きデス。

DSC_0576 (2)

帰りの那覇発も「よし邑」とのコラボです。

DSC_0571 (2)

お品書き。

DSC_0578 (2)

往復とも、シャンパンの後、日本酒飲んじゃっておりマス。
帰りは、さらに赤ワインを追加し、食べることを忘れ、飲みに走る。。。

DSC09051 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ア~、だるい。。。

沖縄にいると、連日だるぅ~。
この気候のせいであろうか。。。

イヤ、イヤ、もちろん飲み過ぎのせいでアル。

朝起きては、1日くらい休肝日を設けよう、と思っても、夕方になると元気になってしまうので、飲んじゃうのだナ、コレが。

そして、だるぅ~、と繰り返す、懲りない人なのでアル。
酒飲みは、みんなそんな感じかな。


ハイ、本日のレシピは新たまねぎを使った超簡単な炒め物。

ササッと作って、ビールで乾杯!
(ビールをアルコールとして考えていない人)



☆チョリソー入り新たまポテト炒め☆レシピ

<材料:2人分>
 新たまねぎ(スライス)…1個
 ジャガイモ(皮を剥いて1cmくらいの大きさに切る)…2個
 チョリソー(食べやすい大きさにカット)…5本
 しめじ(小房に分ける)…1/2株
 ニンニク(芯を取ってスライス)…1粒
 輪切り唐辛子…少々
 オリーブオイル…大さじ1
 塩コショウ…少々
 チキンスープ(顆粒)…小さじ1
 醤油…大さじ1

<作り方>
1)ジャガイモはお皿に並べ、水を掛けてラップをして、レンジで3分くらい加熱します。

DSC09043 (2)

2)フライパンにオイルを引き、ニンニクと唐辛子を香りが出るまで炒め、タマネギを加えて炒めます。

3)他の材料も加えて炒めます。

DSC09045 (2)

4)調味料で味付けをして完成!

DSC09047 (2)

酔っ払いの翌日ゆえ、超簡単レシピで許してくださいマセ。。。



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年4月26日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC08505 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昨日に続き、春色スパゲッティシリーズ、アサリとアスパラでございます☆

アサリのスパゲッティというと、思い出すのがレストラン キャンティ

剥き身のアサリがたっぷりと入ったボンゴレ・ビアンコ。
殻を剥きながら食べるのってメンドクサイから、剥き身のアサリはとってもウレシイ♪

でも、いざ作り手側になると、剥き身にするのがメンドクサイ。。。

「殻がある! 」と文句を言われつつも、結局作るのは殻付きアサリのボンゴレ・ビアンコ。
(実は剥き身にすると大量のアサリが必要となるのダ💦)

そういえば最近、スーパーで生のアサリの剥き身を見掛けないですね。

以前御紹介したレシピ☆アサリとホウレン草の卵とじ☆もホントは生のアサリの剥き身を使いたかったのですが、売られていないので、酒蒸しにして自分で剥き身にしましたが、ナンか違う。

多分、キャンティのボンゴレも生の剥き身を使っているような気がするのです。
(今度、聞いてみよう!)

ところでアサリの生の剥き身って、牡蠣みたいに剥くのかしら?
(やっぱり、どう考えてもメンドクサイ。。。)

……ということで、本日のレシピは殻付きアサリとアスパラのスパゲッティです♪



☆アサリとアスパラのスパゲッティ☆レシピ

<材料:2人分>
 アサリ…440g
 スパゲッティ(1.6mm)…160g
 白ワイン…150cc
 ニンニク(微塵切り)…小さじ2
 オリーブオイル…大さじ1
 輪切り唐辛子…ひとつまみ
 アスパラガス(下の方は筋を取ってから斜め切り)…2本
 塩コショウ…少々
 パルミジャーノレッジャーノ…大さじ1

<作り方>
1)アサリは塩水に浸けて砂抜きをします。

DSC08496 (500x332)

2)多めのお湯に多めの塩(材料外)を入れて、スパゲッティを表示時間よりも2分少なめに茹でます。
茹で上がり3分前にアスパラガスも入れて茹でます。

DSC08499 (500x332)

3)フライパンにオイルを入れ、ニンニクと赤唐辛子を香りが出るまで炒めます。

DSC08495 (500x332)

殻をこすり合わせて洗ったアサリを加えます。

DSC08497 (500x332)

4)白ワインを入れ、蓋をして殻が開いたら、パスタの茹で汁を大さじ2杯加え、味を見て塩コショウをします。

DSC08501 (500x332)

5)茹で上がったスパゲッティとアスパラを湯切りして、アサリの中に加えます。

DSC08502 (500x332)

水分がなくなるまで1分30秒炒めます。

DSC08503 (500x332)

パルミジャーノを振り入れ絡めます。

DSC08504 (500x332)

6)器に盛り付けて完成!

DSC08509 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年4月6日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC08338 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


最近、訪沖するとちょくちょく行くのが、先日御紹介したBRASSERIE OSAKI

昨日も家庭菜園で育てているパセリをお土産に早い時間に行ったら、予約席でほぼ満席。
我々は、いつも予約ナシで行くので、カウンターの予約席をずらしてもらい席確保。

20時の予約が多かったので、早めに行って良かったデス。

このお店もとりかわ博多 かわっこみたいに予約しないと入れない人気店になっちゃうかも!?


さて、本日のレシピは春キャベツと明太子でサクラ色のスパゲッティ。

今年の夜桜見物はイマイチでしたが、スパゲッティは春色デス♪



☆キャベツと明太子の春色スパゲッティ☆レシピ

<材料:2人分>
 スパゲッティ(1.6mm)…170g
 バター…20g
 明太子(薄皮を取る)…片腹くらい
 キャベツ(ざく切り)…2~3枚

<作り方>
1)多めのお湯に多めの塩(材料外)を入れて、スパゲッティを表示時間よりも2分少なめに茹でます。
茹で上がり2分前にキャベツも入れて茹でます。

2)フライパンにバターを焦がさないように熱します。
明太子は薄皮を取り、ほぐしておきます。

DSC08331 (2)

3)フライパンに湯切りしたスパゲッティとキャベツを加えて、1分30秒くらい水分がなくなるまで炒めます。

DSC08332 (2)

4)火を止めてから、トッピング用の明太子を残して、明太子を加えて絡めます。

DSC08333 (2)

5)器に盛り付けて、明太子を載せれば完成!

DSC08339 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年3月28日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC08360 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


今日の那覇市は超寒い~!
出発した日の東京くらいな感じ。

肌寒かった東京から那覇に到着した日は暑かったので、部屋に冷房を入れ、掛け布団をタオルケットに替えようか迷ったくらいでしたが、替えなくてヨカッタ、と思えるホドの寒さデス。


さて、本日のレシピは春キャベツを使ったレシピ。

これは母がよく作ってくれたおかずを思い出して作ってみました。

母のレシピは、タマネギとキャベツを炒めて塩コショウ、溶き卵を絡めて完成、というシンプルなものでした。
多分、ナンにも材料がない日に作っていたのだと思います。

ベーコンもニンニクも入っていなかったけれど、美味しかった。。。

今回は、味付塩コショー燻製風味を使ってみました。
簡単に美味しい味付けになります♪



☆春キャベツと卵の燻製風味炒め☆レシピ

<材料:2人分>
 ニンニク(微塵切り)…小さじ1
 オリーブオイル…大さじ1
 薄切りベーコン(細切り)…35g
 タマネギ(スライス)…1/2個
 キャベツ(ざく切り)…3枚
 日本酒…大さじ1
 卵…1個
 小ネギ…大さじ1
 パセリ…少々
 GABAN 味付塩コショー 燻製風味…適量

<作り方>
1)オイルを引いたフライパンにニンニクを入れ、香りが出たらベーコンとタマネギを炒めます。

DSC08345 (2)

そこへキャベツを加えます。

DSC08346 (2)

2)日本酒を加えて蓋をして中火で3分ほど蒸し焼きにします。

DSC08348 (2)

3)味付塩コショー燻製風味を振り掛けてから、溶き卵を絡め火を止めて小ネギを加えます。

DSC08351 (2)

4)お皿に盛り付け、パセリを振り掛ければ完成!

DSC08354 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年3月26日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC_0565 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


 姚姚のコースは、品数の違いの他に何が違うのか?

いつもは同じコースを注文するのですが、今回は6,000円(色コース)と9,500円(桃コース)の差がどのようなものなのか比べてみました。

まずは、写真を撮り損なった前菜は、色が1種類2個、桃は3種盛り。

そして、直ぐに色も桃も麻婆豆腐です。
器も変わり、猫舌ヒゲ博士には熱過ぎる!

DSC_0566 (2)

色はエビチリ。

DSC_0567 (2)

色桃共に海老揚げ春巻き。

DSC_0568 (2)

これは、桃コースの中華風たらば蟹。

DSC_0569 (2)

色桃共に酢豚。

DSC_0572 (2)

桃の雲吞麺スープ。

DSC_0575 (2)

色桃共に青椒肉絲丼。

DSC_0576 (2)

そして、高山烏龍茶と杏仁豆腐。

DSC_0578 (2)

ウ~ン、品数だけで内容の違いはそれ程でも。。。
やはり、でもでも同じコースを注文した方が良い、という結果でした。

姚姚のコースは、その内容が仕入れによっていつも違うのも楽しみのひとつです。
そして、もうひとつの楽しみは、明るいママさんとのお喋りですね♪

DSC00942 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


まぐろ料理シリーズもついに完結!?

最後のレシピはコチラ↓

☆まぐろと蟹のタルタル☆レシピ

<材料:2人分>
 漬けまぐろ(細かく切る)…100g
 ずわい蟹ほぐし缶(水分絞る)…100g
 タマネギ微塵切り(水に晒して絞る)…小1/2個
 キュウリ微塵切り(水分絞る)…1本
 キュウリのピクルス微塵切り…1本分
 マヨネーズ…大さじ1
 クリームチーズ(キリ)…18g×2個
 醤油…小さじ1
 レモンペパーミックス…少々

<作り方>
1)材料を全て混ぜ合わせれば完成!

DSC00945 (1)

パンなどに載せてパクッ!
「ナニ、コレ、ウマ~イ!」というヒゲ博士。

DSC00950 (1)

漬けまぐろで作っても美味しかった!

漬けないレシピはコチラ
↓↓↓
☆マグロとサーモンのタルタル☆

DSC00955 (1)

そして、赤身の漬けまぐろ寿司も登場!

DSC00954 (1)

ピカピカ☆トロトロ~♪
前夜から漬けておいたのでトロットロッで美味しかったデス♪

DSC00941 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ローストビーフでも作ろうかなぁ」とヒゲ博士。
そして、ステーキ用のヒレ肉をブロックでご購入。

粗塩を塗し、すりおろしニンニクをすり込み、常温で2時間ほど置いてから、220℃に予熱したオーブンで10分、150℃に下げて25分焼きました。

アルミホイルに包んで、粗熱を取り、肉汁を小鍋に入れて、赤ワイン+トリュフソース+水少々+ハチミツ+バターを加えてソースを作ります。

そして、完成!
男の料理、絶品ローストビーフです♪

DSC00938 (1)

JUNOめはガルニ担当。

カワイイ卓上用グリルパンを沖縄で購入し、自力空輸。
持ち手が取り外し出来るので、卓上にそのまま置けます。

コレ↓が使いたかっただけの茄子とポテトのグラタン。

DSC00936 (1)

茄子とジャガイモは薄切りにして多めのオイルで焼き、グリルパンに重ねて並べ、ホワイトソースとチーズを掛けて、オーブントースターで色よく焼ければ完成!

DSC00934 (1)

ホントはグリルに入れて焼くからグリルパン。

でも、ちゃんとグリル内に収納しましたヨッ♪('▽'*)ニパッ♪

DSC00927 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


さて、本日もレシピブログさまのモニターコラボ、ヤマキ割烹白だし1本で簡単おかず!白だしさっと煮レシピコンテストに応募する超簡単レシピです。

第1弾はコチラ↓
白だしさっと煮☆ほうれん草とお揚げの卵とじ☆

第2弾はコチラ↓
白だしさっと煮☆炒り豆腐でゆし豆腐風旨味椀☆

今回もお手軽食材のみで作る1品。

炒り卵を載せたのは、母が良く作っていた『もやし卵』を思い出したから……。
その味付けは、酢+砂糖+醤油だったと思います。
もやしをごま油で炒めて、炒り卵を載せて、3:2:1の割合で混ぜ合わせた調味料を掛けるだけ。

今回の調味料は、もちろん白だしのみ。
ご飯に合うおかずデス♪


☆炒り卵のせ餡かけもやし☆レシピ

<材料:2人分>
 もやし…200g
 卵…2個
 薄切りロースハム…40g
 ごま油(白)…少々
 白だし…50ml
 水…350ml
 片栗粉…大さじ1

<作り方>
1)卵を溶き、火に掛けたフライパンに流し入れ、炒り卵を作ってお皿に取り出しておきます。

DSC00916 (500x333)

2)同じフライパンにごま油を引き、細めに切ったハムともやしを入れて軽く炒めます。

DSC00917 (500x333)

3)白だしと水を合わせたらフライパンに注ぎ入れ、中火で2分ほど煮ます。

DSC00918 (500x333)

4)水溶き片栗粉を加えて、やや強火でトロミを付けます。

DSC00919 (500x333)

5)お皿に盛り付け、炒り卵を載せて完成!

DSC00925 (1)



【白だし1本で簡単おいしい!白だしさっと煮レシピコンテスト参加中】
白だしさっと煮の料理レシピ
白だしさっと煮の料理レシピ

DSC02785 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


屋形船からの桜はイマイチだったので、翌日再度お花見に出掛けました。

屋形船の後、銀座へと移動したヒゲ博士、酔いが醒めないまま「言問団子に行こう!」と言い出したので、2日目のお花見となったワケです。

DSC02787 (2)

2人で1皿注文することにし、JUNOは黄色いお団子を食べる!と言っていたのですが、この日のお団子は、黄色が売切れ💦

1皿3個なので、白いのを2個にしてもらい、半分だけ戴きました。

DSC02786 (2)

さあ、言問団子から隅田川沿いを歩くお花見です。
大分、花びらが散ってしまっておりますね。

DSC02790 (2)

途中で、ハイボールと焼鳥を買い、休憩。

しばらく歩いて、ワインとメッチャ美味しくないソーセージでまた休憩。

DSC02798 (2)

でも、お天気が良いので、お花見日和。

DSC02816 (2)

日が沈んでくると、やっぱりちょっと寒く感じます。

DSC02813 (2)

今年の隅田川の桜もこれで見納め。

DSC02821 (2)

浅草方面に歩いて行き、父が好きだったレストランを探しても見付からず、おでん屋さんに入って熱燗を飲みながら店主に聞いたら、お店の名前が「ボンソワール」という事と閉店してしまったことを聞かされました。

残念。。。

DSC02827 (2)

その後、飲み屋さん通りに行き、イマイチなおつまみばかりを注文し、後悔。。。

DSC02829 (2)

結局、自宅近くの中華料理屋さんで餃子ともやしそばで満足して〆!(笑)

以上、今年のお花見でした。

DSC02733 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


今年の桜は散るのが早い!

東京では今日、明日とお花見に行く予定の方々も多いのでしょうが、もう葉桜となりつつあります。

今回は、以前にも御紹介した「濱田屋」の屋形船に乗ってお花見です。

DSC02695 (2)

お食事は濱田屋特選『春爛漫』会席コース。
飲み放題付きで、お1人様平日10,260円也。

DSC02724 (2)

お刺身と豚しゃぶなどが並んでおります。

DSC02698 (2)

天ぷらは揚げ立て!

DSC02702 (2)

お鍋は河豚と蛤のうどんすき。
余ったお刺身も加えてみました。

DSC02706 (2)

うどんの上には、河豚皮も載っております。

DSC02708 (2)

うどんすきを作っている最中にも、揚げ立て天ぷらが運ばれてきて、ちょっと忙しい。

DSC02720 (2)

うどんすき、完成!

DSC02718 (2)

うどん、柔らか過ぎ💦

DSC02723 (2)

うどんで〆かと思っていたら、ご飯も登場!

DSC02753 (2)

そして、デザート。

DSC02784 (2)

桜はね、あんまり良く見えない。。。遠い。

DSC02756 (2)

やっぱり、桜は桜、屋形船は屋形船、別々に楽しむ方が良いかな~。

飲み過ぎで写真ブレブレだし。。。

DSC02772 (2)

DSC_0506 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


さて、ANAプレミアムクラスの機内食も第6弾となりました。

行きの富士山は見られなかったので、日が沈む雲海をパチリ。

DSC_0498 (2)

行きの飛行機738は、最新の機種なのですが、小さいので今回の羽田ではバス移動となりました💦

「乃木坂しん」とのコラボ、夕食のお品書きデス。

DSC_05650 (2)

そして、帰りの那覇発。

DSC_0582 (2)

「よし邑」とのコラボです。

DSC_05670 (2)

お品書きを写真にしたら、ラクだワッ♪
このシリーズも続きそう。。。

DSC_0528 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


那覇で日曜営業のウレシイお店が、また1軒増えました!

オープンしたばかりのBRASSERIE OSAKI

DSC_0514 (2)

だぶるのママに紹介されて行ったのですが、美味しかったので2日連続!
(2日目が日曜日だったので)

DSC_0516 (2)

テーブル席とカウンター席。
我々は座り心地が良いので、カウンター席へ。

DSC_0515 (2)

取り敢えず、開店祝いでマネージャーとシェフを呼んで乾杯!

DSC_0522 (2)

食器類がお洒落デス♪

DSC_0525 (2)

それでは、2日間掛けて食べたものを御紹介。

前菜の盛り合わせ2人前。

DSC_0527 (2)

洋風モツ煮込み。

DSC_0532 (2)

生ハムのトルテッリーニ イン ブロード。
コレ↓美味しかった~♪

DSC_0534 (2)

ボンゴレビアンコ。

DSC_0538 (2)

豚タンのポトフ風。

DSC_0540 (2)

シェフお勧め、和牛ホホ肉の赤ワイン煮。

DSC_0541 (2)

初日はココで満足~♪

ドリカムのコンサートを挟み、2日目。

何しろメニューが豊富過ぎて、連続で行っても食べ切れません💦

コンサートで疲れたので、シンハービール。
(何故かタイのビール。。。)

DSC_0550 (2)

お通しはマロワルのタルト。
コレも美味!

DSC_0552 (2)

本まぐろと真ダコのカルパッチョ。

DSC_0554 (2)

ヒラマチのグラティネ。

DSC_0555 (2)

ポルチーニ茸とベーコンのリゾット。

DSC_0558 (2)

牛肩ロース芯のグリエ オレンジソース。

DSC_0560 (2)

大畠シェフは、フレンチでもイタリアンでも修業した立派な経歴の持ち主なのであります。

だから盛り沢山なメニューとなるのですね。
コスパも良過ぎるので、値上げ前に行くのがオススメ(笑)

最後に、笑顔がステキなマネージャーの島崎さんデス。

DSC_0530 (2)

DSC08170 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


昨日、2年振りの沖縄ドリカムコンサートに行って来ました!

東京では行かないのに、何故かチケットが手に入ったり、頂いたりと沖縄で2回も見ることが出来て楽しかったデス。

今回のチケットは入場引換券となっていて、入る時に席が分かるという変わった方法。
左のチケットを入口で渡すと、バーコードで右の座席券が発券されます。

DSC_0562 (002)

前回は南スタンドでしたが、今回は逆側の北スタンド。

いつものように、全員立ち上がるので座席が必要かどうか疑問ですが、2年ほどの歳月で足腰が弱ってきたのか、最初は立っていたのですが、結局2人とも座っての鑑賞。

同じように座っているご年配の女性2人が斜め前におりましたので、スクリーンもあるし、比較的良く見えました。

中では写真撮影禁止なので、この↓前で記念撮影をします。

DSC_0546 (2)

スタッフの方がいるのですが、お客様同士で写す決まりらしく、断られて困っていたら、親切な男性が通り掛かって「写しますよ!」とシャッターを押してくれました。

(^^♪ そこにいてくれてありがとう~♪ ありがとう~♪ ありがとう~♪

前回は帰りのタクシーがなくて困ったので、今回は車で来て駐車するのに時間が掛かったのに、メッチャ客待ちタクシーが並んでた💦

3時間弱のコンサート、疲れたケド楽しかった!

チケット、ありがとうございました♪
満喫したヨッ!


さて、本日のレシピは、味付塩コショー燻製風味を使用しました。

ハムとベーコンも加えましたが、スモーキーな味わいがポテト料理にはピッタリだと思います。
冷めても美味しいので、お弁当のおかずなどにもいかがでしょう♪



☆ジャガイモとスナップエンドウの燻製風味炒め☆レシピ

<材料:4人分>
 ジャガイモ…3個
 ニンニク(芯を取って粗微塵切り)…3粒
 スナップエンドウ(筋を取って塩茹で)…1/2パック
 タマネギ(スライス)…1個
 スライスハム(細切り)…35g
 薄切りベーコン(細切り)…35g
 オリーブオイル…大さじ1
 パセリ…少々
 GABAN 味付塩コショー 燻製風味…適量
 パルミジャーノレッジャーノ…大さじ2

<作り方>
1)ジャガイモは皮を剥いて細切りにして水に晒しておきます。

DSC08154 (500x332)

2)オイルを熱したフライパンでニンニクを炒め、香りが出たらタマネギを加えて炒めます。

DSC08157 (500x332)

3)ハムとベーコンを加え、水気を切ったジャガイモを加えて透き通るくらいになるまで炒めます。

DSC08158 (500x332)

4)茹でたスナップエンドウも加えて、味付塩コショー 燻製風味で味を整え、パセリ、パルミジャーノを振り入れて良く絡めます。

DSC08159 (500x332)

5)お皿に盛り付けて、お好みで糸切り唐辛子をトッピングすれば完成!

DSC08165 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2013年3月21日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC00254(2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


レシピブログさまのお料理にまつわる様々なトピックスを紹介する“くらしのアンテナ”のコーナーにて☆たたきキュウリの“どろだれラー油”和え☆を紹介して頂きました!

▼掲載記事
ポリポリ止まらない!たたいて作る速攻メニュー「たたき○○」5選

『食べるラー油を使ったきゅうりの和え物。たたいたきゅうりをビニール袋に入れて調味料を加え、そのまま冷蔵庫でなじませるだけ。おつまみにもぴったり!』とコメントを頂きました。

☆たたきキュウリの“どろだれラー油”和え☆

☆たたきキュウリの“どろだれラー油”和え☆

JUNOさん

超簡単な火も包丁も使わない、おつまみレシピです。
レシピブログ

ブログ記事はコチラ↓
☆たたきキュウリの“どろだれラー油”和え☆

おヒマな時に御覧くださいマセ♪ 

DSC_0523 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


沖縄の飲み屋さんなどで、〆に良く出てくるのは、ゆし豆腐のお椀。
もう帰れよ~みたいな感じですかね?

そのゆし豆腐をヒントに、どこでも手に入る木綿豆腐で、ヤマキ割烹白だし1本で簡単おかず!白だしさっと煮レシピコンテストに応募するレシピを考えてみました。

第1弾はコチラ↓
白だしさっと煮☆ほうれん草とお揚げの卵とじ☆

今回は、飲み過ぎた翌日でもホッとする旨味椀です。


☆炒り豆腐でゆし豆腐風旨味椀☆レシピ

<材料:2人分>
 豆腐…170g
 青ネギ(小口切り)…2本
 白だし…50ml
 水…350ml

<作り方>
1)フライパンを火に掛けて、お豆腐を入れます。

DSC_0515 (2)

2)お豆腐を崩しながら、中火で水分が出なくなるまで炒ります。

DSC_0517 (2)

3)白だしと水を合わせたものを注ぎます。

DSC_0518 (2)

4)3分ほど煮たら火を止めて、青ネギを加えます。

DSC_0520 (2)

5)器によそって完成!

DSC_0529 (1)



【白だし1本で簡単おいしい!白だしさっと煮レシピコンテスト参加中】
白だしさっと煮の料理レシピ
白だしさっと煮の料理レシピ

DSC_0477 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


超久し振りにお誕生日お祝いで香味屋に行って来ました。

DSC_0462 (1)

変わらない外観、昔ながらの下町の洋食屋さん。

1階の店内です。
お誕生日なので、モエ・エ・シャンドン♪

DSC_0465 (1)

香味屋の美味しいもの盛り沢山なコース・メニューにしてみました。

まずは、ココの来たら絶対に外せないコンソメスープ。
揺るがない味です。

DSC_0463 (1)

コレはヒゲ博士のオードブル盛り合わせ。

DSC_0464 (1)

スズキのポワレ、牡蠣が載っています。

DSC_0466 (1)

赤ワインは、ヴォルネイ プルミエ クリュ アン カイユレ / ラ プスドール。

DSC_0468 (1)

ヒゲ博士のメインはタンシチュー。
コレも美味しいの~♪

DSC_0469 (1)

そして、コースのメインは、香味屋の代表的な料理2品という夢のようなコラボ!

DSC_0476 (1)

あふれ出る肉汁!メンチカツとビーフシチューです。

DSC_0478 (1)

ア~、思い出すだけで、また食べたい。。。

DSC_0479 (1)

サラダも付いております。

DSC_0481 (1)

コースのデザートはヒゲ博士の胃袋へ~♪

DSC_0482 (2)

大満足!
変わらない雰囲気、伝統的に守られた手抜きのない料理。
楽しい1日となりました♪

DSC09842 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


レシピブログさまのお料理にまつわる様々なトピックスを紹介する“くらしのアンテナ”のコーナーにて☆春キャベツとミートボールのスープ☆ を紹介して頂きました!

▼掲載記事
柔らかさと甘みを生かす♪春キャベツのスープレシピ

『スパイスの効いたミートボールにパンチェッタ(ベーコンでも◎)、たっぷりの春キャベツで具だくさん!おかずになるしっかりスープです。』と紹介して頂きました。
 
 
☆春キャベツとミートボールのスープ☆

☆春キャベツとミートボールのスープ☆

JUNOさん

春キャベツをたっぷりと入れてミートボールをふんわりと作った具沢山のスープです。
レシピブログ

ブログ記事はコチラ↓
☆春キャベツとミートボールのスープ☆

DSC09852

おヒマな時に御覧くださいマセ♪ 

DSC_0493 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


あの幻のまぐろパーティー、その2がついに実現!

会社に新しく設置した休憩室のダイニングセット+酎ハイ&角ハイサーバーを記念してまぐろパーティーを開催。

目指せ!サマンサタバサジャパン!
(解説:サマンサタバサって社内にBARやお鮨屋さんがあるらしい)

パーティーの提案をしたのはJUNOだが、大変だったのはもちろんヒゲ博士。

まず、お買い物。
メインのまぐろはたくさ~んあるが、何しろ会社なので、卓上コンロから買い出し💦

ついでに売っていた寿司桶も購入♪

大きい土鍋やレンゲを探したのに売っていない。。。
季節商品らしく、もう置いていないらしい。

ニトリにも行き探したけど、やはり売っていない。。。
仕方なく、大きいステンレスのお鍋を購入。

買い物後、ウチで下準備。

寿司桶を熱湯消毒し、寿司飯を入れて冷ましておき、刻み海苔をパラパラ。
漬けておいたまぐろをヒゲ博士が切り、JUNOめはアボカドを切り、寿司飯の上に盛り付けて完成!

上からしか見えないケド、かなり大量にまぐろが載っております!
(ラップを取る時、アボカドを1切れヒゲ博士が落としたので、1箇所アボカドが抜けている。。。)

DSC_0495 (1)

そして、下準備してきたお鍋に本まぐろ大トロを加えます。

DSC_0496 (1)

ねぎま鍋の完成!

DSC_0497 (1)

大好評でした!
〆のお蕎麦も完食。

我々は、皆が美味しそうに食べている笑顔をつまみに飲んでいたら、相当酔っ払ってしまいました💦

DSC_0477 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ナゼか、食事に行く時間がなくなり、
「そうだ! で出前を取ろう!」ってなコトになり、タクシーで松山へ。

お店に着くなり、高山琉球別邸でカツサンド2人前と築地青空三代目でのどぐろ入りの握り鮨を注文。

しかし、お店のスタッフの方が戻って来て、カツサンドは飲みに来たお客様にしか提供しない、と言われたらしい。。。

そこで、諦めないヒゲ博士、舜から高山に1人ハシゴ酒。

カツサンドを手に(お皿ごと!)戻って来ました。

DSC_0475 (2)

どうやら、マスター1人だったので、お留守番がいないとキッチンに入れない状況だったようデス。
ムリ言ってスミマセン💦

順番としては、お鮨を食べてから、カツサンドが希望だったのですが、せっかくおつかいに行ってくれたヒゲ博士を待ってから、先に到着していたお鮨を食べよう!と思ったのがマチガイ。

DSC_0479 (2)

やっぱり出来立てカツサンドは冷めない内にと食べてからのお鮨は、入っていかなかった。
のどぐろちゃん、ゴメンネ。。。(p_q*)シクシク

高級クラブのカウンターでパクパクとお食事を終え、やっと落ち着いて飲むことが出来ました♪


そして、コレは↓銀座のクラブでサンドイッチの出前を頼むと運ばれてくるタマゴサンドとカツサンド。

DSC00159 (2)

コレ↓も美味しいの。

DSC00161 (2)

エビフライサンドに見えるけど、タラフライサンド。

コレがホントのクラブサンドイッチ!?
(違う、違う!)

DSC00897 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


お久し振りにモニタープレゼントに応募させて頂きました!

何故なら、ヤマキ割烹白だしだったから♪

DSC00872 (2)

アラッ! ビンからペットボトルに変わったのね。

今回は、ヤマキ割烹白だし1本で簡単おかず!白だしさっと煮レシピコンテストに応募するレシピ第1弾デス。

このコンテストには、以下のようなレシピ条件がありマス。

sec01_about

フライパンで煮物は、JUNOめの得意分野でありマス。
さらに、白だしは大好きでありマス。

早速、つくってみよう♪白だしさっと煮。


☆ほうれん草とお揚げの卵とじ☆レシピ

<材料:2人分>
 ほうれん草…1/2把(6~7本)
 油揚げ…1枚
 卵…2個
 白だし…50ml
 水…350ml

<作り方>
1)白だしと水を合わせて、フライパンに入れて中火に掛けます。

DSC00885 (2)

2)油揚げは湯通ししてから、食べやすい大きさに切ります。

DSC00887 (2)

3)ホウレン草は1/4くらいに切ります。

DSC00888 (2)

4)フライパンにほうれん草の茎部分と油揚げを入れて2分ほど煮ます。

DSC00890 (2)

5)葉の部分を加えて1分煮ます。

DSC00891 (2)

6)溶き卵を加えて、蓋をして1分半ほど煮ます。

DSC00893 (2)

7)卵はお好みのかたさになるように時間を調節してください。

DSC00894 (2)

8)お皿に盛り付けて完成!

DSC00898 (1)

白だしだけなのに、お揚げもふっくらして、すんごく美味しい!

DSC00912 (2)


【白だし1本で簡単おいしい!白だしさっと煮レシピコンテスト参加中】
白だしさっと煮の料理レシピ
白だしさっと煮の料理レシピ

DSC_0469 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


おもろまちでお買い物をして、お腹が空いてフラフラだったので、直ぐそばにあった舞天(ブーテン)に入ってみました。

120席もある広~い店内は、趣向を凝らした様々な席があり、女子会向きな感じ。

2Fのカウンターに案内されて、まずは角ハイを注文し、冷蔵庫の中に船中八策を見付け、ソレも注文。
(従って角ハイはチェイサーである)

DSC_0465 (2)

つまみは、蓮根めんたい挟み揚げに、やみつき餃子。

DSC_0468 (2)

ズワイガニグラタン。

DSC_0471 (2)

そして、Japanese Soba DININGですので、十割そば。

DSC_0473 (2)

メニューは、焼鳥からお寿司、天ぷらなど、何でもある感じ。
宴会向きのお店ですね♪


Japanese Soba DINING 舞天 本店
Japanese Soba DINING 舞天 本店
ジャンル:和風居酒屋
アクセス:ゆいレール線おもろまち駅 徒歩3分
住所:〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち4-3-28(地図
姉妹店:炉端炭火 回 おもろまち店回 本店
ネット予約:Japanese Soba DINING 舞天 本店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 那覇×そば
情報掲載日:2018年3月18日

DSC_0406 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


東京に帰ってきたら、ネットが繋がらず。。。💦

そう言えば、行く前に繋がらなくなったコトを思い出し、まぁ、イイや、戻ってきたら直っているだろう~なんて気楽に考えていたっけ。

何が原因か分からなかったので、取り敢えずNTTへTEL。
念のため、モデムを交換してくれるとのコト。

そして翌日の午前中に届くはずが届かず。。。
再びNTTへTEL。
送り状番号を教えて貰い、宅急便へTEL。

やっと到着して、モデム交換するも、直らず。
NTTへTEL。
モデムまでは通っているのでプロバイダーへ連絡した方が良いとのコト。

そして、プロバイダーへTEL。
通信確認してもらったけど、信号が届いていないとのコト。

そして、やっぱりルーターのせいか、と思い、PC1台だけ単独接続して、お仕事メールをチェックしている間に、ヒゲ博士がルーターを買いに行き、昨日はお客様が来たのでチーズタッカルビなどを作っておもてなし、そのままヒゲ博士は銀座にお出掛けのため接続出来ず、本日に至ったワケであります。

そんな感じでお久し振りのブログUPデス💦

そして、これもお久し振りのANAプレミアムクラスの機内食第5弾!

3月の軽食デス。

ペッパーチキンと野菜のデニッシュサンドイッチ
ツナと野菜のサンドイッチ
インド風レンズ豆のサラダ
海老のマリネと菜の花のサラダ
リンゴ、キウイフルーツ、パイナップル

(353Kcal)
「アトリエうかい」のお菓子付

そして、帰りの夕食は、「よし邑
」とのコラボに変わりました。

DSC_0487 (2)

明太子玉子焼き
鰆塩焼き、鶏照り焼き、甘海老唐揚げ
竹の子西京漬け
博多焼きチーズ
蝶々芋、若桃蜜煮
翡翠茄子胡麻餡かけ
豆鯵マリネ
海老真丈
牛蒡饅頭、豆富の蒲焼、揚げ蒲鉾
隠元、桜人参
鯛ご飯
島豆腐とキャベツの味噌汁
(606Kcal)

(次回からは、お品書きを写真で撮ろう。。。)

DSC03830 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


沖縄行きの際、羽田空港内にて電動カートに乗ることがあります。

TS3S0006 (2)

↑コレは、乗り遅れてしまいそうな人とか、歩くのが大変な方とかが利用するものだとばかり思っていたのですが、普通に「乗せて」と言ったヒゲ博士。

普通に乗せて頂きました。

ちょっと、タイ航空のファーストクラス気分デス。

カートで行かれるトコロが制限があるらしく手前で降りたのですが、遠いゲートだったので助かりました。

空港内電動カート、普通に乗れるって御存知でした?
(イヤ、ひょっとして断り辛い顔だったからかしら!?)


さて今回は、「ハウス スパイスクッキング 魚のハーブ焼き」を使用して、タラと長いものピカタを作ってみました。

コレ、長いもが超美味しいおつまみになります。



☆タラと長いものハーブ入りピカタ☆レシピ

<材料:2人分>
 タラ(皮と骨を取り、1/4カット)…2切れ
 長いも(半分に切って1/4くらいにスライス)…10cm
 薄力粉…大さじ1.5
 オリーブオイル…大さじ2

【ピカタの衣】
 卵…2個
 スパイスクッキング 魚のハーブ焼き…1袋
 パルミジャーノレッジャーノ…大さじ1
 牛乳…大さじ2

<作り方>
1)タラと長いもは薄力粉を塗しておきます。

DSC03815 (500x332)

2)衣の材料を混ぜ合わせます。

DSC03816 (500x332)

3)オイルを引いたフライパンに衣を塗したタラと長いもを入れ、蓋をして弱めの中火で色よく焼きます。

DSC03820 (500x332)

4)お皿に盛り付ければ完成!

DSC03831 (2)

タラも、

DSC03834 (2)

長いももお酒がススム一品となりました♪

DSC03839 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2014年2月18日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC_0415 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


雲一つない快晴の日曜日。
でも、ちょっと寒い那覇市であります。

連日の飲み疲れでの休日。。。
(まあ、いつものコト)

炉ばた まさらというお店に連れて行ってもらいました。

初めてだとちょっと分かり辛い場所だったので、案内してもらって良かったデス。

炉端焼きなので、焼きそら豆と焼きハマグリを注文。
ハマグリは大きいので、食べる前にハーフカットして頂きました。

DSC_0420 (2)

うどは野菜スティックで。
崎陽軒の「ひょうちゃん」と記念撮影。

DSC_0423 (2)

ココの大将は神奈川出身だそうデス。

ちょっと小さめですが、銀杏。

DSC_0424 (2)

のどぐろ~!

DSC_0426 (2)

ワンカップの日本酒を選びに行きました。

DSC_0427 (2)

辛々をチョイス。

DSC_0432 (2)

大将からのサービス、鮭とば。

DSC_0433 (2)

でっかい青森産のニンニク揚げ。

DSC_0435 (2)

ヒゲ博士がムイムイ。。。

DSC_0437 (2)

こ~んなにありました!

DSC_0441 (2)

この後、思い掛けない出逢いがあり、一緒に3軒ほど飲み歩き、楽しい一夜を過ごしました♪

DSC038520


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


ここ2日間ほど、突然睡魔に襲われ、外食後2軒目で飲んでいる途中で帰宅し、4時間ほど寝てから再び飲みに出掛けるという不経済な生活をしておりまする。。。

昨日は「だぶる」で仮眠をしようと思ったのですが、混んできてしまったので1人で帰宅。

個人タクシーに乗り、自宅の場所を告げたのですが、どうにもおかしい。
見知らぬ道ばかり走っているのです。

再度、自宅の場所を言ったら、
「遠回りしていると思いますか?」と言われ、その通りだったので黙っていました。

自宅よりも手前で降りることにし、1,000円を出すと、メーターよりも200円ほど多くお釣りをくれました。

遠回りがばれたから?

沖縄のタクシーは女性が1人で乗ると、たま~にこのような遠回りドライバーがいます。

そして深夜2時に再びタクシーに乗り、Puffyに行きこの話をしたら「そういうタクシーいるいる~!」と共感している女子がおりました。

大した金額ではナイのですが、イヤ~な気持ちになりますよね。


さて、本日は、牡蠣と白菜を使ったフライパンひとつで簡単にできるチャウダーです♪



☆牡蠣と白菜のチャウダー☆レシピ

<材料:2人分>
 牡蠣(塩洗い)…140g
 薄力粉…大さじ1
 ベーコン(薄切り:1cm幅に切る)…65g
 タマネギ(スライス)…1個
 オリーブオイル…大さじ1
 白菜(1cm幅に切る)…1/8個
 ホワイトペパー…少々
 塩…少々
 無塩バター…20g
 日本酒…大さじ3
 コンソメ顆粒…小さじ1
 牛乳…450cc

<作り方>
1)フライパンにオイルを引き、タマネギを水分がなくなるまで炒め、ベーコンを加えて炒めます。

DSC03842 (500x332)

2)白菜を芯の部分から加えて炒めます。

DSC03843 (500x332)

3)野菜がしんなりしてきたら中央部分を空けて、薄力粉を塗した牡蠣とバターを加えます。

DSC03845 (500x332)

4)お酒を注いで中火で蒸し焼きにします。

DSC03846 (500x332)

5)ホワイトペパー、塩、コンソメ顆粒を加えて混ぜ合わせます。

DSC03847 (500x332)

6)牛乳を少しずつ加えます。

DSC03849 (500x332)

7)器に盛り付けて完成!

DSC038530

簡単だけど、ふっくら美味しいJUNO流牡蠣のチャウダーです♪

DSC03867 (2)



このレシピは旧ブログサイト終了によりリンク不可となったため、2014年2月20日に公開したレシピを写真と共に復活させました。

DSC00865 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


前回は、TVの家電紹介番組に影響されやすいというお話を致しましたが、食べ物の紹介番組に影響されやすいのはヒゲ博士。

大量購入した「奥井海正堂」の昆布もしかり。

そして、今回御紹介するのはタコの干物。
日間賀島のタコです。

DSC00839 (2)

日間賀島って?
ココです→日間賀島

以前、まぐろパーティーの際にも登場しておりますが、作り方は記載しておりませんでしたので、本日はレシピ公開デス。



☆ガーリックタコ炒飯☆レシピ

<材料:4人分>
 タコの干物…100g
 アサリ…300g(殻付き)
 玉ねぎ(微塵切り)…1/2個
 ニンニク(微塵切り)…小さじ2
 オリーブオイル…大さじ2
 日本酒…大さじ2
 水+アサリの酒蒸し汁…270cc
 米…1合半
 醤油…大さじ1
 青ネギ(小口切り)…4本

<作り方>
1)タコの干物をアルミホイルに載せ、オーブントースターで焼きます。

DSC00840 (500x333)

2)こんな感じまで↓

DSC00841 (500x333)

3)冷めたら、細かく切ります。

DSC00842 (500x333)

4)アサリを日本酒で酒蒸しにします。

DSC00843 (500x333)

5)アサリは剥き身にし、汁は濾しておきます。

DSC00846 (500x333)

6)米は洗ってヒタヒタの水を入れ、30分以上冷蔵庫に入れておきます。
米の水を切り、水+アサリの酒蒸し汁とタコを加えて土鍋で炊きます。

DSC00847 (500x333)

7)炊き上がったらアサリを載せて20分蒸らします。

DSC00858 (500x333)

8)フライパンにオイルを引き、ニンニクと玉ねぎを炒めます。

DSC00859 (500x333)

9)タコ飯を炒めます。

DSC00860 (500x333)

10)青ネギを加えます。

DSC00861 (500x333)

11)醤油を回し入れてサッと炒めます。

DSC00862 (500x333)

12)お皿に盛り付けて完成!

DSC00866 (1)

アサリとタコの旨みがお口一杯に広がります♪

DSC00869 (1)

DSC00857 (1)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


TVで家電紹介などの番組を見ていると、直ぐに影響されやすい方で。。。💦

昨日もアメトークでイロイロ紹介されていて、イチイチ反応していたのですが、その中でもパナソニックのジアイーノ、くさやの臭いがなくなるという実験に目が釘付け。

……ってコトは、ヒゲ博士の煙草も焼肉後の臭いもなくなるってコト!?

早速、本日12万円ほどでご購入~♪

……した後に、パナソニックのHPの説明を読んでみると、
『喫煙環境では使用しないでください。』

(゚∇゚ ;)エッ!?

直ちにキャンセルボタンをクリック。
(フ~、間に合った💦)

《使用出来ない理由》として、
『トレー内の次亜塩素酸水溶液に、タバコに含まれる有害物質が溶け込み
電極のコーティング成分そのものに悪影響を及ぼします。
電極が著しく劣化し、寿命が短くなります。』 

タバコの煙を吸い込むと本体内部が汚れ、性能が低下し、ヤニなどを含んだ汚れた水が本体から飛ぶおそれがあるそうな……。

その注意事項って、そのまま人間にも当てはまりますよね。
本体を人体に置き換えると……Σ(´д`;)

人体の性能がジアイーノよりも高いことを祈りつつ、寿命への影響を考慮しつつ、美味しいおかずを作り続けよう。。。


さて、本日は先日作った自家製ツナを使ったレシピです。
もちろん、缶詰のツナでOK!



☆ホウレン草とツナのニンニクバター炒め☆レシピ

<材料:2人分>
 ホウレン草…1把
 ツナ…1缶分くらい
 ニンニク…2粒
 バター…10g
 塩コショウ…少々

<作り方>
1)ホウレン草は根っこ部分を良く洗い、1/4くらいにカットします。

DSC00848 (500x333)

2)フライパンにバターと潰したニンニクを入れて炒めます。
(このニンニクはツナを作る際に入れたニンニクです)

DSC00850 (500x333)

3)十字に切り込みを入れた根っこと茎を最初に炒めます。

DSC00851 (500x333)

4)ツナを加えて炒めてから、ホウレン草の葉の部分を入れて炒めます。

DSC00852 (500x333)

5)味を見ながら塩コショウを加えて完成!

DSC00855 (1)

DSC_0392 (2)


ポチッと応援♪m(__)m
    Merci beaucoup!


お久し振り~の銀座遊びでございマス♪

せっかくの銀座なので、以前から行ってみたかったお店にTELするも、
「今日、ヤスミネ、タマタマネ」
「予約席、イッパイネ、並ンデネ」
などと、ことごとく断られ(中華が食べたかったのダ)お久し振りのahillに救って頂きました。

いつもは、ちょっと軽めのAコースを注文するのですが、皆アラカルトを注文するので、マネッコしてみました。

前菜2品+スープ+メインの組み合わせ。

まず、前菜1品目、ウニと何かのジュレ(忘れた💦)

DSC_0393 (2)

ヒゲ博士は前菜3品。
その内の一皿、ローストビーフをちょっと戴きました。

DSC_0394 (2)

前菜2品目は牡蠣料理。
目の前の鉄板で調理して頂きます。

DSC_0395 (2)

本日のスープ。
(スープの量が以前よりも多いような。。。)

DSC_0397 (2)

メインはやっぱり、フォアグラ入りハンバーグ

DSC_0398 (2)

さあ、お腹もイッパイになったトコロで、この日のメイン、銀座クラブのママのお引越し祝いに行きます。

道路にズラ~ッと並ぶお祝いのお花と自慢気なママの後ろ姿デス。

DSC_0402 (2)

JUNOチョイスのお花も店内に飾ってありました。

1519970477300 (2)

以前にもお話したかも知れませんが、銀座のクラブは担当の方がお店を辞めて次のお店に行く時に、自分のお客様のボトルを移動出来るのです。

これだけのお花があるってコトは、どれだけのボトルが移動したのでしょうか!?
でも、同じビル内だけど、ね。

このお店に移動したママは、以前に☆美女とおでん☆という記事で写真が公開されております。
さあ、どの美女でしょうか?